kenぱぱさんのレポート 投稿者: kenぱぱ -2009/08/01(Sat) 17:04 No.2509


今年2回目、晴れを願っての海
 7月27日から、7月30日までの3泊4日で、本島、渡嘉敷島の旅に行ってきました。
本来なら、3月に八重山プラス本島の旅行に行って今年は沖縄行きは、無しにするつもりだったのですが、3月の旅行が天気に恵まれず残念な思いをしたのと、子供の保育園がいっしょで仲良くなったアウトドア好きのファミリーが沖縄行ったことないから行きたいんだけど車運転できないし、初めてだから一緒に行ってもらえないか…ということだったので、急遽夏休み期間に沖縄旅行を決めたのですが…。 安く行きたいというので私はいかに安くすませるかで苦労して、1家族15万以内の4泊5日を計画しました。
 そして、安く行くためにオークションで子供用に株主優待を仕入れた矢先・・先方のファミリーが、この不況のあおりでボーナスカットされ、旅行にいけないと言い出し・・ 結局我が家はキャンセルするのもオークションで仕入れた分が無駄になるので我が家だけで行くことに。
旅程も初めての沖縄満喫コースを設定していたものを、急遽、海水浴だけののんびり旅行に切り替えて今回の旅行になりました。 ファミリーや渡嘉敷行きを考えてらっしゃる方、安く沖縄旅行をしたい方には参考になると思いますが、今回観光地めぐりはありませんので・・・
  今回日数と、行った先が少ないので、我が家の旅行のスタートから終了までを書いていきますね。(安く行きたい方は必見ですよ)
沖縄旅行に安く行く方法
 スタートは大体旅行予定日4ヶ月前4月から始まります。
この時期、各社の夏休みツアーが、続々発表されだします。それと同時に計画に入るわけです。
代理店に行き、でているツアーパンフの最低価格の安いものから片っ端にかき集めます。
そして比較、この時点で個人手配の必要なホテルや、レンタカーも確認して、トータルでいくらくらいになるか出して見ます。そして1番安いパンフだけ残し次の作業へ。
  格安比較サイトで最安値のツアーを探し同じようにトータルいくらかを出します。 その2つの作業で、でてきた金額が、家族3人一番安いもので、およそ18万円くらい・・(あくまでリゾート泊です。
(ツアーしか考えてなければ、ここから個人手配での絞り込み作業が始まります)

  我が家の場合はこの値段をみて、まずツアーはやめです。 (しぼりこんでも、自分の希望からかけ離れてしまうため)
次の作業は、5月中旬に発表されるお供でマイルの利用可能日までの間に、自分のいけそうな日にちの宿泊先を押さえる作業です。
まずJALのHPから、宿泊サイト一括検索をかけて安い順に並べ替え、それに条件を加えて行き、めぼしいところはチェックしておきます。 そして、沖縄ツーリストなどのJALで一括検索できないところや、どこの宿泊サイトにも出てこない自分の知っている、ホテルなどもホームページで調べます。
  上の作業は予約を入れた後でも、旅行までの毎週月曜と、月代わりの1日の日には、毎回繰り返します(2ヶ月前から受付開始のホテルや、部屋の埋まりが悪く新たなプランを出してきたりすることが多いですから・・) 安いプランや、めぼしいホテルがでてきたら変更です。
同時に、オークションをチェック。 リゾートホテルの無料宿泊券や、格安になる割引チケットなどが出品されてますので、めぼしいものを見つけたら有効期限や利用可能日確認して、自分が利用したい日に宿泊サイトや、正規料金で泊まるといくらかを確認して、それよりも安い金額になるようであれば、自分の納得いく金額まで入札します。(大体ペアが多いので、子供連れなどの場合追加でいくらかかるかとか、3人泊まれるかも確認します。)
このような作業を毎日繰り返して、少しずつ絞っていきます。 (子供連れで、宿泊サイトから予約する場合、小学生で検索して出てこなくて、子供添い寝で検索するとでてくるホテルなどは、ツインを小学生を入れて3人で使っても、子供料金はかからなかったり、添い寝料金で受け付けてくれるところもありますから、そういうホテルには電話して問い合わせましょう。)
その作業をやりながら、今度は航空券・先とくや、早割りの価格と、株優利用、マイル利用の中で一番安いものを選択します。
我が家の場合、予定の日にマイルが使えることになっていたので、お供でマイルを選択、代表者(私)は10000マイルで無料、妻は往復25000円、子供もマイルに組み込めば25000円ですが、株優使えば216000円で往復ですから、子供は株優を選択しました。
株優の利用期限ギリギリにオープンチケットで買います(8月いっぱいまで有効になります。)
後は、お供でマイルの販売される搭乗10日前まで待つだけです。
(心配な方は2ヶ月前から、空き情報を確認する裏技がありますので、それで常時確認しておけばいいでしょう)

 上記の方法で今回6月後半に、日にちとしては25日から3泊4日でまず日にちほぼ決定でした。
ところが、25日に新宿エイサー祭りがあることを思い出し(妻の職場が新宿で、この日は忙しく休めないと・・) 急遽7月31日からに変更・・・1万人のエイサー祭りに合わせようと・・・ どちらにしても予定していた宿泊先に空きがあり金額も変わらないので、航空機の空き状況も確認して変更・・
ところが、7月に入り、再度宿泊施設の再検索をかけて各ホテルのホームページなどを調べていると、最終日に泊まる予定のロワジールホテルが、私の予約しているじゃらんからのプランより明らかに安くしかもスパタワーの方に泊まれるプランを発見・・しかし2週間の期間限定で、空きのある日が限られている。  そこで妻と話し合い、一番都合のいい29日にその格安プランで最終泊にすることに・・・・・・ 今回の沖縄旅行・・
航空券代 お供でマイル+株優で 46600円
ホテル代  ピースランド久米     5900円
        とかしくマリンビレッジ  24900円
        ロワジールスパタワー 12000円
高速船
    渡嘉敷マリンライナー     10800円?
合計                  10万200円

結果、27日出発、30日帰着というスケジュールに決定・・それに合わて初日泊が、31日だったら、ラッソ国際通り(3人で7900円)だったものが、ピースランド久米(3人で5900円)に2日目、とかしくマリンビレッジ(3人で24900円)、3日目、ロワジールスパタワープレオープンモニタープラン(3人で12000円) に決定。 日にちはロジワールスパタワーにその値段で泊まれるなら、もう変更無しに決めたので、翌日会社に年休申請・・ レンタカーを借りることもないので、後は高速船の予約これも往復完了・・・・   これで概算見積もりが出た およそ10万で家族3人3泊4日の旅になりました。
閑散期ならこの価格でロイヤルガーデン3泊4日レンタカー付きはあるけど、夏休み期間でこの価格ならOKでしょう。
  その後、出発10日前に航空券購入・・・株優で指定できる座席とお供でマイルで指定できる座席は多少違うので両方を見て並びが取れて、子供の為に窓際で取れるのはクラスJだけ。しかし3月に八重山行った時やっていたキャンペーンでクラスJクーポン2枚当たっていたため、それを利用し2人はただ、1人分の1000円払ってクラスjで予約・・・
帰着便も疲れてるだろうからと、3000円さらに追加してクラスJに変更して、行き帰り窓際並び席で、座席確保 ・・これでほぼ準備OK・・・(スマイルサポートを利用すれば、並びで座席指定が出来てなくても、子供連れの場合並び窓際で座席取ってくれますけどね・・・)
ココから先は出発を待つだけです・・・・・ これが我が家の安く行くための旅行計画です。
この方法で、毎回安くいく方法を模索しています。 今回は、オークションでの落札はありませんでしたが、うまく利用すれば、安くリゾート満喫も出来ますよ。 詳しくは私の過去の旅行記でも分かると思います。 では次からとうとう出発です。


7月27日、前日夜から今日の昼12時頃まで仕事して、私は帰宅・・子供は学童から16時に帰宅
・・早く行きたくて走って帰ってきた・・ 着替えて車に乗り込み、空港に向けて出発・・・
荷物は3人で妻と私は1個づつ機内持ち込みギリギリサイズのキャリーバック、子供はリュックに自分の荷物を詰め込んでしょってます。これで荷物は預けません。子供が帰ってくる前に車に積み込んおいた・・妻は仕事が5時までで、新宿から、電車で直接空港へ・・・ 道が混んでいて我が家から、いつもお世話になるサンパーキングのある浮島まで、2時間半かかって到着・・・
4日間6900円払って、JALのマイル積算手続きも済ませ、送迎バスへ・・・我が家だけで出発・・
10分で空港へ到着・・仕事終わって空港へ来ていた妻は先について待っていた。 夕食がまだだったので、売店でおにぎりとお茶を買ってそれで済ませ、(沖縄着いてから、ホテル近くの居酒屋あうんに行く予定だったので軽く済ませた)チェックイン・・お供でマイルと子供料金の株優はウェブチェックインが出来ないし、追加のクラスJ料金と無料クーポンを提出しなければならないため余計に時間がかかる・・・ 7時半頃、搭乗ゲートへ・・・・んっ・並んでる・・っていうか、搭乗が始まってない・・ アナウンスで、到着遅れのため、機内整備に時間がかかっており、搭乗開始は7時50分を予定しておりますのでしばらくお待ちくださいと・・7時55分フライトなのに?こりゃ〜結構遅れるぞ〜
案の定20分ほど遅れて出発・・・私はほぼ24時間寝てないのですぐに爆睡・・気が付くとあっという間に那覇についた・・・到着も遅れた・・荷物預けはないのとクラスJで出口が近いのですぐ降りれて、速やかにタクシー乗り場へ・・ココで私がタクシーに乗り込み子供が乗って、妻が乗ろうとしたところで運ちゃんがドア閉めちゃって妻が挟まれるハプニング・・運ちゃん誤りもせず無言、私が行き先 を告げても無言で走り出し、結局最後まで無言・・タクシー代980円?位払って普段1000円出してつりもらわない私がきっちりお釣りもらって降りた、降りるときも運ちゃん無言・・・参った・・・
  本日の宿泊先ピースランド久米に着いたのは、11時位、チェックインを済ませて部屋へ。
コンドミニアムで長期滞在型・・部屋の中に冷蔵庫、キッチン、電子レンジ、洗濯機があり、バストイレつきで、3人で5900円(厳密には2人で6500円だが、事前に電話で、小学生の子供がいることを告げると添い寝扱いで無料でいいと・・ホームページの予約のところにも小学生の添い寝は無料と書いてあった。
でも予約サイトから小学生入れて3人にすると該当する宿泊プランはありませんとでてしまうんで、子供添い寝で予約入れ、備考欄に添い寝は小学生と書いてくださいとのこと・・と同時にじゃらんからの予約で、じゃらんポイントを使って10%OFFにして5900円、JALのホームページ経由じゃらん予約でマイルもゲット)
長期滞在や、グループで数部屋予約するとモット安くなるのし、県庁前駅、旭橋駅どちらも徒歩5分圏内で、10分足らずで国際通りにも出れるし、近くにコンビに裏にスカイレンタカーの営業所もアリとても便利です。 ただ、58号沿いにあって、防音設備が弱いので夜な夜な出没する暴走族がうるさいです。
ピースランドからの景色  荷物をおいて、近くの居酒屋あうんに行こうと思っていたが、遅くなったのでやめることに・・コンビ二に行って、小腹がすいたので、軽く今から食べる分と、明日の朝食を調達・・我が家定番のステックコーヒー、ふーチャンプルー弁当、タコライス弁当、スパムおにぎり3個、ビール、その他つまみ、子供のお菓子などを買って部屋で食べて、風呂入って1時頃就寝、短い沖縄1日目が終わった・・ 朝6時に起床まだ眠い・・・シャワー浴びて、1人一個づつスパムおにぎり食べて、コーヒー飲んで少しのんびり窓の外は朝からバリバリの晴れ模様、かなり暑い・・今日の渡嘉敷は楽しめそうだ・・・・・ 写真はピースランド久米の部屋から・・
8時頃ホテルをチェックアウトして、タクシーで泊港へ、昨日みたいな運ちゃんだったら、また気分だいなしだな〜と考えながらホテル前でタクシーを待つ、さすがに58号沿いのためすぐに来た・・乗り込んで北岸までとつげると、ハイと返事、ん〜昨日よりいい・・今日は暑いよ〜と話しかけてくれる。
結構年の行った運ちゃんだったが、いい人だった。北岸に着いてメーターは780円くらいだったかな?
1000円札を出すと、500円のおつり? あれっ?と私が言うと、いいよ500円でと・・いいよと私が言うといいからいいからと・・ほんとにいい人だ〜 (ひょっとして細かいお釣りなかったのかな?それとも良心でサービスしてくれたのかな〜)

  気分よく、チケット売り場で往復購入・・すぐさま乗り込みいざ、渡嘉敷島へ・・私は眠くてまたすぐ爆睡・・気がつくと渡嘉敷島の港についていた・・景色何も見てない・・・
到着すると、民宿のバス、ビーチ送迎乗り合いバス、など大量に止まって待ってました。
なんとマリンビレッジは3台のバスが待機・・・ ん〜3台も必要なほど客いるのかな?計画失敗か・・・ 実は、マリンビレッジ予約の時点で、海側の部屋に空きがあるのを確認して、あえて部屋指定無し通常プランの、安いほうで予約しておいたのです。
海側に空きがあれば部屋指定無しの料金で海側に泊まれるという話しを聞いていたので・・・前日まで予約状況をHPで確認して、空きがあることを確認して、朝1の便で行って、早めにチェックイン手続きをすれば、海側でいけるかもと・・海側指定だと1人辺り2000円とか3000円高くなるんで、3人だとかなりの出渡嘉敷港ターミナルビル費になるし、たとえ山側の部屋になったとしても目の前が海だし、寝るまで外にいればいいだろうと・・・
考えているうちに、バスに誘導、我が家は名前を聞かれて3台目のバスに・・ホテルの人に聞いたら1台目と2台目は日帰りの客で、3台目は宿泊客だとの事・・・なるほど・・
3台目には我が家を含めて5組くらいが乗ってました。 そして港をスタートホテルに向います・・・ホテルまでのあんな狭い道を、何台ものバスが数珠繋ぎで走って行きます・・・
10分ほどでホテルまで到着・・到着前の高台から、ホテルとホテル前のとかしくビーチが見えると来たぞ〜て感じになります。 ホテル前まで着くと、前の2台の客が降りて日帰りの施設利用手続き中・・
その間バスもつけられずしばしバスの中で待機・・しばらくしてバスを玄関前につけやっと降りれました。
  フロントで手続き、部屋が使えるのは15時からですので、荷物は売店で預かりますのでといわれました。 やはり夏休み期間だと朝からは使えないか・・・(閑散期など前日から空きがあると朝から部屋を使える日もあります。) 〜 写真は、渡嘉敷港の、待合所です・・・
しょうがないから、荷物を預け、着替えてビーチへ行くことに・・時間は10時ちょっとすぎ・・さあ〜泳ぐぞ
渡嘉敷島トカシクビーチとりあえず着替えて、マリンカウンターへ。
ここで、パラソル1000円、と妻の希望で、ビーチチェアー1500円、子供と妻にライフジャケット500円を2個で1000円で借りて、我が家持参のジンベイザメのフロート(上に乗れるでかいやつ・・)と、ビーチマット(マット先端が、グラスボートのように透明になっていて、上に乗ってるだけで水中眼鏡無しでも海の中が見えるもの・・)に空気を入れていざ海へ・・・ パラソルを海から見てホテル右端から少し離れた公園の東屋の近くに立ててもらい、日焼け止め塗って海へ・・・
子供も前回水納島で水中眼鏡で魚見れたし、小学校に上がって水泳もやって、家でもお風呂にもぐってるから多少深くても平気だろうと、あまり潮の干満の多くない日にち(2日間とも小潮です)にしてしまったのが失敗の始まりでした・・ここから波乱万丈2日間の海遊びの始まりです・・・

  まず子供に、ライフジャケット着せて、持参の子供用水中眼鏡を持たせ、私は、潜水するのでライフジャケット無しで、マイ水中眼鏡だけ着用して妻を待つ・・・潮目はちょうど満潮に近い状態だから、岩礁や珊瑚のある位置までが遠い・・・、 なんと・・妻は泳がないと・。泳ぐけどシュノーケルはやらないと・・何のためにライフジャケット借りたのか…。
・・・で子供はジンベイのフローター持って海へ、私も追っかけて海へ・・子供は浅いところではしゃいでる・・ 沖へ行きたい・・・だけど子供は浅いところで水中眼鏡つけて水中見てる、小さいのが何匹かいるが、珊瑚はない・・岩礁もないからただの海水浴・・・妻はパラソルの下でマッタリ・・・いつまでたっても沖にいけない・・・ 少しして子供にニモか亀さん見に行こうかといって、子供を引っ張って少し沖へ・・
岸から30メートルくらい、深さにして3メートル位、この辺りでも、小さな岩礁の周りに大きなタマンや、小さな魚が戯れている。子供も顔つけて水中見て魚いたいたと、おおはしゃぎ・・
良しもっと沖に出るかと、さらに深い方へ・・岸から50メートルくらい深さ4メートル位かな〜と言うところで子供が怖いから帰ると言い出した・・・このときはまあ慣れてきたり、夕方の干潮時になれば、もっと沖まで出れるから、大丈夫だろうと安易に考えとりあえず引き返すことに・・トカシクビーチ
でも自分ひとりのシュノーケルならたいしたことないこの距離が、子供を引っ張りながらだとかなり疲れる・・ 頑張って子供引っ張ってだいぶ浅いところまで帰ってきたところで、立ち泳ぎしていたら、私の足に痛みが・・ 痛いっ・・何が起こったのか水中を覗くと私に向ってくるモンガラ君と目が合った・・こいつか・・・
上に黙って浮いていると攻撃にあうことはそんなにないんだが立ち泳ぎで足ばたつかせると攻撃してくるモンガラ君 完全に私を敵だと思っている・・子供を引っ張りながら浮くことも出来ず、必死で子供ひっぱって、モンガラ君から逃げる・・その間に足2回かまれて、やっと岸まで戻ってきた(結構な数のモンガラ君がいたので、初めての方はびっくりしないように・・かまれると痛いですよ・・) これだけでもう私はヘロヘロ・・やはり子供連れはきつい・・強烈な日差しも体力を奪う・・・ しばし、公園の方で休憩・・ 写真は公園の木陰からのとかしくビーチ
  しばし休憩後妻に少しは泳げば? せっかくライフジャケット借りたんだからといい無理やりジャケット着させて、海へと・・妻はどうしても顔つけたくないといい、覗き窓付きフローターマットで海へ・・・
妻も深いところは嫌だといい浅いところでマットの上から水中観察してた・・・ 私は、ここぞとばかり子供を妻に任せ、一人で沖へ・・・ 子供連れとモンガラ君との格闘でかなり体力を奪われていたので、ゆったり力を抜いて休み休み沖まで向いました。トカシクビーチで遊ぶ子供
  岸から150メートルくらいのところまで来てやっと珊瑚の群生等が現れ、魚も色とりどりになり観察しましたが、やはり先程の疲れと年齢には勝てず・ ボートシュノーケルのクルーザーが30メートルくらい沖に見える位置までで断念・・・・少し波に酔って気分悪くなってきたので引き返すことに・・・(クルーザー付近まで行くとおそらく最高のポイントなんでしょうけど、無理は禁物・・・)
結局クマノミ2匹くらいしか見れずでしたが、さすが渡嘉敷の海という水中見れました。
子供連れじゃなく自由に観察できる方がうらやましいな〜 岸まで戻ると妻はまたパラソルの下へ・・子供は浅瀬で水遊びしてました・・私もしばし休憩・・・・ 写真は浅瀬で遊ぶ我が子です・・・
 時間は昼1時くらい・・およそ3時間ほどたっていました。 ちょっと遊びすぎたかな・・・・
おなかもすいてきたし、ランチを取るためにいったんシャワーを浴びて着替えてマリンビレッジの食堂でランチ・・・ 夏休みのビーチだけど、関東近郊のビーチのように混雑とかもなく、ビーチで泳いでるのは30人程度・・・ パラソルも乱立ではなく10本位ぽつぽつと・・・ テント持込の家族とかもいて、のんびりした雰囲気なんで、我が家はビーチに道具・パラソル、フロートなどおきっぱなしでランチタイム・・・私は、タコライスセット800円?、子供はカレーセット750円?、妻はゴーヤチャンプルー定食1000円・・
泳いで疲れたせいなのか、結構うまく感じる・・うまいのか?
トカシクビーチ2  食後に子供はまだ泳ぐといって聞かなかったが・・・ さすがに、この暑さで食後にという気分になれず、何とか夕方からにしようと子供をなだめ、しばらく公園の方でのんびり・・ヤギがいて餌をあげられるという口コミを見たことがあって、子供に餌りさせようと探したが見当たらず、ホテルの方に聞いたら、前はいたんですが今はもういないんですよといわれ・・がっかり・・・ 公園の東屋の2階から海を眺めながらのんびりしました・・
  しかし、風がなく木陰にいても熱い・・・ さすがに子供も疲れたらしく、ホテル入りたいというし、妻も暑さでまいってきて、次第に不機嫌に・・焼きたくないのにどんどん焼ける・・・日焼け止め塗ってパラソルの下にいても焼けたとブツブツ・・・・・ 私もちょっと疲れて、横になりたい・・・
トカシクビーチ風景 2時半頃フロントに行き、部屋まだ入れないですかと聞きに行った・・(早めに部屋確保すれば海側ゲットできるかもと・・言う思惑もあり・・)するとちょっと待ってくださいといわれ調べてもらったら、もう部屋の準備できてますからいいですよといわれチェックイン・・ 見事期待は裏切られ、旧館の山側和室へ・・・・ (後で気さくなフロントのおねーさんに聞いたら、海側の空きはあったんですが、急遽、追加料金払うから海側の部屋にしてくれという、部屋指定無しのお客さんが、いらっしゃったので海側全部埋まっちゃったとのこと・・・) ま〜疲れてがあって、もうそんなことどうでも良くなって早く横になりたかったので、勧められるがままに山側の部屋へ・・部屋に入るなり布団ひいてお昼寝・・・・・・ 3人ともバタンキュ〜・・とりあえず5時に目覚ましかけて・・お休み〜

  17時におきて、妻はジョギングすると言って、ウェアーに着替えて公園の方へ・・(暑いのに良く走れるな〜) 大会に出るため最近毎日走ってる・・・
私と子供は、また海へ・・・私の疲れが取れてない・・・ 子供はジャブジャブ海に入っていく・・1人では浅瀬といえども危ないので、私も浅瀬で座ってのんびり・・・ そんなに深くないところに亀がいるとみんながそっちに向って集まってみていたが・・私はもうそこまでいく気力もなく明日でいいや〜的に見送り、子供も亀なんかどうでもいいと言わんばかりにジャブジャブ浅瀬で海水浴・・・
こんなんならリゾートビーチでもいいやんと、思いながら砂浜に寝そべって子供監視してた・・・1時間位遊んで部屋に帰ろうとすると、監視員のお兄さんにパラソルとチェアーとライフジャケット片付けてかえってくださいね〜といわれ私一人でパラソル抜いてチェア〜たたんで、おもしのズタ袋の砂抜いて、全て抱えてマリンカウンターへ・・ その監視員の兄さんムッとした顔で他の客が置き去りにして帰ったパラソルとかを片付けていたので、自分たちで片付けないといけないのかな〜?ココはやはりリゾートホテルと違うな〜と思い全部片付けたんだが・・・
なんとマリンカウンターのお姉さんが荷物抱えてる私のほうへ走ってきて、そのままで良かったのに〜ココまで運ぶの大変でしたでしょ〜ですと・・・ 疲れた体に鞭打って自分で片付けてマリンカウンターまで行ったのはわたしだけ・・・ ま〜結局お金払ってるにしても自分たちで使ったわけだし、おね〜さんに申し訳なさそうに微笑まれて有難うございますと言われたからよしとしよう。
しかしあイケメンぶってえらそうにしてた監視員には腹が立つけど・・・
1泊マリンビレッジに泊まって感じたのは、沖縄なまりのあるいかにも地元の人間ですって感じの従業員さんは、みなとても気さくで挨拶もしてくれるし、いろいろ教えてくれたりでいいんですが、移住者なのか、臨時バイトで本土から来ているのか分からない標準語でしゃべるかっこつけの、兄さんたちの態度が明らかに悪い印象を受けました。 地元の人だけでやれないものですかね〜、忙しい時は仕方ないのかな。トカシクの夕日  疲れて部屋に戻ると妻は洗濯物をランドリーで回しながら、シャワー中・・・私と子供も着替えてシャワー浴びて少しゆっくりして、夕日に合わせて食事に行くことに・・
19時頃夕食へ・・ココは2食付での宿泊なので夕食はタダ・・バイキングでしたがこんなもんかという感じ・・・ つまみになるようなものが多く、テラス席で夕日を見ながらビールといっしょにいただきました・・・
風が少しでもあれば、もっと心地よかったんですが、無風でかなり暑かったです。(テラスの壁にはいっぱいヤモリがいてすごいですよ・・) 苦手な方はクーラーに利いた室内でお食事されるといいでしょう。
景色は望めませんが・・・
トカシクの夕暮れ風景
  21時の終了時間までのんびり夕日を見たり、その後暗くなった夜空の星を見たりしながら、レストランのテラスでのんびり。 その後公園の東屋の2階に上り、星空観察・・・・ しかし風がなくて暑い・・・ 22時前に部屋に帰り、本日は疲れたので早めの就寝・・・

渡嘉敷島2日目の朝、6時半頃目が覚めた。
本日も快晴で、暑い1日になりそう・・・
妻も子供もまだ寝てる・・7時半頃まで寝てた・・・
8時頃朝食へ・・朝食もバイキング、民宿と違って、自分の時間で朝食が取れるのはいい。
やはり朝も夜と同じテラス席へ・・・リゾートホテルほどのメニューはないが、十分満足できる内容でした。
食後、着替えずにそのまま海辺へ・・・監視員のにーちゃんが海には行って潜ってすぐ戻ってきた。
そこへ、泳ぎに来たファミリーが・・ 今日は、くらげがかなりたくさん入って来てるようですから、気をつけてくださいね〜と・・・気をつけるって言っても・・・どうしろと・・・ その後も何組か海辺に泳ぎにきたがみんな躊躇している・・ 肌の出ないラッシュガードなどを着て、マリングローブ、マリンシューズで泳がれれば大丈夫ですよと・・ しかしそれだけ完全防備の人はそうはいない・・・
  も結局どうしても泳ぎたいがくらげは嫌だという言うひとは、ウエット借りて、シュノーケルやっていた。 私の計画では、今日は、朝ボートシュノーケルを頼もうと思っていたから、くらげは関係ないはずだったんだけど・・昨日の妻の潜らない、子供の深いところは怖いと言う言動から、どうもボートシュノーケルは無理そう・・ 子供は海はいると言い出したが、入ってくらげに指されて キゲン悪くなられてもたまったもんじゃない。 で、とりあえず東屋で休憩・・2階から海を見ていたら、沖のそれ程遠くないところになにやら小波が立っている。 よく見ると海がめが呼吸しに顔出してるところだった・・ 今日こそ海がめとおよぐぞ〜と思っていたのにしかも今あの辺りにいるの分かってるのに・・どうもくらげのお陰で気乗りしない・・・ しばらくして部屋に帰り、朝1便で那覇に戻ろうかと相談・・多分妻はそうしようというと思っていた・・
ところが昼の便までのんびりしたいから、やっぱり昼帰ろうと・・とそのときフロントから電話で、お部屋を後に使う予定がないですから、船の時間まで使っていいとの事。
結局昼の便までのんびりすることに・・・ 妻は部屋でゴロゴロ、子供と私はとりあえず着替えてビーチへ・・スタッフに状況を聞くと危険なくらげはいないと思いますが、小さいのが、浅瀬に結構入るとの事・・ 海を見ると結構みんな泳いでる・・子供は泳ぎたいと行って聞かないためとりあえず泳ぐことに・・

海に入ってすぐ、足元に小さいくらげ発見・・ こりゃかなりいるな〜・・
近くでは泳いでいたファミリーの子供がさされたと行って親に腕見せてる・・・
うちの子はお構い無しに海の中へ・・一応長袖のラッシュガード着てるから少しはましか・・・ とにかく浅瀬にたまっているので、岸から30メートルくらい沖に出てみた・・潜ると目の前にくらげが浮いてる・・もういいや・・刺されたらさされたで・・とそのまま子供とその辺でシュノーケル・・立ち泳ぎで、子供の傍らで子供見てると・・私の足に痛みが・・痛っつ・・くらげかいやくらげじゃない・・潜って中見ると、またモンガラ君・・しかも2匹・・足をばたつかせて子供を引っ張って逃げようとしたが、今日のやつは昨日より強烈・・・
3回かまれてやっと回避・・・子供はなんともないのに、私だけ・・・しかも逃げてる最中にくらげもいっぱい・・ 刺されなかっただけましか・・ その後もう沖に出る気力をなくし、人が比較的おおく泳いでいる浅瀬の波打ち際で寝そべったり座ったりして、目の前ではしゃぐ子供を見ていた・・・
昼ごろまで泳ぎ、部屋に帰って時間までゴロゴロ・・ ランチはみんな食欲なくてなしにして、お菓子やジュースで済ませました。そしてバスの時間・・
上から見たトカシク13時頃チェックアウトしてバスへ・・バスに乗ったのは我が家だけでした・・朝のバスはいっぱいだったのに・・・ 13時15分にバス出発・・お見送りにちょっとうるうる・・ 10分くらいで港に到着・・30分くらいあるから、港売店で、マグロジャーキー買って、無料でもらえるポスターとかもらって、飲み物買って、しばらくのんびり・・ そして14時の高速船に乗って帰りました。
帰りの高速船でも家族みんな爆睡・・あっという間に那覇に着いた・・・ 写真は送迎バスの中からのホテルととかしくビーチ・・ がたがた道で撮り辛かった・・・・
 14時35分北岸について、船を下りると、下にいた親父に微笑みかけられた・・知り合い?何だ?人違い?と考えていると、タクシーご利用ですか?と・・ 何だ・・タクシーの運ちゃんか・・・ま〜タクシー乗るつもりだったからその運ちゃんのタクシーへ・・建物の間を縫って道路に出るとそこにタクシー停めてあった・・ タクシーに乗り込み本日し宿泊のロワジールホテルまで・・よくしゃべる運ちゃんで楽しかった・・・ 10分くらいでホテル到着。
・・・ココからとんでもないロワジールの宿泊記が始まります・・・・
ホテル前にタクシー着いて、荷物をベルボーイが預かり、案内されて、スパタワー専用ラウンジ付きカウンターへ・・時間的に混んでることもアリ、ラウンジの席がいっぱいで、しばらくこちらでお待ちください。
空きましたらご案内いたしますといわれ、ラウンジ入り口で待ってた・・10分ほどして別のホテルマンがきて、チェックインですか?と・・先程案内してくれた方がしばらくこちらで待てといわれたと伝えると、あっそうですかと周りを見てもうしばらくお待ちくださいと・・・ その5分後くらい、今度はフロント横にいたおネーさんが、チェックインですか?とやってきた・
 いやさっきからずっと同じよう聞きに来てはお待ちくださいの繰り返しなんだけどと、ちょっと怒り気味に言うと、すいません、ではこちらにどうぞと、ラウンジへやっと通された・・
ラウンジに席空いてるではないか・・(ちょうど1席空いた)で席に座ると、飲み物の無料提供・・コーヒーをいただいていると、フロントの別のおネーさんが来て宿泊リスト記入と館内説明・・そして部屋のキー2枚(このキーは1人1枚で、キーを見せるとスパ施設利用が全て無料で出来ました。)ウエルカムドリンク券などのサービス券、朝食券を受け取り部屋への案内が来るまでまた待った。(スパタワー宿泊者は、専用ラウンジでのドリンクは全て無料だそうです。)
  ホテルに着いてから30分以上経ってやっと部屋への案内・・確かにドリンクサービスや、説明で丁寧に対応しようと言う意図は見えるが、そのために後の客を長時間待たせるというのはいかがなものか・・・
ロワジールカらの景色そして部屋への案内・・ラウンジ横に我が家の荷物は置いてあったが、他の客の荷物なども大量においてある・・ でっ、案内係が、お荷物どれですか?と私に聞いてくる・・ありえない・・
それと我が家の荷物を載せたカートを指差すとそれを引いて部屋へ。
フロントから、スパタワーの建物までの通路がまた長くて狭い・・・(スパタワー専用ラウンジ兼フロントはロワジール本館の2階にあります。) やっと部屋に着いた・・部屋は7階のベイビューという事だったが・・
唖然・・ロワジールのベイビューは、下にプールが見えて、港の外を向いているため外海が見えるのだが、まったく見えない・・目の前が港までの水路だし、外海とプールは、本館の建物でさえぎられている・・・ これは高い金払って海側指定しないほうがいいでしょう。
市内側のほうが眺めいいようです。 写真は部屋からの景色・・・
  部屋に着いて、部屋の利用法や、サービス面の説明(今回の我が家の宿泊は、明日7月30日のオープンに向けてのプレオープン宿泊で、ロワジールの会員や、メルマガ読者や、ホームページを見た人しか分からない、2週間限定の、プランで1人2500円〜9000円(人数によって変動)で泊まれて、スパ施設滞在中無料、朝食付きというとてつもなく激安なプランです。 チサンの方は1人2000円で泊まれたようです。)を受けました。 プレオープンでお客様のご意見をお聞きしたいので、気付いた点などありましたらお申し付けくださいと・・で安く泊まる代わりに帰りにアンケート用紙を提出することが条件ですと。
  私はまず、フロントでの待ち時間の長さを指摘・・・ そのとき我が家の部屋のドアが開いて、どうぞこちらです〜と、他のホテルマンが、我が家の部屋に、他の客を誘導してきた・・・ダブルブッキングだ・・・・ ホテルマンはあれ?・・と言ってすぐ出て行ったが、すいませんの言葉もない・・・
我が家担当のホテルマンが、申し訳ありません、大丈夫ですから・・・とフォローしてたが・・・・大丈夫か?
今日プレオープン最終日、明日からオープンじゃないのか・? 心配になってきた・・・。

  ホテルマンが説明を終えて出て行ったので、とりあえず部屋の中をチェック。
まだオープン前なので綺麗で、部屋の中にアロマをたくやつが付いていて、2種類のアロマから1種類選べた。部屋は、ルネッサンスのルネッサンスツインに近いかな?
ただここでまた問題が・・・冷蔵庫に飲み物が入っているが、冷蔵庫のスイッチが入っていない。自分でスイッチを入れるようになっている。これでは着いてすぐ冷たい飲み物は飲めない(高いから飲まないけど・・) ホテルの案内図がどこにもない、ただでさえ本館と距離があり、施設が多く本館の3階が、スパタワーの2階だったりとややこしいのに、案内図もないが、各施設のパンフレット等もない。(食事所のパンフやメニュー、スパやマッサージのメニューや、その他サービスのパンフ・・)普通は部屋にあるものがない。
 我が家は妻がエステ、私はマッサージを受けたかったが、料金や内容が分からないでは話にならない。 フロントに電話して持ってきてもらったが、来るまでの時間が長い。10分位してエステだけしか持ってこなかった。 また電話して料金だけ聞いて済ませたが・・・どうなの・・?
とりあえずエステを予約して、スパ施設へ行くことに・・ スパタワー側の温泉スパ、本館の温泉スパ、温水プール、屋外プールすべて無料で利用できるので、まず、子供の希望のプールに行くことに。
更衣室が温泉と同じで、プール隣に温泉があるので、プールで泳いで着替えついでに温泉に入れる。
室内プールは温泉水を利用しているので、日焼けした体には心地いい。
ジャグジーもあったがこちらは熱いお湯で、焼けた肌が痛かった・・・。
屋外プールは造波プールで浅い・・しばらく、両方のプールで遊んで、温泉に入って、部屋に帰った。
ここでまたトラブル発生・・カードキーを入り口のノブにさらせばロックが外れて開くシステムなのだが、何回やってもドアが開かない。フロントに電話で言うと、申し訳ありません今すぐ向いますと・・
しかし15分待っても来ない・・もう1回電話・・私も怒って何分待たせるんだ・・というと今すぐ向いますと・・でっ来たのが10分後・・
どういうこと?と聞くとなんと・・さっきのダブルブッキングでカードキーの設定を私たちの後に来た客に合わせてしまっていて、我が家のカードは無効になっていたとの事、書き換えたカードを持ってきましたのでこちらであけられますので・・と。
さっき大丈夫と聞いたら大丈夫ですといったではないか・・しかも何分待たせる・これから人と会うため出かける予定なのに・・。
予定が狂った・・ これまでの経緯をすべて責任者に伝えて、こちらに連絡させろと言っておいた。
普通ならその時点ですぐ責任者が飛んできてあやまるのが普通だと思うが、結局待っても来る気配がないし、予定が押しているので、とりあえずホテルを後にして、国際通りへ・・

  当初の予定では、県庁前までタクシーで出て、そこからちょっとぶらぶらして、すいてたらゆうなんぎいで夕食、混んでたらどこか適当に、よく名前の出てくるような店で食事をしようと思っていたが、ホテルでのトラブルで結構遅くなったので、市場通り入り口までタクシーで行った。 (8時頃の市場周辺の店が閉まる寸前を狙って買物をする計画を立てていたので。)
時間は7時半前・・まだ早いかな〜とりあえず、観光客の多い表通りで物色・・目的のマンゴーある・・・パック1000円くらい(口コミ通りだ・)値下げして500円のものもあったが、半分腐ってた・・・
とりあえずいろんな、店にあったから買えないことはないなと思いつつ。 先に食事することに・・また、表に出て店探すのも面倒だし、安く済ませようという事で、花笠食堂で夕食・・・
子供は、そばセット(カレーとモズク付き)で750円 、妻はビールセット1000円(ビール、ラフテー、ミミガー、刺身、煮付け等のセットのやつ)私は、琉球定食(ラフテー、ミミガー、煮付け、てんぷら5種、沖縄そば、ご飯のセット)1100円を注文、これだけでおなかいっぱい。
食べ終わって時間は8時15分頃・・・ そろそろだな・・・という事で花笠食堂を出て、市場裏の野菜や果物を売っている店の多いエリアへ・・・ やはりどこの店も片付けに入っている。
我が家は、前に来た時に買物に行って、いろいろサービスしてくれたオバーのやっている店へ・・・ オバーがいた・・・ミニマンゴーもあるし普通のマンゴーもあった・・・値段見たらミニマンゴーちょっと大きめの粒、6個くらい入って800円・5パック残ってる・・ で、普通のマンゴー、1000円〜1600円まである。
おばーに、ミニマンゴー3パックちょうだいと言ったら、5パック袋に入れて、2400円でいいよと・・・
さらに、スナックパイン1個ただでサービスで入れてくれた・・じゃあ悪いからこのマンゴーも買うよと、私は形のいい1200円のマンゴーを指差すと、それも袋に入れて、じゃあ3000円でいいよ〜と・・
  やはり・・私も市場関係の仕事をしてる関係で閉店間際は、投売りすることが多いことを知っているため、わざと終了間際を狙って、しかも、昼間に行ってもいろいろサービスしてくれるおばーの店を狙って買いに行ったのである。 作戦成功・・かなり安くマンゴー仕入れることが出来ました。
かなり多いけど・・(結局会社へのお土産がミニマンゴーになり、会社では大絶賛でした)

  予定の買物も終わり、次は、このサイトの常連さんで、離島のエキスパートでいらっしゃる、Y氏さんのポストカード購入と、那覇に滞在中のY氏さんとお会いするために、SUMMER SNOWへ・・ 店に入ると、マスターがひょっとしてY氏さんの・・・? Y氏さんは今スポーツバーにいると思うんですが、あとで来ますよと・・・ しばらくマスターや店の常連さんらしき女性の方とお話したり、子供は遊んでもらったり、Y氏さんのポストカード選んだりしてのんびりしてました。
そしてY氏さんがいらっしゃって、いろんな話をして、楽しみました。Y氏さんもマスターも常連さんもみな、気さくでいい人たちで、有意義な那覇の夜を楽しむ事が出来ました。
ホテルに帰るタクシーの中で子供が、お店面白かったまた行きたいと言ってましたので、那覇滞在の時は、お世話になろうと思います。雰囲気のいいとても落ち着ける場所がまたひとつ出来た気分です。

  お店を出て、国際通りからタクシーに乗りホテル帰りました。ホテルに着いたのは11時ちょうど・・ 妻は11時からエステを予約していて、帰るなりエステ・・私も、部屋でマッサージ、子供は横で遊んでいたがさすがに疲れたのかいつの間にか寝てました。
  我が家の定番最終日のエステとマッサージはいつも心地いい・・・・
しかし・・・またトラブル発生、エステの料金を現金払いにしたのだが、ホテル側の(エステのおネーさんの)ミスでおつりを間違えたと・・・あまり気にしていなかったが、後で部屋まで多くもらった分お返ししますと持ってきた。 ほんとにトラブル続きで、本日は就寝・・・

沖縄滞在最終日、6時に目が覚めた・・・ 妻と子供は、爆睡中・・・起きそうもない・・ 。
私は6時半からやっている、温泉へ朝風呂に・・・ 昨日本館の温泉入ったので、今日はスパタワーの温泉へ・・・サウナと水風呂と、内湯がひとつと、露天風呂が1つ・・朝一で客が3人しかいなかったためのんびり出来ました。ただこの施設で、通常4千いくらか取るのはどうかと思いますが・・・
風呂から出て部屋に戻ってもまだみんな寝てた・・・ 私は、本館の売店で、お菓子と、飲み物買ってきて、テレビ見ながら、のんびり・・・(売店行った時、朝食会場をチェック・・7時過ぎだったが、そんなに混んでいない。 どうやら、朝食会場を分けているようだ・・チサン宿泊者朝食会場と書いた案内板があった。) 8時ちょっと前に妻と子供を起こした、妻はシャワー・・ そして化粧・・ん〜いつものことだ・・妻のシャワー中に昨日買って来て、冷蔵庫で冷やしておいたミニマンゴー1パックをあけて食べる。
子供にむいてやって1個・・・ 美味しいと言ってかぶりついてる。 私も皮むいて1個・・あまい・・普通のよりうまいんじゃないか? で子供がもう1個食べるというから、皮むいてやった・・ で私は皮むくのが面倒になりそのままかぶりついた・・・ 全然普通に食べれる。かじった時にジュワッとジュースが口の中に広がる感じがたまらない。 妻もシャワーを終えて食べたいというからまたむいてやって2個・・
結局朝1で1パック完食・・・みんな絶賛でした。
  そして、妻の準備も終わり、朝食会場へ・・・ 結構すいてる・・・今日は本館もスパタワーも満室との事だったが、懸念していた朝食の混雑はなかった・・時間的なものなのか?
でも、この朝食でもトラブルが起こるとは・・・・・
  会場にいって、案内係に空いてる席でどうぞ〜といわれ、真ん中くらいの料理をとりに行きやすい席へ・・ 妻と子供の先にとりに行かせて私は、コーヒーだけ持ってきて、席に座ってた。
すると、別のファミリーがこっちらを見てあれっと言ってこちらをずっと見ている・・・ ???なんだ?
するとそのファミリーのママさんが私に、ここの席何か置いてありませでしたか?ときいてきた。
いえ、何もなかったですけど・・空いてたんで座ったんですがと私が言うと、ムッとした顔で隣の空いてる席に座った。その後、そのファミリーと従業員の会話で判明したんだが、私たちが座っていた席に前に座っていた方が帰られて、空いたところを片付けている従業員に、この席使いたいんでとって置いてくださいと頼んだらしい。 その従業員は、リザーブカードを持ってきてそれをテーブルにおいて席を確保して、残りの片付けをやっていたが、その従業員が席を離れてる時に、別の従業員がきて、残りの片付け物と一緒にリザーブカードまで片付けてしまったらしい。
そんな従業員のミスで、私はにらまれ、席を横取りしたと思われたのだ・・。
しかし、他にあきテーブルがあって、そのファミリーは持ってきた朝食をおいて食べる場所があったから良かったけれど、もし満席だったら、持ったまま路頭に迷う事にもなりかねなかった。
同じ事そのファミリーにも言われて平謝りしてたけど・・・・ でっ、原因も分かり、妻と子供も朝食持って帰ってきたので、今度は私がとりに行った・・もう最悪である・・・
  私がパンを取ろうとしたところ、トングがない・・・ よく見ると隣でパンを補充していた従業員が使ってるではないか・・普通お客さま用で補充しないだろう・・・・ しかも、待っている私に気付いて、すいませんの一言もなく、無言でポンっとトングをおいて、別のお客さま用トングで補充を始めた・・・
パン取りたいんだけど・・邪魔で取れない・・補充終わるまで無言で補充して、待っている私にすいませんの一言もなく無言で立ち去った・・・ もう朝から気分悪い・・・・(でもちゃっかりいっぱい食べたけど・・)
あまりのひどさに、私は食後に、妻と子供を先に部屋へ帰らせてフロントへ・・・昨日の件がちゃんと、責任者に伝わっているのか・・・責任者はどう思っているのか・・・ 他にも言いたい事がいっぱいあったので問いただしに行った。
  フロントへ行って、責任者か、支配人を出せと私が言うと、名前を聞かれ、すぐに責任者だという方が出てきた。 そして最初の一言、お待ちしておりましただと・・・ ここでさすがにキレタ・・・
違うだろう・・・フロントで報告告を受けていたんなら、すぐにでも自分から足を運んで謝罪に来るなりするべきではないのか? まあ、上司への報告は出来ていたようだが・・・
その後にも起こったトラブルについてや、ホテルマンに私が忠告していたほかの件もあったのだから、すぐにでも来るべきだろう・・・・そういうと彼は平謝りに謝っていたが、なにぶんプレオープンでみなまだなれていないもので・・・ これから皆さんに満足いただけるよう頑張って努力したいと思いますと・・・。
おいおい、今日はプレオープンして2週間目、今日から、本格的にオープンして、高い金額取るんじゃないのか・・・?それがまだ慣れていないとは・・・慣れていない以前に教育できてないじゃないか・・・
すれ違っても挨拶もしない従業員が多いし、ホテル見取り図もない、パンフ等もなし、対応が遅い・・
これでオープンするのかと・・・・しかもプレオープン期間中に私が指摘したものと同じ事を他の宿泊者からも指摘されたというではないか・・・ならなぜすぐに改善しない・・・あきれて物も言えない・・。
まあこの責任者だけが悪いわけではない。その上層部の判断が悪い点もある。
この夏休みシーズンのほぼ毎日満室に近い状態の時にプレオープンをやる事自体無理がある・・(まあそのお陰でやすくとまれたのだが・・)。 もっと時期を考えてプレオープンをやり、この時期は新規オープン特別プランなどで夏休みしかこれない客を引っ張りよさを分かってもらった上で、その後の集客に勤めるべきである。
今の状態では、そこらのビジネスホテルクラスのほうが従業員に関しては、全然上でしょうね・・いくら設備が良くてもこれでは・・・・・ とりあえず、彼もかなり参ってるようだったし、連日満室の上に今日はオープンセレモニーの準備などがあるようなので、部屋の報告書に細かく指摘事項を書いて後で渡すという事にした。しかし私は、沖縄で30件近くのホテルや宿泊施設に泊まっているが、これほどひどい状態なのは初めてだった・・・これからの頑張りに期待したいところだ。

  部屋に戻り、アンケートを記入して、帰り支度をして時計を見ると10時ちょっとすぎ・・ 早めに行くか・・(11時のチェックアウト時間ギリギリで、また待たされたり、トラブル起こったらたまらないと思い・・・) 1組待ったが、すぐに手続きできた。 フロントのおネーさん、責任者、ホテルマン3人がそろって出てきて再度お詫び・・・ なんか、帰りだけ特別待遇のように・・荷物を玄関まで運んでもらい、支配人、フロントのおネーさん(たぶん一番フロントで偉い人)、ベルボーイ、など総勢6名ほどでのお見送り、大変ご迷惑かけました、いろいろご指摘有難うございます。次のご宿泊の時には満足できるホテルになっているよう頑張りますので、よろしくお願いしますと・・ (もう一回泊まれというのか?ご住所はこちらで間違いございませんか?と聞いていたので、無料宿泊券か何かでも送ってくるんだろうか?)
じゃなきゃ、よほどの事がない限り泊まらないと思うが。 泊まりたくても我が家の1泊2万以内のポリシーに当てはまる金額じゃ無理だろうから〜 まあ、最後は、満足の行く形でホテルを後に出来ました。
頑張ってもらいましょう。沖縄のイメージの為にも・・・

ホテル前からタクシーに乗り、空港へ・・・ 運ちゃんと、話ししながらあっという間に空港へ・・・ 時間は11時頃・・・チェックイン手続きをして、お土産屋をぶらぶらした後、去年と同じ、お土産屋の傍らにある、飲食スタンドで、沖縄そばを食べて、搭乗・・・・(A&Wに行こうとも思ったが、妻と子供がおなかすいてないと言うのでやめて、私だけそば食べてた・・) 12時45分の飛行機で帰ってきました。
15時10分に羽田に着き、駐車場から自家用車で帰り、うちに着いたのは18時前・・・すぐに仮眠して22時から仕事で、日常に戻りました。

以上・・・・とても長くなってしまいまことに申し訳ございません。 ただ、今回私が、これから行かれる方に伝えたかったのは、いくら常連さん皆さんが勧められる場所でも、一緒に行くメンバー、個々の趣味、自然の驚異、自分の求める景観など、いろんな要因で、楽しめるか、不完全燃焼に終わるかだと思うんです。 最近、行きたい所だけ羅列して、アドバイスを求めたり、皆さんがお勧めされるので行ってみたいとか、自分の旅行なのに完全に人任せという感じのレスが多いように思います。
  アドバイスする側も、同行者の有無(家族なのか友達同士なのか)とか年齢、相手の希望、興味のある項目、予算的なもの、目的なども考慮せず、むやみに自分がいいと思うところばかり紹介しているような気もします。
我が家は今回、勧められて慶良間を選んだわけではないのですが、自分の判断が、少し甘かったかなと反省しています。(去年、妻も子供も水納島である程度自然の海を経験したので、今回はもう少し踏み込んでも大丈夫だろうと、しかも民宿泊、阿波連よりは、ファミリー向けのとかしくを選ぶことで、みんな納得するだろうと自信を持って立てたプランだったんですが、残念ながら自分はともかく、家族全員が、完全に楽しめたとは言いがたい結果となってしまいました。
でも自分で判断して、失敗だった部分には誰にも文句は言えません。悪い面ばかりではなくいい面もありましたら、それらはそれらで今後に活用していくつもりです。
  最後にわけの分からない文章書いてしまいましたが。 好きな沖縄をいつまでも好きでいられるよう、これから行かれる方に満足の行く沖縄を味わって好きになってもらえるよう、相手の事も考えてアドバイスをして、自分も日々勉強していきたいと思います。 次の私の沖縄行きは、妻の趣味のマラソン参加の為に、行く事になるか、もしそれがなかったら、来年夏に今年一緒に行く予定だったファミリーが来年は絶対行く・・しかも行くからには長く滞在したいと言うので、来年は、夏休み1回だけにして、1週間〜10日間ほど滞在しようと思ってます。 それまで、いろいろ勉強しながら、皆さんにもアドバイスできるところはやっていこうと思います。
長いレポートになりまして申し訳ございませんでした。


Re: 今年2回目、晴れを願っての... サブレ - 2009/08/06(Thu) 16:16 No.2563
お疲れ様でした。いろいろあったんですね。 特にロワジール大変でしたね・・。
私が行った時は、特に問題なく、ゆったりと過ごしましたが・・。 とにかく今回のを読むと「今は何もかも、いっぱいいっぱい!」って感じですね。 それにしても、スパタワーからの風景には絶句です。
そういえばそうですよね。あの場所に建てるということは主に 「水路側」ですね。我が家の今回はツアーにセットされてるのはの旧館(?)なので、とりあえずプール側にしておきました。
朝食会場のどたばたは・・誰を信じればいいんでしょね。順番に取りに行こうかな。早く落ち着くといいなと思います。 ラウンジって、フォンティーヌを使ってるのですか? それともあのホールのどこかに作ったんでしょうか? ただでさえ激混みで、次から次から団体客が来る感じのホテルでしたが。
あまり期待しないで過ごそうと思います。
渡嘉敷ですが、確かに綺麗だけど、うちも子供が深いところを怖がって、あんまり遠くに行けませんでした。 伊良部の中ノ島も最初行こうとおもったけど、子連れの女性に「海岸からわりとすぐ深くなるわよ、10メートルぐらいの深さのとこともあるから気をつけてね」と 言われてやめたんです。
夫もいなかったし、私だって慣れてないし、楽しむどころか怖いので。 行けば行ったで思ったほどでなく楽しかったのかもしれないけど・・。 Kenぱぱさんのレポート、かなり役に立ちますので またどちらかへ行かれたらお願いいたします。 我が家は下旬出発ですが、台風がとにかく心配です。

Re: 今年2回目、晴れを願っての... kenぱぱ - 2009/08/06(Thu) 16:48 No.2564
サブレさん、有難うございます。 やはり、小学1年生になったばかりの都会っ子には、まだ自然のビーチは早かったようです。 (私は、幼少時代鹿児島の田舎育ちで、小学校の頃から、海で泳いだり、川で泳いだりしてたので、大丈夫と思ったんですが。) って言うよりも、アウトドア嫌いの妻が一緒なのが一番のネックなんですけどね・・・・
ロワジールスパタワーのラウンジはフォンティーヌではなく、ロワジール本館のフロント横のエレベーターを上がって、右側に、行くと、正面に増設されたフロントがあり、そのフロントが部屋になっていて、そのフロントの傍らに6テーブル位ありそれが、スパタワー宿泊者専用ラウンジになっています。(ラウンジといえるかどうか微妙ですが、案内してくれたおネーさんが、専用ラウンジになっており、あちらの飲み物はすべて無料ですのでご利用くださいと言っておりましたのでラウンジなんでしょうね)
そのフロント兼ラウンジからスパタワーの建物まで通路でつながっているんですが、それが遠いんです。狭いし・・ サブレさんが行かれる頃には、バタバタも収まっていて、のんびりできるといいですね。

Re: 今年2回目、晴れを願っての... サブレ - 2009/08/06(Thu) 20:19 No.2565
ラウンジの場所、見当つきました。 フロント別なんですね。うーん、でも混雑しそう。 かねひでも混んでたりして・・。 情報ありがとうございます♪ 友達は今、沖縄ですが飛行機飛ばなくて 長旅になったーと嘆いてます。

Re: 今年2回目、晴れを願っての... mini5518 - 2009/08/06(Thu) 20:20 No.2566
こんばんは、Kenぱぱさん。 楽しく読ませて頂きました。今回のロワジールのソフト面はすごいですね、確かに真夏の超トップシーズンにオープンって言うのが無理な気がします。
家族全員が満足する旅行って難しいですよね。でもそこで家族の事を考えて反省して次回に繋げようっていうKenぱぱさんの姿勢に脱帽です。
「アウトドア嫌いの妻が一緒なのが一番のネックなんですけどね・・・・」.同感です(見られたらマズイ)。 ちょっと沖縄から逸れますが、これから正月SKIの宿取りです。またお上の希望でオンザゲレンデ、エステ付き、プールもあればなお最高、部屋からゲレンデが見える、等と申しております。嫁は滑らないんですがね... どちらかと言うとSKIの方がメインで今年は長男が手を離れたので次男をデビューさせないと。

Re: 今年2回目、晴れを願っての... まえさと - 2009/08/07(Fri) 00:49 No.2568
レポート完走お疲れ様でした☆ 内容が充実したレポートに脱帽です☆
ホテルの件はあきれるしかない感じですが、どーなんでしょ、ハイシーズンになんとかオープンして日銭を稼ぎたかったんですかね… 経営としては愚策以外のなにものでもないですが。。
それにしても今回はイロイロと…(汗)厄年ではないですよね(笑)
mini5518さん… 夏は沖縄、、冬はスキーですか。。格好良すぎです☆

Re: 今年2回目、晴れを願っての... kenぱぱ - 2009/08/07(Fri) 16:30 No.2569
miniさん有難うございます。 我が家は、沖縄に限らず旅行行く時は、必ずすべての手配は私なんです、今は急遽、昨日決まった来週13日からの、私の第2の故郷(生まれたところ)京都への帰省のプランを練っているところです。車で帰るので渋滞が読めなくてプランどころではないですが・・・
我が家はスキーはしませんが、沖縄以外では年2回か、3回、温泉旅行に行きます。関東圏の近場ばかりですけど。 その際にも、私は、小さい温泉宿や、安宿に泊まって、温泉めぐりとかの方がいいんですが、妻は、設備の調った、温泉リゾートや、大型温泉ホテルがいいといいます。 草津なんかだと、かなりの値段さが出てしまうのでかなり苦労します。お互い頑張りましょう。
まえさとさん・・鋭い・・・・ 実はわたし、今年、本厄なんですよ・・・・ 1月に、法事と、温泉をかねて群馬へ行った時に、厄除け供養してもらったんですが・・・・ そのお陰で、沖縄には何とか行けるけど、行ってから災難がという形なのかもしれません。 来年は、完璧な旅行ができればいいんですが・・・
お二人とも、本当に有難うございました。 皆さんのレポートも参考になるところは参考にさせていただきましたし、これからも参考にしていきたいと思います。

↑一覧に戻る