沖縄のドラゴンフルーツ(ピタヤ)・Okinawa dragon fruit

沖縄の果物タイトル画像
 ドラゴンフルーツ(ピタヤ)は中南米原産で、サボテン科ヒモサボテンに属しているサボテンの果実。日本には約20年位前に入ってきて、主に沖縄県で作られています。 外観は果物屋さんでひときわ目を引く、ちょっとケバイくらいの赤色で、大きさも有ります。
熟したものは糖度も高いのですが、ブドウ糖なのでさっぱりした味わい。沖縄では7月から11月にかけて収穫されています。

ドラゴンフルーツ(ピタヤ)

ドラゴンフルーツドラゴンフルーツは味が薄いし、と思われている方も多いかと思いますが、輸入されているものの多くが日持ちをさせるために熟しきらないものが多く、追熟もしないのでその結果あまり美味しくない状態で食べることが多いからです。
なっている状態で完熟したものは糖度も高く、なかには15度以上までなるものも。ただ、甘くても果糖でなくブドウ糖なので、ひつこい甘さでは有りません。食感がさくさくしていて美味しいです。
是非沖縄産の完熟したものを召し上がってみてくださいね。2007年に「ちゅらみやび」というピンクの果肉を持つ新品種も出来ています。

買うときには追熟しませんから、なるべく新鮮で大き目のものが良いかと思います。赤のほうが甘みが少し強めですが、それほど大きく変わらないように思います。

ドラゴンフルーツの身体に良さそうな事

ドラゴンフルーツの生産地
下の表をご覧になっても解ると思いますが、ミネラル分、ビタミン、そして特に植物繊維が多量に含まれています。特にカリウムが多いので、高血圧の方にはよさそう。赤はベタシアニンというポリフェノールを大量に含んでいますから、抗酸化作用も期待できそうです。でも、この赤い色素は色が付くと落ちにくいので要注意。
ドラゴンフルーツ成分表 -100g中- 日本食品標準成分表より
カリウム 350mg マグネシウム 41mg
ビタミンB10.08mg ビタミンB2 0.06mg
ビタミンB6 0.05mg ビタミンC 20mg
葉酸 44μg 食物繊維 1.9g
★食べごろ 
といっても追熟しませんので、なるべく新鮮そうなものを選んですぐに召し上がるのが良いようです。

Copyright ©Okinawa information IMA All right reserved | Since Sep.12th.1999 | 更新: 2016-06-29