ぴぃさんのレポート

3泊4日(+2泊)のドタバタ旅... 投稿者:ぴぃ 投稿日:2002/07/17(Wed) 14:23 No.409 

今回の沖縄旅行は、出発前から帰宅まで、台風に翻弄されっぱなしでした。
でも、とても心に残るよい旅行となりました。忘れないうちに旅行の様子をご報告します。


★1日目...7/11(木) 晴れ時々くもり
前日の羽田−那覇便は、台風6号の影響で午後から欠航。
出発が危ぶまれましたが無事離陸。

11:00 那覇到着

12:00 レンタカーで出発
すごい混んでて、車の受け取りまでに時間がかかる。
カローラクラスを予約していたが、小さい車は需要が多いらしく、追加料金なしでステップワゴンにしてもらえる。

14:30 サンマリーナ到着
途中、花織そばで昼食をとる。おいしかった。(*^_^*)
サンマリーナは、多少古さを感じさせるものの、ビーチに開放感があり、こじんまりとしていて、気持ちよく過ごせました。

15:00〜17:00 プール遊び

19:00〜20:00 BBQ
疲れちゃったのでホテル内で食事。高い割には・・・でした。外に食べに行った方がよかったかも。

★2日目...7/12(金) くもりのち雨
9:30〜11:00 プール

12:00 北部観光に出発
昼食は、A&Wのチーズバーガーコンボ。ルートビアは試す勇気がなかった。せっかくだから飲んでみればよかったかな?
ハンバーガーは野菜たっぷりでおいしかった。大好きになりました。

14:00 〜 15:00 ナゴパイナップルパーク
カートでパイナップル畑を見学。子どもたちは大喜び。
この頃から、ときおり雨が降り始める。

15:30 水族館
最後のイルカショーにちょうど間に合う。
水族館を見終わると、子どもがどうしてもキッズパークに行きたいと言う。
アスレチックで遊んでいる途中で激しい雨が・・・。駐車場に撤退。

19:00 ムーンビーチ近くの「ペッシュ・デ・イタリアーナ」というファミレスで夕食。
値段は手頃、味もまあまあ。子連れにはお薦めです。

★3日目...7/13(土) 晴れ

10:00 ホテル出発
途中、飲み物と昼食を仕入れてクーラーボックスへ。泊港へ出発。

12:00 マリンライナーで渡嘉敷島へ。

13:00 阿波連ビーチに到着。
峠から見える海の美しさに絶句。船酔いに耐えて、ここまで来てよかったぁ〜。
ちょうど引き潮だったので、浅瀬でお魚、やどかりを見ることができました。

港との往復送迎代 500円(こどもは、350円)
温水シャワー   500円(こどもは、350円)
パラソル     1000円

17:30 マリンライナーで泊港へ
8時間停めても900円。やっす〜い。横浜なら2時間分です。(^^ゞ

19:00 美浜
観覧車に乗ったあと、「味自慢」という居酒屋で夕食。
味はまあまあ。メニューが豊富なので、家族の食べたいものがばらばらのときには便利かも。


ふぅ〜。これから、ちょっと出かけるのですが、書き終わりませんでした。
続きはまたのちほど・・・。



みゃーおさんのレポート

今年に入って2度も沖縄へ行きました。 なんと24年ぶりのことです。 かなりやみつきになっています。 

2月は3泊4日でココ・ガーデン・リゾートに泊まりました。 
オープンな雰囲気、あたたかいサービス、美味しい料理、子供連れにはもってこいのところでした。 小高い丘の住宅地の中にあって、ビーチまで車で10分ほどかかりますが、ぜんぜんOKでした。 是非また宿泊したいホテルです。 おまけにルネッサンスの施設やサービスも受けられるのでとても得をした気分になれます。 
観光地では、琉球村が一番楽しめました。 半日以上、ゆっくり過ごせます。 大人も子供もいろいろ参加することができて、家族そろってエンジョイできます。 

7月8日からまたまた3泊4日で、今度は今帰仁村のベルパライソに泊まりました。 
きれいだけど人気の少ないウッパマビーチのまん前にあり、全室オーシャンビュー。
 部屋は広くてなかなか快適。 でも食事とサービスがいまいちでした。 
また宿泊したいとは思いません。 名護や本部の観光地を2,3見て回りましたが、以外とよかったのが東村は慶佐次湾にあるヒルギ林(マングローブ)でした。 
小さなカニがウジャウジャいて、近寄ると砂地の穴の中に逃げてしまいます。 
うちの2歳児ははしゃいでいました。 また、娘は琉球舞踊や民謡が大好きなのですが、北部ではなかなかパフォーマンスを見る機会がありません。 

でも、名護市内に「名護ヌ前」という民謡スナックを発見しました。 夜は8時半から45分ステージが4回あります。 料金もリーズナブルでした。 金・土は初代ネーネ―ズの吉田康子さんがゲスト出演するそうです。 

帰りの日、出発前に車を飛ばして琉球舞踊の「うどい」に行きました。 平日の朝早かったせいか、観客は我々親子3人だけでした。 でも、踊りはすばらしかった。 行ってよかったです。 

次回はどこへ行こうか、考えるだけでも楽しくなってしまいます。 

みゃーお

 

Hasiyamaさんのレポート

水納島 投稿者:hashiyama 投稿日:2002/08/05(Mon) 12:55 No.1253 
水納島の件での私の書き込みを訂正させてください。(No1234の書き込み)
疲れて帰ってきた直後の書き込みで、少し大袈裟な物言いをしてしまいました。御免なさい。

7/31にわくわく気分で訪れました私ら家族(娘3人+女房)は
本部の渡久地港より現地ガイドの案内で乗船し、待望の水納島に上陸しました。
目的は海水浴でシュノーケリングをしながらお魚と戯れる事です。
ビーチは思っていた以上に人が多く、160人ずつピストン輸送されたお客がたくさんでした。
とは行っても関東近県の海水浴場に比べれば少ない海水浴客で、南房総の館山・御宿程度の人出ではないかと思います。
監視員の方はしっかりとした方ばかりで、二女がクラゲにやられましたが、テキパキと手当をして頂けました。雨雲が近づくのを知らせてくれたりもしてくださいました。

水質は至って良好。透明度の高さは申し分有りませんし、船上からも海底の珊瑚が見えてましたし、昨年行ったチービシ・コマカ島クラスではないかと思います。出会った魚の種類・数も本島ビーチよりは遙かに多かったと感じました。

問題は排気ガス公害です。ピストン輸送している渡久地港からの船と、マリンスポーツの水上バイクのもので、水上バイクは騒音も激しく、暴走族の爆音のように轟いていたのが興ざめでした。また沖合いの消波ブロックも景観を損ねていたと感じました。
(主観には個人差が多く気になされない方も多いかと思います)

やり残した事は島内観光です。観光と言っても小さな島ですから、単に歩いて一周したかっただけなのですが、水着での歩行禁止で、着替えるのも面倒でしたし、その時間もなくできませんでした。船で渡ると言う事は時間制限も有ると言う事なので、やはり1000円の駐車場代を払って行く瀬底ビーチが「お得」と感じました。

観光化に伴い、全国どこも同じような問題はあるかと思います。私も観光客の一人ですし、観光客それぞれがやりたい事・求める事も千差万別ですから、有る程度やむを得ない事と思います。

以上が私個人の水納島の感想です。天気が悪ければそのビーチの印象も悪くなり得ますし、天気が良ければ他でも良く感じたかもしれません。いずれにしましても、総合的には大変楽しかった事は間違い有りません。沖縄の全てのビーチは、関東近県のそれに比べ、どこをとっても勝っている事は言うまでもありません。


 

ロキさんのレポート

たたいま!! 投稿者:ロキ 投稿日:2002/08/05(Mon) 15:30 No.1258 みなさんどうも!ロキです!!

いやぁー、沖縄サイコー!!

みなさんのアドバイスのおかげで初めての沖縄でしたが楽に旅行ができました。

ちょうどしたにhashiyamaさんの書き込みがあるので私の「水納島」情報を。
行ったのは8月2日、ついた時間にちょうどいい船はすでに満席のためその次の船で島に渡りました。
天気が不安定で風も強かったのですが、海の透明度はすばらしかったです。
島に向かって左と右にビーチが広がっていますがこのときは左から強風がふいていたので左のビーチは右のビーチの3分の1ほどしかいなかったのであえて左へ(笑)
人の多さは思っていたより少なかったです。
逆に船はどんどん到着するのに人はさほど増えないので「みんなどこにいってるんだろう?」と思ったくらい。
シュノーケリングが注意されないのでブイのあるところまでいったんですが、さすがに遊泳区域の珊瑚は死滅しています。それでも魚はいました。
そのあと右のビーチに移動。3時近くになると極端に客は減りプライベートビーチなみに。
右のビーチは左のビーチよりもたくさん魚がいました。
あと左のビーチに何匹かいたくらげもまったくいませんでした。
あ、さっきから左、右って言ってるのは船でついたとき島を向いての方向です。

その後島を探検。水着でしたが上にTシャツを着ていたせいか特に何も言われませんでした。
水着もズボンみたいなやつだったせいかもしれませんが。
内側の干潟になっている部分や、秘密のビーチ?らしきとこにも行ってきました。
無料シャワーも汚いと聞いていたのですが、無料のところってどこもあんなものなんじゃないかと思います。

結論としては本島から15分、往復1490円でいけるのでいったことない人は絶対行って欲しいですね。リゾートに泊まっちゃったら水納島です(笑)

気に入るかどうかは人それぞれですし。
どうしてもゆっくりしたい人は朝一でいって最終で帰るか島にある民宿に泊まっちゃいましょう♪

あと確かにレンタカーは最悪ですね。私の場合パンクしたのに乗せられそうになり、次にきたのはカーナビ代払ったのにカーナビがない車がきて、最後にやっとまともなのがきたかと思えばブレーキが「キー!」ってすごい音。ブレーキオイル切れたままなんでしょうね。
おまけにカーナビは古すぎてお馬鹿でまったく役立たず。
逆にうけましたけど(笑) 

追加情報 
投稿者:ロキ 投稿日:2002/08/05(Mon) 15:45 No.1261 
そうそう、予定にはなかったけど急遽行ったビーチがあります。
それは「ミッションビーチ」なんでも教会所有のビーチらしいですが、国道からビーチが見えないのと、入り口に気づきにくい(気づいたときには過ぎてます(笑))せいか、ほんとにプライベートビーチです。
遊泳区域は狭く透明度もさほどないんですけどファミリーにはいいんじゃないでしょうか。
私はここの有料のシュノーケリングをしたんですけどお店の人はとっても親切で、ポイントで魚肉ソーセージもくれます。しかも帰りは沖のほうを猛スピードで回って帰ってくれました。
時間は決まっておらず、随時準備が出来たら連れて行ってくれます。
私のときはハリセンボンの群れと出会いました(笑

 

 

点子さんのレポート

阿嘉島&那覇から 投稿者:点子 投稿日:2002/08/07(Wed) 01:08 No.1292 
おかげさまで 無事帰ってきました〜
先週の沖縄 天候は今ひとつ。風も強くその分涼しくて過ごしやすかったのですが、さすがに日差しは強くて、もうこの年では「焼きたくない!」と思っていたのにすっかり油断して真っ黒デス(^_^;)

こちらで教わったとおり、那覇到着後、船の時間まで国際通りをうろついて、牧志公設市場の2階でお昼を食べたところでタイムアップ。残念ながら島唄カフェには寄ることはできませんでした。
夕方5時過ぎにようやく阿嘉島に上陸 その日新しい船のお披露目があるとかで 港にはおばあたちがたくさん集まっていました。翌朝ホテルのおにぎりパックを持ってさっそくニシハマビーチへ。
お天気はまずまず。パラソル(1,000円)とビーチベッド(500円)をレンタルして場所を確保するとさっそく海へ。少し沖のほうへ行くとたくさんのお魚達が迎えてくれました。
その後子ども達のためにライフベスト(500円)もレンタルしました。ところが、だんだんと風が強くなってきてパラソルが飛ばされるほどになり、雲行きも怪しくなって 激しいスコールがやってくると言うライフセーバーの方の情報で午後3時近く遊泳禁止になってしまいました。

翌日もニシハマは波が高く、ビーチを制限して遊泳できるようにするとのことだったので、いったんそこでパラソル等をレンタルしてヒズシビーチに向かいました。
こちらは小さな湾のようになっていて波は穏やかでしたが、その後何度も雨や雷に遭い、その度に引き上げようかと思いつつもじっと我慢で、結局夕方5時過ぎ迎えの車が来る時間まで遊んでしまいました。
ビーチには小さなカクテルバー(?) があったのですがその日はやっていませんでした。
他には監視員などもいないせいかニシハマに比べると、大きなビニール袋やビンのかけらなどゴミの散乱が目立ちました。久米仙のビンの蓋をお家にしているヤドカリがいました。
でもここではほんのまだ足のつくようなところででも、たくさんの色鮮やかなめずらしい魚たちに会うことができ子ども達は大喜びでした。岩場が多く手足に思わぬ傷を作ってしまい手袋を持ってくれば良かったとも思いました。ビーチも裸足ではきついと思います。子どもも小さく親のほうも技量に自信が無く天候の悪さもその所為にして、結局あまり沖のほうへは行けず、元気できれいなさんご礁を見ることができなかったのが唯一最大の心残りですが・・・

シードルンのスタッフはとても親切で気持ちよく過ごすことができました。琉球料理と和食を組み合わせたと言う夕食も楽しめました。
島での最終日前日の夜にはケラマジカと星空見学ツアーへ ナイチャーさんの言づても伝えることができました(^^) 
残念ながら星空は雲間から時折のぞく程度でした。慶留間島への橋を渡って少し行くと所突然道路がない〜と思ったら台風5号の残した傷跡とのことでびっくり。その先の蛍の名所にも連れて行ってもらいました。

翌日午前中もヒズシビーチで別れを惜しんだ後阿嘉港へ。新しいビルを建設中でしたが大幅に予定が遅れているようでした。
『クイーン座間味3』の就航日2便目の真新しい船に乗って那覇に戻りました。

その後は沖縄風ぜんざいを食べて、ハブボックスでTシャツも買って、わしたショップでお土産いろいろ買って、新垣ちんすこうも買って、ゆうなんぎいで舌鼓、フーチャンプルーがおいしかったです。偶然『美らさ』のエイサーを見ることもできました。最終日は首里城にも行って、空港のA&Wでルートビア。シークヮーサージュースに さんぴん茶 機内サービスでキュウィジュースも頂いておなかタプタプ(笑)
わが家の歴史に残るなんとも盛りだくさんなこの充実振り(^_^;;; 
そのうえ帰ってきたら近所のスーパーで『沖縄フェア』またしてもあれこれ買いあさったことは言うまでもありません。
・・・・・つづく 

つづき・・・ 題してタク... 投稿者:点子 投稿日:2002/08/07(Wed) 01:12 No.1293 
初日 国際通りから泊港までタクシーに乗ったときのことです。とてもおしゃべりな運転手さんなのですが話していることが「沖縄はタクシーが安いから タクシーに乗ってね。港までなら450円 メーター上がんないんだから。」の繰り返し・・・ 
船に乗ると告げたのに ホテルの前に横付けされてしまい 1,000円渡したら おつりをくれないのです。なおも私だけ車内に残って待っているとヘラヘラと笑いながら「はい これでね。」とか言いながら500円くれました。450円って自慢じゃなかったのか〜〜〜。こっちとしては500円渡して「釣りはいらないよー」ぐらいな気持ちだったのに・・・せこい話ですみません。

最終日 首里城から空港まで乗ったタクシーの運転手さんはとっても感じが良かったです。
島での暮らしの経験もあるダイバーとのことで阿嘉島に行っていた話で盛り上がりました。
他にも国際通りがアーケードになる話や都市モノレールの問題点、空港近くに建設中のトンネルの話などとても興味深かったです。降り際に座間味のパンフレットをもらいました。

行きに会いたかったよ〜〜〜。 次回まで大切にとっておきますね。

帰ってきてボーっとしていてなかなか書けないなーと思っていたのに 書き始めたら止まらなくなってしまいました。ひどく長くなってごめんなさい。



 

ゆみさんのレポートただいま報告! 投稿者:ゆみ 投稿日:2002/08/09(Fri) 10:37 No.1348 

ナイチャーさん、みな様、昨日沖縄より帰ってきました!
3年目となった今回も、新しいことに挑戦して充実した旅行になりました。
これから行く方の参考になるかどうかわかりませんが、我が家の旅行記です。

1日目:午後1時過ぎ那覇空港到着後、レンタカーを借りていざ出発!
今回のメンバーは私・長女(中2)・次女(小5)・長女の友人(中2)の4人です。
まずは腹ごしらえということで、国道沿いの『那覇そば』で、ソーキそばの昼食。
とろける様なソーキが美味〜♪満腹になって南部でも行ってみようと思いましたが朝6時から、空港行きバスと飛行機を乗り継いできて子どもたちは疲れきっており、とにかくホテルで休みたいというので、『沖縄都ホテル』へ直行しました。
ここは国際通りまで歩いてはいけませんが、車で10分とかからず、レンタカーがあれば不便は感じません、駐車料金も無料です。期間限定かもしれませんが、『あざまサンサンビーチ』『美浜アメリカンビレッジ』への無料送迎、『泊港』への片道送りサービスもありましたので上手く利用すればレンタカーのない人も充分楽しめます。
部屋は白を基調にした明るい雰囲気でセミダブルのツインルームにソファーベッドとエキストラを入れて4人一部屋でしたが、ぎゅうぎゅうという感じではなく、スーツケースを広げる余裕もありました。何より、スタッフの方々がみなさんにこやかでとても快適に過ごせました。

休息後、子供達の希望する国際通りで買い物。駐車場がわからないのでかなり手前に止めてしまい、やたら歩いたのは失敗でした。牧志公設市場の入り口付近で、道に迷っていたら、突然の人だかりに遭遇。地元のおばちゃん達に混じって完熟アップルマンゴー1箱(5個いり)1500円でゲットしてしまいました!
でも…重くて持ち歩くのが大変。(ちなみに他の店では1箱3000円〜5000円してました。) 
いきなりの大収穫に満足♪ホテルに帰って冷やして食べたら美味しかった〜! 
市場自体ももちろん楽しく、本当はお魚買って2階で食べたかったんだけど、昼食が遅かったのでお腹が空かず、子供達に押し切られて、泣く泣くモスバーガーを買ってホテルで食べました。

2日目:座間味島へ!ホテルの送りサービスで泊港へ着くと、9時のクィーン座間味は既に満席でした。夏休み中に行かれる方は、予約しておきましょう。我が家は予約してあったので乗れましたが、座間味島までの50分は揺れがひどくて、あちこちで吐いてました。
船内にはカールチーズ味の臭いが充満して、それがさらに嘔吐感を高めます‥。
我が家も長女が二度トイレに篭っていました。あと10分乗っていたら、他の3人もやばかった‥。
雨は降っていなかったけど、雲が厚かったから、そのせいでしょうね。
去年のマリンライナー渡嘉敷は、同じ船体だと思いますが全然揺れませんでしたから。
出発前にここで、渡嘉敷と座間味とどちらが良いかと質問しましたが、やはり皆様のお勧めどおり、座間味に行って正解だったと思います。魚の数は去年の渡嘉敷ほうが圧倒的に多かったのですが、それは場所の違いではなく天候のためなのでしょう。
ビーチハウスのお姉さんが、「今日は曇っていて透明度が悪くて残念ですね。」と言っていました。それでももちろん魚はたくさんいましたし、浜辺のすぐ近くに珊瑚はあるし、去年の渡嘉敷を知らなければ、これだけでも大満足だったと思います。
午後になって日が差すと海の中がとってもきれいで、最初から晴れていたら、渡嘉敷以上に素晴らしいんだろうなぁ〜と想像させてくれました。
個人的には座間味の整った設備が気に入りました。パラソルチェアーセットが2000円と安いし、レンタルハウスがビーチにあって、フィンやライフベストも各500円でいつでも借りられるし、子供が持参したビニールボートを膨らませていたら、すかさずやってきてエアコンプレッサーで空気を入れてくれました。
食事のできる海の家(?)も、ビーチから階段を上がってすぐだし値段も良心的ですよね。混雑度も心配するほどではありませんでした。
前後2列のパラソルが横に長く続いていましたが、ビーチも広いので人ごみは気になりませんでした。
シャワー・更衣室もきれいだったし、港からビーチまでが近いのも良いですね。
帰りは5時発の高速船でしたが、4時にバスが出るために3時過ぎから帰り支度をはじめました。
ビーチにいられたのは正味4時間半くらい‥、あ〜もっと遊びたかった〜!やっぱり次は泊まりだ〜!
帰りの船では乗ったとたんに全員爆睡。酔う間もなく泊に尽けてホント良かった♪
港からホテルまではタクシーで800円くらい。レンタカーで行くことも考えたのですが岸からとまりんの駐車場まで遠いですよね。荷物もって歩かずに済んだだけでも良かったな。
夕食は国際通りの『ゆうなんぎ』で、沖縄料理いろいろの定食をいただきました。美味しかった♪

長くなりましたので、続きはまた♪ 
ただいま報告!(続) 投稿者:ゆみ 投稿日:2002/08/09(Fri) 18:13 No.1355 
3日目:マリンライナー渡嘉敷を予約してあったのですが、子供達がもう船に乗るのは嫌だと言うので予定を変更、ビーチリゾートで遊ぶことにしました。58号線を北上し一時間ほどで、サンマリーナに到着。ここでみなさんにルネッサンスを薦められていたにもかかわらず、午後、名護方面に行きたかったために
北部寄りのサンマリーナ(駐車料1000円・ビーチ無料)へ行ったのですが‥、これが失敗でした。
海はやはりリゾートホテルのビーチですからきれいとは言い難く、狭さもあって子供達はすぐに飽きてしまいました。
プールは別料金(大人2000円)なのでちょっとだけ遊ぶつもりの私達にはもったいなくて‥。(T_T)
これなら1200円でプール・温泉・レンタルタオルまで付くルネッサンスにした方が良かったなぁ‥。
もっときれいな海に行きたいという子供達をなだめて取り合えずロケットボートにだけは乗せましたが結局シュノーケルできないというのが不満で、すぐに瀬底島に行くことになりました。

名護のA&Wで昼食をとり、瀬底ビーチに着いたのは3時近くなっていましたが、路上は左右とも車でいっぱいでした。後から来る車も何台もいましたが、1000円の駐車場に入れる人はいませんでした。(^_^;) 
瀬底は3度目で毎回ここでも文句ばかり言ってきましたが(それでも行く‥)今回の瀬底は今までと違いました!何がって、無料の更衣室がきれいだった!きれいといっても新しくなってたわけじゃありませんが、過去2度のゴミまみれ虫だらけの更衣室を体験している私にはすっっっごくきれいに見え、安心して着替えることができました。
着いた時間がちょうど干潮時で波打ち際に取り残されたウニやのろまなお魚を捕まえたり、子供の背丈の海でシュノーケル三昧。
魚の量は慶良間とは比べ物にならないけど、近場で気軽に楽しむには最高ですよね。
だから私も毎年文句言いながらも、通ってしまいます‥。(^_^;)
帰りは、北谷に寄りました。子供たちはドリームランドや地球雑貨で、お土産・雑貨を買い込み私はジャスコで、サーターアンダギーの素や完熟パイナップルを買いました。くるま麩が特売で88円だったので、お土産にしようと3本入りを5袋も買ったら(主婦の悲しい性よねぇ‥)、軽いんだけどえらく嵩張って子供に叱られました。(持ちきれず子供に持たせたので)でも更に怒られた物があるんです。
生まれて初めて見た本物の『ドリアン』、普通にスーパーで売られているなんて、やっぱり沖縄ってすごい!‥で、思わず買ってしまったんだけど、匂うし重いしトゲトゲが痛いし、、スーツケースにも入らないので持ち帰るのが大変でした〜。(ちなみにまだ切っていません(^_^;))

最終日の夕食は、ホテルの回転展望レストランでとの子供達の要望があり、ホテルに戻るまで我慢して行ってみました。普段はコース料理がメインのようですが、遅い時間だったのでスパゲッティやピラフなどをいただきました。これがすごく美味! 食事よりはお酒を楽しむ時間だったので、照明を落とした落ち着いた雰囲気でしたが、他にも子連れがちらほら見かけられ安心しました。
テーブルのランプに火を灯されて、すっかりお嬢様気取りで上品にスパゲッティを食べる娘たちには笑ってしまいました。フロアーがゆっくり回転するのが珍しかったようで、喜んでくれたし、行ってよかった♪ あれこれありましたが、充実した沖縄最後の1日でした。

そうそう、夜中に一人荷造りに奮闘しました。乾かない水着類、買い込んだ果物で、荷物は重くなり、ドリアンとくるま麩をどうしようかと散々悩みました。自業自得‥(ーー;)

4日目:10時前にホテルをチェックアウト、国際通りで最後の買い物をして、今回の沖縄旅行も終わりです。
市場で買い残した『海ぶどう』ともずく、ひらみレモンの原液を買い、更に車で移動して、わしたショップやおきなわやで、おみやげを買い‥。こうして手荷物は、最後に空港で『歩のサーターアンダギー』を買うまで留まることなく増え続け、行商のおばさんと化した私は
両手に土産袋をいっぱい下げて、機上の人となったのでした。