荻堂大城湧水群・アガリガー

平成の名水百選に選ばれました。

路地の奥にあるので探してみてください。

 この地域では一番東にある泉で、名前もそこから由来するらしい東井泉(アガリガー)。
比較的広い県道146号からですと名嘉村家を目安に歩いていかないと解りにくいかもしれません。
しかも歩いていっても、地図の下にあるような細い路地を入っていくことになります。そしてこの筋道の先を左に入った所です。
目安は道の真ん中にあるシーサーかな。

  で多くの井泉がそうであるように、階段を降りて行ったところに作業スペースのような場所があり、その横に水をたたえたスペースがあります。
写真でもお解かりのように、危険防止のためにつけられたであろう金網の下に水は溜まっていましたが、泉から滾々と湧き出るというわけではありませんでした。どちらかというと澱んでいると言ったほうが適切かも。
でも、雨の多い季節などでは水がいっぱい湧き出しているのかもしれませんね。

以下北中城村の作ったパネルの文を引用します。

大城集落の古い共同井泉のひとつで、築造年代は明らかでない。
このカーは、主に集落東部の住民が、洗濯、野菜洗い、水浴び等生活用水として利用してきた。
戦前は旧正月2日、現在は1月3日に区の役員有志が水の恵みに感謝してハチウビー(初御水)の祈願をしている。

アガリガー説明板
アガリガー地図アガリガー入口アガリガー全景アガリガーアップ
Copyright (C) Okinawa information IMA All Rights Reserved