ちえりんさんのレポート
ただいま です。 投稿者:ちえりん 投稿日:2002/08/09(Fri) 13:20 No.1022 

みなさま 沖縄からかえってまいりました。
7日間 とても良いお天気で たのしくすごせましたよ。
帰ってきてしまうと もう すぐに行きたくなってしまう!!って感じです。

7月31日 16時20分着の飛行機で いよいよ沖縄上陸です。
レンタカーをかりたら もう薄暗く 北谷の太陽市場で 夕食をとって いざ ココガーデンへ!!
やはり 少し道に迷ってしまいました。ファミマで道を聞きつつ ようやく到着。なにもしていないのにやたら疲れて 爆睡・・・。

8月1日 朝からいい天気です。ココガーデンは なかなかゆったりしてて 良いホテルです。ベランダから レストランへ行ったりプールへ行ったりできます。
アジアンテイストなレストランで 朝食。わーい 幸せだぁー♪
車でルネッサンスへ移動。部屋番号を言えば 車もすぐにあずかってくれて いざ ホテルへ。
ちびは すでに 半分シャツ脱ぎかけて 「プール!プール!」と叫んでいます。
おつきあいして まず 室内プールへ。午前中だからかゆっくりしてます。ひとしきり遊んで ビーチへ。ここのビーチはシュノーケリングができるので びっくり。もってくれば ライフジャケットを貸してくれます。えー ホテルにおいてきてしまったよー。すみません。かりるといくら?1000円・・かぁ。
しょうがない すでに かたまで海につかっている3人を残しホテルへ シュノーケルセットをとりに帰りました。この日は シュノーケルしたり ドラゴンボートなんかで遊んで
おしまい。

8月2日 渡嘉敷島へ!!少し風がつよいので 日をずらそうかと思いましたが 予約していたので 車でとまりんへ。10時のフェリーに乗り込みました。でも なんだか風も強いし 波が・・高い??
ゆれてます。ゆれてます。これはやばい とごろりと横になって1時間ねてました。
ついたら とても元気なおにーさんが「阿波連ビーチに行く方はこっちでーす」
とさけんでいます。みると 例のバス。で ナイチャー様の教え通り
「あのぉ キャンプ場にいきたいんですが・・・」というと
みなさん顔をみあわせて 「キャンプ場かぁ・・・」「うーん じゃあ あの 車で」とゆびさされたワゴン車にのってしゅっぱーつ!!15分くらい走って 到着です。
ワゴンのおにーさんは とても親切で こどものバス代をおまけしてくれました。ありがとう!!
いざ ビーチへ。でも やっぱり風がすごくきつい・・でも せっかくきたんだし 一応パラソルもたてなきゃね。とびそうになりながらパラソルをたてて海へ。
波がきつかったので あんまりお魚さんはいない様子。で 右手の岩場へ。うん いました。お魚さん。かわいー♪
と 気が付くと もう2時。えー 4時のフェリーなので3時にはあのおにーさまが迎えにきてくれるはず・・・やっぱり海からあがろうとしない3人を残しお昼を買いにいきました。
売店で焼きそばを買い 新垣商店というよろず屋(?)さんで じゅうしいのおにぎりを買いましたがこれが!!おいしかった!!
帰りのフェリーがまたまたすごい揺れで、おちびひとりがめちゃ喜んで走り回ってました。
ここで 教訓。風や波が強いときは 船はやめたほうがいい・・・。

8月3日
この日は 「マリンチケットを使ってしまおう!!」の日です。
旦那様は 10数年ぶりにダイビングに挑戦。私と上の娘はシーウォークに参加しました。
今日は 波も穏やかで 透明度もよくお魚がたくさんきてくれて感激でした。おちびも終始 海とプール三昧で ごきげん。

8月4日
瀬底島へ。前の日に瀬底へ行った と言う人とランドリーで会ってすごくきれいだったという話を聞き むずむず・・
やっぱり いこう!!と車を飛ばしました。
行ったときがちょうど干潮に時刻で きれいなお魚がほんとにたくさん!!夢中でお魚さんとたわむれました。
瀬底島はここでいろいろ情報を入手していたんで ちょっと不安でしたが 大丈夫でしたよ。パラソルもたてられたし(笑)
たくさんのお魚と遊んでしっかり日焼けしてしまいました。あとが怖いです。

8月5日
きょうは やっと観光する日です。朝からプールにつかっているおちびさんを説得して 「ビオスの丘」へ。広いし めったにみられない植物がたくさんあって なかなか楽しめました。
ホテルでしばらくゆっくりした後 北谷へ。「カラハーイ」で ティンク・ティンクのライブを見るためです。
とても可愛いお姉さんのライブを間近にみて 子どもも大感激。
CD買って サインもらって 写真とってもらって・・・と良い思い出になりました。

8月6日
未練を残しつつ 帰宅・・。来年もいきたいです。



きーとさんのレポート

もどってきました(^^) 投稿者:きーと 投稿日:2002/08/05(Mon) 15:48 No.907 
皆様、こんにちは。まれにゆんたくに出没しているきーとです。
昨晩9日間の沖縄から戻ってまいりました。レポートさせてください!!
そもそも、私の大きな目的は遠距離の沖縄在住の恋人に会いに行くこと。でも、沖縄好きなので、同時に沖縄堪能もありますけどね♪
7月27日(土)
搭乗手続き終了間近に駆け込みドタバタと最終便で那覇入りしました。会社の車を勝手に使って迎えにきてくれました。いいのかな??今回は1ヵ月半ぶりというあまり期間があいていない再会。あいかわらず黒いなぁ・・・が感想でした。
(ちなみに恋人はこの4月から沖縄勤務なんですけど(^^;)
28日〜29日(日〜月)
彼が唯一とれた休みを使って阿嘉島へ。1泊の短い離島旅行です。彼はベテランダイバー。
私は初心者ダイバー。28日は近くの浜でスキンダイビング。カメさんに遭遇でうれしい限り♪29日に2ボートダイビングにいって阿嘉島の海を堪能しました。
シロ(マリリンにあいたい)の像をカメラにおさめフェリーの乗り込み那覇へと戻ったのです。
あっという間の旅でした。ちなみにお世話になったのは「あかじま」というショップと民宿。
料理もおいしくてスタッフも素敵な方々ばかり。慶良間鹿・スターウォッチングツアーにも連れてってくれて最高でした!
30日〜2日(火〜金)
彼は毎日仕事で7時半すぎに家を出てから夜の日付が変わることに帰宅という毎日。
居候の身としては、家事全般プラスお弁当(愛妻?)頑張ってつくる日々でした。
でも時間はたっぷり。しなければいけない勉強もしながら、こちらのHPで知り合った、青さんとお昼ステーキを食べたり(ちなみに阿嘉島でも会いました)、淀の花さんとも会いました!!
有名な御殿山スバを堪能し、ブクブク珈琲をのんで楽しい時を過ごしました。
淀の花にサーターアンダギーのおいしい店につれていってもらってうれしい限り♪
3日〜4日(土〜日)
彼は相変わらず休日出勤。朝は早いですが、夕方には帰ってきてくれました☆
私の行動としては、3日は糸満地区へひめゆりなどをまわりに行きました。
糸満ターミナルについたらちょうどバスが行っちゃたばかり。次は40分後。
まあしょうがないと思って適当に時間をつぶしていたら、タクシーのおじちゃんが話し掛けてきて、「どこ行きたいの?」「ひめゆり」と答えると私を説得し始めました。
×円だけ払ってくれれば、ひめゆりの塔もまわって、資料館にも連れて行ってくれるというものでした。悩みに悩んで結局、タクシーに乗り込むことに。
その値段が安いのかどうかは不安でしたが、バスを使ったよりは高いものの(帰りはバスで帰ってきたので値段をチェック・・・)、途中下車では待っててくれる貸切状態・バスは1時間に1本程度なので時間の効率を考えるとすごい得とはいきませんが割安感はありました。
タクシーの運ちゃんに感謝!
無事家路につきと、彼はすでに家におり、最後の夜を過ごすため夕飯を食べにいきがてら、又々会社の車を拝借してドライブへ!
夕飯は港近くの定食屋さん。なんと1500円の伊勢海老定食とミーバイ汁定食かなりおいしかったです。
その後は、北谷へでかけ、カップルらしく(笑)観覧車に乗ってみたりしました。
遠くに花火が見えてちょっとお得な気分になりました。帰りにBIGDIPによってアイスをパクリ。南部も周り最後は北谷と長い一日が終わりました。

最終日、今日も出勤。最後のお弁当を作って見送ると私はだらだらと荷造りをしながら、飛び立つ鳥あとを濁さずというようにお掃除お掃除。
午後は1万人エイサーを見にと、お土産を少々買いに国際通りへ。
淀の花に教わったサーターを土産用にまた買いに行きました。エイサーは色々なのを一回で見れていいですね♪楽しかったです。
この日も夕方に帰宅してくれて、夕飯食べつつ、空港に送ってもらえることに。
タコライスを食べ、空港に向かうとけっこう時間が余ってる・・・とのことで空港となりの小さな地続きの島へ夕暮れを見に。とってもきれいでした。

空港につくとまだ予定の最終便に50分前くらい。
自動チェックインするとあれ?座席が表示されない??きいてみると、あれあれダブルブッキングと判明?!10分後の一つ前の飛行機なら乗れますが、それでないと明日になるといわれここまで着たら帰るしかない!とあわてて乗り込むことになりました。
空港でまだたっぷりと思っていたのに彼とはドタバタのなか別れをすることになり別れを惜しむ間もありませんでした・・・(^^;
そして、羽田につく頃またもやトラブル!
なんと羽田が雷雨のため地上作業が完全ストップというじゃないですか。
20分ぐらい上空で待ち、何とか着陸。でも、今度はJTAだったもので到着地点がターミナルから遠いのでバスで移動となります。
でも、バスがこない!!またも、ここで20分くらい機内で足止め。やっと、開放されたら電車も最終間近のギリギリ状態でした。帰れたのでよかったですけどね。

往きは自分の不手際で、ドタバタ飛行機に乗り込み、帰りは不可抗力でドタバタ。滞在中はとても楽しかったですが、帰りまでおちがつくそんな旅でした。
長々とすいません。
一番伝えたかったのは、もしかしたら最後の復路ドタバタ劇かもしれません(笑)
次回はいつ行けるかな??と考える今日この頃です。

 

すずさんのレポート
2002/07/31(Wed) 22:11<>すず<><>沖縄9日間のんびり旅レポートです。

ただいま!!常連すずです。
ところが・・・10日も来なければ常連でなくなってるような???

7月22日(月)どでかい荷物抱えて伊丹空港へ。今回はJAS便9時発11時15分着、6回目の沖縄行きです。でも・・・なぜかJASのスッチーの応対の冷たさにイライラきていて、機内でイライラしていました・・・。今度JALと合併するので良くなるんだろうけども。
そして予定通り沖縄に着くと、むわっとにおう沖縄の空気。手荷物受け取りキョロキョロしていると、恋人がやってきて、そう、実に7ヶ月半ぶりの再会。
しかーし、別に抱き合うとかそんなことするわけもなくて、むこうは仕事中なので、さっさと私の荷物を取って車へ乗せられて、職場へつれていかれました。
なぜなら?私の恋人は観光関係の仕事してる人なので、観光客の身分である私を連れて行っても問題ないのでした。で、ひとしきり職場の女性に離島行きの相談に乗ってもらい、伊江島勧められた。
でも今回は久高島へ行きたい。宿が取れるかな?と相談すると、「多分大丈夫だと思うよー」と言われる。
そうしようかな??と思っていると、恋人が呼びにきて、職場で一緒の班のTさんという50代の男性と一緒にごはん食べに行こうと誘われてごはんおごってもらいました。
ジーマミー豆腐、クーブいりちーなど私は実は食べたことなくて、でもとってもおいしかった。
そこから本当は国際通りうろうろしようかなーと思ってたんだけど、意外に自分が疲れていることに気づいて、恋人の部屋でひとり寝てました。夕方はもう一度恋人と、Tさんと一緒に居酒屋でごはん。久茂地公民館のナナメ向かい、だったかな。
またまた、泡盛やワインなどと一緒に、ゴーヤーちゃんぷるー、みーばいのにんにくバター焼き(←うまかった)などおごっていただきました。さらにオールディーズのライブのある店にも連れていってもらって、DITAベースの青いカクテルなんぞ頂いて、すっかりほろ酔い気分で一日が終わったのでした。

7月23日(火)朝方の雨で目が覚めて、不安になったけれど朝はしっかり晴れていました。
結局今日はひとりで久高島へ行くことに。
恋人が職場の車で知念村の安座間港まで送ってくれました。そこの船の待合所のテラスで、なぜか久高小中学校の先生とお知り合いになって、(どうやら最初、私をしまんちゅだと思って声かけたんだそうです・・・。今回の旅で、うちなーじらーで真っ黒日焼けの私はもう、誰にでも「沖縄の人ですよね?」と言われ続けました。内地なんだと言うと、次は「もう長いの?」と言われる始末。さらにいろんな人に「沖縄住んだらいいよー」と言われましたねぇ)
その日は学校に自転車を借りて、若い先生ふたりと島をくるっと回ってもらったりして、さらに学校でオリオンビールやポークたまごをもらったり、いい思いをいたしました。
ところでひとりの若い男の先生が「ポークたまごは『ポーたま』と略すのが通だ」と言ってましたけど。他の誰に聞いても、それを通だと言う人はいなかったです・・・。
今回の宿泊は「ニライ荘」突然押しかけていったので宿のおばさんは
「最近予約しない人多いねぇ」と文句言われましたが「泊めないわけにいかないねぇ」
とあっさり承諾。ちなみに宿泊していたのは私だけ。台風きてたのでこの日は観光客が本当に少なかったです。
思うツボ?
宿のごはんはボリュームがあって、味もそれなりにおいしかったです。
4500円なら泊まる価値は充分ありますね。おばさんはお話好きで、話し出したら一時間でも話してます。でもちゃんとこちらの話も聞いてくれます。あっ、ちゃんと泳ぎにも行きました。漁港の隣の海は、一見綺麗だけど、中は濁ってました・・・。でも子どもくらいしか人はいなくて、のんびりするには充分。海と遊んで写真を撮ってました。

7月24日(水)朝からお散歩。ちゃんと久高の神様アマミキヨの拝所に行ってお願いをしてきました。でも蚊が多かった!!!
ご飯食べておばさんと話をした後、船の切符売り場へ。
そこでまた話をしたりしてたんだけれど、朝9時の船で来て、11時には帰るという、盲の男性と、健常者の女性ふたりが、車を手配して島を回りたいようなので、学校へ行ってお願いすることに。
島の最北端と、イザイホーの行われるウドゥンミャーといわれる場所へ連れて行ってもらい、そこで3人さんを降ろしたあと、先生は私を北東にある「星砂の浜」へ連れて行ってくれました。
ここは遠浅で本当に本当に水が綺麗で、リーフにぶつかる波が見えて、人が誰もいなくて、何枚も写真を撮ってました。あとナマコをちょっとだけ踏んだりして遊んでました。
昼ごはんに、船着場の近くの食堂で名物海ぶどう丼食べました。1000円でちょっとお高いんだけれど、とってもおいしかったです。そして本島へ。
船は高速船よりフェリーの方が揺れないようです。
そして安座間港の切符売り場で今度は、栃木からの旅行者の30代男性とお知り合いに。
会社の休みをうまくつかって、なんと20何連休とって、八重山を回っていたようで・・・。
カバンの中に生きたヤシガニ連れてきてましたね。
実家にお土産(食べるため)で、「名前をつけたら食べられなくなるからつけるな!!と言われたよ」とか話していましたね。彼と意気投合し、ふたりで那覇に戻り、結局9時半くらいまで一緒に飲んでました。あっ、当然泊まる場所は全然別々ですよ。

7月25日(木)今日は昨日であったタカさんが栃木へ帰る日なので、お見送りに行くことに。
といっても彼は今度はまた北海道へ旅立つらしい。羨ましすぎ。
出発が一時だったから、朝から波の上神社へお参り。波の上ビーチでは子どもたちが遊んでましたねぇ・・・。で、ついでなのでふたりで辻を回って帰ってきました。そう、那覇の歓楽街です。
その中をサングラスしたふたりで歩くのは相当怪しかった・・・はず。
国際通りからタクシーで空港へ向かい、タカさんは昼間からオリオンビール飲んでました。なんと機内に泡盛とカップまで持ち込んでいました・・・。私はルートビア(缶ね)飲んでました。タカさんに飲ませましたがダメでしたねえ。私がほぼ全部飲みました。既にルートビアが懐かしい味になってます・・・。で、お見送りをした後、私はそのまま北谷へ。
空港からバスだと一時間半かかってしまいました。で、とりあえずサンセットバーを見つけて、2件隣の「浜屋そば」でそば食べました。那覇だと600円くらいしそうなそばが400円。
おばちゃんは無愛想だけどここを勧められるわけはわかります。
で、海沿いを散策してましたが、潮でベタベタしてきたので、「浜屋そば」の隣の「富士家」へ入ってぜんざい頂きました。物産展のよりずっとおいしかった〜辛党の私には塩せんべいがありがたかったです。で、2時間ねばって旅日記書いておりました。
6時ちょっとすぎにサンセットバーへ。いきなり行ったので、み〜ばいさんとちかさんに驚かれましたねぇいろーんな泡盛を少しずつ飲ませていただいて、岩手のお米で作った日本酒のような泡盛とか、そうそう、泡波も飲みましたね。波照間行ったことあるのに泡波飲んだことなかったので・・・。(波照間の民宿「たましろ」はまだ、泡波いっぱい飲ませてくれるそうですよ)その頃ここにも書き込み・・・めいっぱい映ってきました。kyokoさ〜ん、ちなみに恋人とは一緒じゃなかったのです。彼は下戸に近いので。で、お店のお客さんはサンセットバーのHPの常連さん達だったので、仲良くなって12時近くまでいてしまった・・・というわけでした。
ちなみに恋人にはちょっと心配されたようでした。当然??
み〜ばいさん、絶対また行きますねー。
・・・ちょっと長いので一旦ここできりますね。って、これでも結構はしょってるんですけどねー。

2002/07/31(Wed) 23:18<>すず 沖縄のんびり旅レポート続きです。
7月26日(金)今日は淀さまと初!!ご対面。姉御肌?の色白な方でしたよーすごく良い人でよかった。ふたりで国際通りの「ぶくぶく珈琲」でお茶しました。話の内容はふたりの秘密?
淀さまのお連れ合いさんにも会いました。車でジミーへ行ってもらったり。でもジミーのいちごクリームのケーキ、試食したけれど辛党の私には胸やけが・・・。ちなみに淀さま、あのケーキ、恋人は本当にまるごと一個食べるんですよ。だって話したら「買ってきてくれればよかった」なんて言ってましたし。夕ご飯は恋人と一緒にステーキ食べに行きました。で、彼の知り合いの(私も会ったことある)人のところへ遊びに行きました。「なんでも中庸がよい」という人です。私がいうのもなんだけど変った人です。

7月27日(土)この日は恋人に観光コースに連れ出されました。
なかなか動きたがらない私を連れ出すため?と、半分はお仕事してましたねえ。
どこでも職場の名刺出してましたし。で、黒糖工場、座喜味城、むら咲き村でバイキング、ビオスの丘、と行きました。ビオスの丘ではそんなわけでタダで入ってきました。あそこは、園内にある川を、ガイドつきの船が回ってくれるのだけれど、ガイドの方法が私はあまり好きではなかったです。黒糖工場ははっきり言ってタダでもらえる黒糖をもらいに行っただけ。むら咲き村のバイキングは・・・600円ならこんなもの?というレベル。
夕ご飯に、那覇港の隣にある「波布食堂」連れていかれました。ここの肉そばが、とんでもない量らしいので・・・。出てきたのは、器の上に、また器分くらいの高さに野菜炒めの載ってるそば。でも全部食べました。ここに来る人たちは肉体労働の方が多いそうで、さらにそれにご飯なんか食べてたりするそうです・・・。何しろ量が多い、味はまあ、おいしいです。でもちとしょっぱめです。これで600円っていうのがびっくりです。本当に。
ちなみに恋人はそば嫌いで、食欲なかったようなので見てただけですけどね。
最後に、若狭でやってた「那覇シーサイドフェスタ2002」の花火を見に行く、・・・だったんだけど花火は次の日でした。しょうがないのでくるっと回って帰ってきました。

7月28日(日)観光コースめぐりその2で、識名園タダ入場。さすが観光系なので、昨日の座喜味城もだけど、簡単に説明をしてもらいました。
今日は車がないのでバスに乗り、かりゆしリゾートで、優待券使ってバイキング。
さすがにホテルのバイキング、おいしかったです。恋人はまたケーキをお皿いっぱい食べてました。これで毎朝痩せるため?もろみ酢も飲んでるんですよ。わけがわかりません。
車がないため図書館で時間潰して、再び「那覇シーサイドフェスタ」へ。
イベントは「スッパイマン」の歌を歌ってるアイロウ&タカ(彼らがわかる人は沖縄の人だけかも…)や、屋良文雄さんのジャズライブ、あとエイサーなどもありましたね。沖縄電力のオール電化ハウスなんかに入り込んで、サーターアンダギーや焼き鳥をタダで頂き、アンケートなんか答えてました。住所に神戸市・・・なんて書いているのは、いいんだろうか???という気持ちになったんですが。
他にもカード会社のテントでアンケート書いてお茶もらったりとかしました。で、花火ですが・・・。
めちゃくちゃ、しょぼかったです。はっきり言って。恋人は「那覇市は予算がないから」と言ってましたねえ・・・。
同じ頃北谷でも花火やってたようですが、そっちの方がよいようです。夕ご飯は面倒なのでプリマートで半額のジューシーやクーブいりちーやぐるくん唐揚、ブルーシールアイスなど買って食べました。

7月29日(月)この日は昼から沖大の試験監督に。朝はちょっと寝てましたね。昼ごはんに沖大前の「やんばる食堂」でふーチャンプルー定食食べました。
6回来てるくせに、ふーチャンプルーは食べたことなかったですねぇ。630円でおなかぱんぱんになりました。沖大に恋人の恩師がいるので、いつもこの時期試験監督を恋人はしているようです。ちゃんと給料も出ます。90分で2500円なので相当いいですよね?
で、試験問題配って、座ってただけ。楽ちんです。この恩師には、私は去年も試験監督したので会ってるんですが、見事に私のことなんか忘れてました・・・。
「先生は気に入った子しか覚えないんですから」と言うと「いやいや・・・気に入ってるよ」という先生。可愛いといえばそうなんだけど・・・。
ここでまたまた去年会った、福岡出身の沖大生の男の子と再会、彼はさすがに私のこと覚えてました。この子も固定観念にとらわれた、よくわからない変な子で、神戸出身の私に神戸の人の悪口を言ってました。あと熊本の人間は手も口の早いから気をつけたほうがいいよ、とか言ってるし。「いろんな人がいるから、人によるんじゃないの、どこの出身だからどういう人だっていうのは決められないよ」とやんわり言うのにわからないようで・・・。あと、彼は私に「絶対沖縄住んだほうがいいよ」と言ってましたねえ。なぜ?
この日は沖大の前の中華料理屋の「ひろ」で夕ご飯。沖大前なのでボリュームがあるのが一番のようで・・・。って、沖縄のごはんって大抵そうですよね?
晩は「イザイホー」のビデオ見ながら、いつのまにか寝てました。

7月30日(火)朝から大雨。涙雨かな???なんて思いながら帰り支度しました。
恋人が職場の車で迎えに来てくれて、初めて玉泉洞へ行きました。また職権でタダ入場。
すごいと有名なエイサーも見ました。確かに、すごい、んだけど、私にとっては、結構地元でやってるようなのも捨てがたい魅力でした。良くも悪くも商売かな?って思ったのはなぜなのでしょう。
自分でも旧盆でエイサー踊って回ったことあるからかなあ?
そのあと、ショボいと有名な「ハブとマングースのショー」見に行きました。有名な「蛇を首に巻いて撮影」もしっかりしてきました。ただステージの上でやるので結構恥ずかしかったんですが。ハブ対マングースの決闘がなくなったため、「ウミヘビとマングースの水泳大会」になってました・・・・。子どもは喜んでましたけどね。
そのあとまたまた恋人のお仕事で新原ビーチのグラスボート乗り場へ。他の人に頼まれてポスター届けに行ったのだけど、「ついでに乗っていきますか」と、タダで乗せてもらいました。
でも、離島出身の恋人と、南大東の海で泳いだことのある私には、新原ビーチの海は・・・・。ふたりして船に酔いそうになりましたね。子どもが4人ぐらい乗ってて魚が見えるたび大騒ぎで、それを見ているほうが面白かったです。
そして5時の飛行機に間に合うよう、4時ごろに那覇空港へ。最初からのお約束?A&Wへ。
私は空港でなかなか探せなかったんだけど、3階の、裏の方にあるんですね・・・。ちゃんとルートビアおかわりしてきました。確かに飲みやすかったけど、2杯全部飲むことはできなくて、残してしまいましたね。ハンバーガーは結構私の好みの味でした。
で、9日間もいたのにまともにお土産も買ってなくて、那覇空港でちょっと調達。高かった!!
今度から早めに買おうと思いました・・・。お土産買ったらもう、ゲートに入らなきゃいけない時間。
ほんの少し、恋人と名残惜しい時間を過ごして、でも最後まで笑顔で別れました・・・。
沖縄が好きで、なにより恋人が好きな私には、一番つらい時間なのです。

でも、また行きます!!!移住計画もありですし。