ジェニーさんのレポート沖縄家族旅行(1) :ジェニー 投稿日:2003/08/21(Thu) 13:08 No.11982


こんにちは♪
お蔭さまで8月16日から19日までの3泊4日の沖縄旅行を楽しんでくることができました。お礼といっては何ですが、簡単に旅行記を書きたいと思います。
今回のメンバーは私の両親、夫、子供2人(1歳息子、3歳娘)私の6人という3世代旅行です。

16日(土):まずクラブトクーで予約した羽田の楽々パーキングへ(3泊4日:5400円)。飛行機が若干遅れたのとレンタカーを借りる(トラベル翼で予約したイプサム:4日間で21600円)のに1時間以上かかり、早くも事前に立てた予定が崩れ去りました…。
玉泉洞へ直行する予定でしたが、みんなお腹がすいたようなので豆腐屋食堂で昼食。ゆし豆腐、おいしかったです。
満腹になったところで玉泉洞へ。nanoさんに教えていただいたルートのおかげで30分で着きました。鍾乳洞の中は湿度はあるものの涼しくて快適!暑い時間帯にここへ来て大正解。
15時からのエイサーでは、その迫力と伝統というものの重みが伝わってきて目頭が熱くなりました。
その後、急いで首里城見学。
18時に予約していたゆうなんぎいへ。お店の中には、順番待ちの列が…。予約しておいて良かったです。(18時入店までしか予約は受けないそうです)評判どおり何を食べてもおいしくてみんな満足。
その後、国際通りを散策しようと思っていましたが、息子が爆睡してしまったのでこの日の宿、ロワジールホテルへ。お部屋もキレイだし、プールや温泉も気に入りました。アメニティグッズもとても充実していて、大浴場にバスタオル、タオル、歯ブラシなどお部屋のものとは別に用意してあるなど随所に心配りが感じられました。
21時近くに私と母だけ国際どおりへタクシーで繰り出し買い物を楽しみました。
つづく…


Re: 沖縄家族旅行(2) ジェニー - 2003/08/21(Thu) 14:37 No.11987

17日(日):ホテルで朝食バイキング。種類が豊富でたくさん食べてしまいました。
チェックアウト後、娘の希望で浦添のモナキッズジャングルという屋内アスレチック施設へ。その間に私と母はとなりのサンエーというスーパーで大量にお土産を購入。(泡盛15本、塩15袋、オリオンビール、ランチョンミート、ラフテー、アップルマンゴー、ちょっちゅねなど)
たくさんのお土産を宅急便で送ってもらって満足。子供たちもとても楽しく遊べたようで大満足のようでした。
58号線をさらに北上して、北谷のアメリカンビレッジへ。
トニーローマで昼食後、BigDipで紅芋ソフトを食べました。めちゃめちゃ、おいしい〜。
14時、琉球村到着。ここで一人500円で琉球衣装を着て、記念撮影をしました。
16時に残波岬ロイヤルホテルにチェックイン。2つのビーチが眺められる羨望抜群のお部屋でした。海を見た途端、泳ぎに行くと娘が騒ぐので、皆で残波ビーチで海水浴。この時間だと日差しも少し和らいでちょうどいい感じ。
海からプール、大浴場へと渡り歩き、「やっぱり大浴場があるこのホテルを選んでよかった〜」と思いました。夕食はホテルで中華料理のコースでしたが、どれもおいしかったです。
つづく…

Re: 沖縄家族旅行(3) ジェニー - 2003/08/21(Thu) 16:51 No.11993

18日(月):ホテルで朝食バイキング。ロワジールと比べるとかなり劣ります…。
ロワジールが豪華すぎるのか??

この日はまず、海岸線を北上しながら許田の道の駅へ。
11時まで待ったけどドラゴンボール、出てきませんでした。ここで買ったカットマンゴーがとってもおいしかった。
ちょうど12時に岸本そばへ到着。路駐の車がいっぱいで、何人か並んでいましたが、味の方の家族の反応は…イマイチでした。
13時頃、美ら海水族館到着。駐車場がめちゃ混みで、臨時の駐車場へ誘導され、そこのおじぃに水族館まで徒歩10分位と言われUターン。北ゲート駐車場向かいの駐車場で下ろしてもらっていると、タイミングよく帰る車が…ラッキー!
ここでは遠くの駐車場へ行くより、北ゲート駐車場に並んで待っている方が断然いいです。
水族館では子供たちが大喜び。ただ、中に入ってすぐにパパと娘とはぐれました。
水族館の中は携帯が通じないようなのではぐれた場合の集合場所を決めておくとよいかも…。

16時少し前に瀬底ビーチへ。無料ビーチの路駐スペースはいっぱいだったので、有料駐車場へ。ちょうど干潮時でしたが、お魚は思っていたほど多くはありませんでした。
が、海の底がきれいに見えるほど透明でした。
ふりっぱーにて夕食。伊勢海老やステーキもおいしかったけど、持ち帰ったパイは絶品で一人で食べてしまいました。
ホテルでは1日おきに打ち上げ花火が上がります。
1回に200発だそうですが真近であがる花火にホテル全体から歓声が上がり、大盛り上がり。
寝ている子供たちを起こして見せましたが、目を輝かせて見ていました。

19日(火):悲しいことに今日が最終日。
空港近くのジャスコでアップルマンゴーと海ぶどうを買おうと思ったら、どちらも品切れでした…
早めに空港へ入り、1階到着ロビーの南端にある空港食堂へ。
ここは空港職員用の食堂ですが、一般の方も利用できます。安くておいしいのでオススメです。沖縄そばやフーチャンプルー定食などの沖縄料理があり、どれも500円位です。
出発ロビーにうつり、最後の買い物。お目当てのシュリの紅芋レアケーキ(JALショップ)はゲットできましたが、歩のサータアンダキー(ANAショップ)は取り扱わなくなって、市場でしか買えなくなったそうです。
そして後ろ髪を引かれながら機上の人に…。

今回、初沖縄旅行でしたが、本当に沖縄大好きになりました。
ここで教えていただいたことがとっても役に立ち、私の株も上がりました。
心残りは離島に行けなかったこと、こっそり持っていったCカードの出番がなかったこと、グラスボートに乗れなかったこと、アップルマンゴーを2つしか買えなかったことです。

私もまたシミズさんのようにリベンジの旅に向かいたいと思います。
みなさん、どうもありがとうございました。&長々とすみませんでした。



清水さんのレポート

沖縄旅行記
8月1日〜5日まで私と妻と3歳の息子と那覇滞在の旅行をしました。
8月1日(金)
17時40くらいに那覇空港に到着。そのままタクシーに乗り今回4泊するナハテラスへ。
道は結構混んでいて30分くらいで到着。1500円くらい。
ナハテラスはかなり評判のいいホテルなので期待してチェックイン。
見た目の豪華さは無いが対応は良い。部屋もすごく広かったり豪華だったりすることもないが品良くまとまっている感じ。ただ、初めて利用する私にとって、もう少し案内がほしかった。

エステの案内を見ると、営業は午後からのみ。
予定では最終日の午前中に利用する予定だったので困った。
今後の日程を考えると今日しか行けそうにない。急きょ電話して空き状況を確認し、テラスチケットで利用できる簡単なものなら今からでもOKとのこと。
妻は早速エステへ向かい、私と息子はホテル内外を探検することに。
ショップはブランドもの等高級品が中心で、一般的な土産物屋やコンビニとは違う。
これは我々には使えない。外はスーパーが1件、料理店が数件といったところでちょっと不便かな。スーパーは12時まで営業とのことだが。
妻のエステが終わり食事に出かける。さっき見つけた「いとぐるま」というところへ。
確か「るるぶ02」にもでてたはず。3000円の定食と、ゴーヤチャンプルセットと数品注文。
器の趣味も良く味は上品な感じ。口に合わないものも数品あったがそれだから郷土料理なのだろう。料理とビール一杯で6000円程度。安い。
もう一度周囲を散策してからホテルに戻る。やはり利用できそうな店は少ない。
明日の準備をして寝る。

8月2日(土)
6時前に目が覚める。旅行時はたいていそう。シャワーを浴びていると家族を起こしてしまった。7時を待って食事へ。和食を洋食を選べるがとりあえず洋食へ。
予想に反しバイキング形式ではなく子連れには不便。息子は自我が芽生えつつあり自分用の食事を要求する。
とりあえずジュースだけ注文した。チェックアウト時に解ったがジュース一杯500円(サービス料、税別)。高い。
今日は渡嘉敷に海水浴。8時半くらいにホテルを出発。港まで近そうなのでなので歩いてみる。10時のフェリーなのにカウンターにはたくさんの人。予約してある旨をつげチケットを購入。満席でないので関係ない雰囲気だった。
予定どおり出港。ほぼ満席。天気もいいので甲板で過ごした。
港を出るとすぐに着陸の飛行機が見えて息子は大喜び。揺れもなく快適な船旅だった。
渡嘉敷に着く。
HPでの情報からバスの選択にどきどきしながら真ん中くらいのぼろいバスに乗り、キャンプ場前に到着。帰りの説明と乗車の目印を渡され500円払う。
ビーチへ向かうとおばあたちの売り込みがすごい。ビーチパラソルを借りたら、浮き輪に空気を入れてくれパラソルを立てるまで荷物を預かってくれた。
バスの中で子供が寝てしまったのでありがたかった。お昼なのでまず食事にする。
ビーチから2件目の食堂に入った。子供がいるので屋内で座敷のあるところでここになった。
私はタコライス、妻はソーキそば。
タコライスはうまかったがソーキそばはいまいち。場所柄、味は期待していなかったので値段のリーズナブルさで満足。
キャンプ場で更衣室を貸してもらい着替えて海へ。
妻と私でシュノーケルと子供との海水浴を交代で行う。珊瑚はほぼ死滅していたがそこから小さく出てきているものもある。
魚は多いだけでなく大きなものも結構いる。ソーセージで餌付けをすると怖いくらいに集まってくる。浅いところでも結構いて子供の周りで餌付けをしてやると魚が水面に見えて子供は大喜び。海に向かって右側の岩のあたりまで行くと静かで珊瑚も増えてくるが魚は、にぎやかな方が多かった。
時間のたつのは早くあっという間に4時。子連れで炎天下、時間が持つのかと心配したが実際はもっと居たかった。9時の高速船で来れば良かった(予約で満席でした)。キャンプ場でシャワー(150円)、着替えて、かき氷を食べながらバスの出発を待つ。
全般的に物価は安くここで調達すれば十分。携帯用クーラーにジュースを入れて持ってきたがこの値段ならそんな必要は無かった。
港には出港40分くらい前につく。それならもっと出発時間を遅くしてほしい。
帰りの高速船も快適。泊港ではフェリーと違い結構離れたところにつく。
水を含んだ 荷物は重く歩くのは大変。
とまりん周辺で食事にする。「海のちんぼら」というチェーン店風の居酒屋があったので入ってみることにする。刺身、ぐるくん唐揚げ、あしてびち等を注文。味はなかなか、店もきれいで良かった。値段も6000円程度と安かった。店の前でタクシーを拾いホテルへ。初乗り運賃でついた。
ホテルではバスルームで洗濯。気づいたがこのホテルのバスルームに換気扇は無かった。
外にも干せず洗濯物が乾かない。

8月3日(日)
今日の朝食は和食にする。子供用のご飯とみそ汁を用意してくれる。
味も上品な味。これで最終日まで和食になった。
今日はレンタカーを借りてドライブ。
9時にレンタカー屋が迎えにきてくれる。受付には6組くらいいて出発したのは9時40分頃。
クルマは銀色のサニー。旅行気分のクルマじゃないな。リアシートは寝そべりガラスが頭の上に来るので沖縄の日差しではつらい。
まずは安保の丘を目指す。道は嘉手納まで3車線、嘉手納から2車線。至って快調に進む。
安保の丘はどこか解らなかったが両側に基地が見え十分。また暑くて外に出たくない。
日曜日で軍は休みなのか基地内は静かな様子。その後石川市など東海岸をドライブ。
時折海が見える程度で何もない。
大きな森をぬけ58号に合流。お昼時間となったので有名な新山食堂へ行く。
道が一歩通行で入りづらいが地図があれば問題なく行ける。味ははずれ。
有名人の色紙がいくつか有りその一つに共産党の不破哲三氏のものがあり、基地のない沖縄をと書いてあった。
海洋博公園へ。海はぐっときれいになる。
道は順調で20分くらいでつくが駐車場がない。
1時のおきちゃんショーが始まっているので急いで向かう。結構な内容。
その後ウミガメや鮫の子供、マナティを見て子供は大喜び。イルカのもう一つのショーも見る。
これだけで満足したのでちゅら海水族館には入らず帰ることにした。
また、今日は1万人エイサーの日でせっかくだから那覇に戻り見てみたいと思い予定を変更して早めに帰る。クルマのラジオでは1万人エイサーの模様を中継していた。
帰りは西海岸沿いにクルマを走らせる。途中ブセナテラスに立ち寄り見学&お風呂タイム。
ナハテラス宿泊者にはブセナテラス利用券がついてくるので利用した。
ここも早々に切り上げ那覇を目指す。子供が寝てしまったので、万座毛、真栄田岬はあきらめただただ帰った。途中ローカルな祭りか、道ばたでエイサーをやっていた。
心配していた那覇市内の渋滞はほとんどなく6時くらいにレンタカーを返却。
すぐにタクシーを拾い「1万人エイサーをみれるところまで」行ったが、連れて行かれたのは県庁前だった。国際通りの半ばあたりを期待したのだが。県庁前は終点で実際にやっているところは200mくらい中に入ったところから。すいていて見やすいのはさらに奥に入ったところだった。結局子供を背負い500mくらい歩いた。この時間はにわかエイサー隊の番だったが結構な迫力。本物?のエイサーはもっとすごいのだろう。

夕食は沖縄料理にも飽きたのでステーキに。国際通り中程のサムズは列ができていたのでその上の「うちなーステーキハウス」へ。値段も手頃で目の前で調理してくれ店の雰囲気も良く大満足。さらにJALのクーポンで10%OFFになりさらに満足。土
産物屋数件をのぞき、ダイエーに寄り歩いてホテルまで帰った。結構長かった。

8月4日(月)
今日は久米島へ。8時40分頃タクシーで空港へ向かう。58号は渋滞。
昨日の帰りは運が良かったのか。9時15分空港に到着。1700円くらい。出発まで土産屋の下見。40人くらいの小さな飛行機で出発。
久米島到着後レンタカーカウンターでキーをもらい出発。正式な手続きは帰りに事務所で行うとのこと。久米島は目的地までの距離が短く、大きな道や目印もないのでかえって運転しづらい。何度も道を間違える。
五枝の松、おばけ坂、ミーフガー、熱帯魚のいえ、比屋定バンタ、畳石とまわる。
お化け坂は解説もあり検証用の空き缶や、ホイールも置いてあったが全く転がらずよくわからなかった。熱帯魚の家では子供も私たちも大喜び。意外と久米島でNO.1のポイントだった。
比屋定バンタでははての浜まで見え、望遠鏡をのぞくと人が見えた。
畳石は潮の加減のせいか面積が狭くがっかり。周りの砂浜はきれいだった。
これらを回ったところでお昼。サクシード宮城にはいる。
私はミーバイ汁、妻はソーキそば。どちらもうまかった。
その後イーフビーチで海水浴。ビーチもそれほど白くなく、遠浅の海には何もおらず単なる海水浴で終わる。渡嘉敷を経験してから行ったのが悪かったか。時間になったので着替えてレンタカー屋の事務所を目指す。この久米島サトウキビ畑が広がるだけで何もない。素朴といえば素朴だが、観光には物足りない。事務所で精算。OTSはセゾンカードを使えば30%OFF。
クルマはそのまま空港まで乗っていき駐車場に止めておけとのこと。なんとおおらかな。
まだ時間があったので上江洲家に寄るが子供が寝ていたこと、駐車場がよく解らなかったことから入らず空港に引き返す。空港で久米島産もずくをおみやげに買い那覇へ戻る。
空港からはバスで国際通りに向かう。後はお土産を買いまくるだけ。
124系統のバスに乗るが、国際通りを走るものと走らないものがあり運悪く走らないもの(久茂地経由)に乗ってしまい昨日と同様県庁前から国際通りを歩く。
目的は公設市場。市場におれるとぐっと雰囲気が変わる。いかにも市場。
いろいろな店をのぞきお土産の目星をつけたところで食事。市場の下で魚を買い上で食べるというのをやってみたくてやってみた。
これは子連れや少人数ではおすすめしません。
まず、雰囲気が落ち着けない。ものすごい雑踏の中での食事となる。
次に出てくるのに時間がかかる。刺身は下で調理し持ってきてその他は上での調理となる。
このため刺身が出てきてから次までの時間が長い。結局1時間以上待たされた。
もうすぐ店が閉まると妻が食事中に買い物に出かけてしまう始末。値段も単品で注文した方が安いように思う。市場全体の価格も高いように思う。ご飯はまずかった。食事ですっかり疲れてショッピングもほどほどにタクシーで帰る。初乗り運賃でついた。

8月5日(火)
今日が最終日。飛行機が12時なので何もできない
。ゆっくりと準備をし10時30分ごろチェックアウト。最後まで丁寧な接客だった。
洗練されていると言う感じでなくどことなく一生懸命さが漂ってきて余計に良かった。
タクシーで空港に向かう。1800円。経路はすべて同じなのになぜか3回とも金額が違う。
空港では4階から子供が飛行機にくぎ付け。食事もしたがらず時間ぎりぎりまで飛行機見物。帰りの飛行機では子供は爆睡。
今回もいい旅だった。また沖縄に行きたい。
------------------------------------------------------------------------
おまけ
書いているうちに去年の旅行についても書きたくなったので書きます。

という事で
清水さんの八重山レポート


2002年7月17日から21日まで石垣島滞在で行って来ました。
7月17日
那覇で乗り継ぎ20時ごろ石垣空港着。バスで全日空ホテルへ向かう。玄関前まで行ける。フリーパス(確か1000円)を購入する。安いツアーだったのでホテルはサンコースト館。
ずいぶん遠い。荷物は別途運んでもらえる。
夕食付きだったので、ホテル内で夕食。バイキングにする。ステーキ、伊勢エビ、沖縄料理等たくさんあり食べ過ぎた。アイスクリーム、フルーツ等デザートも豊富。
ロビーにはヤドカリが飼ってあり、息子は大喜び。毎日つきあわされることとなった。

7月18日
今日は西表島でしげた丸おもしろツアーに参加。
8時30分の船に乗るためタクシーで港まで向かう。船は多少揺れるが子供(2歳)も平気そう。港でピックアップされ船へ向かう。
何もない島。フリーで来ると困るだろうな。天気は曇り、晴れることを期待して出港。
集落を巡り、シュノーケルを3カ所で。どこも珊瑚は死滅状態。魚もあまりおらず期待はずれ。
天気はずっと良くないらしくそのせいかもしれない。
子供は添乗のお姉さん方に遊んでもらってとまどい気味。少し海にも入る。水深10メートルくらいあり無謀だったかな。午後から滝を見てツアー終了。星砂の浜で遊んでから港で解散。

石垣港からは安永観光のツアー客用送迎バスでホテルに帰れた。
朝も便乗してこれば良かったかな。今日の夕食は日本料理にした。

7月19日
今日はアイランド石垣のツアー。9時に迎えにきてもらい、ツアー開始。
もう一組おり、そちらも小さな子供連れ。午前は展望台や干潟、牧場などを巡る。
天気は昨日より良く薄曇り。昼食は明石食堂。ここのソーキそばはうまかった。絶対おすすめ。午後からはシュノーケル。昨日まで海の状態は良くないらしく今日も波は高めとのこと。
両方の家族、一人ずつ海へ潜りもう一人は浜辺で子供と遊ぶ。海は50mほど沖に出る。
珊瑚が素晴らしい。みんな生きている。魚もいっぱい。海外も含め今までで最高の海だった。
ツアーも終わりスーパーに寄ってもらい買い物。初めての沖縄のスーパー。
品揃えの違いに少し興奮。ホテルに戻り夕食の予約。
夕方戻ってからの予約では空いていない。毎日8時過ぎの夕食となる。
ホテルは広くいろいろ見て回ったり、風呂に行ったり時間はつぶせるが。今日はバーベキュー。

7月20日
今日は川平と竹富島に行こうと思う。ホテルからバスに乗りターミナルを目指す。
運転手さんが教えてくれたが今日から夏休み時間に変わったらしく本数が増える。
川平行きのバスに案内してもらいすぐ出発。増発された便のためか貸し切り状態。
最後まで人は乗ってこなかった。
川平では景色を眺めるだけの予定だったが、時間もあったのでグラスボートに乗ってみる。
期待していなかったが、実際はなかなか良かった。珊瑚も元気で魚もたくさんみれた。
バスでターミナルへ。行きとは違い結構乗っている。途中もどんどん乗ってきてすし詰め状態。空港へ向かう人が多い。ターミナルの近くで昼食。
まーさん道に入った。沖縄料理いろいろ入った定食とソーキそばを注文。定食はホテルのバイキングよりうまいと思った。ソーキそばは昨日に比べるといまいち。
午後1の船で竹富島へ。港ではたくさんの客引きが。
水牛車に乗ってみたかったので新田観光の車に乗る。
せっかくの水牛車なのに子供は寝てしまった。
観光開始。おじさんの語りと水牛車のスピード、周りの景色といい感じで時間は過ぎていく。
今日は晴れで景色も良い。最後に安里屋ユンタ聞き恥ずかしながらこの有名な歌の存在を初めて知った。
その後島内を歩く。小さな島だからと歩いたが失敗。自転車を借りれば良かった。
コンドイビーチはすごくきれい。遠浅でかなり沖まで歩いていける。
ビーチからはバスを利用した。集落を散策し予定の時間に新田観光に港まで送ってもらう。

石垣に戻り市街を散策。公設市場をのぞき2階でお土産を買う。ここで買った紅いもチップはうまかった(土産のはずがホテルでのつまみに変わってしまった)。

7月21日
最終日。今日は帰るだけ。期間中初めてのんびり朝食を取る。
このバイキングは種類が豊富でよい。朝から食べ過ぎる。時間までビーチやプールを息子と散策。せっかく泊まったのに利用しなくてもったいなかった。
10時30分チェックアウト。しかし部屋から荷物が来ない。バス時間が迫っているのに。
設備もサービスも非常によいホテルだったが最後に冷や冷やさせられた。
無事バスに乗れ、那覇乗り継ぎで帰宅。

初めての沖縄だったが、こんなに良いところとは思わなかった。今回は2日間がツアー参加で、夕食付きと自分で行動することがあまりなかったので次はもっといろいろ行ってみたいと思う。

 


しんこさんのレポートご報告まで 投稿者:しんこ 投稿日:2003/08/23(Sat) 12:17 No.12151

阿嘉島行きの高速船に乗る前にゆうなんぎいのランチに間に合うか以前おたずねしたしんこと申します。その節はありがとうございました。14日から5日間の旅を終え、夏らしい夏を満喫してきましたのでご報告させていただきます。少しでもお役に立てれば幸いです。

1日目 
14日(木)10時半に那覇空港着。荷物を受け取り、とりあえず泊港北岸に荷物を置いてから国際通りに向かうことに。
しかし、タクシーのおじさんが「今年の夏は暑すぎサー、熱中症気を付けて」というくらい暑い!東京は朝19度。
タクシーを降りて待合所に向かうだけでも日差しにやられました。
結局、「近くでいいよ」ということでとまりんまで歩いて、2Fの和食やさんへ。ここで、土曜の晩の「ゆうなんぎい」の予約電話をする。後で考えると、ランチで慌てて味わうよりも、夜の方がゆったり過ごせてよかったです。
12時半に北岸待合所に着くと、もう船に乗ってる人がいて、あわてて切符の列に並ぶ。このサイトで勉強してたおかげでカウンター上の缶から乗船カードをもらって並んでるうちに記入。
でも、やはり自分の順番が来てから初めて書いている人が大半でした。
並ぶ前にカードに記入する台でもあればいいとおもいますが、北で並ぶ人は少ないからでしょうか。
天候に恵まれてたのでしょうが、船酔いもせずトビウオを横目に見ながら阿嘉島に到着。
送迎バスでシードルンへ。着替えてすぐニシハマへ。
3時頃は引き潮のためかなり遠浅で、小学3年の息子にサンゴに乗らないよう注意。
といいながら自分が休もうにもサンゴだらけで足の置き場がなく、泳ぎっぱなしで疲れました。
1泊目は外で、BBQ。お肉がやわらかく、味付けも美味しかったです。
夕方降り出した雨のためその日は結局中止でしたが、星空観測と鹿ツアーは、翌日帰る人が優先ということでした。

2日目
夫がいつのまにかフロントから釣り竿を借り、昨日の夕方垣花商店で買って来たと言うサンマとかみそりを持って、6時から港で釣り。
シュノーケリングができなくても、ハリセンボンやチョウチョウウオを肉眼で十分見られます。
地元の高校生(?)のえさは、なんとヤドカリ(の中身)!苦戦しつつもきれいなべラを3匹ゲット!写真だけ撮ってリリース。
9時半にニシハマ到着。息子にライフジャケット¥500、パラソル、椅子各¥1000でした。
ほぼ満潮のため、すぐそこまでお魚の大群が、、、宿に注文し忘れたので昼は売店で軽食。
カレー、そーきそば、ヤキソバ等が食べられます。
ここは民宿のくばさんと富里さんの2軒の出店らしく、微妙にメニューが違います。
でも、別に競争意識が働くわけではなく、片やかき氷のミルクサービス、片やしっかりプラス¥40なんて商売です。
夕飯後、8時から楽しみだった星空観測と鹿ツアーへ。満天の星空と言うものを初めて体験。
プラネタリウムで見た通りそのまんまが目の前に、、しかも願い事を唱えられる間があるくらい長い尾をひく流れ星、、あの光景は忘れられません。

3日目
飛行場への送りが11時40分とのことなので歩いていけるヒズシビーチへ。
岩場に沿って行くと魚がいましたが、すぐ深くなるので泳ぎに自身がない私は少し恐かったです。重いのでフィンを持参せず後悔。

那覇へ向かう飛行機は、乗ってる事自体も、眼下の景色も素晴らしい思いでになりました。

那覇からはレンタカーで玉泉洞へ。途中、A&Wで昼食(カーリーフライおいしかった)、ファミリーマートで玉泉洞と東南植物楽園の割引券を買い、優美堂であんだぎーを買ったりしてる間に、到着したらもう3時半。沖縄は3度目ですが、レンタカーは初めて。土地勘がないので、思ったより渋滞してる、時間がかかるという事実を認識。IMAクーポンで星砂頂きました。
鍾乳洞をざっと歩いて、4時にエイサー会場に着いたら、なんと4時半からの掲示!
あわてて損した、、、これはもったいないとぶくぶく茶屋まで引き返し、お茶を頂く。
さて、次なる使命は「ゆうなんぎい」に6時までに必着せねば、ということで、エイサー見物は
たった10分で切り上げることに。エイサーの為に玉泉洞まで行ったのに、すごく残念。
これから盛り上がるんだろうなあ。
途中、やはり数カ所渋滞したものの、5時40分に宿泊先のビーチサイドホテルに到着。
呑み助なので車を置きすぐタクシーを呼んでもらい「ゆうなんぎい」に。
お約束の6時入店に間に合いました。お味は、評判通りでした。(つづく)


ご報告 (つづき) 投稿者:しんこ 投稿日:2003/08/25(Mon) 06:57 No.12261

ナイチャーさんの「サイトに残させていただきます」というお言葉を聞きたいが為に書かせていただいたので感激!皆さんの旅行記も、要約に阿嘉島の文字があるとくいいるように読ませていただきました。私のも残ると思うとうれしいです。

4日目
ビーチサイドホテルの1Fでは、パン(5種類くらい)、サラダ(数に限りあり?)、コーヒー、クノールカップスープの朝食を頂けます(宿泊代込み)。会計はチェックイン時に前払い。
冷蔵庫もからっぽなので変な気遣いなく過ごせます。コインランドリ−も2ヶ所あり、島でのよごれものが一気に解消しました。
 この日の予定は、午前は東南植物楽園で昆虫標本教室参加。
昼は以前書きこみのあった普天間のブエノチキン。午後は水族館と瀬底ビーチ、夕飯はふりっぱーの予定。
8時半出発予定が8時に支度ができたので、明日の予定の座喜味城跡へ。
私個人としては、今回の旅行で1番印象に残った場所です。
息子はきれいな蝶や小さなカメレオンもどきがいたりたりして大喜び。(蝶と言えば阿嘉島で、オオゴマダラが普通に飛んでました)
次は東京から電話予約しておいた東南植物楽園の10時半からの昆虫標本教室へ。
これが以外に時間がかかり、結局ここで昼食。
主人と息子は流しそうめん、私はカレー。意外に(失礼)美味しかったです。
息子がウオーターガーデンで遊び出してしまい、1時15分に出発。
カーナビをつけると海洋博公園到着予定は3時15分。「まさか、そんなに時間掛からないよね」と高速も使わず、景色がよさそうと58号に出てしまったのが間違いだったか車の多さにうんざり。
許田の道の駅への右折車線は渋滞し、対向車線も左折車が並んでます。
水族館の割引券はあきらめ、名護からはひたすら飛ばしました。途中、「割引券あります」というMMCというダイビングショップに立ち寄り大人券¥1440で購入。
海洋博公園正面に3時5分前に到着したものの駐車場は満杯。私と息子だけここで降りて、水族館まで走る走る!汗だくでジンベイザメの餌付けに辛うじて間に合いました。
しかし、すごい人、人、人。日曜の夕方なら空いてるかも、、なんて甘すぎました。
この後行った熱帯ドリーム園では、誰にもすれ違うことなく、人気の格差にぼうぜん。
そういえば、ここで今年初めて百日紅を見ました。
冷夏のためか東京で咲いてるところ見てないです。
時間はもう5時過ぎ。これからふりっぱーに着いても6時近くになってしまうので、瀬底ビーチはあきらめふりっぱーへ。
料理もさることながら、パイは値段的に手頃で、崩さないよう持って帰るのに気を使いましたがお土産にしたら大好評でした。
途中、かねひででかめせんべいや刺身を買って、帰りは高速を使い8時半帰着。

5日目
特にここ!という予定はなく4時の飛行機に乗るために3時にはレンタカーを返すプランを立てる。遠くなさそうなので海中道路ドライブに決定。チェックアウトまで波の上ビーチで遊ぶ。

10時半に出発。昨日はあきらめた普天間のブエノチキンには海中道路の帰りに寄れるだろうか、と考えていたら、なんと、沖縄南ICを降りてコザ十字路を過ぎ、平良川へ向かう道路の右手に黄色と赤の看板を発見!思わず「止めて!!」と叫んでいました。
お話を伺うと、ここは具志川店で、普天間店は今日(月曜)休みとのことでした。今HP作成中だそうです。食べやすくササっとカットしてくれます。
海中道路途中の休憩所で青い海を眺めながら味わうチキンは、なんとも言えませんでした。
家族でこんがり焼けた皮の取り合いでした。
それから、少し行った所にある海の駅で浜比嘉島の月桃茶等を買ったらもう1時半。
高速で空港近くまで飛ばし、一般道ではやはり渋滞にあいハラハラしながらも3時に車を返却。
最後の目標はマンゴー。でも2個で四千円とか他の果物とのセットで手が出ません。ANAとJALの丁度中央の泡盛やさんで、5個一万円のものを、お願いしたらバラで1個2千円で売ってくれました。美味しかったのはいうまでもありません。
今回は初レンタカーで、いつもバタバタあわててたので、次は余裕を持たせたスケジュールで臨みたいと思います。

今回の教訓
1 子供のお腹は待ってくれません。子連れの旅は、いくら完璧なスケジュールを立てて臨んでも無残に打ち砕かれる覚悟が必要ですね。
2 カーナビの到着予定時間は、地理に不案内なものには一つの指標として侮るべからず。沖縄の道は、空いてないし、みちのりは長い。

以上、ながなが失礼いたしました。


 

なつきのぱぱさんのレポート 瀬底に行きました! 投稿日:2003/08/25(Mon) 18:25 No.12305

こんにちわ!いつも覗いておりました。
お礼に、瀬底の様子をレポさせて下さい。
私たち家族は、大人3、小3の男の子1人で、21日から24日迄沖縄を満喫させて頂きました。私は丁度10回目の訪沖です。
家内は4回目、息子は2回目、義理の母は初めての沖縄です。
年寄りが居ますので無理の無い行動を心がけました。
ちなみに、ロワジール3泊4日のレンタカーつきです。

1日目は、午後着それからレンタカー(空港から送迎、手続き込み25分でした)、それから沖縄といったら首里城ということで直行。
それから、ホテルへ。カーナビあるから楽チン(笑)。
ホテルでお茶した後、早速、去年息子のお気に入りの、キャプテンズハウス(松山)へ。
夕食後、国際ドウリを散策する。せっかくだから、県庁前から牧志迄は、モノレールに乗車!感動。
国際通りでおみやげを買い込み(送料無料、梱包代500円)。これでおみやげ悩みから開放!よかった。オバーも疲れてきたようなので、タクシーに乗り込みホテルヘ。
あっそうそう、飲みたいからレンタカーは、ホテルに置き去り。沖縄のタクシーは安いですよ。

2日目、7時頃に瀬底へ出発!
沖縄だからとばさないし、旅行だからのんびりドライブ!車の流れが本土とは違います。
ここは沖縄です。シグナルダッシュすると、恥ずかしい思いをしますよ(笑)。
途中寄り道しながら瀬底へ9時ごろ着きました。迷わず有料駐車場へ。
レンタカーは借りたもの、傷はつけられない。1000円は保険みたいなもの。
駐車場の係りの人にテント張れるか聞くと、マリンスポーツの受付のテント(基準らしい)から向こうはいいよとの事。事前確認ok!駐車場に進む。
駐車場に進むと、海の家みたいの(より良いかも)があり、シャワーも別棟にありました。
そこには、パラソルテント禁止の看板有り(気にしない)。
着替えてビーチに歩いて行くと、左側にテント(運動会用)が有り、その先に岩場が見えたのでそちら方面に行きかけると、テントの主(女の子2人)に、<テントは禁止なのですー>と言われる。優しく<何処ならイーノー>と聞くと、<向こうのマリンスポーツの受付の裏なら、いいですぅー>と言われた。どうやら、やはり基準みたい。
貸し出しチェア-の前を通過して、マリンスポーツの受付テント(野郎4人)の脇に、持っていったコールマンのテントを張る。が、野郎4人は別に無いも言わないし、無関心。
別に悪い人たちには見えないですよ。
教訓としては、こそこそしないで堂々と。
また、有料とか無料とか有りますけど、関係無いと思います。好きなところで泳げます。
駐車場代を払うか、払わないかの違いだけです。海は、きれいです。間違いなく。
去年はアハレンに行きましたが、そこよりもきれいです。けれどアハレンもドラゴンボート(2000円往復)で向かいの無人島に渡して貰うと、やはり慶良間ですねー!全然違います。テントはok!
車で行けて便利できれいなのは、瀬底ですね。あきたら水族館近いですし。
後は、ナマコは別に気になる程じゃ有りません。噛む魚には、注意です。
むすこは(自分も)噛まれて、波打ち際でしか遊ばなくなりました。立ったときに噛むようです。

長くなりますので、今回はこの辺で。小林様良いホームページ有難う御座いました、また来年行きますので宜しくです!

 

ゆえちんさんのレポート  沖縄7日間 :ゆえちん 投稿日:2003/08/26(Tue) 23:04 No.12442

先週1週間初沖縄行って来ましたっ。お天気にも恵まれ、ここでみなさまに色々教えていただいたおかげでとても楽しい旅行になりました。
これから行かれる方に少しでも参考になればと思い感想を書かせていただきます。

まず宿泊先はココガーデンだったのですが、とてもよかったです。
本当はルネッサンスに泊まりたかったのですが日程があわず、同系列のこちらのホテルにしたのですが結果的に大正解でした。
ルネッサンスには食事やビーチ等滞在期間中に何度か行ったのですが、ココガーデンに比べるとやたら人が多くてごみごみとして私たちにはこぢんまりして静かなココガーデンがとても居心地がよかったです。

ビーチでは瀬底と水納島に行き、ここでのご教示どおり魚肉ソーセージをもってシユノーケルを楽しんできました。あまりの餌の食いつきに自分の手が食べられてしまうのではないかと思うくらい沢山の魚が見れました。
4歳の娘もこれにはかなり興奮していたようで親はシメシメという感じでした。
このビーチに行った両日には新垣ぜんざいを食べて沖縄気分120%。あ〜美味しかったよ〜。あれで200円はほんとえらい!

その他nanoさんに教えていただいた石川婦人漁業店でソーキそば(ホントはもずくの天ぷら食べたかったんだけどなかったすっ。)を食べソーキの軟骨まで柔らかくなっているのに驚きました。

あとホテルのフロントに教えてもらって「石川の家」なる居酒屋に滞在期間中2度も行き泡盛&沖縄料理を楽しみ、主人はここでのの器がいたく気に入り残破焼きということで予定外の行動で読谷・残破に器を買い行きお気に入りの一品をおみやげに購入してきました。
名護のふりっぱーのパイもJimmy`sのバナナケーキも美味しくて何もかも大満足だったのですが我が家で唯一?だったのが「朝日レストラン」です。
えーーーーーーとの声が聞こえてきそうですが感想は?????です。

最後にガソリンの件でご参考までに。
以前レンタカー会社の指定ガソリンスタンドで給油したら高かったとのご意見があったので我々は石川市で半分給油してみたらなんと103円
で指定スタンドでは95円でした。ちなみに本部では93円でした。
10円も差があるなんてびっくりですねーーー。

だらだらと書いてしまいましたが沖縄ほんとによかったです。
人も親切だし、話し方がなんとも味があってサイコーです。
みなさん、色々ありがとうございました。また絶対行きますね。



 

みるとんさんのレポート週末の沖縄旅行記 :みるとん 投稿日:2003/08/27(Wed) 17:35 No.12524


行ってきました沖縄〜♪
ここで頂いた情報はとっても役に立ちました。
ありがとうございましたm(_ _)m

*8/22(金)晴れ
仕事を終え関西国際空港へ直行!20時発の便で沖縄へしゅぱ〜つ!
22:00 那覇着。さっそくゆいレールに乗って牧志駅へ
遅い時間だったケドゆいレールはけっこう人でいっぱいでした。
イスが少し硬かったケド、駅に着くたびに流れる音楽が沖縄っぽくていい感じでした(^-^)
駅からホテル西武オリオンまでは歩いてすぐだったのでホテルに荷物をおいて国際通りをぷらぷら。明日は早起きなので今日は早めに就寝。おやすみなさ〜い(-_-)zzz

*8/23(土)晴れ
今日は慶良間で海水浴!阿嘉島へ行きたかったケド高速船の予約が取れなかった為、8時にとまりんへ行きキャンセル待ちする事に。
ホテルからタクシーでとまりんまではホントにすぐで450円で行けました。7時50分頃に着いたのでクイーン座間味乗船券発売所で窓口が開くのを待っていると白い張り紙を持ったオジサンが登場。その白い紙を見てみると…「欠航」の文字が…。
「エンジントラブルの為本日欠航です」ガ・ガーン( ̄□ ̄;;

しかたない、渡嘉敷に変更。念のため9時発マリンライナーの予約を取っといてヨカッタ…。
すでにマリンライナーも10時のフェリーも満席でした。予約は必ずしといた方がいいです!!
さっそくマリンライナーに乗り渡嘉敷へ出発♪けっこう波があり揺れました…。
酔い止めを飲んでいなかった彼氏は始めは「いける、いける」と言っていたケド、島に着いた頃には「気持ち悪い…」と言っていました(-_-メ
酔わないようにするには
@船の真ん中の方に座るA波を見ないB寝るのが一番!との事。

渡嘉敷島に着くと、何台ものバスが停まっていました。
手前にウワサの大型バスと、阿波連荘?のバスがあり、その横に星砂荘?と書かれたバスがあったので、ここで勉強した通り、
「キャンプ場のトコ行きます?」と聞くと「ウン、行くよ」との事だったので乗ってみました。
バスは希望通り阿波連の真ん中の駐車場に停まりました。
往復500円を払い帰りの時間を伝え、いざビーチへっ♪

「はぁ〜めっちゃキレイ〜♪」人も少ないし最高っ!!
さっそく海の中を見てみると、アレ?濁ってる…。何も見えない。
ライフジャケットを借りてフィン、シュノーケルをつけて沖まで行ってみる。
遊泳区域外はキレイ!魚もいっぱい(^▽^)
魚肉ソーセージをあげると魚がずーっと後ろについて泳いできました。感動…。
朝から16時頃までずーっと泳いでました。
その日は17時半の高速船で帰りました。

ホテルに戻ってから着替えて夕食を食べに国際通りへ。
予約していた「あんつく」に向かいました。店の中はこんじまりしていていい雰囲気。
でもすでに満席状態でした。
とりあえずオリオンビールで乾杯♪らふてー、ふーちゃんぷる、ごーやちゃんぷる、ジーマミーとうふ、ポークたまご、ふーちーばーのぼろぼろじゅーしーなど×2を注文。
全部おいしい!!特に私はジーマミー豆腐とふーちゃんぷるが気に入りました(*^-^*)
食べて飲んで二人で4千円ぐらいでした。安い〜

8/23(日)晴れと大雨
いよいよ最終日(T_T) この日は玉泉洞へ行きエイサーを見ました。
鍾乳洞は涼しくって暑い夏にはいい感じでした。
国際通りへ戻りお昼を食べてお土産を買って空港へ。
15時半発の飛行機で大阪に戻りました。

今回は時間が少なくてバタバタした旅行でしたがとっても沖縄を満喫できたと思います。

また来年も行くぞ〜o(^0^)o


うっちゃんさんのレポート行ってきました♪ うっちゃん 投稿日:2003/08/28(Thu) 16:50 No.12682

少し前にこの掲示板で阿嘉島のニシハマビートでのパラソルなどのレンタルのことでお世話になったうっちゃんです。

8/21〜24、家族4人(私と旦那と8歳・6歳の子供)で昨年に引き続き2度目の沖縄、行ってきました。
こちらの掲示板のおかげで、たいへん楽しい旅行ができましたので少しご報告させていただきます。

8/21(1日目):16時頃、那覇空港に到着。宿泊先のかりゆしアーバンリゾートへ。
ダメもとでリクエストした12階海側の4人部屋は4台とも普通のベット(簡易ベットではない!)で感激。部屋の広さも十分!
荷物を置き、ゆうなんぎいへ。フーチャンプル、ラフテー、ソーキそば、グルクンのから揚げ・・・など店員さんがすすめた物を一通り注文。どれも美味しい☆フーチャンプル、ラフテーはおかわりしました。値段気にせずいっぱい食べたけど6千円くらいだったかな。

8/22(2日目)
:9:00の高速船で阿嘉島へ。
今日の宿泊はホテルシードルン。スタッフの方のお迎えでホテルへ。お願いして作ってもらったおにぎりを持ってニシハマビーチへ。ペパーミントブルーの海が素敵☆
ニシハマではシュノーケリングセット、パラソル、浮き輪、海で遊ぶものはすべてレンタルできました。
レンタルショップは2件しかなく、うるさい勧誘もありません。
売店も2件あり、カレーやおそばもありました。ポークたまごおにぎりが美味しかったなぁ。
こちらも商売気がなくのんびりとして、利用して気持ちがいいです。
17時のお迎えでホテルへ。ホテルシードルンはリゾートホテルのような派手さはありませんが、気取らない、堅苦しくない、居心地のいいホテルです。

8/23(3日目):9時半からニシハマビーチへ。昨日はちょうど満潮の時間だったことと波が高かったのでシュノーケリングはいまひとつだったけど、今日は干潮が10時、波も穏やかなので、絶好のコンディションでした。
遊泳区域のブイの付近はまさにお魚天国☆ブイの外にはダイバー達も船で来ていました。
しかし、1回のエントリーで40分位。シュノーケリングって、魚に見とれているうちに結構体力使うのですね。ふと気付くとヘロヘロになっていて戻ってくるのに必死。
浜辺でしばらく休憩して、結局2回しかエントリーできませんでした。(>_<)

あっという間に2時のお迎えの時間。4時のフェリーで那覇へ。
今日の宿泊もかりゆしアーバンリゾート。
夕食は国際通りのサムズアーカインでステーキを食べました。
すごく混んでいたけど、お味は普通。そしてちょっと高いかな。4人で13000円くらいお支払いしてきました。でもまあいい思い出になりました。(金より思い出?!)

8/24(4日目):15階のレストランでゆっくりと朝食。バイキングです。
2日目の時と若干内容が変わっていたかな。普通に美味しいです。
12時の飛行機で名古屋へ。17時には家に着いていました。

今回は旅行を決めたのが7月下旬でツアーの飛行機が行き午後便、帰り午前便しかとれず、ちょっと勿体無いかなと思いましたが、バタバタと動き回らずかえってのんびりできました。

昨年は暑い中、首里城など観光し帰ってきてからも、いつまでも疲れがぬけない感じでしたが、今回は一切観光なし。
こちらの掲示板に来る方々の参考になることは、ほとんどありませんが、きれいな海を見に行っただけってなんだかとっても贅沢。
そして大人も子供も旅の疲れが全く残らない旅行でした。

こちらでお世話になったナイチャー小林さま、大城さま、そして酔い止めのことでお伺いしたRuminaさま(センパア液、効きました。というか船の中では熟睡してました)ありがとうございました。