渡嘉敷島イメージ

ヒジュイシポイント

渡嘉敷周辺で最高のコンデションのポイントです・

渡嘉敷島へ 渡嘉敷島の宿泊 渡嘉敷島の海 阿波連集落 城島(グシクシマ) 阿波連ビーチ ハナリ ヒジュイシ トカシクビーチ その他のビーチ 渡嘉敷あちこち 海のポイント他 慶良間の沖縄戦 渡嘉敷余話 集団自決跡地 白玉の塔

さて、前のページでも記載しましたが、このポイントは私が知る限りでは渡嘉敷周辺で最高のコンデションが保たれている所です。 ここに行くには、遊泳禁止のビーチからか、そうでない管理されていないビーチから泳いでいく事になります。くれぐれも行かれる方は安全第一で無理をされないようにしてくださいね。

ポイントまでの道
キャンプ場からの道遊泳禁止の看板
ビーチの右端

  もう一つのルートは、キャンプ場のオートキャンプ用の場所の前を通る道を進んでいくのですが、概ねまっすぐこれも細い道を入ります。
ここには遊泳禁止の看板はありません。 こちらのビーチからのエントリーですと、ポイントまでは少し距離があります。
下の地図で細かい事は解るかと思いますが、こちらはポイントの北東にあるビーチです。

 阿波連のキャンプ場の西側に当たりますので、キャンプ場の脇にあるちょっとした木々の茂みを通り、細い道を行くと大きな遊泳禁止の看板があります。
そこを少し行くと視界が開けて小さめなビーチに出ます。 ちなみに、このビーチの左隅には観音様の御像が立っています…ということは…
前頁にも書きましたが、時間帯によっては潮の流れが強く、危険には充分な注意が必要です。

ヒジュイシに行くためのビーチ ヒジュイシ浅い所の珊瑚と魚
ヒジュイシポイントの海の中
ヒジュイシ海中の珊瑚の状態
ヒジュイシ海中のたくさんの魚達
ヒジュイシ海中でみたナニョウハギ・ブルーが綺麗です。

ヒジュイシ海中にスキンダイビング
ヒジュイシ海中のトンネル状の珊瑚このポイントは最高でも深度は数メートル。スキンダイビングで遊ぶにはちょうど良い海です。
珊瑚がトンネル状になったところが何箇所かあり、くぐって遊ぶにも最適。
流れが見極められるようなら、それに乗ってドラフトシュノーケリングというのも楽しいです。でも、あまり遠くに行くと、歩いて戻るのが大変ですから要注意。

最近は慶良間の海でも平気で珊瑚のテーブルの上に立つような無神経な人達が目に付きます。慶良間のビーチの遊泳区域内では、珊瑚が死んでしまっている所が増えてきているのも、このような心無い行為が無関係とは思えません。
珊瑚は素敵な海をはぐくんでくれる貴重な生き物ですから、フィンで蹴ったり、立ち上がって枝を折ったりする事のない様に気をつけて楽しみましょう。

最近のヒジュイシの様子はこちらです。
ヒジュイシに行くビーチ全景・遠くに阿嘉島とか座間味島が見えます。
より大きな地図で 2011年01月04日 9&spn=0.003341,0.00751&z=17&source=embed" style="color:#0000FF;text-align:left">ヒジュイシ を表示
Copy righted by Okinawainformation IMA    沖縄IMAブログ / 沖縄情報IMA / 沖縄ブライダル情報    2010年12月28日 更新
Home 戻 る 閉じる