渡嘉敷報告ハナリ日帰り

渡嘉敷無人島ハナリ日帰り。

日帰りでも楽しめますよ。
毎年、塾の生徒達をキャンプに連れて行くためもあって来ている渡嘉敷ですが、今年も例年通り開催予定のため、機材点検のために日帰りで行ってきました。 高速船マリンライナーでの往復。朝9時発の一便で行き、帰りは最終の午後5時30分渡嘉敷発。
日帰りでも意外とのんびり楽しめました。
海の状態は波高1〜1,5メートル。カタマラン(双胴)の船はほとんど揺れずに、チービシの無人島を右手に見る第一選択の航路を滑るように走って定刻通り35分後には渡嘉敷港に。
港の様子がまたまた少し変わっていてびっくり。
以前はフェリーと同じ所に着いていたのですが、新しく90度違う、バスの待機所の正面にあたる位置に船着場が出来ていました。
正面には何台ものバスが。
例のミーティングつきの大型バスが、一番よい場所を占めていましたが、私は前に利用した事のある星砂さんのバスに。
端に停まっていたこのバスは、私達だけしか乗っていませんでしたが、気持ちよく出発してくれました。
ここのバスは2日前に新しい物と取り替えたらしく、とても綺麗。
同様にふるさとさん、平田さんなどのバスも、500円で不必要レンタル等の勧誘も無く、なきちっと往復してくれます。 特に日帰りの時には、少しでも早めにビーチで遊びたいのに、自分の施設の宣伝や、レンタル用品の勧誘のための長いミーティングなるもので時間をとられるのは、私的には面白くありません。
阿波連について、知り合いの人達に挨拶を済ませてから、3点セットと日陰を作ってくれる簡易テントを持ってビーチに。(これはパラソルよりもかさばらないで、2人分の日陰を提供してくれる優れものです。たたむととてもコンパクトになり、セットも2〜3分あったら簡単に出来て、確か5000円前後で売っていたと思います。)

 写真は取り忘れたのでメーカーカタログから(^^ゞ
阿波連ビーチに出てみると、一昨日の雨のために少しだけ濁りが入っていたので、ビーチに停まっているグラスボートにハナリまでの送迎をお願いする事にしました。1人1000円で好きな時に迎えに来てくれます。
マリンライナー渡嘉敷
チービシ
渡嘉敷港
渡嘉敷港客町のバス
ビーチ用簡易テント
ウチナーやさんのオバー
急いでこれも顔なじみのうちなーやのオバーから飲み物を買い、サービスでクーラーボックスに氷を入れて貸してくれたものを持って乗船。
関連情報:渡嘉敷島情報渡嘉敷島の海渡嘉敷島あちこち海のポイント

Copyright (C) Okinawa information IMA All Rights Reserved