アマンジ(アマミチューの墓)

浜比嘉島イメージ

神々の墓は小島(アマンジ)にありました。

アマンジの外観 シルミチュー霊場の所でも触れましたが、沖縄には何箇所かに開闢伝説が伝わっています。 ここアマンジと呼ばれる小島には、女神アマミチューと男性神シルミチューと呼ばれる神様達の祀られているお墓だと言われている祠がありますます。
浜比嘉大橋から突き当たった道を左に折れて少しだけ行くと、海に突き出た小さな島、アマンジがあります。以前は干潮時だけ歩いて渡れたらしいですが、現在はコンクリートで通路が補強されて、海が大きく荒れているとき以外は簡単に歩いていく事が出来ます。
アマミチューの墓に向かう階段少しだけ小高くなっている場所に階段で上ると、アマミチューとシルミチューの墓であるといわれる岩石を利用して作られた場所があり、香炉が供えられています。 今でも参拝に来る人が多いようで、線香が供えられた跡がありました。
年頭拝みの時には比嘉集落のノロ(神を拝む人)が中心になり、多くの島民が参加して五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄を祈願します。
アマミチューの墓
離島の面影が色濃く残る浜比嘉島で、大昔この島に神と呼ばれる人達が住んでいた頃を想像してみるのも、また旅の醍醐味かもしれません。
浜比嘉島見取図

Copyright ©Okinawa information IMA All right reserved | Since Sep.12th.1999 | 更新: 2016-11-27