kenさんのレポート 投稿者:ken 投稿日:2006/07/05(Wed) 14:30


1161] 初プラーベート沖縄

少し時間が経ちましたが、6/22-25に沖縄旅行をしました。

22日(木)
14:00頃那覇空港着、天気は快晴(想像以上)そのままモノレールとバスを乗り継ぎ、防空壕跡に向かいました。親切な駐車場案内のおじさんとお話をし(沖縄の何がそんなにいいのかな?等々)、写真を撮ってもらい「何か旅してるなって」いう気分でした。
その後、宿泊先の沖縄青年会館に向かいチェックインを済ませて繁華街がにぎやかになる前の雰囲気を感じて、国際通りに。ステーキ88にて食事を済ませ幸せなときを感じながらホテルに戻り、明日の予定もあるので早めに就寝としました。
でも興奮してたのか、暑かったのか良く眠れずに朝を迎えました。

23日(金)快晴 
初めてとなる慶良間諸島阿嘉島にすでに予約を済ませてあったクイーン座間味(9:00発)で向かい、有償のバスにて北浜に、フィンとパラソルをかりて3時間シュノーケリングを楽しみました(貴HPにも大変お世話になり貴重な情報をたくさんいただきました)。
そしてバスにて港に戻り、レンタサイクルにて慶良間空港、高良家等々を見て、港に16:00に戻り高速船(17:00)を待ち泊港へ、港から徒歩でホテルに戻り、近くの居酒屋さんで食事をしました。
「島らっきょう」と「みそ汁(ジーマ豆腐入り?)」をサービスして頂き、とてもおいしく頂きました。

24日(土)快晴 
ホテル近くにてレンターカーを貸りて、斎場御嶽、識名園、チャーリータコスさん(タコス旨かったですね)、てるりん館(照屋林助三味線店、なんかとっても親切にして頂きお茶をごちそうになりました)にお邪魔し、道の駅嘉手納に立ち寄り、北谷のジャスコ(すんごい人でした)でお土産を購入し、帰着。
この日はホテルでゴーヤチャンプルーを食べました。何か家で作ってくれるのとは違うのですよ、スパム?のためですかね?
夜は首里のsingというミュージックバーに行き最終モノレールで帰りました。楽しかったキャラメルマン!

25日(日)
とうとう来ました、旅行最終日。帰りの飛行機(14:30)までのカウントダウンが始まりました。
ずっと天候に恵まれ、どこかで読んだ梅雨明け後の沖縄は結構ねらい目というのは正解だったのかなーと感謝しながら・・・、今日も超快晴です。
国際通りをゆっくりと散策しながら沖縄そばとぜんざいを頂きました。

最後になりましたが、本当に楽しかったです。来年も絶対に来たい!

↑一覧に戻る

ふるーるさんのレポート 投稿者:ふるーる 投稿日:2006/07/08(Sat) 18:20


1169] 無題

1日目(6月29日快晴)
・・・那覇空港についたのが3時ぐらいだったのでとりあえずショッピング。
空港から出ている無料バスであしびなーへ、いろんなブランドあっておぉーと思うもののいまいち。
ABCマートでスニーカーを買っておわり。帰りはタクシーで赤嶺駅まで980円で行けて安かった。
今度はゆいレールにのってホテルのあるおもろまちへ。おもろまちに着くと沖縄に来た実感がわいてきて妙に興奮した(笑)今回泊まったのは法華ホテル、できたばかりなのでとても綺麗だし、女性にはアメニティーのプレゼントもあって快適。
 一休みしてから国際通りへ、牧志駅で降りてずーっといろんなお店によりながらお散歩。
ふと寄ったお店で「石垣島らー油」を見つけて購入!国際通りの店ではここでしかみなかった。
今度は市場へ、お土産に買おうと思っているパイナップルとマンゴーの価格を偵察。やっぱりマンゴーは高いね。去年は市場の通りの奥の方へ行った所がいちばん安くそこで買ったんだけど今回は市場では買うのを我慢。その周辺に何やらアクセサリーショップらしきものがあって入ってみる。
シルバー!?製品がいろいろあった。お店の店長さんに話しかけられ、沖縄移住についていろいろ教えてもらう。一人旅ってこういう人との触れ合いが一段と密になるから楽しい。ここで売っている商品のほとんどに自分で名前等を打つことができるらしい。ミンサー織りの模様が入った指輪を御買上げ〜。
市場の中へ入るといろいろ試食させてもらえた。次々とこれも!これも!と出してくれた。
でもまだ初日なので何も買わず、ごめんなさい。島らっきょうが一番美味しかった。
ハブボックスに行ってTシャツを購入。ここは面白いTシャツが手に入る。お値段も3000円前後と手ごろだけど、色あせもやや早めかも。
散策も終わりおもろまちへ、近くのサンエーで夕食を買う。
それにしてもここのサンエーはすっごく広かった!

2日目(6月30日快晴)
・・・この日はダイビングへ。といっても体験だけどケラマまで行って2ボートで15000円。
沖縄の海を覗くのが一番の目的。ほんとに綺麗、綺麗な海見るたび全身が感じるらしく鳥肌が何度も立った。亀も泳いでいた為、船長さんのはからいで近くまで行ってくれた。
息継ぎのためにひょこっと顔を上げる亀をみんなで見つけながらわーわー騒いだ。来年こそは亀と一緒に泳ぐためにもライセンスとるぞ!
 夕方、ホテルに戻ってきて再びサンエーへ。生の沖縄そばを買ってそのまま郵送してもらう。
やはりネットで買うより断然安い。ただ賞味期限が短いので早く食べないといけないけどね。
その後、DFSでブランドものもバックや化粧品などを購入。国内で免税なのはとても嬉しい。
ゴディバの限定チョコもあったんだけど、とけやすい商品のため泣く泣く断念。
ホテルに戻ってダイビングと歩き疲れでマッサージを呼ぶ。これで明日も沢山歩けるぞ。

3日目(7月1日快晴、夕立)
・・・今日はDFSからレンタカーを借りてドライブへ。1泊2日でフィットで6000円と安いほうだったと思う。
まずはR58へでるんだけどナビが不思議なことを言う為、標識を頼りに無事にR58へ。
目指すは座喜味城跡。途中、休日ということもあってか白バイがいるわ、何箇所でも取締りをしていた。
「わ」ナンバーを特に狙われるらしいのでご注意を。
なんとか座喜味城へたどり着くものの裏の駐車場にとめてしまったらしく結構あるいた。暑くて汗が…。
城跡の上に登るととても綺麗な風景が目に飛び込んでくる。近くにいたおじさんに写真をお願いして記念撮影。一人旅だとこの写真を撮るときに人がいないとちょっと困ってしまう。
 残波岬へ、巨大シーサーに会いたくて向かう。
かなりでかい、一緒に写真を撮りたかったが人がいなくて取れず。
残波岬の次にむかったのは「なかゆくいおんなの駅」。ここも今回楽しみにしていた場所のひとつ。
早速調べておいた、ムール貝とホタテのウニソース焼き、ウニもずくの天ぷら、マンゴージュースを食す、どれも美味しくて幸せ気分。お店の中では地元の野菜がおやすく売られている。
バナナが木ごと売られているし、マンゴー、パパイヤ、パッションフルーツ、パイナップルどれも安かった。以前から電話でお願いしていたマンゴーを購入、とっても美味しそうなマンゴーや2キロ(6個)で5000円やや高めみたいだけど、お店の人もお勧めの農家の方が作ったマンゴーだけあってとっても美味しかった。
なんだか食べてばっかりになっちゃうけど、なかむらそばでアーサーそばを食べる。
窓から綺麗な海が見えていっそう食がすすんだ。
 その後、万座毛、御菓子御殿によりながらR58を北上。今帰仁の嵐山展望台へ。
えっここでいいの?と思うような展望台に上ると、絶景が広がった。ここはぜひ行ってみてほしい場所。
ここでパイナップルを買う予定だったのだか、今年はハウスパインが不作らしく露地ものがでるまで待ってもらうことになると言われがっかり…。近くにあった直売所も覗いてみるが同じ答え。
ちょっと探してみようと思い、付近をうろうろ、パイナップルパークの売店に行ってみるが高い!
結局、嵐山まで戻り、「また着ました!人に露地ものが出たときに送ってください」というと「じゃあ、そこに座ってこれでも食べながら宅急便の用紙かいて」とパパイヤやゴーヤの漬物などをいただいた。
最初に来たときにもパイナップルの試食を出していただいたのにまた今回もいただく。
やや小ぶりなパイナップルだけどずっごく甘い!食べ終わると今度はパッションフルーツまで、これは初めて食べた。うぅーん あまずっぱい。すっぱさと種の食感がちょっとくせになるかも。
いろいろ食べさせてもらって帰りに、再びパイナップルのお土産をいただいた。
多分1個分ぐらいあったと思う。ほんとにありがとう。人の好意に触れてとってもうれしくなった。
 パイナップルでおなかを満たした後は、今帰仁城跡へ。
ここの駐車場でであったカップルにパイナップルをプレゼント。「毒とか入ってませんので」と一応断ってみた(笑)ちょうど雨上がりだったので虹も出ていて綺麗だった。
ホントはこの後、古宇利大橋へも行く予定だったのだが、パイナップルに時間をとられてしまったので名護のホテルへ帰った。近くの公園で夕日をながめながらちょっとぼーっとしていた。
明日で終わりなんだなぁと思うとちょっと切なかった。
 夕食はどこがいいかなぁと探しているとコンビニの隣に、丸隆食堂という定食屋さんがあったので入ってみる。広っ、地元の人らしき人が数組いた。野菜チャンプルー650円也。
ご飯なんてほんとテンコ盛りっていう感じでボリューム満点。味もなかなかよかった。
後から知ったんだけど沖縄そばで結構有名なお店みたい。
次の日は早起きして海辺を散歩するためにこの日は早めにおやすみ。

4日目(7月2日快晴)
・・・朝、部屋の窓から朝の海をながめて散歩は実行できず。
最終日は12時ぐらいまでしか時間がないので早めにチェックアウト。
高速道路で一気に南下。一時間ぐらいで平和記念公園についた。奥の方へ歩いていくと戦没者の名前が記された碑があり、涙がこみ上げてきた。
この綺麗な海が戦場となり、沢山の人の命がおとされたとこと思うとつらくて、悔しくて… 
この場所は本当に平和への祈りがあふれでている所だった。
あまりにもつらくなってしまったので行こうと思っていたひめゆりの塔は行くのをやめてしまった。
しっかりと戦争の後をみておかねばならないと思うのだけど、現実は想像以上だった。
 その後は、奥武島へ行きここでも、もずくの天ぷらを食べる。もずくは美味しいねぇ。
沖縄に来るともずく三昧だ。くなんとうのもずくそばも食べたかったんだけど、開店前だった。
グラスボートもあったんだけど、お客さんもいない感じでやってるのかなっていう雰囲気が漂っていた。
(誰か乗ったことがある人がいれば教えてください)ぶらぶら歩いていると草野球をしている。
いやぁー暑くて大変ね、と思いながらちょっとだけ観戦。
12時に近づいてきたのでレンタカーを返却に向かう。

2回目の沖縄一人旅でしたが、今回もとっても楽しかった。来年に向けてまた研究しまーす。

↑一覧に戻る

こうじさんのレポート 投稿者:こうじ 投稿日:2006/07/06(Thu) 22:58

[1166] ビーチタワー4日間の旅

ザ・ビーチタワー沖縄 3連泊
レポートってほどのものはありませんが、感じたこと書かせていただきます。

今回はJALツアー ふらり レンタカープラン 
午後中部国際空港発、夕刻 那覇着、DFS配車、返車。
午後5時すぎ那覇空港到着、手荷物を受け取り、一階のカウンターでゆいレールの乗車券を受け取り、おもろまち駅下車。どんな風に車を受け取るのかと思って、(興味あり)
DFSレンタカーのカウンターへ、手荷物はそのまま預かってくれた、これは楽でいい。でここからが・・DFSの中を通っていかないと配車してくれない、(上手いこと出来てる、通らずに受け取る通路はあるのかな?)色々なブランド品を横目で見ながら、無事配車、ここで荷物と対面。
いざ58号線へ、道路混雑も無く難なくホテル到着。
ザ・ビーチタワー沖縄
第一印象は、従業員の皆さんがよく教育されているようで、挨拶も気持ちいい。チェックインもスムーズで待たされることも無く問題なくエレベーターも4基あり混雑なし(宿泊客が少なかっただけかもしれないが)
12階の部屋を案内してくれた(当初3階って聞いていたのだが部屋に空きがあるとのことでラッキー)。
事前に予約しておいた妻の誕生日ケーキを届けてもらう(誕生部に数日早いがせっかく沖縄に来たんだから・・)。届けてくれてケーキを前にして3人で写真を撮ってくれた。
ケーキは?生クリームのケーキはフルーツ一杯で美味しい。(記念日にはオススメ)
部屋は2ベット+畳のスペースあり布団が敷ける5人は泊まれる感じ。風呂は洗い場があり便利トイレは別で使い勝手よい。 室内の清掃は行き届いてる感じで不快感はありませんでした。
部屋からの眺めはとても良くて楽しめる。

 気になる朝食は、バイキングで品数も多くて大満足。朝から沖縄そばあり、もずくのぶっ掛けご飯が面白くてよい、焼き魚も毎日違っていてこれが旨い。 フルーツの種類もあって私たちには満足でした。
ドライキィウイがとても美味しかった。
室内は禁煙のようだったので子供たちも安心できるのではないでしょうか。

部屋のパジャマについて、
ホテルのパジャマといえば薄くペラペラしたのを思い浮かべるがコットンの香りがするパジャマで肌触りもよく、ここに泊まるならパジャマは持っていかなくても良いと思う。(子供用もありフロントに要確認)

ちゅらーゆについて
風呂としてはそんなに大きくないが、ここ沖縄で数少ない温泉に入れるってのは貴重かも。それと日焼けした肌を癒すのには良いと思うし、宿泊者は滞在中無料ってのもお得感があってありがたい。
タオルの貸し出しもあり手ぶらで行ける。水着着用のプールやジャグジーもあり、水着で行ける温浴も楽しめる。 今回は入れなかったけれど、目の前のサンセットビーチで遊んでそのまま「ちゅらーゆ」へ
そして温浴楽しんでホテルへ・・・
(あまりの楽しさに、フロントで借りた浮き輪をちゅら〜ゆに忘れて帰ってご迷惑を掛けました)。

今回の旅で観光は?どこ行った?って感じで美浜で遊んで、買い物して・・
ひとつ行けなかった所が、フォスターのフリーマーケット、ちゅら〜ゆで遊びすぎて子供が疲れてしまい
次回(いつだか未定)の課題となった。

買い物&お土産、ジャスコ北谷店で色々買った、お土産用の売り場あるし買ったものはそのまま荷造りしないで宅配カウンターに持ち込めば箱詰めして送ってくれる。その際、宅配&ゆうパックで選ばせてくれたのはありがたい。
これなら気軽に利用できて思い荷物持って歩くことも車に乗せることもなくて思う存分遊べる。

サンセットビーチについて
砂は細かく裸足でも大丈夫、子供たちと砂遊びには十分楽しめる、この日は生憎ハブクラゲのが駆除でしばらく遊泳禁止だった。残念だが、駆除してくれるから少しは安心だ。

この北谷、美浜は食べるものには全く困らない所で、ホテルからなら徒歩圏内に何軒もある。好みで毎回お店を変えるのも楽しみの一つだと思う。
ホテルからは少し離れるが、ちゃたん食堂に行ってみた、クーポン券印刷してもっていけば 一品サービスは嬉しい、値段も安く色々食べれる、量はそんなに多くないので・・・(個人差あり)油断すると食べきれないかも?

もっと食べ物のレポートしたかったのですが、旅行前日からお腹を壊して。。食べては出す(汚い話)の連続で思う存分食べれなかったのが残念でしたが楽しかった4日間でした。
これから北谷 美浜 ヒビーチタワーに宿泊される方に少しでも参考になればと思います。

↑一覧に戻る


kaimamaさんのレポート 投稿者:kaimama 投稿日:2006/07/10(Mon) 00:48


[1175] 本島&座間味・5泊6日☆3才子連れ旅

7/2日〜7日、5泊6日で3歳児を連れて行ってきました♪
私達夫婦にしては珍しくずっとお天気に恵まれ、行く前にこちらでアドバイスをいただいたおかげでとても楽しい旅行ができました♪

1日目・南部観光 かりゆしアーバンリゾート那覇泊

今回は主人のバースデー割引で航空券をGETし、全て個人手配をしました。
お昼頃、那覇に着きレンタカー手配→その後、おきなわワールドへ。
朝早かった為か、子供が車で寝てしまい、とりあえずおきなわワールド内のレストランで昼食。
メニューも多く、座敷もあったので子供を寝かせて沖縄そばとまぜご飯のセットを頼みました。
おいしかった♪食べ終わってもまだ子供は起きる様子がなく1度店を出るとようやく起きたので再びレストランに入り、子供に食べさせました^^;。
3時からのエイサーまでにまだ時間があったので玉泉洞へ・・とても神秘的な鍾乳洞で結構距離がありましたが子供もがんばって歩き、涼みながらゆっくり見れました。
 鍾乳洞をでると沖縄の素朴な風景が再現されていて、真っ青な空に赤い瓦屋根やハイビスカスなどが鮮やな彩りで”あ〜、沖縄にきたんだな〜”と気分が盛り上がってきました。
エイサーも若いダンサーが一生懸命踊っているのが感動的で子供も一緒に手をたたいたり大喜びしていました。
その後、ニライカナイ橋の絶景を見ながらぐるっと南部をドライブ。
(ニライカナイ橋は今回海側から上がって行ったのですが、ほんとは那覇から下ってくる時の方が海をバ〜ッと見渡せてきれいなのかもしれませんね。)
だんだん日が暮れてきて夕食は”ジャッキーステーキハウス”で食べることにしました。
最初、場所がわかりにくく迷ったのですがそんな場所にもかかわらず、たくさんの人がきていました。
主人がテンダーロイン、私がニューヨークステーキのセットを頼んで半々で食べたのですが値段のわりにすごいボリューム!テンダーロインの方がやわらかくておいしかったです。
ただ、付け合せのスープがイマイチだったかな・・^^;。 子供はハンバーグを食べました。

この日の宿泊先はかりゆしアーバンリゾート那覇。明日は念願の座間味に行くので港からすぐのこのホテルにしました。 部屋は程よく広く、夜景がとてもきれいでした。
明日に備え、早めに就寝!!

☆2日目・座間味島 レストハウスあさぎ泊

この日は念願の座間味へ!!
その前に今日の朝食はホテルの13階のフロアーで港や海を見渡しながらの食事。
ゴーヤチャンプルーや沖縄もずくなど沖縄料理も何種類かあり、パンも紅芋パンなどいろいろあって朝から食べ過ぎてしまいました。 いつもはちょっと食べるとすぐ席を立ってウロウロしたがる子供も外の景色を飽きることなく見ていたおかげで親も久々にゆったり食事をすることができました♪
 さて、9時発の高速艇に乗るとハプニングが!
この日は波もおだやかだったのですが、子供がお茶をがぶ飲みしたり、下を向いてミニカーで遊んでいたせいか、島に着く直前吐いてしまったのです・・。吐いた後、子供はすっきりしたらしく島に着くなり走り回っていて安心したのですが、着替えさせたり後片付けにちょっと時間がかかりました。
  ひと段落すると今日宿泊する”レストハウス・あさぎ”へ。
チェックイン前でしたが荷物を預かってくれるということなので早速バスに乗り、古座間味ビーチへ!!
展望台からビーチを見下ろすと・・あまりの美しさに感動!! 早速、パラソル・ビーチチェアーなどを借りて(レンタル料も安い!)3人で海へ!とっても透明度が高く海に入るとすぐお魚を見ることができました♪
主人と交代でシュノーケルをするので先に主人に行ってもらいました。
帰ってくるなり、「すごいよ!水族館で泳いでるみたい!!」と言うので次は私が行くことに・・
数歩行くとすぐ深くなるのですが海の中をのぞいてびっくり!
いきなりカラフルな熱帯魚がいて、30cmくらいもある大きな魚や、黄色くて長さが1メートルくらいのにょろにょろした魚、ニモやウミヘビなども見ることができました♪
子供もアーム式の浮き輪と普通の浮き輪を着けていたので足が着かないところでも大はしゃぎで泳いでいました^^。
昼食は近くの売店で売ってるおにぎりやホットドックなどを食べました。
品数が少ないので込んでいる時期はどこかで買って持っていったほうがいいかもしれません。
  夕方、宿にむかいチェックイン。
外から見ると民宿っぽい感じですが2階に上がるとプチホテルみたいできれいに掃除してありました。
部屋はバス、トイレ、エアコン付で有線までついていて快適。(部屋に冷蔵庫がなかったのだけちょっと残念。)
うちの他に小さい子を連れた家族や一人旅らしき女性も2名ほどいて適度にプライバシーの守れるいい宿です。 夕食はこの宿で地元の素材を生かした料理をいただきました。
ちょうどこの時間、また子供が寝てしまい食事ができなかったのですが、あとで奥さんがおにぎりを作ってくれて部屋まで持ってきてくれてうれしかったです♪
夜は満点の星空を見たあと、明日にそなえ早めに就寝・・。

☆3日目・無人島 安慶名敷島へ
 この日は帰りの船を2時半頃予約していたので、午前中だけ安慶名敷島へ行くことに。
港にいっておじさんにお願いすれば船で渡してくれると言うのを聞いていたのですが、親切にもあさぎの奥さんが連絡を取ってくれたので宿でライフジャケットとフィンを借り、船のおじさんにパラソルを借りて5〜10分ほどで安慶名敷島に。
わりと人が来ていて空いているところにパラソルを立て海へ!
初め、浅瀬が続いていて”古座間味の方が魚がいたな〜”と思いながら沖の方まで行くといきなり深くなり熱帯魚がたくさん!
古座間味は大きい魚が見れたけどこちらは小さくてカラフルな魚がた〜っくさん群れをなして泳いでいました。 花びらが舞っているようでキラキラして竜宮城って感じでした♪ 
蛍光色のブルーみたいな生き生きした珊瑚やテーブル珊瑚も見ることができて感動しました!!
たっぷり楽しんで港に戻り、近くの食堂でお昼ご飯。
子供がぐずりだしたのであわただしくそばをかきこんで出ました。
帰りの船はさすがに子供も疲れてぐっすり寝てくれたので無事泊港に着きました。
 かりゆしアーバンで大きな荷物を預かってもらっていたので取りに行き、駐車場の精算をすると、なんとタダでラッキー♪
そのままR58を北上し、途中ガストによったりしながら今日の宿泊先”残波岬ロイヤルホテル”へ。
(途中、北谷のアメリカンビレッジがありましたが買い物に興味ない我が家はスルーしました。)
夕食に出かける元気も食欲もなかったので今日はコンビニで適当に買い込んでホテルで食べ、またまた早めに寝てしまいました。

☆4日目・古宇利大橋&辺戸岬ドライブ
今日から3泊、残波岬ロイヤルホテルに泊まります♪
大型のリゾートホテルで部屋も広く、ロビーも華やかな感じですが、周りはサトウキビ畑があったり残波岬公園があってとてものどかな風景。
歩いてすぐのところにお菓子御殿があり、ここのレストランは海ぶどう丼やそばなどがありました。
多少、へんぴな場所にありますが車があれば全然問題なしで我が家はとても気に入りました♪
今回、修学旅行と重なってしまい、大浴場などはとても混んでいたので利用はしませんでした。
  朝食は13階のレストラン会場だったのですがとっても景色がよく、目の前でオムレツを焼いてくれたり、品数も多くてとてもおいしかったです♪
朝食後はホテルの周りをお散歩したり、屋外プールで泳いでのんびりしました。
プールは大人用と子供用の2種類あって、子供用は滑り台がついていて子供がとても喜んでいました。
プールから上がり車で北部をドライブすることに。
子供は乗ったとたんに爆睡・・58号線をのんびり走って海沿いの景色を楽しみました。
そのまま一気に古宇利大橋へ!
サトウキビ畑が広がっている島を抜けて坂を下っていくと・・テレビや雑誌によく載っているあの風景!
真っ青できれいな海のど真ん中にまっすぐな橋が1本スーッと伸びていて主人と「うわ〜っ!!」と感激して声を挙げてしまいました。 橋の手前の駐車場で写真を撮って、橋を渡った後、また駐車場にとめてブルーシールのアイスを食べました。
 子供はまだまだ起きる気配がなく、そのまま本島最北端の辺戸岬へ!
思ったより距離があって途中の景色は楽しみましたが辺戸岬は残波岬と似た感じで正直”1度来たら次はもういいかな・・”と思いました。なにより遠い!
やっと子供が目を覚ましたので遅めの昼食を取ることに。
レストランは開いてるか良くわからない感じだったので隣の売店でおにぎりとかそばなど軽く食べました。
(あまりにも暑く、冷房を入れてないところだったのであまり食欲わかなくて・・。)
  帰りは来た道をそのまま戻り、夕食は仲泊にある”浜の家”で子供は魚のバター焼き定食を、私たちは伊勢海老のみそ焼き定食を食べました。
伊勢海老はとっても大きくて食べごたえがあり、とってもおいしかったです♪

☆5日目・瀬底ビーチ&ネオパーク
今日も朝からいいお天気♪
「またきれいな海に入りたいね〜!」とのことで、朝食を早めに済ませ、瀬底ビーチへ!
おととし行ったときは泳がなかったので無料の駐車場の方へ行きましたが、今回は設備が整ってそうな1000円払う方に行きました。そこでまたパラソルセットを借りて泳ぐ準備!
子供は今日は海に入る気分ではないようで(砂浜を歩くと靴に砂が入るのがイヤみたい)ずっとサマーベッドに座りながらアイスを食べたり砂遊びをしていました。
また主人と交代でシュノーケルをしたのですが、先日慶良間の海を見た後ではかなり物足りない…
水はとてもきれいなのですがとても浅くて、深いところでも大人の腰くらい。
這いつくばるようにシュノーケリングしてると真っ黒で大きななまこがあちこち目に付き、主人も「もう泳ぐのはいいや。」と言うので2時間も経たないうちに引き揚げました。
瀬底は小さいお子さんを波打ち際で遊ばせる分にはとてもよいビーチだと思います。

その後、車内で軽くおにぎりなどを食べネオパークへ。入り口を入ったとたん、たくさんのフラミンゴが放し飼い! 園内を歩いてまわると後ろから着いてきて楽しかったです♪
でもこの日は気温が35℃くらいあって、しかも一番暑い時間帯に行ってしまったので暑さでぐったり!
夏場は夕方とか、少し気温が下がる時間に行った方がいいと思います。
一通り見た後、今度は園内を走る機関車に乗って、さっきとはちがうルートを20分くらい掛けてまわりました。多分うちの子は今回の旅行でこの機関車に乗ったことが1番楽しかったのかもしれません^^。
終点についても”まだ乗る〜!!”と大騒ぎしてました。

帰ってきて今日の夕食は”海ぶどう本店”で食べることに・・7時くらいになると混んできたので早めに行って正解でした。 海ぶどう丼定食でおそばとテビチ、ミミガ−がセットになっていて、海ぶどうのぷちぷちした食感がとてもおいしかった♪
明日はとうとう帰る日なのでホテルに戻ると荷物をまとめて眠りに着きました。

☆6日目最終日・ひめゆりの塔・瀬長島
今日でいよいよ最後です。さみし〜!
飛行機が16時半くらいの便なので朝食後、早めにチェックアウトし、ひめゆりの塔へ。
館内に入ってしばらく見入っていると子供が飽きてきたらしく、あちこち走り回ったり、大声を出したりするので早々と出ざるを得ませんでした。まだここに連れて来るのは早すぎたな・・
もっと大きくなったらふたたび訪れて過去に実際あった、悲しい現実を知って欲しい・・・

ひめゆりの塔を出ると時間をもてあましたのでとりあえず瀬長島へ。(アウトレットも見たかったけど子供がすぐ脱走してしまうので落ち着いて見れないので) ここは飛行機の離発着を間近で見れて頭の上を大きな飛行機が飛んでいくのでとても迫力があります。 飛行機好きのお子さんにはおすすめ!
ここはゴーカート乗り場があったり、大きな滑り台があって子供が喜んでいました。

その後、早めにレンタカーを返し、空港へ向かって空港内のレストランで昼食を食べました。
おなかがいっぱいになったところでお土産を買いに!
お土産売り場のすぐ近くに子供のプレイランドがありシーサーの大きな滑り台があってしばらくの間、子供は大喜びで遊び、その隙に親は交互にお土産(紅芋タルト・そば・お麩など)を買ってきました。
飛行機に乗ると子供はちょうど遊び疲れて熟睡してくれたので一安心♪
ホントに楽しくてあっという間の6日間でした! また来年も行けるといいな〜♪

 

↑一覧に戻る

なつめ さんのレポート 投稿者:なつめ 投稿日:2006/07/12(Wed) 08:40

 


[1181] 台風3号におびえつつアッタテラスへ 

6日〜9日まで(実質中2日)で台風3号におびえながら本島に行ってきました。
6日の最終便で那覇入り。大きな荷物は2泊目の宿に送ってあったので、手荷物のみ。急いでゆいれーるに向かい23:15発(終電1本前)に乗車しておもろまちへ。

1日目の宿泊は法華倶楽部。
夕飯をほとんど食べてなかったので、ホテルの近くの「ぱいかじ」に行ってまずは沖縄料理と泡盛を堪能。メニュー豊富で美味しかった。(夜中であいている店があるかと心配したけどよかったです)
ああ、明日はナントカ天気がもつといいねえと話しながら乾杯。
ところでこのホテル、初めてでしたが新しくて清潔だしビジネスホテルにしては広めの部屋もあるし、大浴場はあるしで結構気に入りました。

2日目、朝食後チェックアウト。まずDFSへ。
化粧品等少々購入して予約していたレンタカーをピックアップ。沖縄自動車道経由で一路アッタテラスへ。
DFSでのレンタカーは便利ですね。(ショッピングゾーンを通らないといけないけど(苦笑))西原ICから高速に乗るのもスムースですいてるし。
ホテル到着前に「なかむらそば」に寄って、旦那はてびちそば、私はアーサーそばでランチ。
クーポンでゲットしたジューシーも半分づつしてお腹いっぱい。満足満腹。
1時頃、アッタテラス着。
途中大雨が降っていたので気分はブルーになっていましたが、中部に入って晴れてきてちょっと嬉しい。すぐチェックインできたので、広くて天井の高い部屋に感動しながら送ってあった荷物をほどき、すぐにプールへ。
1時間程したらスコールがやってきて、「ああ、もう台風が来ちゃったのか」とライブラリーへ避難しましたが、ホテルの人の「これはまだ台風の雨じゃないから」との言葉どおり40分ほどであがり、また太陽が!!結局夕方までプールを満喫しました。
ホテル内で台風に備えて網やロープをかけたりが始まっていました。
夕食は鉄板焼きへ。和牛も美味しかったですが、アグー豚の美味しさに感動。
食後のデザートはライブラリーに移動して食後酒もいただき就寝。

3日目、6時頃目覚めると夜中に雨が降った模様。
空もいかにもな台風空。しょうがないなあ、今日はどこかへ観光に行こう・・・と考えつつ、ホテルの朝のヨガプログラムに参加。終わった頃には青空が。ただし、風は結構強かったです。

結局この日もプールでのんびりリゾート気分に浸ってしまいました。
(強風のためパラソルがさせない状態で少々日焼けしてしましましたが)
夕方部屋でマッサージを受け、極楽極楽。
夕食はメインダイニングへ。沖縄食材やハーブを上手に使っていて、美味しいお料理をワインとともに堪能。風が益々強くなりプールのイス1つ1つに土嚢が置いてあったりして、台風のすごさを感じました。またライブラリーによって食後酒を頂いて就寝。

4日目、夜中すごい音で目覚めました。
暴風雨・・・ついにやってきました。雨はあまり降っていなかったのですが、風が強くて木々がうねっています。雨も朝7時すぎにはどしゃぶりになってきました。
飛行機はどうだろう??と調べるとちゃんと飛んでいる様子。でも高速は閉鎖されています。
ホテルの人に伺うと1時間半くらいは見たほうが・・・ということだったので、早めに出発しました。
幸い、荒天&日曜日朝だったため車は少なくそれほどの混雑を感じることなく空港に到着。
飛行機も少々の遅れで飛び立ちました。空港で買った「大東すし」がお弁当らしくなく美味しかったです。
(ちまたで有名な焼き鯖すしより好きだなあ)

今回はもともと「ホテルでくつろぐ」が目的の旅でしたが、台風の影響が少なかったためのんびりと素敵なホテルを堪能できました。大人のカップルが多いホテルのせいか、全体が落ち着いていて、またスタッフの方も非常に気持ちよく心地いい滞在ができました。 お食事も美味しかったです。

沖縄は美しい海が勿論一番の魅力なんでしょうが、あの南国の空気の中で高台からの景色を見ながら海外の高級リゾートホテルのようなところでくつろぐのも素敵だなと思いました。
また最終便で来ると短い休みでも有効活用できて、ちょっとだけ得した気分だったので次回もこのパターンにしようと考えています。

長文失礼しました。

↑一覧に戻る