みーなさんのレポート 投稿者:みーな -2009/10/27(Tue) 23:12 No.2807

渡嘉敷はいいよ〜 

  8月の旅行でしたが、今ごろレポでごめんなさい。
8/23(日)〜8/26(水) 3泊4日で今年もまた沖縄へ行くことができました。こちらの皆さまのおかげと感謝します。いつもありがとうございます。
去年、とても気に入って今年もマリオット。最終泊は初めての渡嘉敷です。 夫と小学一年生の娘と3人で出掛けました。のんびりし過ぎた旅行で、あまりいいレポにならないかと思いますが、自分の記録のためにも書かせていただきますね。

【1日目】
  23日セントレアから、朝の便で沖縄入り。といっても到着は11時頃。
沖縄の高速道路個人手配でOTSの赤嶺営業所からレンタカーで出発したのは12時くらいだったでしょうか。 法人営業所となってたから、どういうシステムか問合せるつもりで電話したら普通に予約できました。
すいていて待ち時間は少なかったけど、説明のおにいさんは無愛想な感じでした。 ブルーのフィット。
とっても新車というわけではなさそうな車でした。ま、動けばいいか。 豊見城 ・名嘉地ICから自動車道へGO!
今年は高校生の息子は留守番の為、私が助手席・カーナビ係り。 とても青い空と もこもこの雲に「沖縄〜!」を実感しながら、スムーズにおんなの駅に1時過ぎに到着。
写真は沖縄のもこもこ雲
おんなの駅ではまず、お目当てのムール貝のうに焼き 100円。一緒にモズクとイカの天ぷらも。
うに焼きは他にもホタテや伊勢エビがありましたが、他にも食べたいし値段からしてもムール貝に決定!
マンゴーマウンテントロリとして濃厚でおいしかったです。沖縄そばも3人で一杯。そうそう、噂のドラゴンボールもGETできました。ふわっふわでおいしかったです。
そして最後はアイスマウンテン。
マンゴーだけのは1200円、ちょっと贅沢すぎるからと相談して800円の4種類のフルーツが入ってるのにしようと思いました。並んで待ちましたが、前の女性がマンゴーマウンテン2個注文してるのを見て、やっぱマンゴーに方針変更〜!
抹茶好きな娘の分と3人で2個の大きなかき氷を完食。
めちゃお値打ちなお野菜も気になったけど、まだ今日は初日。横目で見ておんなの駅をあとにしました。

沖縄の海の景色 ここからはマリオットを目指して58号線の北上。この道を通るのは、3年ぶり?いつも自動車道で許田へ直行だったので、おお、なつかしいね〜と走りました。
そして少し寄り道。こちらも初めてでした、万座毛。おお〜、娘のお友だちにもらった絵はがきで見た風景が目の前に!
観光バスの団体さんと一緒になったので、一緒にガイドさんの説明を聞けてラッキー!ぐるりと一周して戻ります。
最後のところで、夫婦岩を発見。
沖縄にも夫婦岩があるんだね〜といいながら そこをバックに写真を撮ろうとカメラを構えながら近づいた時に、なんと!舗道から足を踏み外してしまいました。舗道の段の下はちょっとゴツゴツしていて、くじいてしまいました…。
初日になんてこと!ちょっと痛かったけど、まあ大丈夫でした。

ホテル到着。
マリオットリゾート「ただいま〜」と言いたくなりました。部屋は去年と同じようにハイフロアーに変更のリクエストをしていて、13階のお部屋。
まずは娘の大好きなプール!
学校でちょっと泳げるようになったらしく、それも見て欲しいと、とても楽しみにしてました。
まずはスライダーへ。 120センチの身長制限があり、去年は8センチたらなくてガマンしました。今年は・・・監視員さんにギリギリOKをいただいて、何回も何回も滑りました。
大人が滑っても楽しいですから、子供は大喜び!!ちょうどよい長さのスライダーで、何回も階段を駆け上がってしまうです。

  しばらくプールで遊んでから、ハイフロアー専用のガゼボバーで無料のドリンクをいただきました。
ガゼボバーからの写真です。
 その後、夫はプールサイドのサウナへ。シーサーの絵付け1
娘と私は去年できなかったシーサーの絵付け体験。 2つで3000円。
エプロンを貸していただいて水着のままでもOKです。
ドライヤーで乾かしながら30分ちょっとで完成して、すぐに持って帰ることができました。毎年ひとつづつシーサーを買って帰りますが、今年は思い出入りの手作りです。


絵付けされる前のシーサー プールサイドにはちょうど家族サイズのジャグジーもあって、それも楽しかったです。陽が傾きかける18時半くらいまでプールサイドにいました。だんだん空が紅く染まってきたところで部屋に戻り。ベランダで、海に入る太陽をみつめます。
娘は初めての事で、大人も普段はゆっくり空を見る時間もないので、とても感動でした。
去年も書いたような気がしますが、お部屋からはギリギリ朝日も見ることができて、3日目に早起きした朝には娘もそれを見て海の夕景、地球が回ってるんだよと説明する事ができました。理解できたかしらね。

  夕食は車海老レストラン球屋さんへ電話すると、ラストオーダーの20時までに入るならと言われてすぐに出掛けました。宜野座まで一区間ですが自動車道で行くことに。許田のインターまで 水族館帰りでしょうか、とても渋滞していました。右側の車線は流れていたので、思い切って車線変更〜。
予想どおりETC車線でした。(ETCカード持ってきて良かった!)スムーズに宜野座まで行くことができました。 レストランへ曲がる道が暗くてわからず、何度か同じ場所を往復してしまいました。 明るければ看板が見れるのでしょうけど、初めての場所だし暗くて迷ってしまいましたがギリギリで到着。 こじんまりとキレイなお店でした。
お目当ての特大海老は時期的になのか、品切れで普通の海老のコースにしました。お刺身と焼きと天ぷらと、とても美味しかったです。景色もいいそうなので明るい時にまた行ってみたいです。
いつも地元で食事に行くと帰りは私が運転手ですが、今日は帰りも夫が運転。ビールを飲めばと言われて飲んだのはいいのですが、くじいた足が痛んできて車までの歩くのがとても大変でした。
ホテルに戻ってスパでほぐしたら、少し痛みは治まりましたが、また痛くなったらどうしよ〜、と 思いながら就寝しました。 ハイフロアーはスパも無料で、入れる時間帯も長かったです。

【2日目】
朝はゆっくり、9時くらいからブッフェレストランへ。
目の前で焼いていただけるオムレツがおいしかったです。
かりゆしビーチ朝食の後はまたプールとビーチ。
ツアーのチケットで、かりゆしビーチでマリンスポーツを楽しみました。 グラスボートとドラゴンボートとカヤック。どれも初体験でワクワクです。ビーチまではホテルのシャトルバス、プールから水着のまま乗れます。グラスボート11:30、カヤック12:30の予約をして、時間までビーチで泳ぎました。  曇り空のせいか、海の色もあまりきれいではありませんでした。
そして 桟橋に並んでグラスボートへ。船の底がガラスってこういう事なのか〜と感心しました。 黒い大きなタイのような魚がたくさんいました。ハリセンボンの群れもいました。 次はドラゴンボート。ちょっと怖かったですが、子供に合わせてスピードを調整してくれました。カヤックは2人乗りと1人乗りで、私が1人になりました。
途中で雨がたくさん降ってきたので、早めに切り上げてホテルのスパへ。体を温めて部屋に戻ります。 マリオットリゾートのチャペル お昼ごはんの相談。とりあえず朝食券でケーキセットをというのを利用してのラウンジへ。 ふかふかのソファでゆったりと気持ちよく、ケーキもとてもおいしくいただきました。
そしてプールから見てて気になったチャペルを見学させていただきました。 海を見ながら愛を誓うってステキですね〜
(次の機会があれば この場所で・・・)
屋内なので、天候に左右されないのも魅力です。
この日は余裕があれば、掲示板でも相談していた「滝」へ行くつもりでしたが、時間的にもですが、前日くじいた足の痛みのために、あきらめました。お土産を買うのは今日しかないという事で、名護のジャスコへ行きました。紅芋タルトやちんすこう、じゅーしーの素、さんぴん茶のティーバッグ、泡盛などサービスカウンターから発送をお願いしました。
翌日の早朝出発のための朝食も買いました。

朝日レストランのお肉 そして、去年は行けなかった朝日レストランへ。
5時の開店すぐだったので待ち時間ゼロでした。とてもやわらかいお肉です。目の前でお肉を焼いてもらいながらシェフとおしゃべりも楽しかったです。
ジャスコでお土産を買ったのだけど、この後どこへ行こうか相談すると、 沖縄ならではの生活道具など見れて、メイクマンが楽しいですよと教えてもらいました。ホームセンターです。
特大鍋 行ってみて本当にびっくりしました。大きなUFOみたいな鍋のようなものが高い棚の一番上に。
思わずお店の人に質問。「何に使うの?」お盆や祭礼などで、たくさんの人が集まる時の料理用なんですって、一番大きなのは80人分用。ヤギ一匹を調理する事もあるそうです。
業務用でなくて家庭用ですよねえ、ホームセンターなんですからっ。寸胴鍋も漬物だるも、ヤカンも普通の家にはない大きさで、それが普通に並んで売ってる事に驚きました。

  メイクマンを出る頃には夕陽は沈んでいて、残念でした。
帰りになってから、あまり歩かなくてもいい轟の滝がある事を思い出しましたが、もう暗くなりかけていたので、あきらめました。ジャスコへ行く前に寄ればよかったです、せっかく教えていただいたのに反省。
教えてくださった皆様、ごめんなさい。
ホテルに戻ると、またプール。夜は10時までかな。昼間とは違う雰囲気で なかなかよいです。
もうやめようと何度も言ってるのに、娘は泳ぎの練習を繰り返していました。子供用から、深さ2.5Mのプールまで、大人も子供も満足できます。またスパに入って部屋に戻りました。
明日はいよいよ渡嘉敷です。ですがここでカメラの充電が減ってきた事に気づく。 実は旅行前にカメラを買いました、3M防水付き。FUJIFILMのZ33 WP。
前のカメラは充電しなくても旅行中に減ることはなかったので、同じつもりで充電器を荷物に入れませんでした。でも減ってきっちゃったぁ〜 困ったゾ。
とりあえず カメラから電池を外して、せめてもの悪あがき・・・

【3日目】
マリオット室内夢にまでみた離れがたい場所・マリオットともお別れ・・・ いよいよ渡嘉敷へ渡ります。
渡嘉敷・3回目にして始めての宿泊です。 遠いとわかっているのに、3回とも宿泊は何故か北部。
6時半に出発〜 写真は部屋の中のお気に入りの場所。ベランダ横のソファルーム(?) この場所で、早朝まだみんなが寝てる時間に、海を眺めながら お気に入りの音楽を聴く・・・ 最上の幸福であります。

自動車道を西原で下りて安里からとまりん
へ。順調に来たはずなのに・・・OTSレンタカーとまりんの場所が見つからない。58号線沿いに看板は見えたけど、車でどこから入るのかわからない。
港の中も回ったけどわからないので、電話すると「とまりんの駐車場へ入ってきてください」絵付けされて出来上がったシーサー
なんだ?!みつけられないワケです。
初めにちゃんと説明してくれなくちゃねえ。
借りるときのおにいさん、イマイチだったもんな。行けばわかると思って調べてもいませんでした。
ひとまず、車を返して。予約してあったマリンライナーのチケットを購入して、その向いの売店でおにぎりを買いました。手作りっぽいバクダンおにぎりおいしかったです。
船に乗ってまずは(うふっ)腕時計を外しました。船には、後部中央に座ります。ここが一番揺れないそうです。
うとうとするうちに渡嘉敷到着です。 (写真は絵付け完成のシーサー)
子供と慶良間の海
  港に着くと、アイランズトリップさんのワゴンが待っていてくれました。もう一組のファミリーと一緒に阿波連ビーチへ。
途中、トカシクビーチが見えるところからきれいな海の色を見て、また渡嘉敷に来ることができてよかったぁ〜と、しみじみ。
アイランズトリップさんのお店に到着。
ガイドの森野さんと再会!お世話になるのは3回目。
娘は森野さんの事が大好きで、「渡嘉敷へ行く」じゃなくて「森野さんのとこへ行く」と言います。我が家では、森野さんが渡嘉敷の代名詞になってしまっています。
また今回も飽きずに同じメニュー、ヨットに乗っての『無人島1DAYツアー』 申し込み用紙に記入をして水着に着替えます。
フィンをはいてみてサイズ確認、ライフジャケットを着たらビーチへ。荷物は預かっていただけます。 近くのCHIPCHIPさんで飲み物を購入、5本でクーラーボックスをお借りできます。
氷もいっぱい入れてもらいましたよ。
渡嘉敷島で見る海亀 ヨットに機材と食料を積んだら、さあ!出航です。 今日のツアーは、他の2組のファミリーと一緒です。
はじめましてのご挨拶をして・・・ おっ!!我が家と同じカメラを発見!色まで一緒です。やった〜!今日は宿泊ですか?すかさず質問してました。ラッキー!近くに宿泊されると教えてもらって、充電をお願いしました。ああ、よかった!おかげで、残りの電池で海中の写真もたくさん撮る事ができました。
とても上手な写真とは言えませんが、去年までは使い捨ての防水カメラだったので、キレイに撮れてとてもうれしいのです。渡嘉敷島の海の沖合い

浮上してくる海亀
慶良間の海の色
阿波連沖のハナリ
ハナリからの景色
リーフイン国吉の夕食
ヨットから見る海は最高!
「どうしてこんなに青いの?」と、何回も何回も言ってしまいます。
初めにトカシクビーチの沖で、森野さんにみつけてもらってウミガメを見ました。 海面に上がってくるところも、間近で3回見ることができました。
次はお魚のポイントへ。エンゼルフィッシュや、クマノミなどたくさんの魚たち。
申し訳ないけど、かりゆしビーチと比べようもないほど。
白い海底に波の影がゆらめくのも、普段は見れない絶景!
いい感じ〜。
その後はまたヨットで移動。ハナリ島へ向かいます。 風が気持ちいい〜。歌なんか歌いたくなります。
ハナリ島へ上陸してお昼ご飯。 お昼ごはん
折りたたみのテントを設営していただけます。
食後はしばらくビーチでのんびり遊んで、丘の方へ探検。
渡嘉敷の自然の事、歴史の事なんかの説明もしてくださいます。 星の砂も手にとって見ましたよ。
  丘の上まで登るのは少し大変ですが、娘は5歳の時もゆっくりですが登る事ができました。
そうそう、くじいた足ですが前日に森野さんに相談させていただいて、杖になるものを用意していただいていましたし、痛みもほとんどなくなっていましたので、大丈夫でした。
丘の上から見る海の色は、なんとも言えません。
いま上に雲があるから、あと1分待つともっといいブルーになりますよと言われて見ているとみるみるうちに色が変わっていきます。 言葉では説明しきれません。
是非、沖縄病の皆様にこのケラマブルーを体感して欲しいです。
  その後は、ハナリからのビーチエントリーでまたお魚のポイントへ。海底から森野さんが大きなヒトデを拾ってきてくださって、手にとって見ることができました。 砂浜からすぐのところでもお魚を見ることができます。  そろそろ今日のツアーも終わり。
テントを片付けて荷物をヨットに積んで、阿波連ビーチへ戻ります。 朝10時〜午後4時までのツアーです。
家族で参加すると少し贅沢な金額のように思いますが、一日たっぷり楽しませていただけて機材やテントもついてます。
安全面でも自分たちだけで海に入るよりは、いつまでたっても初心者の我が家には、とても安心できます。それを考えるとお値打ちなのかもしれません。
森野さんと一日ずっと一緒ですから、帰ってきたらすっかりお友達気分になれます。
2回目の去年申し込みのメールをした時には私達の事を覚えていてくださって、大好きな沖縄に知り合いができたような気持ちで、とてもうれしかったことを覚えています。
   さて、今日は日帰りではないのでこれから いーっぱい時間があります。
アイランズトリップさんのお店でシャワー&着替えを済ませて、リーフイン国吉さんへ向かいました。
す ぐそこ!の近さでとても便利でした。 お部屋は6畳くらいでしょうか。2階ローカの突き当りの角部屋でした、窓がふたつあって気持ちいい。お部屋もトイレもとてもきれいでした。洗濯機をお借りして水着を干して、6時から夕食です。
メインはグルクンのから揚げ、骨までペロリです。娘には子供向けのハンバーグなどで、こちらもペロリ。
それからビーチや近くを散歩しました。
カメラの充電の約束もしていたので、そちらのお宿へ行ったり、新垣商店というなんでも売ってるお店へも行きました。 田舎のおじいちゃんの集落にあったようなお店で懐かしい感じがしました。 帰る日の荷物はこの新垣商店さんからゆうパックをお願いする事ができました。本島から送るより日数が(料金も)かかるのかと思いましたが、お昼過ぎまでに預ければ4時のフェリーに乗せるそうで本島から出すのと変わらないという事で、大きなバッグを送りました。

夜の星空もとーーーってもきれいで、渡嘉敷に泊まって本当によかったです。

【4日目最終日】
シーカヤック
アイランドトリップのヨット
 朝は8時から朝食。今日は14時のマリンライナーで帰ります。
チェックアウト後も国吉さんで荷物は預かっていただけるので、水着に着替えて最後のビーチへ。
まずは散歩、岩の穴を抜けて階段を登ると展望台へ行くことができます。見渡す限り青い海、また必ず来ようと思いました。
アイランズトリップさんでカヤックをお借りしまして、今度は3人乗りだったのでみんなで楽しく漕ぎました。時間があればハナリまで行けそうでしたが、また来年のお楽しみにとっておきました。
カヤックから見る海もとてもキレイで透明で海底のサンゴがゆらゆら動くのがよく見えました。
そろそろビーチに戻ろうかという頃に、森野さんがヨットの準備をしてるのが見えました。
娘と森野さんごっこ! 「え〜ガイドの森野です・・・」参加者のメンバー紹介や、今日のツアーの予定など、3回経験したので覚えてしまって、娘は楽しそうに森野さんになりきっていました。
いよいよ出航です、森野さんが手を振ってくれました。
今日も楽しいツアーになりますように〜!
ヨットを見送ってカヤックを返して、ちょっと休憩〜。
まーさぬやのかき氷  もう運転のない夫はオリオンビール。 私たちは、かき氷「まーさーの店」で食べました。
白玉がおいしかったです。国吉さんに戻って、シャワーと着替えをして、荷物の整理と昼食、沖縄そばとタコライス。
ああ、渡嘉敷ともお別れね〜。
帰りは国吉さんに港まで送ってもらいました。
港のところの漁業組合でマグロジャーキーを買うのを楽しみにしていましたが、1000円の大袋がひとつだけマグロジャーキーしか買えませんでした。品切れだそうで、売店にもありませんでした。そのうち電話注文して送っていただこうと思っています。お土産のアテが外れて残念。 
風の強いフェリー甲板
  いよいよマリンライナーに乗って、出発です。デッキへというと娘の希望で上がってみましたが、風がものすごくてすぐに下りました。
席に戻るとすぐに爆睡!いっぱい遊んだもんね。 とまりんからはタクシーの予約をしていたので、すぐに乗車、空港へ。
手荷物はなかったけどJクラスの席があればと思い、早めにチェックイン。
その後モノレールとタクシーでやちむん通りへ行きました。ひめゆり通り側から歩きはじめて、たくさんのお店をのぞきました。
お土産の漆喰シーサー大きな土産店にはないようなオリジナルの焼き物のシーサーなど、たくさん見れて楽しかったです。
やちむん通りから、市場方面の商店街へ入るところにあったお店で足を止めました。サンゴや漆喰で、お店のご主人が手作りで作ったシーサーが並びます。一点もので表情豊かです。とても気になるシーサーがあって、一旦お店を出たけれど、もう一度、戻り買い求めました。手荷物も少ないのでそのまま連れて帰ろうかと思いましたが、破損を心配してくださって、郵送する事にしました。
で、届いたシーサーです。高さ25センチくらいでずっしり重くて、きれいな色がとても気に入っています。守り神になってくれるといいなと思いました。
  17時ちょい過ぎ、あと一軒、Y氏さんの写真展のサマースノーさんに寄れたらと思い、電話してみましたが、開店は30分後くらいになるという事で、また次のお楽しみになりました。渡嘉敷島阿波連ビーチ入口の景色
その後、タクシーで空港へ向かい18:05の飛行機で沖縄を飛び立ちました。

最後はやはりこの風景・・・ またすぐにでも行きたいけれど、夏までガマンかな〜。 それまで また日々の暮らしをがんばります!! とても長くなってしまいました、読んでくださってありがとうございます(^^)


Re: 渡嘉敷はいいよ〜 kenぱぱ - 2009/10/28(Wed) 16:37 No.2842
  レポート楽しく読ませていただきました。
お子様小学1年生で、渡嘉敷島・・・ 我が家と一緒のパターンですが、みーなさんのお子さんは3回目の渡嘉敷で、かなり海に慣れていらっしゃるようですね・・(5歳からシュノーケルされてたんですか?) 我が家の子は、少し深くなるとすぐ怖がってしまってまだまだでした・・・
渡嘉敷の青い海、沖縄病の人に見せてあげたい・・ですか・・ 慶良間病の方や、沖縄病の方は大体この青い海の色にやられてますからね・・・ 正しくは、まだ沖縄病にかかってない人に体感してもらいたいでしょうか・・・ リゾートライフ&渡嘉敷島と2つを楽しまれたようで、お子様にもいい思い出になったでしょう・(みーなさんが一番楽しまれてたりして・・・)
レポート有難うございました。また来年楽しい旅行を・・

Re: 渡嘉敷はいいよ〜 ナイチャー小林 - 2009/10/29(Thu) 15:05 No.2844
 こんにちは。 レポートありがとうございます。
渡嘉敷島は私にとっても沖縄にはまるきっかけを作ってくれた大切な島です。 初めて行った時には、もっともっと今よりも素朴で海の透き通った島でした。 年々行くたびに変わってきますが、いつまでも昔の良さも残しておいてほしいと、心より願っている次第です。 みーなさんも、是非又慶良間に行ってくださいね♪

Re: 渡嘉敷はいいよ〜 みーな - 2009/10/30(Fri) 19:45 No.2856
 Kenぱぱさま 読んでくださってありがとうございます。旅行前にレポを見せていただいてました。
お子さん、同い年なんですね。 夏生まれなので、5歳になったすぐで初シュノーケリングでした。やはり心配でしたので家にあったシュノーケルでお風呂で練習してみました。
メールで森野さんに相談させていただいて、お風呂でOKならできそうだという事と、無理なら箱メガネもありますと言ってくださっていました。 海では、ほとんど森野さんが娘をひっぱってくださったので、泳ぎに自信のない親も自分の心配だけしてればいいので、満喫できました。
3回目になったので親(おもに夫)も娘も成長して、今回は森野さんに頼らなくてもOKだったようです。
>正しくは、まだ沖縄病にかかってない人に体感してもらいたいでしょうか・・・ 訂正ありがとうございます。ハナリの丘から見るブルーは是非、皆さまに体感していただきたいですね。
>みーなさんが一番楽しまれてたりして・・・ あ、バレました(^^ゞ 計画を立てるのは全て私なので、まず私が楽しくないと!夫は荷物と運転係り。 もぉ〜し、森野さんのところだけ行くなら運転はいりませんから、娘と二人でも行けそうだ・・・と、秘かに温めていたりして えへへ!

Re: 渡嘉敷はいいよ〜 みーな - 2009/10/30(Fri) 19:52 No.2857
 小林さま ありがとうございます。小林さんもきっかけは慶良間だったのですね。 以前にレスをいただいた時は、「次は八重山も」と言ってくださってたので、 次は次は・・・と思っていますが。どうもまた渡嘉敷へ行ってしまうような雰囲気です。 でもいつか、宮古島へも行きたいです。
いつもお世話になります、ありがとうございます

Re: 渡嘉敷はいいよ〜 まいよ〜 - 2009/10/31(Sat) 12:03 No.2859
 ご無沙汰してました。 充電器の「まいよ〜」です(笑)
レポートや写真を見てると、ホント渡嘉敷に行きたくなりますね〜。 我が家もすっかり沖縄病、と言うか渡嘉敷病です。 あの青さは忘れられないですよね〜。
本島も八重山も行きましたが、渡嘉敷に一度足を踏み入れてからはどうしても渡嘉敷に行ってしまいます。 本島は素通りです(笑) また来年お会い出来るといいですね!

Re: 渡嘉敷はいいよ〜 みーな - 2009/10/31(Sat) 12:45 No.2860
 おぉ〜っ! 充電器の「まいよ〜」様ぁ〜。読んでくださってありがとうございます。
あの時あの海の上で、まいよ〜さんが神様に見えました〜(^^)  
偶然にも買ったばかり「初入水」のカメラでオドロキました。 おかげで、レポにたくさん写真を載せることができました。お世話になりました。ありがとうございます。 旅行から2ヶ月後のレポ提出で、また行きたくなってます。渡嘉敷病ですね。またお会いできるといいですね!

Re: 渡嘉敷はいいよ〜 シェイク - 2009/11/03(Tue) 21:33 No.2880
  こんにちは。レポ楽しく拝見しました。 一度行ったところにはまた行きたくなり、行ったことがないところには興味津々で行きたくなる、そんな沖縄の思い出がまた頭の中をめぐりました。
渡嘉敷もやっぱりいいですね。 沖縄病再発です^^;

Re: 渡嘉敷はいいよ〜 みーな - 2009/11/04(Wed) 16:02 No.2883
  シェイクさん、読んでくださったのですね。うれしいです。旅行から随分と月日が流れてしまったので、読んでいただけるかな?と心配していました。ありがとうございます。
行ったところも行ってないところも、ここでレポを拝見すると、どこでも行ってみたくなりますね。
旅行直後に下書きはしてましたが、写真入りでUPさせていただいて、読み直しながら、また行きたくなっています。 日々のあれこれに追われる毎日ですが、沖縄が待ってくれてるのでがんばろう!と思います。

↑一覧に戻る