伊是名&本島6日間レポート  feather -2012/09/13(Thu) 23:19 No.4956

 

掲示板ではお世話になりました。 8/16-21に二年ぶりの沖縄旅行に行ってきました。
子供も大きくなってきたので今まで行っていなかった南部観光をしてみました。
あと、あまり観光地化されていない所に行ってみたかったので伊是名島へ。
さらに三年前にも宿泊した今帰仁へと行ってきました。
[1日目]
喜屋武岬から見た海 朝一便で那覇へ、できるだけ長く滞在したいからですが正直4時起きはキツイ。
せっかく機内でポケモン映画をやっているのに子供は夢の中。
那覇空港へ着くと雲は多めですがいい天気です。
「東京より沖縄の方が涼しいね。」この言葉、2年前にも言っていました。
 レンタカーは日産レンタカーにしました。 自分の車と同じメーカーだと感覚が同じでとても運転しやすく、これなら嫁さんに運転を頼みやすそうです。

  そういえばレンタカー事務所でこんなことがありました。
私の直前にいた人たちが、大人4人でマーチを借りていました。ところがなかなか出発しません。
何やら関西弁で文句を言っているようです。見てみるとトランクが閉まっていません。
「あーあ、料金だけで車種を決めちゃったんだな」心の声です。コワくて口には出せません。
え、うちですか?大丈夫ですよ。 今回の相棒はウイングロードでした。特大スーツケースも余裕です♪
「朝早かったし、何か食べようか?ハンバーガーでいい?」 と、A&Wへ行きました。
3度目の沖縄ですが今回が初めてです。 ここでルートビアを初体験。
うん、噂通りの味で強烈でした。慣れれば飲めなくもないかなー。
子供たちにはカーリーフライが大好評でした。
 向かったのは喜屋武岬です。途中立派な道路?を建設中でした。 また山に道路を通すんでしょうか?
この辺にはいらないような気がしますが・・・。
さて、岬へつくと天気もよくなかなかの絶景でした。 先客は1組だけで、観光タクシーで来ていました。
なにやら東屋で三線を弾いて歌っています。
たぶんこんな風にいろんなところを歌いながら回っているんでしょうね。こういう観光もアリですね。
 
 次はひめゆりの塔へ。 入口で花束を買い子供たちにお供えしてもらいました。 そして資料館へ。
それほど混雑もなくじっくり見て回ることができました。
ひめゆりの生徒は沖縄戦の被害者のほんの一部でしかないのでしょうが、そこにスポットライトを当てることによってある意味生々しく戦争の悲惨さが伝えられていると思いました。
うちの子供たちはまだ小2、小5ですがじっくりと見ていました。特に生存者の手記をずっと読んでいました。 おかげで親もじっくり見ることができ助かります。
セーファー御嶽から見た久高島の見える景色  車で東へ向かいます。
海から近いのに高い場所を走るので景色を眺めながら気持ちのいいドライブができました。
斎場御嶽へ到着すると、駐車場はほぼ満車でした。  中は鬱蒼とした木の間を歩いていきます。
歩道は整備されていますが昔の世界を覗かせてもらっているような感覚でした。
久高島も思ったより近くに見え、海の色もきれいでした。
せっかくなので一番奥でお祈りしてきました。
「こういう所では自分のことじゃなくて、みんなのことや国のこと、世界のことをお祈りするんだよ」 と子供に言っておきましたが、何をお祈りしたんでしょうね?  お腹もすいてきたのですぐそばにある「くだか島そば家」へ。  窓際の座敷の席へ行くと海が見渡せます。 そういえば沖縄そばのお店も初めてかも。 そばはおいしかったですよ、といっても比較はできませんが。  汗もかいていたのでスープをほとんど飲んでしまいました。
「明日は島へ着くまで海で遊べないけど今日海行きたい?」
「うみいくー」 ということで豊崎美らSUNビーチへ。  駐車場からビーチが近く、設備も整っているので短時間遊ぶにはいいかな、と思っていたのですが・。
豊崎美らSUNビーチで遊ぶ子供達「あの、浮くやつ持ってきてー」 というので車からエアマットを持ってきました。 これ、空気入れるの大変なんだよー。 なんとか頑張って膨らませると、すごく楽しそうに遊んでいました。
ここは適度に波があるので面白いんでしょうね。 というわけで思っていたよりも長くビーチで遊んでいました。  人工ビーチへ来たのは初めてでしたが、子供たちを遊ばせるにはいいですね。
  本日の宿は「サザンプラザ海邦」です。 国際通りに近く無料で駐車できるので選びました。
外観に古さは感じられますが中はリフォームされ、きれいでした。和室に泊まりましたが広くて快適でしたよ。
  少し部屋で休憩したあとは国際通りへ。
まだ初日なのでみやげ物を見る気があまりなく、まだ行ったことのない公設市場へ向かいました。
路地から住宅の間や大きなお墓のそばを通り裏側から行きました。  着いてみるとなんだかあまり人がいません。一部は店じまいを始めています。
それでも一通り見て回りましたが、もっと早い時間に来るべきでしたね。
沖縄は日が遅いので感覚が狂っていました。 国際通りからちょっと入ったところにある民謡居酒屋に行きました。 ようやくオリオンビールにありつけました。キンキンに冷えていてうまい♪
そしてステージが始まりました。 この唄のお姉さんがとってもいい声です。
料理はらっきょの天ぷら、そーみんチャンプルー等どれもおいしかったです。
 その後、先客の団体が帰るとお店はうちの家族で貸し切りになりました。
そして唄のお姉さんが席にきてくれました。
「どこから来たんですか?」
「東京からです。今日来たところで、明日からは伊是名島に行くんですよ。」
「あら、私も明後日伊是名島にいきますよ。尚円王まつりがあるでしょう。先生が伊是名出身なので一緒に出演するんです。」
「え、そうなんですか。じゃあまた会えますね。」
びっくりです。2年前といい今回といい、何かと人との縁があるようです。
2回目のステージは私たちのためだけに唄ってくれました。沖縄民謡らしいきれいな曲が多く聞き惚れてしまいました。
「ごちそうさまでした。では伊是名島で。」とお店を後にしました。
ちょっと初日は飛ばし過ぎました。朝早かったのに・・・
[ 2日目]
 伊是名島へ行くために今帰仁の運天港を目指します。 58号を北上し道の駅かでなへ行きました。
車から降りたとたん、ものすごい轟音。 その直後また戦闘機が2機同時に並んで離陸して行きました。
「すっごいねー」 「こんななのかー」 これは実際に聞いてみないと分からないでしょうね。
近隣の人は大変です。 子供たちは耳をふさいで「早く中入ろうよー」と。
展望台に登ると大きなカメラを持った人が結構いました。 よく来ているらしいおじいさんと少し話をしたところ、今飛んで行った戦闘機は14時頃に戻ってくるようです。
1日中この轟音があるわけではないんですね。 私たちは運よく(悪く?)この轟音を体験できたようです。

  その後名護までドライブです。名護へ着くともうお昼なので向かったのは「ふりっぱー」です。
ちょっとだけ待って海側の席に案内されました。
「この前はそこの席だったよねー」と子供が言いました。 そうです。2年前にも来たお店です。
同じように海を眺めながらステーキを食べました。相変わらず柔らかくておいしかったです。
駐車場の車のナンバーを見てみると「わ」ナンバーはわずかです。 地元の人相手だけでもやっていけるので観光客を呼び込む必要がないんでしょうね。
 フェリーまで少しだけ時間があるので嵐山展望台へ行きました。
嵐山展望台から見た景色
 羽地内海が一望でき気持ちのいい景色でした。  
売店ではおいしそうなパイナップルも売っていましたが、さすがに帰る頃じゃないと買えませんね。
  展望台が想像以上に山の上だったので時間がかかってしまい、急いで運天港へ。  既に座席はいっぱいだったので甲板へ。遠くにもくもく雲は見えますがこのあたり一帯は晴れていて暑いです。
乗客には外国人が結構いたので不思議でしたが、多分米軍関係者ですね。キャンプでもするんでしょうか?
伊是名島までは約1時間の航海です。この日は波もなく船酔いの心配はありませんでした。
伊是名ビーチで遊ぶ子供達 島へ到着し、伊是名ビーチのそばの宿へ向かいました。 この時点で17時過ぎ、まだまだ明るいのでビーチへ。
小さなさんごのかけらがゴロゴロしているので裸足ではちょっと痛かったです。ここでもエアマットでぷかぷか浮かんで遊んでいました。
  ここには地元の子供達が軽トラの荷台に乗ってたくさんやってきていました。 桟橋から飛び込んで遊んで、歓声が聞こえてきました。
「ほら、2人とも行ってきたら?」と誘っても
「えー」と行こうとしません。
  本当はやってみたいくせに。  日が沈むころ、夕食の時間なので宿へ戻ります。
この日の夕日は雲に邪魔されました。 夕食は刺身やモズクなど島の食材でどれもおいしかったです。
 夜には屋上へ出て星を見ました。
新月に近いので月もなく、天の川まできれいに見えました。 写真も撮りましたがこの日は失敗でした。

[ 3日目]
 今日は無人島へ渡ります。 向かったのは伊是名ビーチからも見える屋那覇島。 漁師さんの漁船に乗せてもらいました。10分ほどで到着です。 誰もいない広いビーチとエメラルドグリーンの海、そしてその向こうに見える伊是名島。天気も良く、景色は最高です。
伊是名島から近い屋那覇島
屋那覇島の海の中 ビーチのそばで降ろしてもらいましたが砂地であまり魚もいないので埠頭のそばへ移動しました。
ここで時間までシュノーケルをしていました。
魚はそんなに多いわけではなかったですが、他に誰もいない静かな海は強烈に印象に残りました。
「もっと長く居ても良かったね」
と満足してくれたようです。
漁船で無人島へ渡るのもとっても面白かったです。
夕方の伊是名ビーチ 港のレストランで昼食を食べ、宿へ戻って少し休みます。 
日差しが強すぎて外に居られなかったので、伊是名村ふれあい民族館へ。  尚円王にまつわるものや、昔の島の生活に関わるものが見られて、また何より涼しかったです。
 夕食まで少し時間があったので伊是名ビーチへ。
今度は子供達も桟橋から飛び込んでいました。
それを見ていた地元の子供は 「ほら、あんな小さい子も飛び込んでるんだから」 と他の子に言っていました。 どうやら地元でも怖がりの子もいるみたいですね。
伊是名島で見た星空 早めに夕食を食べて尚円王祭りへ。
地元の人はシートを広げて飲みながら楽しんでいるようです。 屋台が出ていてビールを飲みながら太鼓の演奏等を聴いていました。
那覇で会ったお姉さんの演奏はプログラムの最後の方でした。 子供達が手を振るとお姉さんは小さく手を振ってくれました。  相変わらずきれいな声ですばらしかったです。
  最後のカチャーシーは盛り上がりました。
特にステージに上がりこんでいた人たちはすごかったです。 腰をフリフリ、ちょっとびっくりしました。
  この日も満天の星空です。 子供達が寝た後にしばらく眺めていました。
[4日目]
伊是名島のマッテラ浜  今日も伊是名はいい天気です。
朝食の後はマッテラの浜へ。
陸ギタラを望むきれいな海岸で、絵になる景色ですね。 まだ早い時間だったので最初は貸切でした。
海の中を覗いてみると岩場ですが小さな魚を見ることができました。
こんなビーチなら何時間でも見ていられそうです。
今回はもう時間がないので残念です。
伊是名森林公園展望台から見た素晴らしい眺め
 チェックアウト後に、宿の人に薦められた伊是名森林公園の展望台へ。
強烈な日差しの中登っていくとすばらしい景観でした。 特に屋那覇島との間の海のグリーンはすごいです。
本当に伊是名島には景色のいいところが多いですね。

 フェリーで運天へ戻り向かったのは沖縄フルーツらんどです。 いろいろな果物の木に実がなっているところを見られて面白かったです。 でも大人には良かったけれど子供には物足りなかったかも。
ブルーシールアイスを食べて宿へ向かいます。
  この日から今帰仁に2泊します。
冷蔵庫にはウェルカムフルーツとしてマンゴーとスイカが冷やしてありました。 甘くてとってもおいしかったです。
  実は、3年前はこれが初日だけのサービスかと思い、食べきれない分を残しておいたのですが・・ 翌日、また山盛りフルーツが冷蔵庫にあり、「食べておけばよかったー」ということがありました。 今回はちゃんと食べきりましたよ。

ギンギンに冷えたオリオンビール 夕食は民謡居酒屋「ちゃんぷるー」へ。
 冷凍ジョッキで飲むオリオンはキンキンに冷えて最高にうまかったです。 料理も何を頼んでもおいしいです。料金は驚きの安さなのに。 これでチャージなしで民謡が聴けるのでお気に入りです。(今回で4回目)  民謡のステージは楽しい雰囲気、というか酔っぱらって盛り上がる感じの曲が多かったです。 観光客向けではなくうちなんちゅ向けですね。こういうの好きです。
  子供達もステージに上って太鼓をたたいたり歌ったりと楽しそうです。
そのうちに「ほら、お兄さんも何か歌って」 と私も呼ばれました。  オリオンがおいしくて飲みすぎ、酔って気が大きくなっていました。  「観光客が多いからいいか」と思い歌いましたが、今から考えると、よくうちなんちゅの前で歌ったなーと思います。
おかげで地元のおじぃに気に入られて、いっぱい話をしました。
(すいません、半分くらい何言ってるかわかんなかったです) 地元のお姉さん(おばさん?)もやってきて賑やかでした。
最後にはドラゴンフルーツも差し入れてもらいとっても楽しかったです。 あと・・・飲みすぎました。
[ 5日目]
レストランから見た風景  朝食は宿のレストランで、海の見える窓際に案内されました。  定番のモズク、ジーマミー豆腐等で美味しかったです。 さらに、食後のデザートにはマンゴーが出てきました。
  午前中は満潮なので美ら海水族館へ。
もう三度目ですが大水槽のジンベエは見ていて飽きないですね。
  そして、初めての黒潮探検へ。
足元をジンベエやマンタが泳いで行くので大きさがよくわかります。水槽の奥行きも結構あるんですね。
子供達は「美ら海観察ガイド」を集めるのに一生懸命でした。 なんか首里城のスタンプラリーを思い出します。
全体的にすいていてゆっくり見ることができました。
 干潮になったので長浜ビーチへ行きます。
コテージからハイビスカスの生け垣を抜けてフロントへ。ここにシュノーケル、浮具、ビーチチェアがあり宿泊客は自由に借りられます。 シュノーケルはあるので、子供用の浮き輪とチェアを借ります。長浜ビーチの海の中・珊瑚もありました。
ビーチへ行くとリーフが海上に出ていてその内側はプールのようです。
ビーチにいるのは宿泊客と地元の人たち、合わせても20人弱くらいでしょうか。  まずはシュノーケルを着けてリーフを目指します。 20メートル位進むと所々にサンゴがあり、小さな魚もいました。
そこからは数メートル先に次のサンゴが見えます。そこを目指して泳ぐというのを繰り返しました。
途中の岩場では、モンガラ、チョウチョウウオ、ツノダシ等、あとクマノミの赤ちゃんもいました。
このあたりでビーチから100メートル位でしょうか。リーフとの中間点です。
「疲れてるなら戻ってもいいけどどう?大丈夫?」
ときいてみると、シュノーケルをくわえたままフガフガ言っています。
どうやら行く気満々です。 ここからはサンゴが増えてきてサンゴの林の合間をぬって泳いでいきました。
長浜ビーチの沖合い・リーフエッジ付近ようやくリーフへ到着です。
西の方を見るとリーフはどこまでもまっすぐ続いているように見えます。  さて、少し散歩してみようと思ったところ、 「トイレ行きたい」 と、子供が言い出しました。
えー、せっかくここまで来たのに。でも、しょうがないね、体も少し冷えたし。   ということで名残惜しいのですがビーチへまた泳いで戻りました。
そのあと、子供達は浮具で遊び、大人はシュノーケルをしてのんびり過ごしました。
夕食は焼肉を食べに長堂屋へ行きました。
アグーのお肉はやっぱりおいしかったです。
[ 6日目]
長浜ビーチ 今日も朝食後にはマンゴーがでました。
食後はまた長浜ビーチへ行きました。
今回の旅行最後の海です。
まだビーチには誰もいません。貸し切りです。
 満潮なので少しだけ波があり、子供たちは借りてきたボディーボードで楽しそうに遊んでいました。
私は大きいエアマットに寝て海の上にプカプカ浮かんでいました。 そのままだらだらと1時間半、結局ずーっと貸し切りでした。
  部屋に戻り、荷物をまとめて冷蔵庫に残っていたフルーツを食べてチェックアウトです。
すると宿のスタッフから 「これ、よかったら持って行ってください」 と、マンゴーを2つ頂きました。
今回の宿では二泊でマンゴーを6つも頂いた(食べた)ことになります。
  昼食を食べて向かったのは琉球村です。 子供達は紅型の体験をしました。
暑い中頑張って色を塗っていました。 道ジュネーではお姉さんの指笛がすごかったです。 もう山の向こうまで響きそうないい音でした。 その後は三線の体験です。 下の子は手が届かないのか苦戦していました。
もう少し大きくならないと難しいね。 思っていたよりのんびり楽しく過ごせましたが、予定より遅くなってしまい、急いで空港へ。
夕方の長浜ビーチ  な、なんか思いのほか長くなってしまいました。スミマセン。
こんなだらだらとした文章を読んでいただきありがとうございます。
今回のメインは伊是名島と今帰仁の長浜でしたが、旅行中天気に恵まれて、毎日海でのんびりできました。
特に伊是名島は2泊でしたが、「えー、もう帰るの?」と子供に言われるくらいで、あと1泊しても良かったかなぁ。
さて次は何処に行こうかな。うーん、やっぱり伊平屋に行くべきか?

Re: 伊是名&本島6日間 コアラ - 2012/09/14(Fri) 15:15 No.4975
お帰りなさい。いや〜どの写真も青空がきれいです!
日ごろの心掛けか、お天気に恵まれたようで良かったですね。  私は未訪の伊是名島。知り合いに出身者がいますが「昔はもっときれいだった」って。
でもfeatherさんの写真を見たら今でも十分にきれいですね。
離島に滞在すると「ああもう一日泊りたかった」って思うものなのですよ。キリがない(笑)。
「沖縄の人は愛想がない」とか言う方もいますが、こちらが心を開けばfeatherさんご家族のように、地元の人たちとすぐに仲良くなれますよね。
6日間はうらやましい。
写真を眺めるうちに私もまた行きたくなりました。あまり詳しくない今帰仁情報も併せてありがとうございました!

Re: 伊是名&本島6日間 feather - 2012/09/16(Sun) 00:18 No.4978
 コアラさん、レスありがとうございます。
離島はいろいろと不便でもあり、天候とかを考えると計画を立てる時には長期滞在は考えにくいんですよね。
でも、離島へ行くと今度は「まだ戻りたくない、もっと長く滞在してもよかったなぁ」と思います。
今は、よし、そのうち1人旅で・・なーんてことを考えてます。
今回は「島内観光をあまりできなかった」という気持ちが残ってしまったので、何年か後に再訪するかもしれません。

Re: 伊是名&本島6日間 ナイチャー小林 - 2012/09/16(Sun) 15:36 No.4979

 こんにちは。まず、投稿感謝です。
伊是名、私も時間をとって再訪したい場所のひとつです。 ビーチから見える屋那覇島にも行かれたんですねー。 時間があったら私も行ってみたかったです。
長浜もできたら年内に取材に行きたい場所です。 というか今帰仁半島にはまだまだ素敵な海岸がありそうなんで。
こう考えると沖縄って狭いけど広いです。
住んでいても、まだ行きたくていけない場所がいっぱい!
あ、伊是名と伊平屋、琉球王国とのからみで、史跡など見所もいっぱいですから、又お時間のあるときにでも再訪なさってみてくださいね。

Re: 伊是名&本島6日間 ナナ - 2012/09/19(Wed) 17:38 No.4980

 featherさん、ぜいたくな旅をされましたね〜^^ どの写真も清々しいほどの青い海と青い空!
満足度の高いご旅行だったことがうかがえます。
伊是名島は大好きな島! あー行きたい!うらやましいです(笑)
屋那覇島いいですか??いいなぁ〜〜 私も渡してもらおうっと! (あら、オババギャグになってしまった)今度行くときは行こうっと! って羨ましがってばかりですね〜

Re: 伊是名&本島6日間 feather - 2012/09/25(Tue) 01:06 No.4983

 小林さん、ナナさん、レスありがとうございます。
小林さん、 伊是名島は静かで落ち着く場所でしたよ。特に昼間の集落は・・静かすぎて早々に退散しましたが。 小林さんも今度はゆっくり行ってみて下さいね。
>今帰仁半島にはまだまだ素敵な海岸がありそうなんで。
そうですね、名前もないキレイなビーチがいくつかありますね。 あまり人が来ないビーチはたくさん貝が拾えるので子供と一緒に散歩するにはいいですよね。
ナナさん、 私も伊是名島が大好きになりました。
またマッテラの浜で海を眺めてボーっとしていたいなぁ。 屋那覇島ですが、宿の人に頼むと割と簡単に渡してもらえるかもしれませんよ。
あ、夏はキャンプしている人がいるようで「無人」ではないみたいです。

 

↑一覧に戻る