沖縄の気候

統計データーを基にして沖縄の気候をお伝えします。


沖縄の気温と雨
  沖縄の気温の特徴は、なんと言っても最高気温と最低気温の差が少ないと言うことです。季節感はおおむね夏、夏、夏、冬と言う感じ。直射日光は、とにかく冬でも暖かいを通り越して暑いくらいになることも。
当然季節にかかわらず日焼けもするから気をつけてくださいね。
 雨に関しては、台風など特別の場合以外は一日中降っているということは多くありません。又夏は晴れの日には午後から積乱雲が発達して、天気予報にかかわらず局地的にスコールのような雨が短時間降る場合がありますのでご注意ください。でもそんな時にはしばらく雨宿りをしていただけたらやむ場合が多いです。

沖縄県月別気温沖縄県月別降水日数沖縄県月別降水量

沖縄県月別日照時間

  平均
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
平均気温 17.3 17.9 19.0 21.5 24.4 27.0 29.3 29.2 28.0 25.5 22.5 19.3
最高気温

24.4

25.3 26.1 28.2 30.5 32.6 34.1 34.0 33.0 31.1 29.0 26.1
最低気温 10.5 11.8 11.8 14.4 18.5 21.3 24.4 24.7 23.2 20.3 16.2 12.8
降水量 104.6 68.3 125.7 150.6 197.2 302.2 148.6 200.0 383.4 159.1 88.2 125.3
降雨日数 11.4 8.3 12.8 11.0 13.0 12.3 9.4 13.4 15.5 11.0 9.9 10.3
日照時間 95.7 112.9

120.9

119.4 157.3 149.7 237.7 205.4 181.5 168.1 118.2 110.9
泳ぐならウェットスーツが必要
泳いでもおかしくない時期
皆が泳ぐ季節
   
洋服
長袖、セーター寒がりやさんはコートもOK
朝晩寒い 時も有るから羽織る上着があったほうが安心です。
半袖、タンクトップで充分ですが、日焼け対策には長袖も有効です。
   
※データーは沖縄県統計年鑑より那覇市の平成13年度から21年度のものを利用して平均値を算出しています。
但し、平成17年度のものは統計年鑑にアップされていなかったので除外しております。



沖縄の気候と服装について
12月から3月頃までは沖縄の短い冬。温度以上に体感温度は低く感じます。 という事で、この時期は長袖のシャツか薄手のセーター、フリースのシャツなど。ブルゾンとか上着が必要な事もあります。
・4月に入ると暖かい日も増えて、Tシャツが基本で朝晩の冷え込みように、上に羽織る長袖が一枚あったら完璧。こんな状態が5月いっぱい続きます。
6月にはいると、月半ばからはもう夏の気配。
太陽から降り注ぐ紫外線も全開。半袖のTシャツ、タンクトップでもOKの夏に突入します。日焼け防止用という事から、軽い長袖があると良いかも。 こんな気候が10月いっぱい続きます。
・11月頃になると少しだけ気温が下がってきて、朝晩涼しく感じられる日も。でも、まだまだ基本は半袖。でも、涼しい時用の長袖も用意してくださいね。年によっては12月半ばまでこんな気候が続きます。

最近の服装に関しては、こちらに写真をアップしております。

沖縄で気をつけなくてはいけないのは、気候のほかに、太陽の射るようなという表現がぴったりくる様な太陽の光線です。 バスを停留場で待っているときに思わず電柱の影に入り込みたくなるような強烈さです。
夏は、勿論日焼け止め対策をしないでビーチで横になって日差しを浴びならが昼寝でもしたら、確実に火傷状態になって病院に行く事になるはずです。
夏以外でも油断なりません。 特に5月から11月の間は、薄曇のお天気も要注意。
長い時間屋外にいるときには、日焼け止め対策をしないと、思わぬ日焼けに悩まされたりもします。
特にお子様達と一緒の場合は、大人が注意するのを忘れないようにしてください。

Copyright (C) Okinawa information IMA All Rights Reserved