ゆきんさんのレポートルネッサンスリゾートの旅 ゆきん 投稿日:2002/09/17(Tue) 11:32 No.1762 

こんにちは。遅くなりましたがまとめてみました。

9/6から9/10まで私、夫、娘(3才)とで去年に続き2回目の沖縄旅行でした。申込む時は台風シーズンだからと覚悟していたものの間際になるとやっぱり気になる台風。ホントにやきもきさせられました。

1日目
羽田の大雨や沖縄の台風の影響などがあり18:25着予定が19時は過ぎていたと思います。
それからレンタカー屋まで送ってもらうのに台風の影響が残っているのか金曜の夜はいつもなのかよくわかりませんが5分のところ1時間かかりますと言われました。最終的にハンドルをにぎったのは20:30頃だったと思います。
夕食は那覇でと思ったりもしましたが何があるかわからないからとお弁当を買って機内で夕食にしておいて良かったです。

2日目
午前中はホテルのプールやビーチで遊ぶ。お昼にしよー、 と言っても まだお砂遊びしたいー、 とダダをこねる娘をなだめて土日祝のみ営業のフォーシーズンのランチバイキングへ。
食後また娘のお砂遊びに付き合わされました。そんなもん家の庭でもできるでしょ状態です。
万座毛までドライブの後、夕飯はあっさりにしたいね、と 海鮮料理店 島 に行きました。座敷があるので赤ちゃん連れの方にも向くと思います。

3日目
我が家としてはお楽しみのリーフウォークです。大潮限定のメニューで干潮時に真栄田岬を散策しながらスタッフの方が海の生物の解説をしてくれます。娘も魚をすくおうと一生懸命でした。最後にシュノーケリングタイムもあります。
17:00からドルフィンプログラムのガイドツアー(施設見学)に参加。主人はイルカからジャンプの歓迎を受け、頭からびしょ濡れになりました。ミートゥーザドルフィンのように直接イルカと触れ合えないのですが(どうせ娘は怖がりで触れない)1日2回催され定員オーバーになることもないようで直前でも予約できました。ガイドツアーはカメラ・ビデオ持込み可なのでイルカのアップが撮れますよ。時間の都合でミートゥーザドルフィンに参加できなかったのですが炎天下も避けられたし、うちはかえってこちらの方が良かったです。
夕食はカサla.ティーダで。ムーディーなかんじのお店ですが観光地だけあって子連れ家族がたくさんいました。
掲示板で安いと聞いていた みやげ屋 に行ってみました。1割程度は安かったです。尋ねてはいませんがカードは使えなさそうでした。

4日目
ナガンヌ島へ行くはずが台風で施設がダメージを受け中止と前日に連絡があり、主人は急きょ外部業者のシュノーケリングツアーに朝一で行きました。
私と娘はコンビニで買った朝食をベランダで海を見ながらのんびり食べました。爽やかで心地よかったです。朝食券は昼食券としても使えるのでこの方法もなかなかですよ。
予定が開いてしまったので車でまた真栄田岬へ行き磯遊びに熱中してきました。
子どもがもらえるフリッパーズ手帳は今年もしっかり50コ集めてTシャツをGETしました。

最終日
娘が まだルネッサンスで遊びたいー と泣き出しびっくり。私と主人も惜しみながら出発。
満タン返しのガソリンのことが話題になっていたので参考までに。
那覇ーホテル間往復とホテル周辺を走った程度で14L、レンタカー屋近くの指定GS以外のGSで85円/L(店頭表示どおり)でした。
GSでエンジンを切った後のカーナビの操作が悪かったのか急に指示しなくなっていて気づいたらどんどん違う方向へ走っていました。時間に余裕があったので焦りはしませんでしたが早目に出といて良かったぁと思いました。最後は原始的に地図を頼りに返却所まで行きました。

と こんなかんじですが何か参考になった方はいらっしゃるかな?長いばかりであんまりおもしろくなくてごめんなさい。


ぷくぷくのママさんのレポート
楽しかった石垣島と西表島 ぷくぷくのママ :2002/09/17(Tue) 13:11 No.1764 


ナイチャー小林さん、Kyokoさん、皆さんこんにちは!9/10から9/14まで5才の息子とふたりで石垣島に行きましたが、天気に恵まれ最高でした。                           

1日目は羽田から石垣島の直行便が13:50発で16:50着がひとつしかないので、この日は移動で終わりでした。夕食の琉球懐石と石垣牛のステーキがおいしかった。                   

2日目は早速インドアプールで泳ぎました。海水なのでプカプカ浮いて気持ちよかったです。
息子がどうしても海で泳ぎたいと言うのでホテル前のまえさとビーチで水遊びをしました。
ここは去年泊まったアリビラと違って殆ど砂なので足を怪我する心配がありません。
穏やかなきれいな海ですが魚が殆どいないので私たちにとってはちょっとつまらなかったです。その後ガーデンプールでウォータースライダーに息子が夢中になりましたが強烈な太陽のもと、危険なのでインドアプールに引きづって行きました。屋外にいたのは1時間くらいで、強力な日焼け止めを塗っていたにもかかわらず、焼けてしまいました。
午後はエースJTB特典の滞在中フリーのケーキとドリンクを海を見ながら楽しんで、部屋で息子を休ませました。
夜はバイキングのレストランで沖縄の歌を聞きながら沖縄料理やステーキ、ケーキやアイスなどたくさん食べました。ともーるというレストランですがお奨めです。

3日目はいよいよ今回の旅行のハイライト、西表島です。
朝早くからのツアーの方が効率がいいし、コストパフォーマンスも高いのですが息子がまだ小さいので、昼出発の仲間川と由布島にしました。
高速船で石垣港を出発して40分西表島に着きます。
そこからバスに少し乗って仲間川クルーズですが、まるでアマゾン川でした(行ったことないけど)マングローブの森?やしの群生、サキシマスオウの巨木、ここが本当に日本なのかと思うほどです。息子もワニが出てきそうだと、行っていました。
クルーズの後、バスで20分くらい曲がり道を行き水牛車に乗って、干潟を渡り由布島に行きました。
ここは島全体が動物園みたいな感じです。干潟に珍しい魚や蟹がいて印象に残っています

4日目は竹富島に行く予定だったのですが息子が疲れていたのでホテル前の沖でシュノーケルをしました。本当は6才以上なのですが来月6才になるのでOKでした。
インストラクターのお兄さんが親切で最初怖がっていた息子も色とりどりの魚に夢中になりタコも見れて大満足でした。私は昨年アリビラでもシュノーケルをしましたが海の透明さと魚の多さが違います。天気のせいもあるかもしれませんが。

5日目は東京に帰らなければなりませんが、幼い子供には物事には全て終わりがあることを理解できないようです。パパが羽田で待っているからと説得し、那覇経由(ポルシェの紅いもタルトを買うためと、直行便が9:00発で早すぎるので)で帰りました。
この日の東京は寒くて、上着が必要でした。

あっという間に時が過ぎ、今もボーッとしています。ホテルはアリビラやルネッサンスのほうがファミリー向け(子供の浴衣やアメニティなど)でレストランも上です。
ただ海の美しさや離島に行くことを考えると石垣全日空は空港も港も近いし、台風を考えると施設も整っています。今度民宿にも泊まってみたいのですが天気を思うと考えてしまいます。
西表も小さい子供には結構きついので中学生になったら、今回いけなかったカンピレーの滝等にも今度は主人も一緒に行きたいです。 

 

ぷちぷちさんのレポート沖縄レポート・パートT 投稿者:ぷちぷち 投稿日:2002/09/17(Tue) 23:03 No.1776 


皆さんこんばんは(^^ゞ大変遅くなりましたが沖縄レポさせて頂きます。
祈りが通じたのか!?4日間共、とってもいいお天気でした。主人と2人で行ってきました。

8月24日
午前4時半起床(早い!)8時15分発の飛行機に乗りいよいよ沖縄へ。
那覇空港に降りた時は感激で胸が熱くなって思わず眼がウルウル。

到着してすぐにレンタカーに乗り、お目当ての海が見えるレストランへランチを食べに直行。
ルネッサンス近くにある「カサ・ラ・ティーダ」。外見はイタリア田舎風?!で可愛いお店♪
あぐ〜(沖縄産・豚)のハーブランチを注文。イタリアンと沖縄料理をミックスさせた様なお料理で美味しい!石垣牛のカルパッチョも口の中でとろけたよー!
テラス席で海を眺めながらのランチは気持ち良かったです!
それにここのお店のトイレっておとぎの国に迷い込んだみたいなのです。

食事の後、万座ビーチへ。
何年振りかの水着着用に何故か緊張した☆
万座ビーチの遊泳場所は予想以上に狭くて水も濁っていたので少しがっかり。お魚も全然いないし。
でもバナナボートは楽しかった!!
見た目はゆっくり走っている様に見えるんだけど、実際は猛スピード!落ちない様に必死!
そしてだいぶ沖の方まで連れて行ってくれて、万座毛の近く迄行った。万座毛の観光客の姿がハッキリ見える所位まで。
海はもの凄く蒼くて透明で今まで見た事がない色だった!

那覇に戻り「ハーバービューホテル」にチェックイン。
今回ツアーのOPでお部屋グレードアップ(無料)も出来たのでラッキー♪
入り口にでっかいカジュマルの木が植えてあっていい感じ。

夕飯を食べに歩いて国際通りの沖縄家庭料理の店「まんじゅまい」へ。
本当に普通の大衆食堂って感じで、庶民的だった!お値段も庶民的でリーズナブル!
本場のゴーヤチャンプルはやっぱり美味しい!ミミガーと、あのでっかい「みそ汁」等も食べて満足満足。

8月25日
泊港から船に乗ってクエフ島(無人島)へ。暑いけど外の席に座った。魚が跳ねてたり、ずっと沖の方には離島が見えたりしてそれもまたいい眺め!
30分程するとシュノーケリングのポイントに到着。すばらしい透明度!!
でも水深5,6メートルはある深い場所なのでびっくり。かなりビビリながら海に入った。
でも海に入ったらさっきまでの恐怖心は何処へやら。お魚見るのにもう夢中!
でも泳げないダンナは怖がっちゃってシュノーケリングを楽しむ余裕無し(>_<)
持っていった魚肉ソーセージで餌付けしてお魚いっぱい集めたよ!
中には動きが鈍いコもいて触れた!私の手からソーセージを奪おうとするのもいた!

クエフ島は本当に小さな白い島で(全長200メートル位)大きな船は着けられないので、数人づつジェットスキーや小型ボートに乗って上陸。
大きなサンゴのかけらがゴロゴロあって足場はちょっと悪いけど、観光客が少なかったので嬉しかった。
ここでもめいいっぱいお魚観察♪ずーっと海入ってた。エンゼルフッシュが見れて感動!あと生きたナマコも初めて見た。しかもナマコがウンチする瞬間見たの!ラッキー!・・・だよね?(^_^;)
あっという間に時間が経って帰りの案内が。気が付いたら脚が真っ赤!!日焼け止めの効果は???上半身はTシャツ着てから大丈夫だったんだけど。

一旦ホテルに戻り、再び国際通りへ。
この日の夕飯も沖縄料理♪海ぶどう、グルクンから揚げetcテーブルを二人でいっぱいにしましたがやっぱりリーズナブル!食事の後、燃える様な脚を引きずりながら国際通りを端から端まで散策。
クタクタになったので「ぶくぶく珈琲」のカフェに入って一休み。
暑かったので「ぶくぶくアイスミルクティー」を飲みました。美味しかった!
ナチュラルなインテリアで寛げました♪フレーズ・デ・ボアのアイスも美味しかった!

kyokoさんのレポート拝見させて頂きました。写真もいっぱい載ってて楽しかったです(^^)写真見てるだけで美味しいそうな食べ物がいっぱいあって!<jefのぬーやるバーガー>私も食べたい!それにしても全く同時刻に沖縄に出発していたのでびっくりしました!!(私はANAですが)羽田ですれ違っていたかも!

沖縄レポート・パートU :ぷちぷち 投稿日:2002/09/19(Thu) 13:43 No.1813 沖縄レポ・パートUの始まり〜♪

8月26日
この日は<やんばる>へ。IMAのサイトで発見した個人ガイド・サンタさんにお願いしたやんばる大自然ツアー。大手旅行会社のOPとかじゃなくて個人のガイドさんを利用してみたかったのでワクワク!
少し遅めの12時、ホテル出発。HPでしか見た事のなかったガイドさんに会えて感動!
やんばる迄の約2時間、楽しいお喋りが続きました。途中、道の駅(ドライブイン)ではガイドさんが“ドラゴンボール”をプレゼントしてくれました!
「ここにしか売ってない限定品で七つ集めると幸せになるんです(笑)買えて良かった」との事。それを買う為にわざわざ寄り道してくれたのでした。“ドラゴンボール”はサーターアンダギーをもっとフワフワにした様なお菓子で美味しかった!
そしてガイドさんから「道の駅の宝くじは当たるんです」と言われ旦那は即購入してました。

やんばる野生生物保護センターに到着。そこから比地大滝まで川からトレッキング(普通は遊歩道を利用)川は最初は浅くて砂地なのに、奥に進むに連れ深くなって下半身はずぶ濡れ!砂地も大きな岩になりロッククライミング状態!
かなり奥まった所で「ここからは泳がないと行けません」と言われて遊歩道へ戻る。
遊歩道がこれまた起伏が激しくてハード!
比地大滝に着いた時にはもうぐったり(+_+)前日のひどい日焼けで体調も悪かったのでした。
滝では地元の子供達が大勢遊んでいて、ビル3階建て位の高さの岩場から滝つぼに飛び込んだり、ターザンの様にツルに捕まって飛び込む子供もいて、なんともたくましい光景!!
滝付近は自然のクーラーって感じで涼しかった。
やんばるトレッキングの後はマングローブ林でカヤック。東村へ。
でもその頃には疲れ果て、マングローブ林に感動する余裕無し(>_<)
頭はクラクラするし、カヤックに乗りながら食べた物をもどしてしまい、殆ど旦那だけに漕がせて終了となりました(T_T)
只、ここの川はとっても浅かった事は覚えてます。鳥の鳴き声もいっぱいしてたと思う・・・。

帰りは一般道をドライブしながら帰る事に。コザやキンなどの街を見学。
ガイドさん曰く「沖縄で一番美味しいタコライス屋」に寄りタコライス購入。かなりビックサイズ、でも超☆美味しい♪
「面白い所があるんです」と“売春街”を見学しに行った!(勿論車中から!)内地の様なディープな感じは全く無くて、風俗的な看板も一切無し。小さな2階建てのアパートが数軒並び、1階のドアはオープンになっていて女の子(全員日本人)が外を見て座っています。2階は寝室。
映画で見た昔の吉原(遊郭)の様な光景!
日本でいまだにこんな場所があるなんて・・・とても不思議でした。

ホテルに到着しガイドさんとお別れ。いつまでも手を振ってくれていました。ウルルルル(T_T)

3日目は楽しくも、体調が悪くて辛い日でした。
あんまりハードスケジュールでもいけませんね(^_^;)

沖縄レポート・パートV 投稿者:ぷちぷち 投稿日:2002/09/26(Thu) 02:39 No.96 
最後の沖縄レポになりました。前のレポは飛んじゃったけどなんとなく覚えてくれてるかな?

8月27日
この日はホテルの朝食をキャンセルして第一牧志公設市場で食べる事に。
市場自体行った事がないのでワクワク♪
市場内をとりあえずブラブラしてみた。これぞ沖縄!って感じのカラフルなお魚に感動(^^)思わず魚の写真も撮りました。そしてある物を発見。お弁当箱の様な箱にゴソゴソと動くものが!
“ヤシガニ”でした!カニとは思えない、今にも飛び出しそうで怖い。。。(>_<)
食べてみたい様なみたくない様な(^_^;)でもカニだから美味しいんだろうな〜。
お店の人の激しい呼び込みの中を歩きながら、静かな親切そうなお魚屋さんで魚を買って調理してもらう事にした。前日ガイドさんに「シチューマチ」という魚が美味しいと聞いたので即決。
それと皮を剥かれて寂しい姿のはりせんぼん(半身)。材料代+調理代+飲み物代=4千円弱(二人前)ちょっと観光客プライスだったかな^_^;
2Fの食堂へ。(こちらも呼び込みが激しい)シチューマチは、刺身、あんかけ、アラのみそ汁に変身。はりせんぼんはから揚げ。朝ご飯とは思えないボリューム!でもどちらも白身魚なのであっさりしてて全部食べれてしまいました(^_^;)
そして国際通りともお別れの時間。絶対また来る!と心の中でつぶやきながら「海軍司令部壕」へ。沖縄の悲しい歴史もちゃんと見てみようと思いました。壕の中では自決した時の弾痕が当時のまま残されていて触ってみました。どんな気持ちで・・・と思うととても切なかったです。資料館では犠牲になった人の手紙や写真等を見て胸が一杯になった。。。
今の世の中って平和だな〜とつくづく実感したのでした。
もう本当に最後。レンタカーを返却して空港へ。搭乗する前にA&Wで休憩。今回の旅の目標の一つ「ルートビア」とカーリーポテトを注文。
ルードビア・・・何とも言えない味でした。旦那は全く飲めなかった(>_<)
4日間とてもハードスケジュールでしたが、その分、思い出も沢山できました(^^♪次回はのんびり過ごそうと思います。終わり☆

おまけ
ホテルの近くで旦那が巨大こうもりを目撃しました。残念ながら私は視力が弱いので分かりませんでした。猫ぐらいの大きさのこうもりが電線にぶらさがっていたそうです。

 

momoyamaさんのレポート

ナイチャーさん みなさん こんにちは 
昨日,沖縄から帰ってきたので報告させて頂きます.ナイチャーさん 是非レポートに加えて頂ければ幸いです.

この沖縄旅行は夫と娘の3人旅で,9月13日から17日まで渡嘉敷島の民宿に3泊,那覇に1泊してきました.普段,趣味のダイビングにかこつけて一人で沖縄をあちこち行っている夫には,旅行に関する全ての手配を担当してもらいました.
私にとって沖縄は9年ぶり2回目,娘は初めて,ともに新鮮な体験の5日間でした.9月のこの時期でありながら台風にも遭遇せず,5日間とも天気は良好でした.

9月13日午後 那覇着 天候:晴れ(少し雲があったかも?)
『那覇空港』は,失礼ながらその立派さにまず驚かされました.夫から聞いてはいたものの,9年前の空港のイメージがあったので.空港ロビーにある熱帯魚の泳ぐ大水槽は,とても綺麗で,魚好きの娘が30分も離れてくれませんでした.
『那覇のタクシー』は,不必要に出すスピードが恐かったです.でも夫によると「あれが普通」とのこと.那覇空港から泊港まで料金は1500円ぐらいでした.寒いほど冷房が効きすぎでしたが,「あれも普通」と夫.
『とまりん』は,泊港の大きなターミナルで,少し風邪気味だった私は,船の待ち時間にここのロビーで寝ていておじさんに起こされました.聞けば「ここで寝てはいけない」とのこと.レストラン等もありましたが見ていません.
『マリンライナー』は,綺麗で静かで速い!海が穏やかだったせいかもしれませんが,ほとんど揺れなくて快適でした.但しこの中も冷房効きすぎ.キップは往復で予約してあったので余裕で乗れました.
16日の渡嘉敷からの帰りのマリンライナーでは,キャンセル待ちをしている人もいたので(結局その人たちが乗れたのかどうか?不明),予約するべしと実感しました.

『渡嘉敷島』へ僅か35分の船旅で到着すると,予約した民宿のワゴン車が迎えに来てくれていました.渡嘉敷港から,渡嘉志久(とかしくビーチのあるところ)を経由して民宿のある阿波連集落へ.「昨年のがけ崩れで壊れた島の幹線道路がまだ修復されていないから遠回りをする」のだそうです.途中の渡嘉志久では,がけ崩れの跡が生々しく残っていました.

『民宿』は,「とみ乃」さんに3泊お世話になりました.平屋建て部屋数は10室.シャワー・トイレは共同で,エアコンはコイン式でしたが部屋は清潔でした.
食事は味・量とも良くて満足.お客さんは,私たちのような家族連れから,若者のグループ,単独の男性・女性,お年寄り連れの方まで様々でした.
到着後,風邪気味だった私に大根の絞り汁(喉の痛みに効く)を出してくれたりと,スタッフの方は優しかったです.

9月14日から16日  渡嘉敷島 天候:快晴
『阿波連ビーチ』では,とにかくシュノーケリングでフィッシュウォッチング三昧ができました.
私にも娘にも,この旅行の最大の目的だったので大満足です.
このビーチが素晴らしいのは,大小様々な熱帯魚が浅いところ(岩やサンゴ)でもたくさん見られること,しかも波が穏やかなことだと思います.
民宿から歩いてすぐ(1-3分で)海というのも子供連れには大変ありがたいですね.
私たちはやりませんでしたが,シーフレンドというサービスがドラゴンボートやパラセールなどのマリンアクティビティーを行なっていました.ビーチ近くには,パラソルや浮き輪・シュノーケリングセットなどのレンタルもあり,食堂や商店もあります.
『ダイビング』は,夫は2日間ボートで出て行っていましたが,私はやらないのでわかりません.
『新垣商店』へは,1日に3回も4回も日用品や飲み物・おやつなど(夫はオリオンビールも)を買いに行ったので,3泊4日の滞在ですっかり顔なじみになりました.(阿波連で唯一の商店らしく「商店」で通じました).楽しみにしていた「マグロジャーキー」がずっと売切れだったのが心残りです.
『まめや』は,阿波連の集落の中にある食堂(兼,居酒屋)です.
渡嘉敷島3回目の夫の薦めで,昼食を2回ここで食べました.
評判のゆし豆腐は,天然水(渡嘉敷の海水とのこと)で作った柔らかい豆腐でしたが,正直言って豆腐そのものの味は私にはよくわかりませんでした.私たちはこのゆし豆腐の入った「ゆしどうふそば」(沖縄そば+ゆし豆腐)やソーキそば,ゴーヤチャンプルー定食などを食べました.
そばのスープは実にあっさりしていて健康的な味.当たり前かもしれませんが,ソーキそばの方がスープの味が濃かったです.麺については沖縄そばの麺を良く知らないので,私はこんなものかと思っていましたが,夫に聞いても「麺は大差無いように思う」とのことでした.
ゴーヤチャンプルーは大変おいしかったです.この店で注意しなければいけないのは,料理が出てくるのが遅いことですが,奥さんが一人で調理しているので仕方ないことです.
入ってくるお客さんにご主人が「お急ぎじゃないですか?」と毎回聞いていたのが,ほのぼのしていました.

9月16日 マリンライナー第2便17:30発で那覇へ 
『マグロジャーキー』は,夫から「とにかく美味い」と聞いていたのですが,渡嘉敷港ターミナルのお土産物屋さんにもやはりありませんでした.聞けば「今は原料不足で物自体が品切れ」とのことでした.帰りの船はほぼ満席状態ながら,快適な35分で那覇泊港へ.

『エッカホテル・アネックス』は,那覇で一泊したホテルです.航空券+那覇一泊の格安パックの宿泊先ですが,そこそこの広さがあって3人快適に宿泊できました.泊港からタクシーで700円ぐらい,国際通りにも近くて便利なホテルです.最初から「那覇には泊まるだけ」の旅でしたので充分なホテルでした.
『比屋定』は,沖縄料理の店で16日の夕食はここでした.比屋定定食は,ラフティー・ミミガー・イリチー・もずく・沖縄そば(小)・ジューシー(知りませんでしたが,まぜごはんです)・漬物のセットで1500円也.評判どおりとてもおいしかったです.
『国際通り』では,泡盛チョコや黒糖チョコなどお土産を少し買っただけなので特記することはありません.翌日空港で同じものを見ましたが,国際通りのほうが値段安かったです.

9月17日 那覇発
また来る日を夢見つつ,5日間過ごした沖縄に泣く泣くお別れをしました.

あまりに楽しくてつい長くなってしまいました.お許し下さい.

 

 

KEIさんのレポート初の沖縄から帰って... 投稿者:KEI 投稿日:2002/09/18(Wed) 23:01 No.3482 


こんにちは。一度レンタカーの件で質問させて頂いたことがあります、KEIと申します。

9月14日から17日まで、沖縄行って参りました!
1日目:那覇空港からレンタカーでアメリカンビレッジ・琉球村を観光してサンマリーナへ。
ビーチでくつろいで、夜は”元祖海ぶどう”へ行きました。
海ぶどう丼最高!ゴーヤチャンプルーめちゃうま!!
店員のおにぃさんも味があって楽しかったです!

2日目:サンマリーナビーチでロケットボートやカヌーで遊んで(楽しい!)、お昼は”なかむらそば”でアーサそばを食べました。とっってもおいしかった!
午後は車で名護と本部を観光。瀬底島も行きました。ゴーヤパークを見つけたので行きました。ゴーヤチップス買っちゃいました。ミカンなどを直売してる店があったので、シークァーサを衝動買い。夜は”恩名そば”でソーキそばやヘチマの味噌炒めを食べました。

ホテルの部屋で泡盛にシークァーサを絞って飲んだらウマイのなんのって!!ハマリますよ!オススメです。

3日目:5時半起きしてホテルを出て、その日の宿のハーバービューホテルへ荷物を置いて、レンタカーを返して、泊港から渡嘉敷へ。
阿波連ビーチでシュノーケリングを満喫しました。
西海岸でも東京にいる私にはとてもキレイな海だったのに、やっぱ慶良間は違いますね!!
泳ぎの苦手な私がお魚と遊びました!
そうそう、ビーチまでのバスの往復では、ナイチャー小林さんの教えの通り、バス代だけで!!と言い切り、500円で済みました。
洞窟(?)の方へ陣どったのですが、ほとんど人がいないし、キャンプ場のシャワー等も、なぜかタダで使えました。(お金を徴収する場所がなかったのでそのまま使いました)

この日は夕方那覇へ戻って、ホテルへ行ったのですが、疲れていたので、”パレットくもじ”でやっぱり沖縄そばを食べて、寝てしまいました。

4日目:首里城観光し、”首里そば”をギリギリ食べることができました!
沖縄そばも本当色々あって、でも全部おいしいですね。感動しました。
その後は国際通りや市場を観光して、グルクンのから揚げとビールを食べ・飲み歩きしました。すごく暑かったので、至福の一時でした。
そのまま歩いてホテルへ行き、預けていた荷物をとって少しくつろいで、空港へ。。

ざっとこんなかんじでした。(十分長いですけど)
渡嘉敷はもちろん海も空も素敵で文句なしでしたが、西海岸もよかったです。
アクティビティは色々だし、施設も整っているしリッチな気分を味わえて、楽しかったです。
サンマリーナホテルは部屋が広くて、スタッフの方々もとても親切でした。
気になったといえば、ビーチでナンパ現場をたくさん見たこと(^^;
次は、サンマリーナはもちろん行って、離島で”宿泊”したいです。
ハーバービューホテルもまた泊まりたいなぁ。

結局、ぜぇんぶ”正解”でした!!このホームページで情報をたくさん得たおかげで、オイシイお店にも行ったし、お金も無駄に使わず済みました。
というよりとっても安かった!(レンタカーは那覇に来た時返して正解でしたよ。駐車場代を考えたら、那覇市内だけならとても安く済みました)

何も知らなかった私がとっても楽しめたのは、ナイチャー小林さんと皆様のおかげです!
ありがとうございました!!!v(^^



 

えぼさんのレポート行って来ました沖縄 投稿者:えぼ 投稿日:2002/09/19(Thu) 14:20 No.1817 

ゆんたく掲示板と沖縄掲示板の違いは何?って思いつつ、16日〜18日まで2泊3日で残波に行って来た報告。

1日目はツアー指定の23レンタカーでレンタカー借りるも(新型マーチ乗りたかった)古いパルサーしかもナビ無し。全車ナビ付きちゃうかったんか!!(まぁお陰でかなり沖縄の道覚えたけど…でも23め!)
怒りながらも首里城へ
ヤッパリ迷いつつなんとか到着して、首里ソバを食べよと思たら、1日50食って!首里城の駐車場車誘導員に今からいっても開いてませんってゆわれ、仕方なく首里城のレストランで初のお食事。(残念!)その後ゆっくり見学。
そして待ってましたステーツサイズ。行きましたよ。せっかくここで教えてもらったし。でもやっぱりナビが無いと大変!迷ったよ。
ソープ街に突入で(思わず詮索…)チャウチャウ!家族旅行!家族旅行!
お腹いっぱいになったけど、スープは一体何味やったのかは未だに不明。
でもお腹も膨れたので、一日目終了。そこから残波ロイヤルへ。
激安ツアーやのになんと12階!!景色も最高でレンタカーの事は許そう。

2日目は朝ちょっと泳いで、(うちの子は初の海)その後花織そばで昼食。
量の多さに「!」でぶや(テレビ番組ね)やきろろのサイン色紙も飾ってたよ。
その後は名護の嵐山でパインを購入。
ここで教えてもらったときには3店鋪あるって事でしたが、初めの一軒は建て替えるのかショベルカーが…ニ店目はお休み?結局3店目が独占状態?での営業。

人当たりの良いばぁちゃんに色々もてなされ、おいしいパインを購入。
その後名護自然動植物公園へ。
めちゃおもろい。フラミンゴに触れる日本唯一の動物園ちゃうか?
しかも今象がめが一杯居てて、それに乗れる。大人の方が大ハシャギ状態の動物園でした。
そこから折角なので沖縄の高速を利用。那覇まで帰って、もう一つのお目当て幻の黒豚。アグーを久茂地まで食べに。
ここもやっぱり迷いつつなんとか到着。しかも開店30分前に到着したのでしばらく前で開店待ち。(生まれて始めてちゃうか?開店待ちなんて…)
何がどうちゃうか分からんけど、店の雰囲気も良かったし、おいしかったので、よかったらどうぞ。

3日目は激安旅行やのに奥武山ケンタッキーのバイキング券とりゅうせきssでしか使われへんけど、500円分のガソリン券が付いていたので、それをフルに活用して、レンタカーを予定の12時半きっかりに返して、沖縄旅行終了。
地図で見たらあんなに遠いのに飛行機って凄い。
こんなに早いなら又行こと思ってまう。行く前は大阪って暑いって思ってたのに帰って着たら、大阪って寒いって。たった3日(実質丸2日)で馴染んでしまった自分が恐い。
ナビ無しで走ったお陰でほんまめちゃ道覚えたし。(余談帰りには金城のジャスコでお買い物までして帰って来ました。)
これから沖縄に行かれる方ちょっと路地裏にはツアーには無い沖縄がありますよ。
楽しんで来て下さいね。
長々と占領してごめんなぁ〜。

byえぼ

 

ごんさんのレポートごんの旅行記 投稿者:ごん 投稿日:2002/09/20(Fri) 23:46 No.1850 

 ナイチャー小林さん、みなさん、こんばんは。9月15日〜19日で行ってきましたので報告します。
ごんは今回はじめていくので、こちらのサイトにはずいぶんお世話になりました。
2ヶ月間みっちりお世話になったおかげで同行者(3回目)より遥かに沖縄に詳しくなりました。
 ホテルは今回、寝泊りできれば良いという趣旨でJTBのパッケージツアーで「名古屋発 ホテルサンコースト 4泊5日 レンタカー付 33、800円」を利用しました。コストパフォーマンスに優れ十分に満足できました。

9月15日(日) 1日目
 16時半頃に到着 トヨタレンタカーでヴィッツを借りる。装備されているナビは使いこなすと、かなり役に立った。到着まで日程を協議していたが、初日の国際通りをあきらめ、次の日に疲れを残さないよう一路美浜へ。 途中のjimmy’sでさんぴん茶や泡盛、アップルパイなどを購入、でかいアップルパイは非常に甘く、甘いのが苦手なごんにはちょっとつらい。
 南国食堂へ行きフーチャンプル、ゆしとうふ、ラフテーなどを食べる。フーチャンプルがおいしい。 
今回3カ所でフーチャンプルを食べたが、薄味党のごんにはココの味付けが丁度良く、麩もトロッとしていて美味しかった。 
ぷらついた後カラハーイへ ティンクティンクがかわいい。一緒に踊りたかったが観光客中心のためかノリに欠ける。残念。。。1ステージ見た後ホテルへ
 到着したのは24時頃、ホテル前のコンビニで朝食を買いチェックイン。 ここで突然ホテル側から相談を持ちかけられる。「予約を取りすぎたために最終泊をよそに移ってもらえないか?」との事。 びっくりしたが、変更先の宿が更に40分北ということで断る。部屋に入るとちょっとカビくさい感じが気にはなったが、それでもごんたちには十分。泡盛を飲んで就寝。

9月16日(月) 2日目
 朝8時に起きて、ポークたまごおにぎりなどを食べた後、ホテル前のビーチへ。愛知とは比べるのも失礼ぐらいの綺麗さに感動。
 やっぱり慶良間も予定しておけば良かったと思うが、次回とっておこうと腹に決める。 
マリンパック(3000円)を付けていたのでウェイクボードを初体験。 波が穏やかなせいか、インストラクターの教えがよいのか、初めてなのに1回目から立てた! 
かなり楽しく、もっと早く経験するべきだったと後悔。。。
 その後、これもパックの餌付けにバナナボートに乗っていくと、ものすごい数に感動!
餌をやると怖いぐらい寄ってきた。 種類は少なかったが数は今回ここが1番だった。
 午後からパイナップルパークへ 途中の道の駅でサーターアンダギーを購入。甘すぎず美味しかった。 パイナップルパークはツアーパックに付いていたため無料で入園しパイナップル、ジュース、ワインを頂く。 ジュース、ワインは好みではなかったが、パイナップルをパクつき満足。
 沖縄記念公園に向かう途中、新垣ぜんざいに寄るが休み。念を残しておくこととする。 
公園は、おきちゃん劇場に直行し何とか最終公演を見ることができた。
おきちゃんのノリノリダンスは最高!
 日も落ちてきたので花人逢へ、不安な道中を突き進みなんとか到着。ピザがうまい。景色が最高。 ごんたちは縁側に座れ涼しかったが、室内は暑く皆必死でうちわを扇いでいる。 ココのうちわ(やしの葉?)が気に入り、後日必死で探し国際通りで購入した(300円)。 絶好の夕焼けとなったので写真を撮ろうとしたが、なんとデジカメが電池切れ! 慌てて車に戻り電池交換するが後の祭り。。。小焼けショットになってしまった。
 ふりっぱーによりパイを購入してから一端ホテルに戻る。 
前日の件が気にはなっていたので「他に見つかったか?」訊ねるとまだとの事。 
すると那覇泊まりで再提案されたので、最終泊のみの変更は空港にも近く好都合と、喜んで引き受ける事にした。
 お詫びに朝食、夕食などのサービスを提案されたが朝食券だけ頂き、夕食は断った。 ホテルを出て夕食に予約していた恩納のJamへ。店の近くでちびっ子がエイサーを踊っている(?) 迫力がある。
 店では4,300円のサーロインとオマール海老のコースを注文し、お約束のエプロンを付けてもらう。ちょっとこっぱずかしい。。。料理はボリュームたっぷりで食べきれないと判断。 ワインは頼んだが、柔らかくてふかふかのパンを我慢して控えておく。 焼き加減を聞かれミディアムと答えたが、お肉を見てミディアムレアに変更。 柔らかくて美味しい。地元ではオマールだけでこの値段になってしまう。
 Ruminaさんが言うようにココの室内装飾は興味深い。つい欲しくなってしまうが探すのが大変、諦めが肝心。これで全店制覇(2店だけど)できた。
 ホテルに戻り、この日も泡盛を飲んで就寝。。。っと冷蔵庫を開けると隙間なくビッシリとビールやジュースが詰め込まれている!!
 ホテルからのサービスらしい。飲みきれないと思ったが、好意に甘えておくことにした。

9月17日(火) 3日目
 予定通り、朝7時に起床。前日食べ過ぎたせいか食欲がない。せっかく頂いた券もあるし、コーヒーだけでもと思い最上階のレストランへ。
めっちゃ良い景色にしばし見とれると、気分が良くなり少し食べることにした。味は普通だが、なにより風景が良く目じりが垂れる。(元から垂れてはいるが。。。)
 8時頃に真栄田岬に向け出発し9時頃到着。まだ人が少ない上、ダイバーしかいない。 だが気力でシュノーケルセットと浮き輪を取り出し階段を下りる。
 海に入ると目的の洞窟に向け泳ぐが途中で激痛が襲う! まさかハブクラゲ!と思い見渡すと5cmぐらいのクラゲがいる。
 裸で入ったことを後悔するが後の祭り、めげずに気をつけながら更に突き進むとダイバーたちが入っていく洞窟を発見し入ってみる。 中から外を見ると、青と黒のコントラストが深く神秘的! 感動した。
 クラゲが気になるので、そそくさと車に戻ると駐車場があふれ返っている。早く来て正解だった。
 昼飯を食べに花織そばへ。野菜そばとフーチャンプルー定食を注文したが、どちらもすごいボリューム! 途中挫けそうになるが美味しいので、それでもかき込む。がやっぱり挫折した。(ごめんなさい) このあと万座毛に行くつもりだったが、胃にしか血液がいっていない状態では歩けないと判断しホテルに戻る。
 しか〜し、17時半にブセナのレストランを予約しているのを思い出し、腹を減らさねばと再びウェイクボード。 前日より波があって難しかったがそれでも楽しい。(ウェイクボードやるなら午前中が良いとのこと)
 16時にホテルを出てブセナへ。ホテル内を散策した後、赤バスで海中展望塔に行く。 魚の餌だけ買って餌付けを楽しんだ後、すぐに引き返す。
 次のバスを待っていると女の子が車椅子に乗ってやってきた。バスがやってくると女の子は突然立ち上がり、ちょっとびっくり。 どうやらバスに乗ってくる「おじい」を待っていたらしい。 だがこの「おじい」只者ではない! バスを降りるかと思いきやバスの出口で民謡を歌いだす。 どうやら歌い終わるまではバスには乗れないらしい。
 でもなんだか「ほのぼの」していて微笑ましい。乗客が降り切ると、今度は運転手が三線を弾きだした。う〜ん再び感動した! この運転手、道中でも余興で盛り上げるのですごく楽しかった。
 プールサイドで降りてレストランへ。日も暮れてきて絶好と思いきや肝心のサックスが聞こえてこない。毎日はやっていないとのことで予約時に確認が必要だった。料理はそれなりだったが趣がある。やはりいつか泊まってみたいと思う。

9月18日(水) 4日目
 朝7時半に起きて朝食を食べチェックアウト、念願の瀬底ビーチへ。 
9時に到着すると意外に空いており、路駐し岩場をキープ。 ここの岩場、フリークライマーにとっては上等。 
絶景の上、オーバーハングだらけ。 
開拓心が湧くが、ちょっと取り付いてみて、来た目的を思い出す。
 さっそく(?)ソーセージをもって海に入ると魚がたくさん寄ってくる(がナマコも多い)。 沖に行くと浅くなりすぎるので中ほどで餌付けを楽しんだ。
 どうやら同行者もココが一番気に入ったらしい。気が付くと15時、ほんとにあっという間で6時間もいた気がしない。
 高速を使い那覇に向かうが同行者の意向で途中で降り「チャーリータコス」へ。 晩御飯をこれまた念願の「ゆうなんぎい」で食べようと電話したところ6時までなら予約OKとのこと。3分で美味しいタコスを平らげ那覇のホテル日光に向かう。
 チェックインすると部屋がすごく良い。スィートかと思うぐらい充実している。 
サンコーストの担当者に手を合わせた。 
急いで「ゆうなんぎい」へ行き、A定食を頼む。おやじさんが軽い自慢を織り交ぜながら長々と説明してくれる。どれも美味しくビールがすすむ。 そこで海ぶどうとトーフヨウと古酒を頼むが、後で後悔することになった。

 トーフヨウ1品で泡盛がすすむ。2合飲んだが、まだまだ泡盛が足りない。後を考え、泣く泣く店を出て国際通りでお土産を物色。 古酒屋に入ると次々と試飲を進められる。「全部飲んでみます?」だって(笑) いろいろ飲んだ挙句、せんべいの後味がする泡盛と10年ものの古酒を購入。
 そのあと「ねじれた麩」を求めて公設市場へ行くが閉まっていた。飲んだくれたバツだ。 
仕方なく圧縮麩を買おうと一軒のお土産屋に。。。
 すると店の中央のテーブルにおやじ二人が陣取り泡盛をあおっている。 いぶかしんでいると「まぁ座れよ」と言って店員でもないのに試飲用の瓶から泡盛を注ぎ、ごんに差し出す。
 興味がわいたので進められるままに飲み、話をきくと。京都から仕事で来たが毎日その店でタダ酒を飲んでいるらしい。 「おかしいで」「ありえんし」と突っ込むが、おやじ二人も店員もニコニコ微笑んでいる。 う〜ん恐るべし沖縄。
 結局、意気投合し1時間半ほどタダ酒(つまみ付き)を飲み。お礼を言ってホテルへ。大浴場にいくが酒が回ってやばそうだったので部屋に戻り爆睡した。

9月19日(木) 5日目
 朝7時半に起き、ゆっくり朝食を食べチェックアウト。 早めにレンタカーを返し空港へ行く。 空港ではA&Wでルートビアを飲んだ。 飲んだ瞬間はコーラに似ているが後味は湿布に間違いない。
 そのあと同行者をマッサージに連れて行き、11時から1人で「迎恩の舞」を見学。 見学しながら沖縄旅行を振り返っていると、無性に「ここにずっといたい」気になり、初めて自覚症状として感染の疑いを知る。
 カチャーシーを踊りながら「絶対帰ってくる」と誓った。

 大変長々と書いてしまって申し訳ありません。ナイチャー小林さんや常連の皆さん、沖縄の方々に大変お世話になり、すごく充実した旅行ができました。
常連の方々に引き継がれた方法で、ごんもお家に写真をアップしましたので、良かったら見てください。またこれからも、こちらにはお世話になろうと思っています。よろしくお願いします。