荻堂大城湧水群・イりヌカー(荻堂)

平成の名水百選に選ばれました。

一番西にある井泉です。

これらの湧水群のなかでも一番西に位置するのがこの井泉です。
斜めに危険防止用らしき網が張られていて、覗いてみると澄んでいるわけでは有りませんが水がいっぱい湛えられていました。井泉としての規模はさほど大きくありません。

住宅街の中にあるようなロケーションで、辺りもとても静か。遠く離れた場所でなくて、すぐに家からも近い場所に水場があるということは、きっとこの辺りの人達の生活にとって何よりの利点だったに違いありません。

以下北中城村の作ったパネルの文を引用します。

イリヌカー(井泉)は荻堂集落の共同井泉の一つでいつ頃築造されたかは詳らかではない。
1965年(昭和40年)12月に水道が布設されるまで屋敷内にチンガー(井戸)のない家庭にとって洗濯、野菜粗い、水浴び等生活用水として貴重な井泉であった。
また住民の情報交換、老若男女の触れ合い、憩いの場としても大きな役割を果たしてきた。
 戦前は旧正月2日、現在は元旦に区の役員有志が水の恵みに感謝してハチウビー(初御水)の祈願をしている。

イりヌカー(荻堂)説明版
イりヌカー(荻堂)地図
イりヌカー(荻堂)全景
イりヌカー(荻堂)イりヌカー(荻堂)アップ
Copyright (C) Okinawa information IMA All Rights Reserved