渡嘉敷阿波連ビーチまでのバス

海の中も相変わらず綺麗です。

珊瑚も元気でした


 那覇から一番近い、らくらく日帰りもできる慶良間の有人島渡嘉敷。
世界でも有数の透き通った海に囲まれ、最近では此処に来る海好きな人も増えているようです。
色とりどりの魚たちとカラフルな珊瑚に出会え、私もお勧めしております。

 この島のメインのビーチである阿波連ビーチのある集落まではバスを利用します。
船着場の待合所の建物の右の広場に、船の発着に時間を合わせて何台ものマイクロバスが停車していて、これらのほとんどが阿波連ビーチ行きのバスです。以前は民宿などが運行していましたが、関連法規改正のためにバス会社一社で運行されました。
料金は片道400円。日帰りなら帰りの分も買っておいて、時間を確認しておきましょうね。
 島内でのマリンスポーツやツアーを予約したり、宿泊する場合は、業者が送迎してくれるのが普通ですので心配はご無用。

 距離にしたら5km弱、10〜15分くらいでトカシクビーチのあるトカシク集落を通り、阿波連集落につけます。
近いようですが起伏の多い島なので、徒歩だと1時間30分以上かかりますからお勧めしません。
 グループで行く場合は島内のタクシーを利用するのもありですが、台数が極端に少ないので予約が必要かと思います。

トカシク周辺からは眼下に慶良間の海が見え、その素晴らしい彩度の高い色に、きっと感激されると思いますよ。



渡嘉敷の港付近

阿波連ビーチ付近
道から見える阿波連ビーチ
渡嘉敷港のバス
Copyright (C) Okinawa information IMA All Rights Reserved