あそびだいじさんのレポート あそびだいじ -2008/08/04(Mon) 00:31 No.1806


7月31日からの沖縄旅行速報 
安慶名敷島海中1安慶名敷海中2添付は、08年8月日座間味村の無人島での写真です。 ダイビングではなく、シュノーケルで十分に満足できました。詳細は、追って報告します。
ひとつの珊瑚礁の周りの写真を何枚もとりましたので添付します。

それでは、少しづつ始めさせて頂きます。
那覇空港
7月31日
中部国際空港からジャンボで、那覇空港へ。
天気は、少し雲が多い感じ。
モノレールで見栄橋へ
モノレール

1)−3)見栄橋から泊港まで、歩く(ちなみに、この旅は、夫婦プラス12歳プラス6歳カケル2の合計5人での旅)つもりだったけど、あまりの暑さに5秒で予定変更。
見栄橋からタクシー(620円だったかな)で泊港へ。

泊港
停泊しているのは、これから乗船する、クイーンざまみ。見た目は意外と小さいと感じたが、乗ってみると、いっぱい乗れるんだ!って感じ。

13時出航に対し、12時30分から乗船スタート。
超わくわく。
今年はほんと晴れて、台風もこなくてよかった!
心は、最高にクリアー。


阿嘉島の海船からの海14時前、阿嘉島が近づいて来た。何この水の色。なぜこんなに綺麗なの?!

ニシハマビーチ宿の人にニシハマビーチまで送ってもらった。
7月31日、15時頃。ほんと、綺麗だ!

海の中。シュノーケルで。
時間がない!もう17時だ。

こんな魚が、右を見ても左を見ても、後ろを見ても。どうしてこんなに何種類もの魚がいるんだ?



ニシハマの海中1ニシハマの海中2
慶良間鹿




宿へ戻る途中に、ケラマシカをたくさん見ました。





阿嘉大橋方の景色夕食
宿へ送っておらう途中、宿のおじさんが、「さっき、阿嘉大橋から海がめが見えた」ということで、阿嘉大橋の上から眺めていました。残念ながら見つけられなかった。 7月31日、18時頃の写真です。
夕食。量こそ一杯ではなかったが、私たちにとっては、適量。おいしかった。
阿嘉島の朝阿嘉島の朝と子供
二日目、8月1日です。朝6時頃、阿嘉大橋から見た日の出です。これも、見れてよかったぁ
写真は、朝日を受けて何やら探している子供たちの姿です。夕日ぽいけど、朝日です。

しろの銅像



シロにも挨拶して、2日目の始まり。







船座間味の海阿真ビーチ

朝8時、村内航路で、座間味島へ出発。
15分程で到着
写真は、阿真ビーチ、今日はここから、シーカヤックでアゲナシク島へ行く。
そして、13時頃に戻り、クイーンざまみで、泊港へ帰る計画。このビーチも綺麗だった。




イカ

阿真漁港の港内にイカやハリセンボンを発見。
透明度抜群だから、上からみて分かる。
あそこに、釣り糸をたらせば、すぐにヒットするのかなぁって感じ。
写真は、水中からではなく、海上から、海中を見て撮ったものです。



カヤック


10時前、シーカヤック3隻で出発。パパと6歳の子供、ママと6歳の子供、ガイドさんと12歳の子供のペアです。ママの力が今一弱かったので、アゲナシク島に着いたのは、11時頃。




クマノミフウライチョウチョウウオ
アゲナシク島の海中の写真を数枚貼ります。ここには、1時間しかいることが出来なかったので。
めちゃくちゃ悔しい思いです。ここには、またゆっくり来ようと思いました。
今度は、「無人島渡し」を利用して。写真は、(カクレかな?)クマノミです。こんなのも。
安慶名敷の海中3安慶名敷の海中4写っているのは、12歳の娘です。なんとも言えない感動です。
泊港2沖縄自動車道今帰仁バニアンリゾートプール


15時30分ごろ、泊港へ戻ってきました。
今度くる時は、座間味島でゆっくりして、マリリンの像に会わなくちゃ。
これから、レンタカーを借りて、本日の宿のある、今帰仁へ。
写真は、16時15分の沖縄自動車道です。
今帰仁のトレーラハウスの宿で、子供たちは疲れをしらない。またまた夜のプールで大はしゃぎ


バニアンリゾートの朝
3日目8月2日の朝、写真は、泊まった宿のFRONTです。
さて、今日の予定ですが、水納島に行くかどうか悩みましたが、子供達が、シーサーを作りたいと言ったので、それは止めて、次のようにしました。

森のガラス館 ⇒ 琉球窯(ここでシーサー作り) ⇒フルーツランド ⇒ 那覇の宿へ


古宇利大橋アカバナー森のガラス館へ行く前に、古宇利島へ行きました。途中の古宇利大橋と古宇利島のハイビスカスです。
ここでは、土産物屋さんを30分ぐらい見て、次の森のガラス館へ向かいました。
森のガラス館シックイシーサー
森のガラス館そして琉球窯で、シーサーを作りました。ここには、2時間ぐらいたかな。
フルーツランドオオゴマダラ
次は、フルーツランド。ここは、フルーツゾーンに加え、チョウ(蝶)ゾーンやバードゾーンがあります。
そして、フルーツカフェが。そこでいろいろなフルーツを食べたのですがそこで食べたパイナップルより最後の土産物やさんゾーンで食べた、パイナップルの試食の方がおいしかった。
チョウゾーンの金色の蝶のさなぎ。こんなのあるんだ?
公設市場キャンドルさて、16時になりました。これから、最後の宿のある那覇へ、
そしてその夜は、牧志公設市場の2Fで夕食、写真は、1階の魚屋さん。

いよいよ最後の4日目になってしましました。この日は、平和通りの「美ら風」という体験工房でキャンドル作り。
空港


18時前の飛行機で、中部国際空港へ。ほんと、楽しい時間は、あっという間に過ぎていく。



さて、最後に今回の旅の行程を整理しますね。
宜しければ、参考にして下さい。

■1日目
1)中部国際空港
2)11時、那覇着
3)13時、泊港から、慶良間諸島の阿嘉島へ
4)17時30分まで、 ニシハマでシュノーケル
5)夜は、星空観察
6)ホテルシードルン
■2日目
1)8時、村内航路15分で、座間味島へ
2)10時、民宿ロビンソンで、シーカヤック体験
3)11時、シーカヤックで無人島アゲナシクシマ着
4)12時まで、シューノーケル(最高の海中)
5)13時に戻って着て、14時20分のクイーンざまみで、那覇へ
6)レンタカーを借りて、2日目の宿、今帰仁のリゾートバニアンへ
■3日目
古宇利島 ⇒ 森のガラス館 ⇒ 琉球窯(ここでシーサー作り) ⇒ フルーツランド ⇒ 最後の宿那覇へ。 3日目の宿は、沖縄セントラルホテル。国際通りに近い
■4日目
朝から、平和通りの「美ら風」という体験工房でキャンドル作り。
国際通り、ぶらぶらした後、空港。20時前、セントレアへ。

おしまい。今度も、行けるのはまた、来年かな。
以上、大人2人、子供3人、3泊4日で、全部で50万円ぐらい掛かりました。


↑一覧に戻る