備瀬のフクギ並木

海洋博記念公園のそばにあります。

沖縄の原風景を見た気分になれます。
備瀬のフクギ並木
 本部半島の海洋博記念公園の北隣に、フクギの大木を防風林に使っている備瀬集落が有ります。
海岸沿いに約二百数十の家がありますが、その道筋の両側には、まっすぐ伸びた大きなフクギの並木になっています。
 フクギはオトギリソウ科の木で、フィリッピン原産の常緑広葉樹。沖縄県が北限。 
県内には、約500年ぐらい前の南蛮交易時代に東南アジアから移植されたということですが、防風林として沖縄各地のの集落を風、潮などから守ってきました。
その中でも、ここ備瀬の並木は規模も大きくて立派。
中には樹齢300年以上と推定される物もあります。

 無料の駐車場があり、そこがコースの出発地点。
コース案内に沿って歩き始めると、真っ直ぐに空に向かって高々と伸びたフクギで日光がさえぎられ、薄暗くなった道が続きます。きれいに伸びた道には、木洩れ日が差し込んで道に光の模様をつくり、心地よい風に吹かれてのんびり歩く気分は、時間さえ止まった様に感じられます。
  いくつもの交差した道に出会いますが、どの道も間違って入っていったら迷子になりそうな、同じように木々に包まれた道。
フクギの向こうに見え隠れする民家も、この雰囲気に合っているように思えてきます。
 最近では食事所やカフェ、宿泊施設もできて、すこしづつ観光地化されてきているのは、時代の流れで致し方ないのでしょうが、この静かでのんびりした雰囲気は無くして欲しくないものです。

備瀬の水牛車
 駐車場の所に看板があった水牛車(たまには馬車)を頼んで回っても、又違った雰囲気が味わえそうで良いかもしれません。電話をすると来てくれるようです。
料金 4名様まで 2,000円
1名追加するごとにプラス500円
所要時間 20分〜25分
営業時間 8:00〜16:00
予約電話 090−1941−9291
詳しくは”備瀬の水牛車”のページへ

より大きな地図で 備瀬のフクギ並木 を表示
備瀬の駐車場備瀬のフクギ並木の大木 備瀬の観光用水牛車(馬車) 待機している水牛と子馬
交通 那覇空港から約97km
(沖縄高速利用で約110分)
駐車場 有り・無料
施設 休憩所・トイレ
住所
問合せ先
沖縄県国頭郡本部町備瀬
0980-44-3232 大宜味村役場
大宜味村オフィシャルサイト
備瀬の貝類標本館

  貝類標本館と言う看板を発見して入口の籠に入っている貝殻を見ていると、日焼けしたおじさんが
「こっちに来なさい。」
と建物の中に案内してくれました。
まだ雑然と貝殻が並んでいるだけでしたが、現在整理中との事。 おじさんは、アオサと言う海藻を養殖販売するのが本職のようで、色んな話を聞かせてくれました。お願いすると、アワビとかの貝類やエビなども取って来て庭とか海に突き出た縁台などで食べさせてくれるそうです。(勿論有料なはず)
美味しそうなのでアオサをお土産に買いましたが、サービスでサラダとお茶をご馳走になりました。

この地区は、良い意味で沖縄の昔の海沿いの集落の雰囲気を残した貴重な地域だと思います。


備瀬美ら海貝類標本館看板
貝類標本館の展示
さまざまな貝殻
 
   関連情報 備瀬崎の海  備瀬の水牛車
Copyright (C)1999〜 2005  Reserved.Okinawa information IMA All Rights Reserved  更新: 2012年11月19日