HALママさんのレポート [大阪]  [12/08/10(木)-01:30]     


8月8日に無事帰ってきました。 (長文ですみません)
8月8日中に、無事大阪の我が家に着きました。
那覇空港からの書き込み後、最終便(関空行19:25発)の空席待ちでねばった結果、奇跡的に親子4人すべり込みで搭乗することが出来、予定より1日遅れで帰ってきました。
車を関空に置いたままだったので、JALの運航回復後2便あった「伊丹」行きに振り替えるわけにもいかず、賭けのようなドキドキの最終便狙いでした。(^^;)

約10時間空港内に居た訳ですが、広くてきれいなので、2階の大きなモニター前のフローリングデッキにレジャーシートを敷いて、半分ピクニック気分でお昼を食べたり、交代で空港内施設探検(?)をしたりして、結構おもしろかったです。
さすがに最終に乗れるかどうかという瀬戸際では、ちょっと焦りましたけど…
でも、こんな貴重な体験、狙って出来ないですよね〜
子供にも思わず「もっと沖縄の時間を楽しもうね!」って言っちゃいました。

 さて、前置きが長くなってしまいましたが、 「初沖縄」最高でしたっっ!!

 3日に到着した時は、まだ小雨がパラついたけれど、常に傘がいる程ではなく、国際通りのお店や市場を充分見てまわれました。
2日目からはお天気にも恵まれ、予定通り渡嘉敷へ渡れました。
高速船はマリンライナーにして本当に良かったです。揺れも少ないし、イスも大きくてゆったりと座れ、快適でした。(少し前に出航していった「あさひ1号」と書かれた船がありましたが、マリンライナーと比べると私の目にはイカ釣り漁船位の大きさにしか見えませんでした。失礼)

港到着後、阿波連ビーチまでの車中で、途中の山の上から見えた海の色に大感激!
そして、ビーチが見える坂の前まで来たとき、思わず絶叫!
目の前に広がる海は、生まれて初めて見る色。素晴らしすぎる!想像以上の美しさでした。
あとはもう、子どもたちと夢中で泳ぎ、遊びました。
恐がりなので普段は足の付かないところでは泳がないのですが、午後からは潮が
引いたので遊泳区域のブイのそばまで行き、魚にエサをあげたりしました。
ガラス越しではなく、本当に目の前をチョウチョウウオが泳ぎ、薄いエメラルドグリーンの小魚が群をなして、私の手からエサをつつく。
まるで夢のようなひとときでした。

 3日目は首里城を見学したあと、58号線を北上して途中美浜に寄り、サンマリーナホテルに向かいました。
道路沿いでわかりやすく、お部屋も全室バルコニー付きのオーシャンビューで、
子どもたちは「豪華!豪華!」と喜んでいました。(^^;)
ホテルでは日頃の喧噪を離れ、ゆっくりとリゾート気分に浸…るつもりでしたが、何だかもったいなくて、次の日はしっかりとビーチとプールで泳ぎました。
(うーん、なんて貧乏性なワタシ)
さすがに、渡嘉敷の海を体験したあとでは、ホテルのビーチはそれほどでも無いように感じてしまいますが、魚も足もとを泳いでいるし、充分にきれいでしたよ。
 そして、最終日。台風8号が迫っているとはいえ、時折吹く突風を除けば、雨も降らず雲間に青空も見える中、空港へ向かいました。
途中、国際通りへ寄って足りないお土産を買い、お昼前には空港に着いて「後は飛ぶだけ」だったのですが、欠航しちゃったんですよね。早々と。
お昼前の便までは飛んでいたようだったので、リゾートからの帰りの時間に余裕を持たせようと「午後便」にずらしていたのが、裏目に出てしまった結果でした。
でも、ツアーデスクで空席待ちの手順も教えてもらい、宿泊先の手配もしてくれたので、その日はまだ余裕で3度目の国際通りめぐりが出来たんですよ。
ちょっと風は強かったけど…

 まあこんな具合で、私たち家族の「沖縄旅行」は、感激有り、ハプニング有りのチャンプルーな、とーっても素敵で楽しい6日間となりました。
これも、ナイチャーさんはじめ、このHPに集まっている「沖縄大好き」な皆さんのアドバイスのお陰だと、心から感謝しています。
特に私は、色々なお話を聞きながら旅行の計画を進めているうちに、沖縄疑似体験をし、2回沖縄旅行をしたような、とっても「お得」な気持ちになっています。
「一粒で2度おいしい」(古すぎるー)っていう感じです。(^^;)ゞ

 長くなってしまいましたが、一言二言では言い尽くせない程の感激度なので
ご容赦ください。
 ナイチャーさん、これからも次の沖縄行きを夢見て、ここに遊びにきますので、今後ともよろしくお願いします。

        すっかり「沖縄ファン」になってしまったHALママでした。

 


大阪のミネッチャさんからのお便り(2000.5)

 3泊4日の旅行で宿泊は恩納村のコンドミニアム(マリンビューパレス)でした。
 1日目、11:15に到着してレンタカーに行きそのまま恩納村海浜公園へ、はじめて見る海はきれいでした。宿までの帰りに万座毛に立ちよりチェックインをしました。
和洋室で2ベッドと4畳半、冷蔵庫,電気コンロ、も有り海が一望できるいい部屋でした。
夕食はルネッサンスの「うみかじ」というバーべQレストランに行きました。店内には大型の水槽があり照明も設備もゴージャスでしたが、肝心の食べ物は値段が高く冷凍物でした。
食事の後子供をゲームコーナーで遊ばせ夫婦でメインバーに行きましが、温泉旅館にあるバーコーナーみたいで好きなモルトウィスキーが2種類しかなくさっさと帰りました。

 2日目、6:00宿からルネッサンスまで夫婦でジョギングをしコンビニで朝食を
買って子供を起こしました。
この日は「真栄田岬カヤックツアー」に行くので子供はすぐに起きました。
9:00に送迎バスが迎えにきて仲泊へ。
スウェットスーツに着替えカヤックの説明を聞きいざ出発!片道40分でした。
岬に洞窟がありその付近に上陸し少し休憩をしてシュノーケリングを楽しみました。水がきれいでこれほどのものは以前にキャンプで行った山奥の湧き水の川ぐらいです。
おにぎりと焼き豚、ケーキを食べてまた40分漕いで仲泊に帰りましたがそのころは引き潮で浅瀬を少し歩きました。
浅瀬ではおばちゃんたちが腰に籠をつけモズク取りをしているのをはじめて見ました。宿まで送ってもらいすぐ前のムーンビーチの横のビーチに行きました。
ここは人がすごく少なくジェットスキーのエンジン音も無くプライベートビーチみたいでよかったです。
夕食まえにガラス工房に行きグラスやお皿など作りました。
夕食はリンクのホームページで見つけた「南栄食堂」に行き伊勢えびや地魚の料理をいただきすごくすごくおいしかったです。
この日は夫婦で「万座ビーチホテル」のメインバーに行きました。昨日のルネッサンスと違い落ち着いておいしくお酒をいただきました。

 3日目、6:00宿からルネッサンスまで夫婦でジョギングをしコンビニで朝食を
買って子供を起こしました。
この日は教えてもらいました水納島に行きたかったのですが、船便が3便しかなく朝出発し夕方に帰ってくる予定しか立たないので近くの瀬底ビーチに行きました。ここもすごくすごくきれいでサンゴや魚がいっぱいいました。
昼食は本部町の「一力」でソーキそばを食べました。スープに鰹がきいていて大
阪のうどんのスープに似てすごくおいしかったです。それからパイナップル園やゴーヤパークなどの観光をし、昨日のガラス工房でグラスなどを受け取り宿まで帰りました。
夕食は昨日の「南栄食堂」のすぐ隣の「カサラテイーダ」というイタリア料理店に行きました。まだ新しい店のようでGuidebookにも載っていませんでしたが、眺めもよく料理もおいしかったです。
この日のお酒は「日航アリビラ」のメインバーに行きましたがホテルの進入路がわからず30分ほど迷ってしまい、あまりゆっくりできませんでした。ここはバーテンダーが外人だったのであまり話をしませんでした。

 4日目、6:00宿からルネッサンスまで夫婦でジョギングをしコンビニで朝食を
買って子供を起こしました。
この日は那覇市内観光をしました。
「首里城」 「国際通り」 「牧志市場」 など。牧志市場はおもしろく買い物ができ2階の「道頓堀」で昼食をいただきました。いろいろお店がありましたが、店名に自然と引かれたのでしょうか?ゴーヤチャンプル等の沖縄料理を食べましたがこれが本場の味と納得、納得いたしました。大阪で言うと「むちゃむちゃうまい」になります。
「富士屋」で塩せんアイスを買いましたが食べると上アゴに塩せんべいがくっついて苦労しました。
いろいろなおみやげを買いレンタカーを返して16:50の飛行機で帰りました。
帰ってきて1週間、また沖縄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!

いろいろありがとうございました。お礼を言うつもりが長々と旅行報告書になってしまいました。
これからも沖縄情報IMAがんばってください!応援しています。

 

 

さいきさんよりのお便り(2000年1月)

 先週(1.12〜1.14)主人と沖縄本島にいってきました。
10年ぶり三度目の沖縄でしたが空港が新しくなっていてびっくりしました。
■読者からのお便り■で言ってたとおりに羽田空港によく似ていましたが私が、降りたとたん一番に目にしたのはなぜか電話ボックスで、その南国風な雰囲気にハワイを連想しました。
そこで、、ハワイのホノルル空港でチュチュのような服をきたひとがレイをかけてくれたのを思いだし私も「沖縄に提案」します。
 沖縄のシーサー踊りの太鼓の鳴り響くなか民族衣装をきた女の人がなにかをくれるとゆうのはどうでしょう。
ただしコスト面で無理があるかもしれないけど・・・・・
その他・・・
今回レンタカーを借りられたので今帰仁村の彼岸桜を楽しみにしていたのですが残念ながら時間がなかったのと若干時期が早かったので行けませんでした。
今度沖縄を訪れたらぜひ見に行きたいのでにその他にも桜の名所があれば教えてください。
(余談ですが車を走らせていて原付バイクが車道の真中を走ることが多かったように思うのですが・・・ちなみに愛媛県のわが町では自転車がやたらと多いように思います。)

成人式
ニュースで成人式の様子がでていたのですが沖縄ならではかな?
と思ったこと(愛媛県からすると珍しいこと)は服装で男の子の羽織で朱色が目立っていました。
これはちょっとしたカルチャーショックで最近の主流なのかと思いましたがわが町のニュースで見る限り、羽織は黒か白のようで朱色はとても珍しかったです。

深層水
鮮度液早速買いました。
出発ロビーの薬局屋?さんで見つけてスプレー式を1800円にて購入しました。
お店の人によると、この所とても人気があり「あるだけ全部ください」と買っていく人もあるとかでとてもよろこんでいましたが、みんなで喜び?を分かち合う為にも必要数買うようにしようね。
ちなみに私が購入したときは昨日入ったばかりとゆうこともあってか30本近く並べてありました。
只今我が家で皮膚にふりかけ実験中ですので美しくなったらご報告いたします。主人もアトピーと水虫にふりかけていますけど念ずれば通じるのかどうか結果まちです。

 

 

アリコ様よりのお便り  1999年11月15日


1年位前ですが、小浜島の「ヤマハリゾート はいむるぶし」なるリゾートに滞在しました。感想はというと、とってもよかったです。敷地はとてもひろく、クジャクや水牛がいるというのも本当で、ここはぜひ、電気自動車(これで園内をまわるとたのしい)を借りた方がいいでしょう。
また、部屋も最高で全室オーシャンビュー、窓がこれまたとっても広くまるで海側の壁がスコーンと抜けたようになっていて、樹の緑と海の青が鮮やかにひろがります。もちろんテラスあり。部屋自体とっても広く、籐の揺り椅子にすわって、窓の外をながめていると、最高です!!
建物の外壁も珊瑚がつかってあるとかで、雰囲気満点。
ビーチは部屋から少し歩きますが、のんびりできます。
ただし、ビーチでスノーケルしてもあまりきれいとはいえない。
マリンスポーツの充実度はよくわかりませんが、なにもしないリゾートをのぞむなら、きっと沖縄でも最高のところでしょう。
そういえばお風呂はせまくはないが、やっぱりふつうのタイル張りの浴室だった。これだけのロケーションなので海側につくって、景色が見えるとか、天井から日光がはいるとか、開放感のある浴室が欲しい。
いつもお風呂にこだわってしまう私ですが・・・。

 

 

やまうち様のお便り  1999年10月26日


今日は「ヴィラフサキリゾート」についてひとこと。

ここは、一戸建てのコテージがならぶゆとりある敷地のリゾートです、コテージの屋根は沖縄っぽい赤い瓦で、外観も沖縄情緒いっぱい。
室内はひろくて、窓も大きく、テラスはくつろぐって程ではないけど、水着を干したりできます。窓のそとには木が植えてあって、外からは室内がみえにくくなっている。
お風呂がちょっとリゾートしていない、古いタイプなのがちょっと残念。
でも、ここの良さは、部屋でごろごろリゾートというより、その辺を散歩したり、とくに夕暮れから夜は散歩がいい感じで、コテージの間を歩くのも結構雰囲気いいです。夕食はバーベキューがおすすめ。
海がみえるし、火ももえていて、ムードもあります。
総合すると、部屋とかお風呂はちょっと古めのタイプでゴージャスって感じではないけど、ホテルの人たちもそつがないし、なんかいい雰囲気ですごせる、あまり混んでいない(実際は満室でも広さとその作り上、混雑した印象があまりなくていい)、プライベートな感じでくつろげるところです。
かぞく連れでもいいけど、大人、年輩のひともおちついて過ごせます。
ちなみに私はここで、2年位前にダイビングの講習を受けましたが、マリンスタッフはきさくな明るいひとたちで、しかもすいているため、講習は1対1という贅沢さだった。
あとで、写真を送ってくれたり、よかったです。
値段は安くはありませんが、プライベートな時間を買うとおもえば高くはないと私はおもいます。

 

 

渡辺様のお便り   1999年10月23日

サンマリーナ
ビーチはここが一番!子供には少し深いかも、しかし雰囲気と白い砂浜は他のビーチとは比べ物になりません。防波堤周辺では蟹・ヤドカリ・タコ・くらげ(安全らしい)が取れて子供は大喜びでした。
また私が裸足で遊んでつらくないのはここだけです。
部屋は並でホテル自体大きくないので、静かですが家族連れはすこし退屈かもしれません。

ルネッサンスリゾート
今年ついに行きました。(ツアーの料金ではNO.1)期待した程では無かったですが、すべてが平均以上でまた飛びぬけてすごい所も無かったです。なんとなく良かったで終わりました。

ラグナガーデン

部屋はビジネスツインの広め特に売りは無かったです。
屋内外プールはサウナ付きで並。那覇から近く他のリゾートより周りが開けているので、食事・買い物・ライブハウス・フリーマーケット・パチンコ・スロット・ハガケンジ・アンナ等ホテル以外で楽しむには絶好です。
JAの健康ランドも近いが本土の健康ランドイメージは棄てホテルの風呂より、ましと考えて。
ビーチはプライベートでなく歩いて約10分赤っぽい砂のトロピカルビーチでレジャー施設は無し。

ムーンビーチ

私が行った頃は、味も素っ気も無かったですが最近は屋内プールの内装等に手が入りリゾートらしさが出てきました。ビーチは沖縄なりで出来ればプライベート施設のナップ島に行った方が沖縄を味わえます。
老舗なのでホテルの周りは一番栄えてます。食事買い物などは便利。
お勧めはカレーライスです。

アリビラ

パイナップル畑の中走る事、約15分突然現れます。ビーチはやはり沖縄なりです。部屋は広く内装もおしゃれです。
ホテルがゆるいU字型なので着替えの際は、要注意です。好きな方は双眼鏡をお忘れなく。
レストランは特に中華がお勧めです。※どこも必ず予約!プールの雰囲気は良く、滝の中にプールサイドバーも有りビールタンクを担いで売り回ってくれてます。

残波ロイヤル

ビーチは少し遠く沖縄なりです。入口の大きな水槽と大浴場が売りです。
座敷の大きな宴会場の記憶しかありません。ビーチの磯周辺は満潮時深く溺れそうになりました。

かりゆしビーチ

那覇からちょっと遠いです。
ビーチは遠くバス利用で全然ダメ、ビーチプールも並!
ホテル横のプールは高台のホテルの為、見晴らしも良く気分は上々です。
プールサイドサウナも粋です。大浴場も同様で露店風呂からの眺めは最高です、サウナ付き。部屋は並ですが、オーシャンタワーはフロントから遠くてつらいです。
施設は充実して大き目のワイン売り場もあります。夏休み期間はロビーでエイサーや沖縄芸能ショーが開催されています。
参加しての教室も有りクイズで正解するとお土産も貰えます。
家族旅行やホテルから動かないなら那覇からの距離も気になりません。
名護の町や海洋博公園パイナップル園へのアクセスは良いです。
ホテル下の露店風居酒屋は観光ずれしてない、沖縄料理が楽しめますが、日中はすごく暑く感動します。

リザンシーパーク

大きいホテルで施設も充実してます。特にゲームセンターが大きい。
中庭のドラムバー等も異国の雰囲気でリゾート気分満々です。
レンタカーの場合、駐車場が坂の下で遠いです。
部屋は広めでセンスも良いですが、エアコンが小さく各部屋付きで効きが悪いです。また室外機がベランダに有る為、せっかくのオーシャンビューがベランダで暑くて楽しめません。
ビーチはまるでダメです。
屋内兼屋外プールは他より少し広めで良いのですが、ビーチがダメな分混雑しています。ビーチの必殺技は海に向かって左側の防波堤を越えて(階段が有る満潮時は道路に出る)サンマリーナビーチへ行く事です。
あまりに景色が違うので戻りたくない程感動します。

以上、記憶をたどりながら思いつくままに長々と書きました。
誤字・脱字はご勘弁を埼玉県人の感覚と沖縄県人の感覚の違いを分かって頂き、またこれから沖縄に行く方の参考になればと思います。
その他ご協力できる事があれば、連絡下さい。では・・・・

 

 

 

渡辺様のお便り   1999年10月18日

まず忘れられないのは、今年の5月の事です。
公設市場エスカレーター近くのドアを出て左側の露店でお土産のマンゴーを買ったら2個の1つが腐った物にすりかえられた事です。
新聞に包んで有ったのですが、帰って見てショックでした。
思い出して見れば、何か私の様子を伺うように包装していたので変だなーとは、思っていたのですが。毎年2回は必ず沖縄に行っていたのですが、そんな事があって今年の夏の家族旅行は無しでした。
私としては、『沖縄で・お気に入りの市場周辺で・おばあさんに』と言う事で、沖縄に対しての一番の思い出がいやな思いをした事に代わってしまいました。
二度と来ない内地の者とでも思われたのでしょうか?これから沖縄に行かれる方、すべてとは言わないですが露店で買い物をしたらその場で商品の確認をする事お勧めします。
つまらない話ですいませんでした。次回のメールは、行った旅行のほとんどがリゾートホテルなので(それ以外は宮城君の家に泊まった)ホテルについての事にします。 では・・・・

 

 

ta-naka 様よりのお便り 1999年10月21日

昨年5月に波照間島に行ったのですが、その時に泊まった民宿はおすすめです。

けだもと荘
(Tel: 09808-5-8249  : 竹富町波照間3114  料金: 5000円
ぐらい)

会社のリフレッシュ休暇というのがとれて、2週間くらいの沖縄旅行のうち1週間をこの島のこの宿で過ごしたのですが、おばちゃんがとてもあたたかい人で大好きです。
この宿に一度泊まった人は魚の鮭じゃないけど何度も帰ってくるみたいです。
この島はとっても小さな島で、宿の自転車を借りて周ります。
人の混み合う時期を少し外していくと、自分専用のビーチを手に入れる事ができます。
ゆったりとした時間の中で日常を忘れてリフレッシュできます。

 

 

つの様よりのお便り1999年10月18日

リゾートホテルの事について書いてあったので意見させていただきます。
先月沖縄に一人旅に行ってきました。泊まった所は公共の宿と一般の民宿と、それに野宿でした。少しもリゾート気分を味わうことはできませんでしたが、一流ホテルに泊まって、豪華な料理を食べてきれいなベットで寝ることはお金を出せばいつでもできることだし、それに自分は人並みの観光はしたくなかったからちょうど良かったです。何といっても沖縄の空気を感じることができるのだからもう最高でした。
結局船に2泊、宿もしくは他人の家で5泊、野宿7泊と自分的には結構満足しています。  色々な人とふれあえてまた沖縄が好きになりました。
旅行している間中日記を書いていたのでいつになるか分かりませんが送りたいと思っています。

 

 

ともこさんからのお便り1999年10月4日

コマカの海が綺麗で感動したのですが、ここで今回の旅、私の唯一の失敗点。
それは、船に乗ってから、「あっ、日焼け止め車の中置いてきた」という事実に気がついたことでした。(←バカです)
一応、顔と手には日焼け止めを塗っていたのですが、神戸に帰ってからが大変!!すごくムラになって焼けちゃってて、思いっきり痛い思いをしました・・・。日焼け止めは必ずチェックして行きましょう・・・。(当たり前ですかね・・)
さて、次の日は朝から近くのビーチに行って少し泳いで、お昼からドライブに行きました。
南部に泊まっていたのですが、海岸線をひた走り、観光客もいなさそうな田舎の道を走って、高速へ。
せっかくだから西海岸のリゾートの気分を味わっとこうかと、恩納村に行きました。なんだか人が多くてビックリしました。
その日は、天気も良くてドライブには最適でした。
そのまま海岸線を走り、残波岬へ向かいました。迫力ある風景にビックリしました。海って本当にいろんな顔があるんだなって改めて思いました。
そこから、北谷の方へ。
北谷に着いた頃には日も暮れかけていて、ほんとに美しい夕日に出会うことが出来ました。
ピンクとブルーと紫と。あんなに綺麗な夕焼けはもう二度と見れないような、そんな夕焼けでした。
私は、南部のサザンリンクスリゾートに宿泊したのですが、そこに宿泊して本当に正解だったなと思います。
西海岸のリゾートとは違って、なんだか観光客にまみれていないし、のんびりしてて、車があればかなりいい場所だと思います。
あーー、こんな風に書いていたらまた沖縄に行きたくなってきました。
ほんと、沖縄って良い所ですよね。ではでは

 

 

鈴木様からのお便り1999年9月22日

9/18(土)〜9/21(火)に沖縄に行きましたので、お礼がてら感想をメールさせていただきます。

・海について
本島の海で比較的きれいなところの一つにあったブセナに宿泊しようと思っていたのですがサミットの会場になっているために人気?らしく予約が一杯でした。そこで水納島に行くことを予定して、なるべく近くてプライベートビーチも良さそうなリザンシーパークに泊まったのですが、あまり海はきれいではありませんでした。
それというのも先に水納島に海水浴に行き、そのきれいさに感動してしまったからです。
子供用に買って持っていったシュノーケルを使って、顔だけつけて海中をのぞいていたのですが、すぐ近くを魚が悠然と泳いでいて別世界の感動に浸っておりました。ちょうどその日はウミガメの子供の放流(この表現でいいのかな?)をしており、子供たちもたいへん喜んでいました。
子供たちがもう少し大きくなったら、今度は渡嘉敷島へシュノーケルをやりに行きたいなと、妻と話しております。

・観光地について
回った先は、首里城、玉泉洞、ネオパークオキナワ、万座毛です。
首里城は眺めも良く、こちらの方とは異なる建築様式で楽しめました。
ただ、子供がすたすた歩いていってしまうのでゆっくり見られなかったのが少し残念ですが。それから玉泉洞ですが、こちらもそれなりに楽しめました。
「それなりに」と言うのには訳があって、この日沖縄は結構いい天気で、首里城で疲れて、涼を期待した洞窟は涼しくないし、おまけに名古屋をam4:30起床で出てきたし、つまり、既に疲れ果てていたわけです。
これではちょっと・・・・・・。
今回の観光地で一番楽しめたのは、ネオパークオキナワでした。
こちらでは柵越しでしか見られないような珍しい鳥に直にエサをあげられるし、ヤンバルクイナを見られたし、コウモリはでかいし。
子供連れにはおすすめだと思います。ただし、恐がりの子供には酷かも。
実際泣いていた子もいました。

・食について
沖縄に着いたその日の昼に、首里城近くの「首里そば」でそばを食べました。
スープと豚肉はとてもおいしかったのですが、麺はちょっと薄味で、私には物足りなかったです。ただ、次から次へ客が来ており、地元の人には人気のようでした。
今回食べた物の中でおいしいと思った物は、「海ブドウ」と「もずく」です。
海ブドウは海ブドウと言う名の店で食べたのですが、食感が何とも言えず、おい
しかったです。
それからもずくは、こちらの物のように酸っぱくなくて良かったです。

以上、長くなってしまいましたが、たいへん楽しかった沖縄旅行の感想を書かせていただきました。
鈴木

 

原様からのお便り1999年9月17日

お久しぶりです。
行きましたよ沖縄!渡嘉敷は最高でした。
あの白い砂浜、青く透き通った海にたくさんの魚。とにかく感動しました。
で、1泊の予定が渡嘉敷に2泊3日もしてしまいました。
パラソルも1回貸していただきました。
ありがとうございました。連絡できなくてすみませんでした。
結構忙しく充実した10日間でした。夜はクラブへもいきました。
たくさんの人と出会えていろんな経験ができて旅って本当いいですねー.
私絶対またがんばってバイトしてお金貯めて来年も沖縄にいくことに決めました
今度はもっといっぱい離島へ行ってみたいと思ってます。
沖縄いったおかげで後期も学校にバイトにがんばれそうです。
エイサーを見に行ったり国際通りを回ったり海へいったり北谷や名護パイナップル園やたこライス、豚足、ミミガー、オリオンビールね泡盛、ブルーシールアイス。
もう沖縄すべて満喫することができました!
とにかく沖縄最高!!!!
またメール送ります!


 

ともこ様からのお便り1999年9月12日

さてさて、行ってきましたよー。沖縄!!
もう、感動の嵐でした。
まず、行きの飛行機では隣に座ったおばさんと仲良くなり、色々沖縄のどこどこがお勧めという話を聞いて、人との出会いを感じました。
那覇の空港はすごく綺麗で、思っていたより大きくてビックリしました。
その日は、夜の7時半くらいについたので、そのままホテルへ向かいました。
ホテルへ向かう途中で「JEF」を発見!!
ミーハーに(いろいろガイドに書いてあったので)、とりあえず食べとく??
ということになって、ゴーヤーバーガーを食べました。
「ちょっと、沖縄らしいんちゃうん??」(写真まで撮ってしまった・・・)
次の日は、朝から張り切って、コマカ島へ行ってきました。
お勧めどうり、もう、すごく海が綺麗で、いっぱい熱帯魚たちが迎えてくれて、またまた感動!あんなに綺麗な海は初めて見ました。
なんせ、8時半にはホテルを出たので、コマカ島には一番乗り!!でした。
時間が経つにつれて人がどんどん増えてきましたが、少しだけ、本当に自分達だけの海のような気分を味わえました。
その日は、国際通りのほうに晩御飯を食べに行きました。
そこは、沖縄料理を食べれる居酒屋さんでとってもおいしくて、その日は実は私の誕生日でもあったので、ウキウキの一日でした。

あーーー、書いていたら全部報告文になっちゃいますので、この辺で。
とりあえず、この感動を伝えたかったので勝手に書いてしまいました。

 

 

ARIKO様よりのお便り

早速この夏、本島北部の「JALプライベートリゾートおくま」に滞在したのでそのときの様子など書きます。
よかったら、IMA的ランクづけの参考にしてください。
 普段は渡嘉敷のダイビングサービスなどこじんまりした宿が好きな私が、どうしてこんな大型ホテルに滞在したかと言えば、本島北部しかも最北端の辺戸岬にもぐりたかったから。
さがせば民宿もあるんでしょうけど、北部は初めてでよく分からなかったので本にものっているここにしてみた。
ホテルの印象を一言で言うと、
「ハード(部屋、施設)はすばらしいが、ソフト(従業員)がいまいち!」
部屋はコテージで一戸建てのもあれば(ガーデンコテージ)3階だて程度のコテージもあり、広い敷地に点在するため、ゆとり或る気分になれる。
部屋も広く、私達が泊まったフローラルコテージは2人がデッキチェアーでくつろげるテラスと大理石のお風呂、洗面台は2つあり、CDも天井に設置されたスピーカーからいい音できける。
従業員は不慣れな感じで、特にフロントは融通がきかなく、感じも良くない。
到着するなり、荷物やダイビング申し込み、レンタカー返車のことでごちゃごちゃし、嫌な気分なった。
沖縄の太陽と海のおかげですっかり忘れたけど・・・。
さらに、部屋の掃除をするメイドさんたちが掃除道具を夕方まで部屋の前の通路におきっぱなしだったり、かと思うと昼に部屋にかえって使ったタオルなどが夜に新しくなってたりとサービスが良い日もあったり、あまり、従業員教育が一貫してなさそうな感じ。
レストランはしかた無いけど高い。朝食はふつうのバイキング。
沖縄の食材も少しあるが、パンや卵、ジュースはごくふつう。
昼は水着で利用できるのはファーストフードのみできちんと食べたいときは着替えてレストランへ。
もっと手軽なラーメンとかそーきそばとか欲しい。よるは高いがフルコースなどたのめばおいしいし、豪華。
特に予約制の鉄板焼きはおいしいし、コックさんもプロって言う感じで、会話も感じよくはこびます。 
個人的ですがダイビングサービスはよかったです。
あまり話しをしないガイドもいましたが、ログをあとで届けてくれたり、腕のいいガイドもいて、辺戸岬ドームというポイントもつれていってもらえたし…。
総合すると、プロと呼べるのは鉄板焼きのコックさん及びダイビン
グサービス・・かな。
あとはアルバイトのお兄さんお姉さんって感じで、ホテルマンという感じはなかった。それが残念なてんです。
やはり、高い金額でリゾートホテルにとまるのだから、そういう(民宿やただのcity hotelとは違う)サービスを求めるものです。
いくつかの国のリゾートの滞在しましたが、この「おくま」は設備は世界に通用するとおもいますが、従業員のサービスがずいぶんおちるなというのが私の印象です。