Sugakoさんのレポート沖縄に行ってきました 投稿者:sugako 投稿日:2002/10/19(Sat) 20:12 No.955

皆様からの、情報をいただき沖縄に行ってきました。
今までにない感動の旅行でした。
感動の一部だけ紹介いたします。

那覇の那覇テラスを8:50分出発、琉球舞踊館「うどい] http://www.udui.cp.jp に9:20到着しました。以外と那覇から近く緑が多く、清々しい朝を楽しみました。
「うどい」の館長が「開演まで時間があるので小道具の説明をしてあげましょう」と言った言葉に甘え、本皮の三線の練習までさせていただきました。

踊りは、東京の国立劇場で観た踊り以上の素晴らしい踊りでした。
舞台と客席との距離も近く、劇場がちょうどいい大きさ(でも208席あります)で臨場感あふれるステージでした。踊りの解説がわかり易く、すっかり踊りに魅了されました。
全体の構成が多分いいからだと思います。館長の平さんの勧めで、137号線を知念村へ、ニライ・カナイ橋を通って斎場御嶽へ。ニライ・カナイ橋からの眺めは最高です。この道を通って下さい。
斎場御嶽、沖縄第一の聖地、とても神秘的です。「斎場御嶽で奉納舞踊が踊れ、それが琉球舞踊の原点です」の平さんの言葉を思い出し、更に感動しました。

きた道を控えして、レストラン「くるくま」に、眺めが良く、異国情緒のタイ料理を楽しみました。
待ち時間が長いので、その点も付け加えておきます。
まだまだ、感動の旅は続くきますが、このへんで。
沖縄が好きで皆がこの掲示板に来るの解かります。
管理人さん、ありがとう。



あこがれのクマノミさんのレポート
慶良間諸島に行ってきまし... 投稿者:あこがれのクマノミ 投稿日:2002/10/16(Wed) 19:00 No.877 


前に恩納から泊港に行くのにどのくらいかかるのか質問して教えていただいた「あこがれのクマノミ」です。ついに念願がかない、慶良間に行ってきたのでご報告します。

恩納を朝7時15分くらいに出て、許田から高速にのり、教えていただいたルートを通ってとまりんに9時過ぎにつくことができました。それからほっかほっか弁当でおにぎりを買い、10時発の渡嘉敷島行きのフェリーに乗れました。
そして、阿波連ビーチに行ってシュノーケルをしましたが、今まで見た沖縄のビーチの中で、最高でした。瀬底島よりも魚の種類も量も多く、あこがれのクマノミにもついに会うことができ、こころゆくまでクマノミがイソギンチャクの家?を出入りしているところを見ることができました。
魚が大きいのにも驚きました。人間の顔くらいのはごろごろし、人間の半分くらいのもいました。
また、同じ種類の魚が100匹以上まとまって泳いでいるのも感動でした。ただ、サンゴはかなり傷んでいるようで、心が痛みました。

ひとつ残念だったのは、渡嘉敷島の民宿SZのバスのことで、港から阿波連ビーチ行きの民宿のバスに乗ったのですが、まず、補助席まで満員になるまで出発してくれませんでした。
ビーチについてバスから降りると、バス代250円とシャワー・トイレ代500円はセットになっていると言われ、これを払わないとトイレも使えませんよ、と通告され、こちらも時間がおしいので、やむなく500円を払いましたが、気分はよくありませんでした。

その日は那覇に帰り、翌日は座間味へ高速船で日帰りで行きました。古座間味ビーチに行ったのですが、ビーチのラインの美しさ、魚の種類などは阿波連ビーチよりもさらにすばらしかったです。ただ、サンゴの状態はもっと悪かったです。ビーチの前のお店のバスに乗せてもらったのですが、大変親切で、前日とは大違いでした。
ナイチャー小林さんのお勧めの通り、慶良間は本当にすばらしく、ぜひまた来年も行きたいと思います。何月頃から泳げるでしょうか?われながら気が早いですね。

ところで、泊港の近くにある、レストランピッツバーグに今回はじめて行ったのですが、開店30?周年記念で、大変お得な料金だったので、お勧めします。確か、魚とかステーキなど何種類かのコースがあり、スープ、サラダ、ご飯かチャーハン、メイン料理、コーヒー、デザートで600円位からあり、感激しました。
それもランチタイムだけでなく、フルタイムです。 

--------------------------------------------------------------------------------

Re: 慶良間諸島に行ってき... ナイチャー小林 - 2002/10/16(Wed) 21:52 No.889 

お帰りなさい…。乗っちゃったんだ…SCのバス…先日村役場の方とも話したんですが、村としてはしっかり指導なさっているようなんですが・・・でも…と言う事は確信犯的悪質さですねー。
と言う事で、Sa(旧Ha)さんのバスに関しては、後日、村にも連絡しておきます…(-_-;)
とりあえずの策として、これから行かれるかたには、「キャンプ場に行くのですが!」としっかり言って乗られる事をお勧めします。トイレもシャワーも、キャンプ場にもありますよ。ちなみにシャワー代は150円くらいだったと思います。
天気さえ良かったら、5月頃からは大丈夫ですよ。今度は行っていない阿嘉島もいいかも(^。^) 

--------------------------------------------------------------------------------

Re: 慶良間諸島に行ってき... しゃあ - 2002/10/17(Thu) 22:16 No.909 


あこがれのクマノミさん・・・おかえりなさい・・・
慶良間楽しかったようで・・・
阿波連の送迎バス・・・何処も似たようなものです・・・
SFなんかでも、往復運賃500円とシャワー&更衣室使用料で500円とります・・・
ナイチャーさんの言うように、「キャンプ場に行きたい」と言って片道運賃の250円払って、同乗の人の帰り(フェリーか高速艇)を確認しておいて、帰りはその時間に集合して250円払うというのが正解のようです・・・
ただし乗客が少なかったり、こちらの帰りの希望の船に乗船希望が無かったりしたら、当然バスは出ませんし、予約人数が少なかったら、バスでなくワゴン送迎に変わることもあります・・・
予約入れてなかったら乗れないなんてことも・・・
ここは周りを見て臨機応変に対応したほうが得策ですよ・・・

さて、くまくまさん・・・
阿波連でのレンタル商品はパラソル・シュノーケルセット・フロートとも、ほぼ500円均一です・・・
ただ、アカバーナのシュノーケルセットにはライフベストがあるのですが、ビーチには無いようです・・・
よって、楽して海中を見るにはフロートが必要かも・・・
アカバーナで予約しておくと、とまりんまで持ってきてくれますが、ここからは手荷物になりますよね・・・
持って歩くのが面倒でしたら、ビーチで借りたほうが楽ですよ〜〜〜(笑) 

--------------------------------------------------------------------------------

Re: 慶良間諸島に行ってき... ちえりん - 2002/10/18(Fri) 11:58 No.919 


こんにちはー。私も今年渡嘉敷行って来ました。
ちょっとお天気悪くてショックだったんですが 
こんなことでは まけないぞー!またリベンジします。
渡嘉敷では ナイチャー様のおすすめ通り
「キャンプ場へ行く」といって ワゴン車に乗せてもらいました。バス代のみですみました。
親切なにいにいで こどもの分はおまけしてくれました。
くまくまさん utaさんいいなー。楽しんできてくださいね♪


--------------------------------------------------------------------------------
慶良間諸島の続き 投稿者:あこがれのクマノミ 投稿日:2002/10/20(Sun) 16:51 No.974 

こんにちは。慶良間諸島に行ったときの続きを書きます。
阿波連ビーチでは、浜からかなり遠くまでサンゴが広がり、また水深も浜から2,3メートルのところからすぐに足がつかなくなったので、はじめてフィンを借りました。500円でした。
事前にメイクマンでパラソルは498円で、シュノーケルとマスクは2000円強で入手し、持参していましたので。水深が10メートルあるところでも、楽々で白い海底とサンゴや魚が見え、最高でした。
伊豆とかでは考えられません・・。

あまりきれいなので、シュノーケルでの巣潜りに挑戦しましたが、耳抜きがうまく出来なかったので、また再度挑戦したいと思います。
サンゴも少々傷んではいましたが、紫や青、白などいろとりどりの美しいサンゴは十分に見ることが出来ます。つれが緑色のサンゴの庭園を見たと騒いでいましたが、私は発見できず、くやしかったです。
魚もチョウチョウウオ類で人の顔くらいの大きさのがうようよしていました。
注射器のような形の細長い30センチはある透明な魚が何十匹も水面直下を泳いでいて、ぎょっとしました。縦に泳いでいる赤や白、黄色の不思議な魚がいました。イカも見ました。

私は瀬底島の大ファンですが、瀬底島と違って、ナマコやヒトデがほとんどいないのもよいなと思いました。

翌日に行った古座間味ビーチは、ビーチのカーブの美しさ、目の前に浮かぶ島々、ビーチ横の崖と岩場の美しさなどは、絶景です。
魚の種類も多く、わたしのあこがれのクマノミも、20匹くらいまとまっているところもあり、イソギンチャクの種類も多い為か、クマノミ、カクレクマノミ、ハマクマノミなどクマノミも何種類もいて、感動でした。

岩場の周りではサンゴも元気で、白いサンゴの周りにいろとりどりの魚達が群れている様は、最高でした。古座間味ビーチのすぐ上のお店のシャワーは300円くらいできれいですし、私の好きなブルーシールアイスもあり、満足でした。
お店のおじさんは、私達がシャワーから出てきたら、港まで送りましょうかと声をかけてくれ、私達だけをバスで送ってくれました。ありがたや。

来年はニシハマビーチに挑戦したいです。 

 

すがちゃんさんのレポート沖縄旅行1 投稿者:すがちゃん 投稿日:2002/10/18(Fri) 10:12 No.918 

10/13〜10/16の3泊4日で沖縄本島に行ってきました。
羽田も那覇も昼の便で出発。宿泊は那覇のアネックスエッカホテル、別料金でレンタカー(チャイルドシートとナビ付)を借りました。メンバーは夫・子供(2歳)・私です。

12:35の飛行機ですが、一時間前の集合なので早めに出て羽田空港の一回のフードコートでブランチ。
空港にはおむつ換えシートも授乳質もしっかりありました。
ANAのカウンターで優先搭乗サービスを申請して、最初の方に席に案内してもらいました。
子供が飛行機で泣くのが心配だったので、玩具やお菓子をたくさん持って乗りましたが、離陸してもぜんぜん平気で父親の口真似で外を見ながら「すげーなぁ」を連発してました。(女の子なのに)
そういえば去年も泣かなかったなぁ。
でも、後ろの席の女の子はずーっと泣いていたのでこれも個性ですね。
一回、飛行機の中でオムツ換えをしましたが、CAさんがおむつ台をセットしてくれて紙袋もくれました。
でも、去年乗ったJASのおむつ台の方が広かったです。

2時間半で無事着陸。ツアーの集合場所に行って、レンタカー会社まで送ってもらい、レンタカーの手続きをしました。
が、前もってナビとチャイルドシートを予約して、支払いはレンタカー会社でということだったので、安心していたらその場で旦那に確認したのですが、よくわかってない旦那がチャイルドシートだけ言ったらチャイルドシートしか付いてなくて、急いでナビつきの車に変えて貰いました。この辺からやーな予感が。

結局ホテルに着いたのが5時ぐらい、急いでチェックインを済ませて、荷物を部屋に放り込み、58号線に向かいます。
今日は那覇の大綱挽きの日、付いたときには綱挽きは最高潮に達していて、見えたのは綱を挽く大勢の人並みとその横に並ぶ綺麗な旗頭、すぐ隣では綺麗に着付けした人たちがお囃子をしていました。
初めて聴く沖縄のお囃子はなんだかとても心地良かったです。
写真を撮るのに張り切っていたら、人並みに押されて気が付けば綱のすぐ近く、旦那と娘とは離れてしまいました。
綱が挽き終わると刃物を持った人が綱を切り始め、子供からおじいさんまで挽き綱を持って帰っていきました。それはあきらめて元に戻ります。
パレット久茂地の中のりうぼうに寄って、カップの沖縄そばと飲み物を買ってホテルに戻り、一休み。
サン食品の沖縄そばはお湯を注ぐだけで出来るし、肉と蒲鉾と紅しょうがも付いていて、気軽に食べられます。娘も喜んで口をあけてま
した。
大分疲れていたけれど、気力だけはあったので奥武山運動公園に那覇祭り市民フェスティバルを見に行きました。歩いていったけど、着いた頃にはすっかり疲れていて、しかもすごい人だったので楽しめませんでしたが、商工フェアの方とオリオンビールの主催の方で会場がなんとなく二つに分かれていて、それぞれにライヴスペースがあって片方は若い歌手が、片方が民謡ぽい音楽が演奏されてました。
屋台で焼き鳥と焼きそばを買って食べて、時計を見ると8:50花火が大嫌いな娘なので、急いで会場を出ようとしたら迷って、本部のお巡りさんに道を聞いて、そちらに向かって歩いていると花火が打ちあがりました。娘は泣くことも忘れて旦那にしがみ付いていましたが、娘には悪いけれど花火は綺麗でした。
出口にやっとたどりついた頃には花火は終わっていました。
帰りにホテルの隣のファミリーマートで牛乳(もちろん県産)を買ってホテルに帰って寝ましたが、気持ちが高ぶりすぎて眠れない。
翌日から体調を崩してしまいました。
こうして長い一日が終わりました。長文・乱文ですね。こんなんで大丈夫でしょうか。まだ続きます。


沖縄旅行2 投稿者:すがちゃん 投稿日:2002/10/18(Fri) 13:16 No.929 
2日目
今日は瀬底島に行こう。というはずなのに色々あって食事会場に下りたのが、9時ぐらい。バイキングとは名ばかりのおかずが3品ぐらいとご飯。パン。おかゆ。の並んだテーブルから適当に食べて仕度したら、駐車場の料金が上がってしまう十時ぎりぎりになって慌てて出発。
このときにせっかく用意してきたマリンブーツやサンダルを忘れて行ってしまいました。

ナビに従って西原ICから沖縄高速道路へ、途中伊芸のSAで休憩。結構綺麗なSAで、トイレにはおむつ換えシート・ベビーホルダー・幼児用便座が着いている個室もありました。
物見台から金武湾が一望でき、遠くに伊計島が碧い海に浮かんでいるのを眺めてリフレッシュ。備え付けの双眼鏡も無料で海に向かって椅子があるので、座って飲み物も飲めます。
元気になったので再び瀬底島目指して出発。許田ICで高速を下りて道の駅許田を目指します。
道の駅許田に着いたのは12時近く、物産センターで色々な野菜や果物を見て、チーズ蒲鉾とおっぱ牛乳ソフトを食べました。ソフトクリームはとても美味しかったので娘に半分以上食べられてしまいました。
トイレに言ったのですが、物産があるところよりちょっと先にある、情報センターのほうがトイレが綺麗だし、ちゃんと授乳室もありました。

ご飯を食べずに瀬底に向かったのですが、名護を過ぎるとどんどん寂しくなってきます。心配になってガイドブックを見ようとしてなんと図書館で借りた道路地図は乗せたのに、ガイドブックが乗っていません。ナビもファミレスは探せるのですが、こんな店もないような所にあるわけありません。結局瀬底大橋近くのマックスバリューで忘れていたビーチサンダルを買い、弁当は売切れだったのでそのそばで看板が出ていたほっかほか亭で普通のお弁当を買いました。
お腹がすいたので、瀬底ビーチの手前のアンチ浜ビーチに車を止めてお弁当を食べ、ここで泳ぐことにしました。そのとき3時近くでした。
ここは更衣室が無料で、瀬底大橋を境に半分は海水浴やダイビング、半分は釣り人がいっぱいいました。
ちょっと水が冷たいし潮が満ちてきた所のせいか魚はいなかったけど、水はすごく綺麗で波打ち際で娘の初めての海水浴をしました。
最初は怖がっていた娘もだんだん夢中になって遊んでいます。
私は海の中に見える綺麗な貝を、娘に渡したりして遊びました。
が、気がつくと二人からかなり離れていてビックリ、戻るのが大変。
寒くなってきたのと、7時から北谷のカラハーイに予約を入れていたので、4時ごろ引き上げて一路北谷に向かうことにしました。夜の部はまた書きます。 


Re: 沖縄旅行2 すがちゃん - 2002/10/19(Sat) 08:21 No.938 

58号線を一路北谷へ走っていくと西海岸のリゾートホテルとキラキラと輝く海が続いてとても綺麗。
疲れたので御菓子御殿で一休みすることにしました。この建物本当にお城の形をしています。
中のレストランで紅芋ショートと紅芋ショコラケーキを食べたのですが、このレストラン窓の外は広い海でとても綺麗でした。デートにもお勧めかな。
ケーキは私には甘かったです。ホテルで食べるお菓子を買って再び58号線へ。
さすが祝日。アメリカンビレッジの手前で渋滞に巻き込まれてしまいました。
時計はもう6時を過ぎています。間に合うのかなぁ。

結局、カラハーイに着いたのは7時調度位、数週間前に教育テレビの子供番組で初めてティンクティンクを見た娘は、その日から「ティンクティンクお姉さん」が好きになったようで、回らない口で歌を口ずさんでいたので、よしそれなら目の前で動くティンクティンクを見せてあげたい。と思って出発前に予約を入れたのでした。
途中で飽きて騒がないかとか音が大きいし、暗くなるので泣くかもと心配して、車の中で言い聞かせたのが良かったのか、不思議な顔しながらあちこち見ている娘。他にも子供さんが結構来て少し安心。
私が住んでる埼玉や東京のライヴハウスなんか怖くて幼児なんか連れていけないけれど、カラハーイは大丈夫なんですね。
予約をした席はなんとステージの目の前。りんけんバンドの映画をスクリーンで見ながら、スタートを待ちます。ミミガーチップが美味しかった。場内が暗くなりいよいよティンクティンの登場です。
いやぁ、若くて本当に可愛い!曲は殆どりんけんバンドの曲でした。
実は私はりんけんバンドのファンだったので、最初は智子さん以外が歌えるのかなぁなどと思いました
が、そこはちゃんとアレンジされていて二人の魅力が出ていました。
娘も目を見開いてじっとステージを見ています。あずささんの方がMCの合間に娘にかまってくれるので、たまに飽きて喋り出した以外はおとなしくしていました。あっという間の楽しい時間が過ぎました。
娘のおむつを替えるためにジャスコに行って、ついでに2階のフードコートへ旦那はピザハウスJrでサイコロステーキのデミソース、私はその隣の沖縄料理屋さんでゆし豆腐定食を食べました。
ゆし豆腐定食には小さなさーたーあんだぎー、クーブイリチー、モズクが付いていました。
どれも美味しかった、娘はゆし豆腐をパクパク食べて、あげるこちらが大変なくらい、あんだぎーも独り占めで嬉しそう。
旦那のステーキを味見させてもらってビックリ、肉は柔らかいしソースは美味しいし、本当にフードコートの味?って感じでした。
今まで胃が痛かったのに、何か力が蓄えられていく感じがする夕食でした。
食事を終わって下の食料品売り場をちょっと覗くと、塩がなんと87円。
迷わず一袋買ってホテルに戻りました。

なんだか簡潔に書くのって難しいですね。色々伝えたいことを思いつくとだらだらと長文になってしまう。読みにくいでしょう。ご免ね。


沖縄旅行3 投稿者:すがちゃん 投稿日:2002/10/19(Sat) 23:24 No.962 
3日目

昨日のゆし豆腐が効いたのか、すっかり調子も良くなり朝食後南部へ向かって出発です。
この日のお目当てはエイサーとお魚料理。
まずは玉泉洞王国村へ向かいます。約一時間で到着しました。
昔玉泉洞に来たときよりずっと綺麗になりました。王国村のみのチケットを買って入場600円でした。
嬉しかったのは入ってしばらくしてお土産屋さんに入る前の船の所の記念撮影ポイントに備え付けの一脚があったので、親子三人で記念撮影が出来たこと。なんだかすぐに頼めない性格がたたって、三
人で撮った写真はこの一枚だけでした。
お土産屋さんを通っていかないと先に行けない作りの為、お土産を見ながら先に進むと、何とかエイサー広場に着きました。
ちょっと早いのでジュースでもと思い、自販機の法へ行くとリュックがいっぱい。遠足かな?と思いながら正面の最前列を確保してしばらくすると、先生に引率された幼稚園か小学校低学年ぐらいの子がわーっとやってきました。賑やか、ついでに皆おめめぱっちり。

エイサーを見るのが楽しいのかエイサーの真似をしている子が居たけど、これがすごく綺麗。こんな年から下地が出来てるんだなぁ。
しばらくするとエイサー集団真南風の登場です。かっこいい!でも、前に見た琉球国祭太鼓に比べると、力が入りすぎでなんだか怖い。でも、ダイナミックでかっこいい。と思えたのは途中までで、音楽が変わったかと思ったら、目の前に獅子舞が飛び出しました。
以前、琉球獅子舞を見た私は喜んだけど、突然目の前におっかない獅子が飛んできたものだから、娘は大号泣。結局私と娘はステージそばの芝生で遠くからエイサーを見ることになりました。
小さいお子さんには、怖いようなのでお気をつけ下さい。
エイサーが終わって昔の家を移築したものを見ながら散策していたら、突然の天気雨。しかもだんだん強くなっていきます。仕方ないので、近くのアイスクリームを売っているところに退避。
ここで一休みしてアイスクリームを食べることにしました。
ブルーシールじゃないアイスクリームは珍しい。食べた紅芋アイスは甘さ控えめで私はブルーシールよりここのが好きかな。夫の食べてたドリアンのアイスは味見したら咳き込んでしまいました。

雨はやんだけど、まだ雲行きが怪しいので車に戻って先を急ぐことにします。カーナビを糸満のお魚センターまでセットして、距離優先にしたら、車はサトウキビ畑の中の狭い道を走ります。
沖縄的で楽しいドライヴになりました。
1時ごろお魚センターに到着。でも、本当にこれがそうなのかっていうような、プレハブの建物。
中に入ると魚屋さんが数軒入ってます。一番奥に婦人部の惣菜部があって、定食とそばとてんぷらを売っているので、二人で魚汁定食(500円)をそれぞれたのんで、中の魚屋でマグロとカジキのお刺身(350円)を買って外のテーブルで食べます。
でもテーブルのところを見ると猫・猫・猫…。魚がいっぱいあるので、猫がいっぱい居ました。あとハエもいっぱい来るので、ハエを避けながら食べなくてはいけなくて疲れた。
でも、魚汁は白身の魚の出汁が出ていてとても美味しかった。普段あまり魚を食べない娘も魚と豆腐を喜んで食べてました。
食後はすぐ近所の海のふるさと公園で一休み。ここは長いローラーすべり台があります。でも一回滑ったらお尻が痛くなりました。
また雨が降ってきそうだったので、再び移動。
今度は那覇のサンエー那覇プレイスに向かいます。
ここは十月にオープンしたばかりの沖縄市広いサンエーと聞いていたので、楽しみにしていました。
本当に綺麗で大きな建物だったけど、家の近くに出来た新しいショッピングセンターにとても似ていたのでちょっとがっかり。どこも一緒になっちゃうのかなぁ。と思いつつサンエーの食料品売り場に行くと、あるあるある。パック詰めになったトン足。カラフルな魚。ポーク缶にパン売り場にはなんだか大きなグシケンパンやオキコパン。楽しくなって自分のうち用にお土産をたっぷり買い込みました。
シークヮサージュース・ポーク缶・サンピン茶の葉っぱ・田芋あんぱんどれもこの掲示板で読んで欲しいもの。よく通販で買うものが皆安い。

次にすぐ近くにあるジミーにも行ってみることに、娘はぐっすり。
旦那はしぶしぶ。今度はサンエーと違ってアメリカァな雰囲気が漂います。美味しそうなケーキや、惣菜、輸入食品特にキャンベルスープがめちゃくちゃ安かった。でも、我慢して沖縄そばの生そば(1キロ)とサン食品のそばだしを買ってホテルに一回戻りました。
ホテルに戻って休憩して、今度はまちぐゎーに繰り出します。
時刻はもうすぐ8時、まず公設市場の一階にある冷やしレモン屋さんへ、ここはメニューが三つしかないお店で、冷やしレモン・冷やしコーヒー・コーヒーしかありません。私は冷やしレモンを飲むことに、すっぱくて甘いレモンの味が身体を元気にしてくれます。
絶対飲めないと思った娘も何故かぐびぐび飲んでます。おじさんも前に来たときと同じように親切でした。

実は私には今晩どうしても食べたいものがあったのです。それは『イナムドゥチ』とりあえず何でもそろう市場の2階へ、しかしほとんどの店が閉店。一見開いていたお店の人が聞いてきたので、食べたいものを説明すると、ここにはないけど国際通りの『あかさたな』に行けばあるんじゃないかと、道を説明されました。
外に出て歩いていると前回夕飯を食べた花笠食堂。手にはツアーの特典のやちむん通りの居酒屋で使える。そばとビールかアイスのただ券。
ちょっと考えたけど、息に車窓からあかさたなの看板が見えた気がしたので、国際通りを探します。でも見つからない。しばらく他の店のメニューを見てましたが、なかなかイナムドゥチがない。
やっと見つけたのは三越の向かい側。一階がお菓子屋二階が那覇そばの隣にある。『ぐるくん食堂』という赤い魚のマークのお店。
狭いし人がいっぱい居るので覗いてみたら、おばぁに席に案内されました。他の席に座っている人の顔がみな笑顔だったのでちょっと安心。
私はイナムルチ定食。旦那は足てびち煮付け定食。娘にはジューシーを頼みました。店員はおばぁ一人なので出てくるのはゆっくりだけど、出てきた料理を口にしたら、もう勝手に笑えちゃうぐらい美味しい!
白味噌仕立てのお汁が身体を駆け巡る感じ。見ると旦那も笑いながら、「これうめぇ」と言っているので味見させてもらったら、てびちが口の中でとろけるし、大根は味が染みてて美味しかった。
娘も一人でお茶碗いっぱいのジューシーをぺろりと食べてしまいました。味見しようとしたら怒るし、よっぽど美味しかったんでしょうね。
食べたあとお土産を買って帰ろうとしたら、なんだか寂しい。
去年より閉まっているお店が増えていて、以前の活気があまりなくなっていました。
前は眠らない町那覇って感じだったけど、やっぱり北谷や新都心に人が行っちゃったのかなァ。
と思いながら、また県産牛乳を買ってホテルに帰りました。
いよいよ明日で帰るんだなァ。と思いつつ荷造りをしたら前より重い気がする。旦那に文句を言われつつ就寝。 

沖縄旅行4 投稿者:すがちゃん 投稿日:2002/10/21(Mon) 11:31 No.991 
4日目
今日はいよいよ埼玉に帰る日です。荷物が減った以上に増えて、荷造りが大変。
朝食食べて9時ごろチェックアウト、10時40分にレンタカーを帰すので、行ける所も限られています。
レンタカー会社で貰ったチラシの中に「パイナップルハウス」のパインジュースとパイナップルの食べ放題券があったので行ってみることにしました。
入り口で券を見せると紙コップを渡されて、ジュースはあちらです。
と示されたほうに行くと、紙皿に山盛りになったパインと自分で注ぐようになっているジュースがありました。でも雰囲気的に飲み放題ではないですね。試食・試飲。ジュース一杯とパインを2,3切れ食べて、ちょっとお土産を見て試食して十時になったので、レンタカー会社に向けて出発しました。
まだ何処かに寄れるというので、近くにあったサンエーへ。
前日のなはメインプレイすのサンエーよりずっと小さいけど、なんだかこちらの方が地域密着って感じがしていいなぁ。
この日は98円均一をやっていて色々な物が安かったです。
昨日も買ったのに500gの沖縄そばが98円だったので、追加しました。
あと、へちまも2本128円だったので籠に、大きなポーク玉子のお握りが178円でちょっと高いけど、今日で帰るし旦那の驚く顔が見たいので買ってみました。
あとはレンタカーを帰して、空港まで送ってもらって荷物を預けて、エンダーに行こうと歩いていると、吹き抜けの下から音楽が聞こえる。
下に下りると「迎恩の舞」と書かれたステージで琉球舞踊を踊ってました。
3人で前のほうで座って見ることに、娘は紅型の女性を見てうっとり、私もエイサー以外の舞踊が見れたので嬉しい。しかし、この幸せは長くは続きませんでした。舞台から聞き覚えのある音楽が…。

そう、また大獅子が現われたのです、あちらこちらで子供の泣く声がする。
でも私は写真が撮りたくて撮影していたら、獅子がこちらに飛んできて、娘をかぷっと噛みました。
電流が走ったように体が震え大泣きする娘を抱えて、レストラン街に逃げ込むことに。
泣き止んだ娘をなだめながら、エンダーで最後の食事。旦那はチーズバーがのセットを、私はポテトとチキンが乗ったものを頼みました。
これがまた美味しい。もうしばらくマックには行けない味。
満足した私たちは、修学旅行生と同じ飛行機に乗って埼玉へと帰りました。
沖縄は子連れにも優しいし、トイレやおむつ換えシートも結構あるので、小さなお子様連れの方にはお勧めですね。
海も遠浅の所が多いから水遊びにもいいですよ。