浜比嘉島に行って

海中道路から車でいける離島です。

伝説のある浜比嘉島
浜比嘉大橋  勝連から伸びている海中道路を伊計島に向かって進むと、平安座島に入る前に右手にも橋が見えます。

その先には小さな島が…それが浜比嘉島。
何年か前までは、船で行かなくてはなりませんでしたが、今はこの綺麗な橋で気楽に渡る事ができます。
本島と地続きになっても、離島の雰囲気を色濃く残し、石垣にヒンプン、そして赤瓦の屋根と、昔ながらの雰囲気を良く残した島でもあります。

浜比嘉島の春

そして伝説の神の島。
色々な話が伝わっているようですが、簡単に共通点だけをまとめてみますと、昔、琉球開祖のアマミチュ(アマミキヨ)とシルミチュ(シルミキヨ)という二人の女と男の神様が久高島に降立ち、その後玉城からこの浜比嘉島まで来て居を構え、亡くなるまで生活をし、子供達をもうけ、これが沖縄の人達の祖先にあたるというものです。
このような伝説は日本のイザナギ・イザナミ神話と同系列のものと考えられ、古宇利島をはじめ沖縄でもいくつかの場所で似たような話が伝わっています。
  その居住跡と言われているシルミチュー霊場、二人の墓と言われるアマジンなどの見所のほか、綺麗な海にも囲まれのんびりとした時間の流れる素敵な島です。

海中道路を浜比嘉島方面に進んでいくと、T字路に突き当たります。右に折れると浜集落と良く整備された人工の浜ふるさとビーチ。
左に折れるとアマジン、比嘉集落、シルミチュー霊場、兼久ビーチへ。
このビーチは自然のままですが、遊ぶのにも向いていそうです。ただし設備は何もありませんので自己責任で遊ぶ事になりますが。

浜比嘉島地図


浜比嘉島の家並ふるさと海岸の横の道路
ふるさと海岸の横の道路浜ふるさと海岸
浜ふるさと海岸アマミチューの墓への道
アマミチューの墓への道シルミチュー霊場入口
シルミチュー霊場入口
兼久ビーチ
Copyright (C)1999〜 2005  Reserved.Okinawa information IMA All Rights Reserved