MICさんのレポートただいま帰りました♪ 投稿者:Mic 投稿日:2002/10/09(Wed) 16:34 No.616 

行って来ました。3泊4日、沖縄の旅!

こちらでは、出発予定時刻の1時間ほど前に雨が降り始め、心配なのは現地の天気でしたが、機内での情報によると「那覇空港のお天気は快晴、気温30℃」とのことで、すっかり喜んでしまいました。
到着後、レンタカー(今回はOTS)の手続きを済ませ、これから3日間お世話になる車に対面。沖縄の海を思わせる淡いエメラルドグリーンのディンゴでした。
カーナビ付きでラッキーと思いきや、なんせナビ初体験だった我が家は、その後幾度となくナビに振り回される結果となりました(^_^;) 
とりあえずホテルまでの設定はレンタカー屋のお兄さんにお願いしたので、一路本部町の「ホテルマハイナウェルネスリゾート」へ! 高速といえど、極端に飛ばしているのは「わ」ナンバーばかりで、地元の方はほぼ80キロを遵守。
追い立てられることもなく、リラックスして運転できました。
名護市内を抜け海岸線に出た頃、タイミングよくサンセットに遭遇。真っ赤な夕陽が海に沈んで行く様子が見れました。急いで車を路肩に停め、ビデオ&写真撮影を…と思ったら、アッと言う間に日が沈んでしまい、結局、映像には残せなかったけど、しっかり脳裏に焼き付けました。

その後、ウソ付きナビのおかげで大回りをしたけれど、無事ホテルに到着。部屋は最上階で眺めは最高、掃除の行き届いた清潔で広い室内は快適そのものでした。

子供は疲れ知らずで、早速中庭にある「プールで泳ぎたい!」と騒いでいたけど、お腹がペコペコの私達夫婦は、すぐさま食事へ。
本当は外に出かけたいところだけど、今日のところはホテルのバイキングで我慢、我慢。 …が、我が家の息子はすごい偏食なので、バイキングにしたのは大失敗! 
沖縄料理がメインで、子供が好きな洋食系は見当たらず、1200円支払って息子が食べてものは、「沖縄そば」御椀2杯、「白ご飯」1杯、「焼き魚」1切れ、「ホタテのソテー」1切れ、以上!せめてデザートでも…と思ったけど、好みの物がなく結局それで終了。
あ〜なんて勿体無い!(^_^;) ま〜私達夫婦はそれなりに堪能したので、よし!としましょう。
ただ、事情により翌日もホテルで夕食を摂ることになった私達の感想は、沖縄料理を楽しむにはバイキングがいいけれど、アラカルト料理を注文する方が断然お得って感じ!
夕食後は一旦部屋でくつろいだ後、大浴場へ! 
マハイナには、広い岩風呂の大浴場があって、とっても気持ち良かった〜♪ 
温泉好きの私は、出来れば朝晩一日2回入りたかったけど、大浴場の営業時間は午後4:00〜11:00ってことで、夜だけしか入れなかったのが残念(>_<) 
チェックアウトの時、しっかりその希望をアンケートに記入してきました。
ここで、初日は終わり。一旦送信します。 

沖縄旅日記2日目 投稿者:Mic 投稿日:2002/10/09(Wed) 22:01 No.625 

10月7日、沖縄2日目の報告です。

前日、TVの天気予報を見たら…やはり曇り時々雨の予報(-_-;) ちょっと凹むけど、台風じゃないだけマシと言い聞かせて就寝。
マハイナの部屋は広いけど、ベッドは2台しかないので、子供は和室に布団を敷いて寝ました。私と子供は、疲れていたせいもあって、アッという間に眠りにつきましたが、隣の部屋の住人が一晩中大音量で音楽をかけていたらしく、ダンナは寝不足のまま朝を迎えてしまったようでした。そういえば、クーラーや換気扇の運転音が異常に大きく、少し神経質な方は気になって眠れないことがあるかも?と思います。
寝苦しくない程度の気温だったらクーラーは切って休まれる方がいいかも…。

さて、朝を迎えカーテンを開けてみると、雨は降っていませんでしたので、とりあえず予定を変更することなく観光に出発することにしました。
そうそう、朝食は、ホテルのバイキングにしましたが、昨夜とはうって変わり、普通のメニュー(和食&洋食)が並んでいたので息子も大満足。
お味噌汁が美味しいと言って、お代わりしてましたっけ(^_^;)
いよいよ北部観光出発です。…が、車に乗り込んだまではよかったのですが、カーナビのセットに四苦八苦。
5ヶ所の行き先を設定するだけで、かれこれ20分以上も出発が遅れてしまいました(^_^;)

まず最初に訪れたのは「やんばる亜熱帯園」。観光案内の“ヘゴの原生林とアンスリウムの花が咲き乱れている園内”という謳い文句に誘われて行ったけれど、入園料が結構高く、入り口で「どうしよう?」と考えていると、係員の方が「今は夏休みスペシャルで半額です」と言ったので、ラッキー♪とばかりに入園。結果…ここはパスしてもいいかな?という感想です(^_^;)

次に向かったのは、「ナゴパイナップルパーク」。息子は6年生なので、パイナップル号は恥ずかしがるかな?と思ったら、以外にも大うけ!
パーク内を録音案内を聞きながら、パイナップル畑やアンスリウムの花畑・とっくり椰子並木などを進むのは、沖縄独特のノンビリムードでとっても楽しい♪ 車を降りると貝の博物館。
そしてワイン館で、パイナップルワインやパイナップルジュースの試飲。渡されるのは小さなグラスだけど、図々しい私達一家(私だけ?)は、何杯もお代わりして飲みまくりました。
以外だったのは、パイナップル系のものよりシィークワァーサーのジュースが一番人気だったこと。後味スッキリで確かに美味しかったけど♪ 
そしてその後は、お土産攻勢が凄かった!! 宅配料金1000円というのに惹かれ、結局すべてのお土産をここで調達! その後は心置きなく観光に専念できました。 
ただ、この後訪れた先で、同じ物をここよりも安く売っているのを見てしまった時は、ちょっぴりショックでしたが、観光地ではそんなこともよくあるでしょう。
そうそう、ホテルのラウンジにあったパンフレットの中に、入園割引券やお楽しみプレゼント券があったので、持っていきました。入園は10%オフになったし、帰りにオリジナルパインチョコ(店内で350円で売っていたものと同じ)を、ひとり一つずつ貰いましたから、不満を言うとバチが当たるかも(^_^;) ココは結構盛り沢山の施設で、予想外に楽しい時間を過ごしました。おまけ…出口で売っているパインソフトはとっても美味♪
さて、私はしこたまワインの試飲を繰り返したため、運転はダンナに任せて次の目的地は「ネオパークオキナワ」です。途中で「朝日レストラン」を発見!
今夜はココでステーキ食べるぞ〜、と思いながら通り過ぎました。
「ネオパークオキナワ」では、放し飼いの動物とふれあえるということで、息子は楽しみにしていました。そして、ここでもホテルで貰って行ったパンフを出し、入園10%オフ&プレゼント(星砂の小瓶)3個をゲット! 入り口を入ったところで動物のえさ(200円)を購入しいざ入園。
えさをまくと、すぐにたくさんの鳥達が集まってきます。子やぎが近寄ってきたので、手の平にえさを乗せて持って行くと、ペロペロと食べてくれました。可愛い〜!! 
園内には珍しいゾウガメ牧場があり、そのゾウガメに乗れるとのこと。 ただ、別料金で300円必要だったため、今回はパス。 ん〜ゾウガメの背中って、どんなだったんだろう??? 
帰りは園外にあるお土産物屋さんを、用済みのはずなのについ覗く。安い!さっきより断然安い!ん〜、ココで買えば良かったかも…と思っていたら、更にまけてくれると言うので、また少し買い足してしまった(^_^;) 

次は世界遺産のひとつ「今帰仁城跡」に向かいました。
長く延びる石垣がとても美しい城郭です。 あまりの広さに、全体像を一枚の写真に納められないのが残念。 これは航空写真でもなければ無理でしょうね。
そして、そろそろ本部半島を一周するコースの最終目的地「海洋博記念公園」に到着です。ここは入園もイルカショーも無料で楽しめるので、とってもお得♪ 一目散にイルカショーに向かいました。 可愛いイルカ達のショーは何度見ても楽しめます。 
11月1日にオープン予定の新しい水族館準備のため、8月末で旧水族館が閉館になっていて、今回はジンベイ鮫やマンタを見れなかったのが、ちょっぴり残念でした。 
パイナップルパークでの試食でお腹が一杯だった私達も、午後2:00を回りお腹がすいたので、ここでお昼を摂りました。食後は熱帯ドリームセンターを見学した後、少し肌寒かったけれどエメラルドビーチで足だけ海に浸して帰路につきました。
隣接しているホテルに帰る予定でしたが、ホテルの窓から見えていた「琉宮城蝶々園」が気になり、思わず立ち寄ってみました。外から見た印象では大したことなさそうな施設でしたが、中に入ってみると温室内にたくさんの蝶々が放し飼いにされていて圧巻でした。日本最大の蝶オオゴマダラが、飛び回っています。 オオゴマダラのサナギが黄金色でとても綺麗でした。
また園内にある造花や帽子に、沢山の蝶が集まっていて逃げません。蝶の好きな匂いでもつけてあるのだと思いますが、蝶がびっしりとついた帽子を被ってビデオや写真撮影をしました。後で画像を確認しましたが、ちょっと他では体験できない貴重な映像が撮れ、大満足でした♪ 
そして目の前のホテルに無事到着。出発から約7時間後でした。
長くなってしまいましたので、夕食とその後についてはまた後ほど♪ 

沖縄旅行日記2日目/その... 投稿者:Mic 投稿日:2002/10/10(Thu) 12:15 No.654 

北部観光を終えて、宿泊先のマハイナに戻ったのは午後5:00すぎ。
息子が「エメラルドビーチで泳げなかったからプールで泳ぐ!」と言うので、屋外プールへ。
10月末までは屋外・室内とも、利用時間は21:00までとなっており、昨夜も若いカップルが数組、夜間照明の美しい中を泳いでいましたっけ。しかしこの日、雨は降らなかったものの風が強く体感温度が低くかったため、屋外はめちゃくちゃ寒かった〜。
喜び勇んで飛び込んだ息子も、ものの5分でギブアップ(^_^;) 結局室内の温水プールで約1時間泳ぎました。監視員さんがいるので、高学年の子供さんなら多分一人でも大丈夫かな?と思います。
そして、いよいよ夕食のために昼間通過した「朝日レストラン」に行こうという話になった時、ほぼ一日運転をしていたダンナが「疲れたから出かけたくない。すぐ近くならいいけど、ちょっと遠い…。しかも車で行くとビールも飲めない…」と言い出だし、息子は息子で「え〜僕、ファミマのおにぎりとから揚げでいい〜」と言う(-_-;) 
が〜ん、凄く凄く楽しみにしていたのに…ステーキ(ToT) 
だけど、沖縄に来てまで食べ物のことで喧嘩になるのも馬鹿らしく、泣く泣く「朝日レストラン」を諦めました。で、夕飯はどうしたか?というと、息子は希望通り(沖縄に来てまでも)ファミマのおにぎり&フライドポテト&チキン&ファミカラくんをゲット。 ついでに夜食用に沖縄そばの生麺ミニカップとおつまみ、翌日の朝食用パンやジュース・牛乳を調達して来ました。 
ホテルから車で約2分くらいのところに、ファミリーマートがあるので、夜中でも買いに出れるし、とっても便利です。(但し、ココのファミマにはアルコールは置いてなかった) ちなみにホテル内の売店は21:00閉店です。 早い!早すぎる!! ラウンジで軽くお酒を飲もうにも、確か22:00か23:00閉店だったような…。 このホテル、夜は果てしなく閑を持て余します(^_^;)
さて、息子が「TV見ながら食べて留守番してるから、今日は二人でレストラン行ってくれば?」と言ってくれたので、お言葉に甘えて(^_^;)私達夫婦はレストランへ。 チラッとバイキングの料理をチェックしてみたところ、ほぼ前夜と同じメニューがズラリ。 いくら好きでも同じ物は食べたくないということで、今夜はアラカルト料理を頼むことにしました。 
メニューを見てビックリ! 正直言ってアラカルトの方がお得? 
二人ともサーロインステーキセット(2000円)とそれぞれ好みのグラスワイン(400円)を注文。
ステーキは、素敵な琉球ガラスのお皿に載ってきました。 
お肉はかなりの大きさで、ちょっと筋切りは甘いけどそれなりに柔らかく食べ易かったです。付け合せの野菜に紅芋チップスがあったりして、やはり沖縄風。茄子の前菜、グリーンサラダ、豆腐とアーサー(アオサノリ?)のスープ、ライスまたはパン、デザートまであり、お腹一杯になりました。
部屋で一休みした後、この日も大浴場へ! ん〜ココの岩風呂、とっても好きです♪ 
しかも、この日は他に親子連れが2組入っていただけだったので、ゆ〜くり入浴できました。 ダンナは、本当に疲れていたようで、大浴場へも行かず内風呂で済ませていました(^_^;)


3日目の朝、外を見ると雨。 持参していたコーヒーを入れ、昨夜買ってきたパンと残っていた「沖縄そば」で朝食を済ませ、雨を気にすることもなく一路南部観光へ!
この日は那覇泊の予定だったので夕方まで観光をし、ホテルに向かう前にレンタカーを返却する予定。 那覇での宿泊先は「琉球サンロイヤル」です。

・・・続く。 こんなに長いレポ書いてもいいのでしょうか?(^_^;) 

沖縄旅行日記3日目 投稿者:Mic 投稿日:2002/10/10(Thu) 17:49 No.669 

 ホテルを出ると、やっぱり雨が降ってました。小雨だけど横風が強いので、傘を差しても濡れてしまう感じです。ホテルの入り口にあるシーサーの前で写真を…と思ったけれど断念。
すぐに車に乗り込み、またしてもナビの設定に手間取る我が家(^_^;) 車の中で20〜30分手間取った後、いざ出発です。

 まずは、古き琉球建築様式?そのままの「名護市役所」。いつもは道路から眺めるだけだけど、今日は駐車場に車を停めて、しっかりビデオ&写真撮影。市役所なんて思えない素敵な建物です。たくさんのシーサーは、ひとつとして同じ顔やポーズのものがありません。
しばらくの間眺めていたら雨が強くなってきたので、急いで出発。
 今日は南部観光なので、来た時と同じく高速で移動です。許田インター手前にある「道の駅・許田」で、20%オフの高速チケットを購入。これで那覇まで1000円の高速料金が800円になります。
 那覇インターを降り、まずは「首里城公園」に向かいます。ナビの設定が悪いのか?左手に城壁が見えているのに「この先、右です」とか言われて、無視!無視! 信号を左折して公園内に入ると、民間駐車場の看板があちこちに。 よく見てみると、「入園割引券が手に入るのはココだけ!」とか書いてある。 ん〜どうすべきか? 悩んだ結果、雨に濡れて歩くのは出来るだけ避けたいということで、公営の地下駐車場へ。 駐車料金は2時間で310円、格安!! 民間駐車場は500円だったような? それなら、入園割引があってもそんなに大差ない。 
地下に入れて正解でした。 雨の中「首礼の門」前では、琉球王朝の衣装で記念撮影をしているカップルを発見。 紅型の綺麗な衣装、お天気がよければ私もお願いしたかったな〜。 
朱塗りの綺麗な「正殿」前でも記念撮影。 青い空をバックに撮りたかったけど、雨に煙る正殿もまた情緒たっぷりで、まっいっか! 
博物館の中は、琉球王朝時代の変遷をしっかりと勉強できました。 首里城修復時の様々な記録をビデオで見ることもでき、少し前に社会科で沖縄のことを学習したばかりの息子には大変勉強になったようでした。 
 駐車場を出て、次は「玉泉洞王国村」へ。 相変わらずウソばかりつくナビを無視して、市街地図とニラメッコしながら進みました。国道507号線に入ってからは、道のあちこちに王国村への案内が出ていたので、それに従って進めば無事到着です。 途中県道17号に入ってからは、田舎の山道をひた走りです。 王国村へは首里から約30分くらいだったと思います。
 王国村では、JAFのカード提示で入園料とお土産品が10%オフになります。
別にHPのクーポン(オリジナルブレスレットプレゼント)を印刷して持って行きましたが、ダブル適用は出来ないと言われ、プレゼントは諦めました(^_^;) 
5月の修学旅行で、山口県の「秋芳洞」を訪れ、その美しさと壮大さに感激していた息子は、日本で2番目に長いと言われる「玉泉洞」をとても楽しみにしていました。 感想は、ホントに長かったです。 ひたすら歩く!という感じで、もちろん鍾乳石は素晴らしかったのですが、何だか観光用に整備されすぎている感があり、少し勿体無い思いがしました。 坑道を作るために切られた鍾乳石が痛々しく見えたのは、3人揃って同じ感想でした。 
 玉泉洞を出ると城下町の風情たっぷりの王国村です。 
点在する赤瓦の民家で、沖縄の伝統工芸を直に見れるし体験もできます。 
息子は粘土でシーサー作りをやりたそうでしたが、ハブ公園にも行きたいと言うし、希望のコースは所要時間約60分ということで、今回は諦めました。 
 王国村を抜けると、次から次へとお土産物屋さんが続きますが、既に用のない私達は興味のある工芸品だけを鑑賞し、そのままレストランへ。 
最初の予定では、南部観光は「王国村」を出発点として、最終目的地が「首里城公園」だったのだけど、諸々の交通事情を考え、急遽予定変更していたため、昼食の予定まで変ってしまったのです。 すでに13:30を過ぎてお腹がペコペコだったため我慢できず、本来なら「真壁ちなー」に寄るはずが…またしても予定変更です。 私は「沖縄そば」を、ダンナは「カツカレー」、息子は「ホットケーキセット」を注文しました。 ここで新たな事実判明。 どうやら私以外は、沖縄料理があまり口に合わないみたい??? 
まっ、そんなことは気にせず「コーレーグス」をかけまくって食べました。 味は、普通かな? 
 その後、ハブ公園を見学して出口に向かいました。 「ハブとマングースのお楽しみショー」というのが気になりましたが、ショーの時間が合わなかったためパス。 ココで私が一番楽しみにしていた「エイサー」も時間のタイミングが合わず見れなかったのがとっても残念。

 次は「平和祈念公園」です。途中、またしてもナビにやられて、何度も「リロード」を繰り返しながら田舎道をひた走り、何とか到着。 すでに雨が本降りになっていた為、資料館だけにしようということになり、車も駐車場には停めず資料館前のスペースに停めて、早足で見学しました。 資料館の中はショッキングな写真や、生き延びた方の当時の証言資料など、目を覆いたくなるようなもので溢れていました。 久し振りに訪れたけれども、独身時代とは違い、子供を持つ身となった今、改めて心に突き刺さるものを感じました。 涙が溢れてとまりませんでした。 息子も大きな衝撃を受けたようで、無言で資料を食い入るように見ていました。 戦争のない平和な時代に生まれたことを感謝しなくては…と話をしながら、資料館を後にしました。
 次は「ひめゆりの塔」でしたが、駐車場に車を停めたあたりで、雨脚が増々強くなり、歩いていくのが大変になったため断念。 
代わりにすぐ近くの「琉球ガラス村」に向かいました。 しばし美しい琉球ガラスに見とれてて心の洗濯。 素敵なランプを見つけたけれど、ハハハ…高くて手が出ませんでした。 
するとダンナが「誕生日が近いからプレゼントに好きなものを買ってあげる」と言うではありませんか?! 実は10月10日は私の誕生日♪ でも、さすがにランプはおねだり出来ず、気に入ったタンブラーをペアで買ってもらいました。
(ん?ひとつはダンナのじゃんね〜(^_^;)まっいっか!)

 さて、南部観光最後は「旧海軍司令部壕跡」です。 ここは約20年前に初めて沖縄を訪れた時、一番ショッキングな場所だったと記憶しているところでした。 息子にも是非見せたい…そう思って、今回の行程に組み込みました。 実際に行ってみると、昔は入れた部屋に入れなくなってる?し、あちこちにあったロウ人形は既に撤去されている(これはリアルで怖かった記憶が)し、随分私の記憶とは違っている印象でした。 ま〜20年も前のことだから、インパクトの強かった部分だけが強烈にインプットされた状態になっていたのかも知れませんね。 ロウ人形は単に古くなって撤去されたのでしょうし…(^_^;)
 そうそう、ココへ向かう途中の道は工事中で、迂回路を通らなければなりませんでした。 当然ナビが…(^_^;) 車内の様子は容易に想像できると思うので、あえて語りません(-_-;)  
 本日の予定、残るはガソリンを満タンにし、レンタカーを返却するだけです。 しかし、帰る道すがらなかなかGSが見つからず、レンタカー屋の1キロくらい手前の反対車線側にようやく見つけて満タンに! もう少し早めに入れておけばよかったな…とちょっと後悔したけど、95円だったから、距離計算にされるよりはマシだったかな?
 レンタカー屋に無事到着したのは、17:30少し前。 本当は翌日の午前10:30までの返却予定だったけど、午前便の飛行機で沖縄を離れる私達には、もう車の必要がなかったので一足早く返却。 代わりにマイクロバスでホテルまで送ってもらうよう交渉したが、送迎は17:00までだと断られ、結局タクシーで宿泊先の「琉球サンロイヤル」に向かいました。 ちぇっ30分くらい、いいじゃんね〜(-_-;)

 「琉球サンロイヤル」に到着。なんと修学旅行生に挟まれた部屋で、ちょっとショック。 
ホテル側の事情もあるんだろうけど、修学旅行生と一般客は、せめて別フロアにして欲しいと願うのは贅沢だろうか? 私達が部屋の前まで行った時、隣の部屋の生徒が廊下で思いっきり先生に叱られていた…ヤレヤレ(-_-;)

・・・続く(残りわずかです) 

沖縄旅行日記/ラスト 投稿者:Mic 投稿日:2002/10/10(Thu) 22:12 No.673 

 私の長文&連続投稿で、大切なログを流しているのでは?といささか気になりますが、いよいよラストです。
 沖縄最後の夜。 夕食は、こちらでの情報を頼りに「ゆうなんぎぃ」?「ジャッキー」?(どちらもホテルから徒歩圏内)、それとも「公設市場」?と、楽しみにしていたのですが、ダンナ&息子の抵抗にあってしまいました。 なんと「焼肉が食べたい!」と言い出しました(溜息) 沖縄に来てまで焼肉なんて、近所にお店はあるのだろうか?フロントで聞いてみるのが一番手っ取り早いけど、そんなこと恥ずかしくて聞けず、しばらくは手当たり次第にウロウロ。 
結局見つからないので、そのまま国際通りに行こうか?ということになり、歩道橋を渡ったあたりで、再び雨が(ToT) ホテルに傘を忘れてきた私達は、帰りのことを考えて国際通り行きも諦めてしまいました。 そして、ふと目の前に見つけたのは、またしてもファミリーマート(-_-;) 
息子は昨夜のメニューがいたくお気に入りで、今日もそれでいいと言い出し、ダンナも賛成する始末(更に溜息) 私もすでに抵抗する気力もなくなっていたので、仕方なく二人に従うことになってしまいました(ToT) 
 とうとう最後の夜は、ホテルの部屋でコンビニ弁当です。 が、コンビニ弁当といえど、沖縄食から離れられない私は、しっかり「ゴーヤーチャンプル弁当」を食べました。
 これが予想外に美味しかったので、少しは私のご機嫌も直り、最後はオリオンビールで締めくくりました。
 ホテルの感想ですが出来れば次回は遠慮したいです(^_^;) 
まず部屋に浴衣の用意がなくフロントに確認、どうやら忘れていたらしい。 ドライヤーもなかったな〜。 おまけにポットの上や、茶托の上(お茶碗を伏せている周り)には埃が…(-_-;) 
多分、前の客がお茶セットを使用していなければ、次もその次も…しばらくはそのままなのだろうと容易に想像できてガックリ。 枕元の時計は全然違う時刻を差してしるし…。 
ある意味、次は何?と楽しめたかも(^_^;) しかし、二度と泊まりたくはないですね〜。 
疲れていたので、早々に寝てしまいました。

 4日目の朝、ようやく雨は止んでいました。 ホテルで食事を摂る気分にもならず、9:00にはタクシーで空港に向かい、空港で朝食。 
以前来た時はローカル色たっぷりの建物だった空港も、素晴らしく近代的に変っていて、出発まで2時間もあったので、最後にすべてのショップを回ってみました。 
 息子はパーラーで食べた「バナナソフト」がめちゃくちゃ美味しいと感激していたし、私は揚げたての「黒糖味サーターアンダギー」をゲット! これは機内で食べたのですが、本当に美味しくって、たった1個しか買わなかったことを今でも後悔しています。 
くぅ〜もっと食べたかった〜(>_<) 

 そして14:00頃、無事我が家に帰宅しました。 パイナップルパークで送っておいたお土産も、夕方には無事到着。 荷物を広げながら想い出話に花が咲きました。 
絶対また沖縄に行くぞ〜〜!! そして、今度は出不精の二人をほっぽって、一人で美味しい沖縄の料理を堪能したいと、今から心に誓っております。

・・・おしまい  

最後まで読んでいただいた方、そしてこの場を提供してくださったナイチャー小林さん、本当にありがとうございました。
 


メーテルさんのレポート★沖縄最高★でした :メーテル 投稿日:2002/10/13(Sun) 01:57 No.734  

9日に沖縄から帰ってきました。。 と言っても自宅についたのは夜の12時。
それからも沖縄の興奮が冷めず買ってきたものを引っ張り出したり、デジカメを見たりといつまでも余韻に浸っていました。(笑)
して、木・金と仕事が超だるかった。。

天気は予報どおり3日間とも最悪の天気。
朝、羽田では超大雨。飛行機の出発は遅れ、飛んでる最中もかなり揺れたし那覇空港にも大幅に遅れての到着。
それでも超ワクワク楽しみー!
ホテルのお部屋、ツアーでは普通ツインなんですが、ダブルだったら2つ窓のついてる角部屋にしてくれるというので、してもらいました。
大正解★そこから見える海は最高でした。これで天気が良かったらxxx(涙)

食事は沖縄料理三昧。
空港からホテルに向かう途中でタコスのお店に寄り、これが超美味くて安くて大満足。
ルームサービスでゴーヤチャンプルにフライライス?(私好みで超美味かった!)、何とか市場の2階で沖縄そばとソーキそば、それから海ぶどうにソーキラーメンにゴーヤと紅いもと海老がのったうどん、A&Wにも行ったし、ブルーシールアイスはシークァーサーにゴーヤ、紅いもにさとうきびと沢山食べてきました。
テビチやミミガーは勇気が出ず食べなかったのですが、買ってきてみました。
ドライブ中に恩納そばや恩納まつりも発見しました。よさそうな感じで行きたかったのですが、今回は行けず次回は絶対に入ろう!って感じです。
A&Wのルートビア?って人気なのでしょうか?
コーラにキャラメル入れ、湿布っぽい感じ。なんか微妙で何とも言えない味でした。

風が冷たくてとても強いので海には入れませんでした。
ムキになって入ってる人もいましたが、みんな何分もいれずすぐに上がってました。

1日目は北谷。

2日目は国際通りと、58号沿いをルネッサンスよりずっと北へドライブしてみました。
超感動!!こんなに大雨なのに海がこんなに綺麗だよ〜!!海・海・海★最高〜!!
晴れてたらもっともっと綺麗なんだろうな〜、悔しい。
名護市役所?(ホントは降りて写真撮りたかったけど、大雨)を通り、海沿いに左折して本部町を一周して帰ろうと思ったら、更に超綺麗なとこを発見。
雨も小雨だったので車を降りてみました。
海岸には珊瑚と貝殻がいっぱい。
貝がシャラシャラシャラー♪って超イイ音!!この音持って帰りた〜い!!!(笑)
デッカイ貝とかもあり、拾ってきちゃいました〜。
ここはいったい何する所なんだろう。足を切っちゃいそうだし、海水浴場ではないかな?
すっかり暗くなってきたので、ここで終了。引き返しました。

3日目、帰る前にマリンスポーツしたかったxxxと思っていた最終日の朝。
ダラダラと遅めの朝食を食べ終わる頃、なんとドラゴンボートが動いてる!
しかもグラスボードも!!ちょっと〜!!もう9時半、チェックアウトまで1時間半。
あ〜失敗した。けど、どうにか飛び込みウォーターコースターに乗れ大満足、海も綺麗。
波が高い為速度は落としてらしいけど、目を開けてられない位の状態で、びしょ濡れめちゃくちゃ寒かった。。
最近ヘルニア気味の私にはちょっとハードでしたがxxx
あと首里城に行ってみました。
あ〜帰りたくないよー!!って気分で那覇空港を出ました。

そうそう、とにかくレンタカーのナビには泣かされました。
近道でもないのに、超変な道に連れて行かされ、意味不明で。
ナビ役の私は焦りました。
今度はちゃんとした地図を持参して行こう!!って感じでした。

結局海には入れませんでしたが、超楽しい旅行でした。沖縄ってすごくいい所ですねぇ。
最高です。
大雨強風の天気でもこんなに綺麗な海が見れて良かった。東京近辺の海は汚いのでxxx

もうめちゃくちゃ沖縄にはまりそう(はまった?)です。

今度は何処に行こうか、もう考えちゃってます。来年の話なんですがxxx(笑)
海目当てならやっぱり5月以降ですよね?
星の砂を自分で拾いたいんですが、それって竹富島にあるんでしょうか?
与論島や西表島にもそんなような名前の浜があるような。。

長々と書いてすみません。
これから行かれる方、楽しんできてください。 

 

こあきさんのレポート行って来ましたあ! 投稿者:こあき 投稿日:2002/10/15(Tue) 00:16 No.797 

何度かお世話になっております。
10/10〜13と沖縄に行って台風でのリベンジ達成して参りました。シーズンオフという感じで、あちこちで工事をしていたり(ホテルも工事中でした)、飛行機も空席が目立ち、こどもを横に寝かせることができたり、と余裕があり、それでいて気候がよい!この時期の沖縄もいいですね。

初日は雨にお迎えされましたが、翌日は薄曇りから晴天へ!
谷茶ベイホテルから、海洋泊公園まで足を伸ばしました。
途中、恩納中学校の裏も回ってみたのですが、舗装されていない道を走っているウチに不安になり引き返しました。

娘が泣いたついでにかりゆしビーチで途中下車したのですが、ホテルのビーチもそうでしたが、珊瑚がいっぱいで裸足で歩くのは痛いほどでした。
これは季節的なものなのでしょうか?それとも北部のビーチはこうなのですか?
珊瑚のぶつかる音を聞きながら歩くのもいいですね。

1歳半になる娘を連れての旅なので、あまり欲張ることもできず、瀬底ビーチにどうしても行きたくて島には渡ったのですが、ビーチの直前で娘が泣きだしたので引き返しました。
今度行くときは、美ら海水族館と瀬底ビーチと・・・と早くも夢を膨らませております。

3泊目はちょうど那覇まつりの初日だったので、早めに那覇に入って、市場の「さかえ食堂」で昼食。安くてボリュームたっぷりで本当に美味しかったです。
夕食は「うりずん」に行きたかったのですが、ホテルが工事中のために食事券をつけてくれたのでそれを使うことに・・・紫芋のもっちりした揚げ物がでてきたのですが、これって「どぅる天」かしら?どなたか本物を教えてください!

なお、宿をとった国際通りでは伝統芸能のパレードをやっていました。
こどもからベテランまで、次から次へと幅広い演目で、沖縄の芸能は奥が深いですね!
たっぷり堪能しました。
個人的には「スイートホーム」というNPO団体のこども達がめいっぱいの笑顔で手話ダンスを披露したのに感動・・・。

いろいろ書き連ねましたが、こちらのページを覗いていたお陰で、なんだか知っている人に会いに行くような気分で旅をすることができた気がします。

3度目の沖縄でしたが、最も印象に残る旅ができたなあ、と思います。

今度はうりずんの頃に行きたいなあ・・・



 

ももちゃんのレポート旅行記です(長くてもいい・.. :ももちゃん :2002/10/15(Tue) 10:29 No.802 

ちょっと長くなっちゃったんですが 送ってみますね


10月2日(水)
 前日からの戦後最大級と言われる台風が北海道上陸(涙)こりゃダメだわ・・・と思いながら目覚めるとTVのニュースでは千歳発の便は平常どおり運航予定と!台風の通過速度が速いおかげらしい。今回は昨年に続いてJALのマイルで無料航空券なのです♪
少し早めに空港カウンターへ行ってスーパーシートの空席があったのでお願いしました。千歳→東京は4200円なのになぜか千歳→那覇は3200円。しかもランチタイムにかかるので機内食がついてくる。ビール・赤ワインも飲めてこれはお得でしょ?
Yシート専門(?)のワタシ達の初めてのワイドシートです。偶然この日はJALとJASの提携開始日ということで機内で記念のお菓子(立派な箱入り!)をいただきました。機内食は鮭ごはん・若鶏のきじ焼き・かまぼこ・煮物・鰊唐揚げ・甘海老の塩辛・オレンジでした。

 14:00過ぎに那覇空港に到着。今回のレンタカーはオリックスです。事前の予約時にカーナビを頼むのを忘れていたのですが素早く対応していただきました。車はエメラルドグリーンのマーチ。パワーは今ひとつですが2人だからまぁなんとかなるでしょう。この日は伊計島への海中道路のドライブを予定していますが,最終日の下見ということで泊港とナハテラスの場所を確認してから出発。那覇市内の渋滞はいつ来てもすごいですね・・・平日の昼間なのに。
モノレールの工事も影響しているのでしょうか。途中首里城近くの山城まんじゅうを車内おやつとしてゲットして高速へ。
沖縄の高速料金は安いですよね。目的地を伊計島にセットすると・・・ナビは高速の出口という出口で『この先出口です 左方向へ』と私たちを降ろそうとする。
どうやらこのナビはおバカらしい(涙)。
この先ナビの指示は無視することと決め,現在地確認にだけ利用することとしました。
本当は沖縄北で降りるのが最短なんだろうけれど,一度コザの街を見たかったので沖縄南で高速を降りました。そこはウワサどおりアメリカチックな街並みが・・・。
これは次回時間を作ってゆっくり見てまわりたいと思いました。(もちろん昼間ね。夜はかなりディープで怖いかも!?)ここでもまた渋滞にはまりますが,なんとか海中道路の入り口にたどりついたのが17:00過ぎです。
海の中の道路・・・という感じとは少し違いましたが,夕暮れの霞んだ空の下,幻想的な光景でした。海中道路部分は2車線でかなり立派なのですが,その先の島々の道は『ホントにこの道でいいのかな?』と不安になるような道が続いて,行き止まりのビッグリゾート伊計島にたどり着きました。
さて,もう暗くなってきたので今夜の宿サンマリーナに向かいます。
暗くて地図を見るのも大変だからちょっとカーナビに頼ってみようかと思ったら,なんとコザまで戻れとの指示が・・・。お前に頼ろうとしたワタシが悪かった!自分で行くよ!と,暗い中地図を頼りに最短距離で恩納村へ走りました。途中コンビニでビール・お茶などを仕入れて19:00過ぎにチェックイン。
サンマリーナは昨年利用して居心地の良さがお気に入りのホテルです。6月にサンマリーナのHPでやっていた『梅雨明けクイズ』で当てた50%オフ券を使って2泊の予約を入れてあります。スタンダードツインのお部屋をお願いしてありましたが,案内されたのは8階の海側の角部屋♪真栄田岬が見えます。これはデラックスツインじゃないのかしら?・・・帰りにお聞きしたらUGしてくださったとのこと。(ちなみに9階はメゾネットタイプのスィートなのであのクラスでは最上級のお部屋かもしれません)ありがとうございます♪
 さて!すでにおなかはペコペコです。ホテルから車で5分の居酒屋さん『恩納まつり』へ行きました。ここではジーマミーどうふ・らふてぃ・みみじゃー煮付・ゴーヤちゃんぷるー・もずく天ぷら・沖縄風やきそばをいただきました。オリオンビールで乾杯!・・・極楽です♪ 
ホテルに戻ると男性2人のユニットが沖縄民謡のライブ中。少し飲みすぎた私たちはロビーの椅子で楽しませてもらいました。
 明日は待望の海です!スノーケルなどの用意をしておやすみなさい・・・。


旅行記 2日目 投稿者:ももちゃん 投稿日:2002/10/15(Tue) 13:20 No.817 
10月3日(木)
 少し曇った朝です。でも天気予報は晴れ♪ 
今日は水納島・瀬底島で遊ぶ予定です。支度をしたらすぐに出発。まずは名護のA&Wに寄って朝ごはんを仕入れます。デラックスWバーガー・テキサストーストサンド・カーリーフライ・チリチーズカーリーそしてルートビア。ルートビアは初体験!かなりドキドキしながら飲んでみたら・・・うん!これはイケる。ワタシ達的には全くOKな味でしたよ。サロンパス風味のガラナ(笑)って感じかな??? 
渡久地港に到着しチケットを購入してから,海を眺めて遅い朝ごはん。
10:00の船でまずは水納島を目指します。高速船で15分。水納島の港に着くとなぜかその日は向かって左側のビーチは閉鎖中でした。思っていたよりも人工的な雰囲気です。
港の中で遊ぶ感じ。右側ビーチの奥にレンタルのパラソルを立ててもらって早速スノーケルです。スノーケルギアと魚肉ソーセージ・水中カメラは家から持参しました。防波堤に囲まれているので本当にお魚いるのかなぁ・・・と思ったら いるいる!結構大きな魚達がソーセージに群がります♪ 魚の名前を知らないのが残念です。次の機会までに少し勉強しようかなぁ。
水面近くにはサンマの口がびよ〜んと長くなったような細身のシルバーの魚が群れていました。大きなヤツだと1m近い大きさです。あれはなんていう魚なんでしょうね。
真剣に潜っていると時々魚と目が合うんですよ(笑)。
あの子達はワタシ達をどんな風に見てるんでしょうね〜。
あっという間に13:00 帰りの船の時間です。名残惜しかったけれど,次は途中で見える瀬底島に向かいます。
その前に腹ごしらえ・・・本部といえば『きしもと食堂』ですよね!木灰の香がするおダシの効いた美味しいおそばをぺろりと食べました。サイズはもちろん大です(笑)。
さて,瀬底は昨年に続いて2度目です。前は有料駐車場へ行きましたが,今年は路駐の方へ行ってみました。14:00過ぎだったせいかちょうど空いてるスペースに車を停めて岩陰にマットをひろげました。去年は干潮の時間だったので泳げないくらい浅かったのですが,今年は大丈夫でした。でも水納島よりも魚は小型で,なまこがずいぶん多かったかな。
それでも札幌@北国のワタシ達にとってはパラダイス♪またせっせと泳いだり,昨年のビーチまで歩いたり。海の向こうにはさっきまでいた水納島が浮かんでいます。
ヒトも少なくてゆったり過ごせました。ところで,先ほどの水納島にもここ瀬底島(有料ビーチ)にも修学旅行生が遊びに来ていました。ホテルでも見かけますが,他の場所ではともかく,ビーチにいる彼(彼女)らは大勢いてもあまり目障りな感じを受けませんでした(高校生ごめんね)。
純真に子どもに帰って遊んでいるからかもしれませんね。
これも沖縄の海のおかげなのでしょう。
そうそう!話題の『大阪のにいにい』にお逢いしましたよ。帰ろうと車に乗り込んだら走って近づいてきてくれて,かき氷をサービスするからとおっしゃいます。時間がないからと遠慮していると,それだったらと冷たいお茶を飲ませてもらいました。
その時はわからなかったのですが,帰ってきてこのBBSを見ると載っていたんです。
もっとたくさんお話ししてくれば良かったなぁ。
さて,そろそろホテルに戻ります。今夜の食事はどうする?と考えて,昨夜と同じ居酒屋に行くのもなんだし,どうせなら地元のヒトが食べるモノを食べてみたいねということになり,スーパーで食料を調達することにしました。
ホテルのある恩納村近辺には大きなスーパーがなかったようだったので,名護市内のサンエー東江タウンに立ち寄りました。昨夜品切れで食べられなかった地元のお刺身を2種類・ゆし豆腐・いかのてんぷら・じゅーしー・ポーク卵のおにぎり・煮付けなどをゲット。もちろんオリオンビールもね。てびちも並んでいましたが,どうもこれには手が出ません(苦笑)。
その他にお土産としてSPAMやらシークワーサーしょうゆ・かつおぶし・泡盛などたくさん買い込んで段ボール箱に梱包して運びました。ふふふ,かなり満足♪ 
ホテルの部屋で夕食いただきましたが,本当に美味しかったです。ローカル色の強いお惣菜は魅力的ですね。見た目は濃そうなのですが意外に薄味だし,体に良さそうな食材が多くて,これはハマりそうです。
翌日は初めての慶良間!チェックアウトのためのパッキングを済ませてからおやすみです。


旅行記 3日目 投稿者:ももちゃん 投稿日:2002/10/15(Tue) 14:08 No.821 
調子に乗って3日目も・・・ナイチャーさん長くてごめんなさい(汗)
サイトへのアップ こちらこそよろしくお願いしますね♪

10月4日(金)
 今日は慶良間へ行くので朝8:00すぎには那覇のとまりんへ行かなければなりません。
頑張って早起きして6:00にチェックアウト。そういえばサンマリーナではビーチでもプールでも泳がなかったなぁ。リゾートに泊まったのにちょっともったいないことをしました。
西原インターまで高速に乗って今夜のホテル ザ・ナハテラスに到着したのは7:00過ぎです。ここで荷物を預けてビーチ用のタオルをお借りしました。ちょっとわかりにくい場所にありますが,東南アジアンテイストの素敵なインテリア。かなり上級のホテルです。
それにひきかえワタシ達は慶良間に向かうためTシャツ短パン大荷物・・・。あぁ!オシャレして来たかった(涙)!! 気を取り直してランチの調達です。ウワサのぬーやるバーガーを求めてjef波の上店へ。8:00の開店を待ってドライブスルーでゲット♪もちろんゴーヤーリングもね。
初日に下見したおいた北岸の待合所で予約しておいたチケットを購入しました。クーラーボックスにはビール・ランチ・魚肉ソーセージなどが詰まっています。
これから向かう阿嘉島ニシハマビーチにはお店がないらしいので念のために売店であんパンも購入。
クィーンざまみは9:00に出航なので,乗船したらすぐに軽く朝ごはんを。これで酔わずにすむでしょう。港を出て間もなくチービシが見え,その後渡嘉敷島も見えてきます。
揺れも殆どなく快適です。窓からの景色を楽しんでいるとあっという間に座間味。
そして阿嘉島です。降りたお客さんは殆ど民宿などの方がお迎えに来ていて残ったのはうちも含めて8人でした。ナイチャーさんに教わった村営のバスは・・・?と心細くなっていると,切符売り場に『村営バス』の文字が!そこにあるのは普通のワゴン車でした(笑)。
ドライバーさんは船の切符売り場のおじさんです。パラソルのレンタルのことを尋ねると今はビーチにはないらしく,おじさんが手配してくれることになりました。ワゴン車のバスで5分くらい,結構アップダウンのある砂利道を飛ばしてニシハマビーチへ。バスを降りると眼下には信じられないようなコバルトブルーの海が広がっています♪向こうにはいくつもの島が見えて,手前には白い砂浜が続いています。
夢のような光景です〜〜うっとり。建築途中の展望台の下に日陰になる場所を見つけたのでそこにとっとと荷物を置いて,ダッシュで海に入りました。きれい・・・。ナイチャーさんが慶良間を勧めてくださる理由がはっきりと理解できました。
ここに来てしまったらもう本島のビーチでは満足できなくなるでしょう。
実は足のつかない深さでスノーケルするのは怖いんです,ワタシ。いつもは浮き輪を持ったりジャケットをつけたりするんですが,今回はもう気づいたらかなり深い沖まで出ていたという状態で,夢中になってスノーケルしてました。魚の数も種類も今までで一番です。
泳いでいると魚に取り囲まれる感じです。浅瀬のさんごはかなりヤラれていますが,少し沖だととっても元気。ガーデンイールやくまのみにも会えましたよ。
ドライバーのおじさんが頼んでくれたパラソルをお兄さんが持ってきてくれました。
パラソルの下で乾杯・・・。(海に入るのにビールは不謹慎?すみませ〜ん!)
帰りのバスのお迎えまで何度も泳ぎました。シーズンオフなのでヒトも少なく,第一船じゃないと来られないのだから途中でどんどんヒトが増えることもなく,静かで快適な時間でした。
座間味から1人で日帰りで来ていた大阪の女性ダイバーさんや,阿嘉島に滞在していた若いご夫婦,外人のご主人とそのご家族など,居合わせた方々ともお話ししたり,本当に楽しかったです。帰りにはちょっとしたアクシデントが。約束の15:30にお迎えのバスが来ません。
オキナワンタイムかしらと思ってもう少し待ってみたけど来る気配がないんです。
船は16:00に出るのでちょっとヤバいかも。困ったなぁ・・・。と,偶然切符売り場の電話番号のメモを持っていることを思い出して携帯で連絡してみたら,15:20に朝と同じ人数を乗せたのでワタシ達がまだ待っているとは思っていなかったらしいのです。
超スピードでお迎えに来てくれました。助かった〜!電話番号持ってなかったらあのビーチで野宿だったのでしょうか(笑)。
なんとか帰りの船に乗ることができました。座間味では女性ダイバーさんと手を振り合って別れを惜しみ,ぐっすり寝込んでいる間に泊港に到着。
クィーンさまみは前と後ろに座席が分かれています。
後方は広々した感じがしますが,冷房がきつくて寒いですのでご注意を。
 とりあえずホテルのお部屋に向かいます。バレットパーキングのサービスは嬉しいですね。
お部屋は4階のシティビュー。やっぱり次は絶対オシャレして来よう!でもお部屋の中はとってもステキです。特にバスルームは大理石だし,アメニティや部屋着もオシャレで大満足。
シャワーを浴びたら沖縄滞在最後のディナーです。タクシーを呼んでもらい久茂地方面へ。
お友達に『山猫屋』を勧められていたので覗いてみると結構混んでいました。
仕方ないのでガイドブックで見つけた『久茂地文庫』へと向かいましたが,どうしても見つけられません。地図の上ではこの辺りなんだけどなぁ・・・と探すと,そこには『山猫屋2号店』がありました。やっぱり今夜はこの店に入る運命だったのね。ここでは名物ざる豆腐・中味煮込み・まぐろ酢味噌・ぐるくん煮付け・豚もずく卵とじ・ひらやーちーを注文。
オリオンと石垣島ビール,泡盛のシークワーサー割もね。いやいや,滞在中食べたものにハズレはありませんでした。おうちでも作ってみたいメニューばかり。
しっかり舌と目と鼻に覚えさせなくちゃ!

 もう動けないくらい満腹になったので,少し国際通を歩きます。クィックリーのパールミルクティを片手に米軍放出品などを眺めながらふらふらと歩いて,タクシーでホテルに戻りました。
沖縄のタクシーは安いですね。今までも何度か利用していますが,うちはヘンなドライバーさんに当たったことがありません。皆さん結構ご高齢だけど親切で優しい方ばかり。
運がいいのかしら?



旅行記 最終日です 投稿者:ももちゃん 投稿日:2002/10/15(Tue) 15:02 No.823 
10月5日(土)
 最後の朝です。沖縄へ来て唯一ゆっくりできる朝です(笑)。
ホテルのレストランで豪華な朝食でも良かったのですが,最後にもう一度空港で沖縄そばを食べるつもりだったので,ここは軽めにサンドイッチなどで済ませました。かなり増えた荷物をパッキングした後,時間に余裕があったのでホテルショップや黒いタイルのガーデンプールを見学。ポーターさんに荷物を降ろしてもらってチェックアウトです。お値段は安くはないけれど,また来たいと思わせてくれるいいホテルでした。
 今日の目的はジミーでのお買い物です。一番近い那覇店へ向かいます。
おバカカーナビに安謝高架橋の頂上で右折を指示され,これは結構笑えました。
さてジミーですが,予想以上に充実していましたよ。お菓子やパンが狙いだったのだけど,それ以外にも輸入モノが格安だし,デリにチキンの丸焼きはあるし。ここでもまたクッキー・パン・アップルパイ・チキンなど段ボール箱ひとつお買い上げでした(汗)。
そうそう,ナイチャーさんにお聞きしていたリィコーチキン,これを買って帰るのも今回の旅の課題だったんです。一応念のためジミーでも買いましたが,やはりそっちにも行かなくちゃ!
一日橋方面へ向かいます。目印のマックスバリューさえ見つければ・・・と思っていたのに2〜3度走ってもわからず(涙)やっと見つけたマックスバリューの横のスタンドで給油して,スタンドのお兄さんに尋ねるとどうもこのマックスじゃないんだって。
あぁ,残念だけど時間もないし,チキンは次回のお楽しみにすることに。
ジャスコにちょっとだけ寄ってからレンタカーを返却して,空港へ。
帰りの飛行機は結構混んでいるようです。空港ターミナルで念願の沖縄そばをいただきましたが,最後はハズレでした(苦笑)。残念。
全日空商事で限定販売の『歩』のサーターアンダギーを最後に買って機上のヒトとなりました。
 帰宅してから毎日,怪しい沖縄料理を作って楽しんでいます。
今度は慶良間泊で行こうかな〜!?

長くてヘタクソな文章 最後まで読んでくださってありがとうございます
なるべく迷惑のかからないように 書き込みの少ない休み明けを狙ったのですけど ナイチャーさん こんなに場所を占領(?)してすみません