ITOさんの沖縄滝巡りレポート 投稿者:ito -2009/07/18(Sat) 14:12 No.2450



轟の滝「轟の滝」

許田道の駅から名護市街地方面に走っているとナビの地図に「轟の滝」の 表示が出ています。

数久田の交差点を曲がり、川沿いに道路を走っていると公衆トイレのある 広場に突き当たります。ここに駐車して、少し歩くと滝に着きます。





七滝「七滝」

58号線を北上し芭蕉布会館がある、喜如嘉を目指します。
集落に入ると道路脇に広場があり、そこに集落の地図がありますので、それに従い 進みます。

道路の突き当たりに鳥居がありますので、その前に辺りに駐車すれば、 滝は目前です。






アザカ滝
「あざか滝」

58号線を北上し、前田食堂の少し手前、平南橋の所を山側に入って行きます。
「ター滝」の案内看板があります。
少し進むと「あざか橋」と書かれた橋がありますので、その辺りに駐車し川沿いに 歩いていくと、岩肌を水が滑る滝が見えてきます。



ター滝「ター滝」

あざか橋から、更に川沿いに山側へ進んでいきます。 突き当たりは閉鎖されていますが、その手前に川に入れる場所があり、駐車 スペースがあります。
ここに駐車し、川に入り上流を目指します。
クロックスや、ビーサンの方もいましたが、マリンシューズか、濡れるのは 覚悟でスニーカーですね。
.膝まで濡れる覚悟があればOKです。
すれ違うトレッキングツアーの方々はライフジャケット完全装備ですが.... 膝より深いと思われる場所は脇に登る岩場があります。
黄色と黒のトラロープが進入禁止ではなく、これを持ってGo!というのは、沖縄の お約束ですね....
30分ほどで、滝に着きます。大きな滝で、真下に落ちてます。

真喜屋滝「普久川滝」or「真喜屋滝」

58号線から、古宇利島へ行く真喜屋交差点を反対に曲がり、真喜屋大川沿いに 真喜屋ダムを目指します。
ダムの前には公園が西部されていますが、横に走り ダム湖を目指します。ダム湖の最上流まで行っても、目的地はまだまだ先です。 「普久川滝」の案内看板が分かれ道にあるので、そちらに進みます。 数分は走ると、道路脇に砂利道の下り坂がある場所がありますので、その周辺に 駐車します。
行き過ぎると、突如、温室が林立する場所にでます。
砂利道を下っていくと、両側にはへごの木が生えた林。進んでいくと公園と して整備されており、看板によると駐車場となっていますが、ここまで車を乗り 入れるのはやめた方がいいでしょう。
東屋や階段も整備されていますので、進んで 行くと滝に出ます。 多野岳森林公園キャンプ場とは山を挟んだ反対側に位置します。

タナガームグイ「タナガーグムイ」

植物群落が天延記念物指定になっているタナガーグムイ。
県道70号線を走っていると 看板が出ているので曲がります。突如、未舗装道路になりますが、突き当たりまで 進むと広場にでます。
脇に天然記念物を示す石柱と、警告看板があり、 崖をロープを頼りに降りていきます。
崖の途中に通過する人間をカウントする計測器が 設置されています。


比地大滝「比地大滝」

比地キャンプ場を目指します。 有料です。

木製の遊歩道が設置されていますが、シーズンオフに閉鎖して補修をしている様ですが 進んでるんでしょうか...






↑一覧に戻る