沖縄方言(あ〜お)

沖縄方言というには、あまりにも奥が深い言葉です。

アイからオジーまで
アイ
主に、女性がしゃべり始める時に使います。
「アイ、久しぶり!」 と、久しぶりに友達と国際通りで会って、ちょっとびっくりした時。 「アイ、あんたそこで何してるねー。」と、子供が家の中で泥遊びをしているのを見つけて、怒っている時。少しだけ照れて、「アイ、また遊びに来たよー。」 「アイ、春奈も一緒に遊びに行くね?」
ようするに、会話の始めについていて、後の文章の意味を強める事もあり、そうでない時もありとてもファジーですが、なぜか、女の子が使うとかわいらしさが強調され、オバーが使うと力強く感じられる、いかにも沖縄らしい言葉です。
アイスクリン
沖縄の道路で売っているアイスクリームの一種。 アイスクリン
沖縄の幹線道路をドライブしていると、アイスクリンの看板を良く見かけます。
販売しているのはシャーベットっぽいあっさり系のアイス。個人的には本当に暑い日なんかは本物のアイスクリームよりもこちらが食べたくなります。
販売員はアルバイトの女子高生。朝自動車でポイントポイントに販売セットと一緒に降ろされて夕方には回収に来てくれるそうですが、聞いた所によると彼女達の特典はアイスクリン食べ放題だとか。
それにしても彼女達トイレとかどうするんだろう的な、何も無い場所にもいます。
 最近は携帯しまくっているとか、友達呼んでゆんたくしているとか余り販売に熱心でない子もいますが、車を停めればきちんと笑顔で売ってくれます。
アイエナー
ちょっとあきれてびっくりする様子。
「アイエナー、デージナットーン!」(大変な事になってる!) アイエナーだけで驚きを表すこともあります。 この手のびっくりする時に発せられる言葉は、色々なバリエーションがあります。似ている言葉に、アギジャビヨー、アンマヨー、アキサミヨー…でも、アイエナーはこれらの言葉より、否定的 意味合いがちょっとだけ少ないように思えます。
アガー
痛いときに自然にウチナーンチュの口から出る言葉。
たとえば、机の角に足をぶつけてしまった時に「アガー」、自動車の扉に指を思いっきりはさんでしまった時に「アッガー」とか「アッガヒャー」 と言うように、程度によって使い分けられています。
でも、最近の小さな子供達は、「イタイ!」と咄嗟に出るようです
アギジャビヨー
どうしようもなくあきれている事を表す言葉。
ほぼ同意語に「アキサミヨー」「アンマヨー」「アッキヨー」他「アギジェー」なんてバリエーションもいっぱいあります。 地方とか(沖縄本島でも狭いようですが、地域によって文化、言葉気性とか色々違うんです。)でも異なるようです。 ウーマクー(わんぱく)ワラバー(子供)が、マチヤーグァー(小さなお店)で泥遊びをした汚い手で商品のお菓子をいじりまわしているのを見つけた店番のオバーが「アキサミヨー、クヌヤナワラバーターヤ!」 と、見つかった子供達は、オバーの怒った恐ろしい形相を見て逃げていくわけ。
アカバナー
アカバナー 正式にはハイビスカス。
沖縄ではどこにでも真っ赤な花を咲かせている。
多分沖縄でもっともポピュラーな花ですが、よく見ると八重咲きになっているもの白い色をしているものなど(アカバナーって言わないかな?)などのバリエーションもあるようです。
昔はシャンプーの代わりに下なんて話も聞いた事があります。下記のURLに写真があります。   http://www.okinawainfo.net/photos/photo-sizen010.htm
アジクーター
甘い、辛い、しょっぱい、苦い、すっぱい以外の味を表す言葉。
説明が難しいのですが、濃い味、こくのある味、油の強い味などの意味が渾然一体となったと言うか…沖縄料理でいえば、味の濃い目のチャンプルーとか、アシテビチのとろとろ良く煮込ん だやつとかは、良く「デージ(とっても)アジクーター!」なんて表現されます。
アジスル
ちょっと食してみると言うような事。
京都土産の生八橋を友達と二人で食べていると、悪友が来て、 「ちょっとアジしてみようねー。」 といった時には、すでに八橋を二つ口に入れようとしている。こんな言葉です。
ちなみに、後で書きますが、〜しましょうね。 とか、〜しようね。なんて言われたら、誘っているわけでも、了解を得ようとしているわけでもありません。 これから〜するよーと言う宣言のようなものです。
オバーが「デージ上等やっさ。ハイ、あんたもアジして!。」 なんて、テビチの入ったお椀を目の前に出されたらもう決して断れません。
アシバー
遊んでばかりいる人の事。不良、よたっている人の事。
コンビニの前で、眉毛を剃って剃りこみを入れている男の子。 茶髪に染めて、眉も細くピアスをして下手なメークまでしている女の子。これらはアシバーの見本です。
たいてい中学生で、しかも2年が多い様です。中3の後半にもなってこんなしてると、高校受験で内申書重視の沖縄では行く高校がなくなってしまうので、ちょっとものを考えられる子達は卒業します。
でも、中には高校に入ってからアシバーデビューするアホもいて、大概留年後中退して否応無く社会に出ると言うコースをたどります。 「公園でヤナアシバーターが酒飲んでたから、気をつけて帰らんと。」 でも、その背景には、低賃金から共働きが多く、両親の帰りが遅い、そして将来に不安を人一倍抱きながらもそれに対応するノウハウをまだ備えてない、本当に弱い少年・少女。そんな社会的背景も考えさせられます。 http://www.okinawainfo.net/konbini.htm
アチコーコー
主に食べ物、飲物が熱い様子を表す。
田舎のオバーがuウリ、アチコーコードー。」なんて言いながら沖縄そばを持ってくる。
なんて情景が似合う言葉。 でも、私の知り合いのオバーが真夏の暑い日に「今日はアチコーコーだね。」みたいな使い方をしていたのも聞いた事があるので、ひょっとすると、あつい全般に使用する事があるのかもしれません。
アバサー
アバサー ハリセンボン
青森県以南の温帯から熱帯域にかけて生息する魚。 体には長い棘があって危険を感じると大量の水を飲み込んでみふくらみ棘を立てます。愛嬌のあるかわいい表情をしているのですが、沖縄ではアバサー汁の材料になることも多かったりします。 ちなみに「嘘ついたらハリセンボンのーます」は、この魚を飲ませられるのではないと思います。
アマクマ
あちこち。
「だー、あまくま物を置かないよー。だからいつもわからなくなるさー。」
いつも物が無くなって探し物をしていると、こう怒られると言う友達がいます。
アリンクリン
あれもこれも。
58号線浦添あたりに、こんな名前のレストランがあったような。 壁面いっぱいに、にんにくのイラストが書いてあって、あの匂いが好きではない私は、その近くで自動車から降りた事がありません。
アワティー
ハーティー
バタバタ慌てている様子。
ゴムボートで子供達が遊んでいるので安心してパラソルの中で本を読んでいたら、ちょっと目を上げるとボートがさっきの所にない! あちこち見てみると、かなり遠くに流されていっているボートを発見。 「オーイ。」と叫んでも聞こえない様子で、アワティーハーティーしながらあせって海に入りやっとの思いでボートにたどり着くと、子供達は潮に流されていても怖がる様子も無く、アファージラー(あきれ顔)になっている私に 「このまま行ったら、向こうの島につけそうだねー。」とか喜んでいました。
どこまでも楽天的なウチナー中学生です。
アンダーグチ
おせいじ。相手を持ち上げる言葉。
沖縄にもおせいじのうまい人は結構います。 人間関係をうまく続けていくためには、多少のアンダーグチも必要だとは思いますが、鼻につく程のおせいじが嫌われるのは、沖縄に限らずどこでも一緒だと重います。 アンダーとは油、クチは言葉と言う意味です。 沖縄風ボーナッツ穴無しバージョンの事をサーターアンダギーと言いますが、大和口に直すと?砂糖てんぷらとも呼ばれています。
アンマー
おかあさん。
一般的にお母さんのことを言いますが、オーマイゴット!と言う意味に近い「アンマヨー」は…きっと沖縄でも母は神に近かったのかも。確かにあの有名なウチナーオバーターになるんだから
イッチャー
単なる酔っ払い
内地にerをつけてナイチャー内地の人。フユー(不精)にerをつけてフユーサー不精者。なぜか英語のようにerがつくと人間を表します。でも、これってアメリカ世になる前からそうだったらしいので、言語の変な共通性は、ちょっと不思議に思います。
イナグ・イキガ
女性・男性
ワンの(ヌ)イナグが〜 俺の女(彼女)が〜 みたいの使います。
沖縄には男の一人も養えなくって、なにが女か!みたいな格言があるとか… 公設市場に行ってオバーター(あばあちゃん達)をみて見たら、さもありなんと実感できる言葉です。
複数形になると、イナグンチャ−・イキガンチャ− 飲み会・模合などの場で…、「イキガンチャ−がイナグンチャ−待たしたらだめよ〜」(男達が女達を待たせたらだめだよ−。)みたいな感じ。
イチャリバ
チョーデー
袖擦れ合うも他生の縁?
直訳すれば、行きあえば兄弟。「沖縄の人って、やさしくて人懐こくって親切だよねー。」って良く遊びに来た人たちが言っていますが、きっと歴史に裏づけされた、イチャリバチョーデー精神の結果かもしれませんね。
イッペー
大変、とっても。
イッページョートーヤッサ!(とっても上等だね!)なんて使います。
でも、最近はイッペーという人は若い人たちにはほとんどいません。 デージ、シニなどのような同義語に置き換えられていっています。 ほら、なんか言葉の響きからしてイッペーってなんか年寄りくさくない?
でも、正しいウチナー口(歴史的な)をしゃべる人たち(中年以上かな)はシニジョウトウ!なんて言わずに、イッペーを使う事が多いようです。
イバヤー
威張っている人
例のERが語尾について人を表すタイプの言葉。
「うちの親父は○○チェーンの焼肉屋の店長やってて、月収200万もとってくるってば。学校は中学しか出てないけど。」って良く言う余り成績の良くない生徒がいましたが…仲間内からヤナイバヤーと言われていました。えばるなら自分の事でえばれるようになってほしいな…。
それにしても本当にそんなに月給くれる店があるなら転職考えようかなって。
イミ・イミヨー
意味がわかんない。
これも若い人しか使わない現代ウチナースラングだと思いますが。 意味解らん!と言うのを「イミ!」「イミヨー」「イミクジピーマン!」などといいます。イミプー(これって沖縄だっけ?)もあり。
「昨日の数学の試験、イミクジピーマンだったってば。」「俺も解らんかったけど、鉛筆転がして適当に書いたらあたってた…。」「イミヨー!」
ウガンブスク
拝み不足(直訳)
だからさー、に次いで便利な言葉なような気がします。
「あそこの子供が木に登って落っこちて怪我したって!」 「ウガンブスクかも…。」
「あいつ、入試に今年も落ちたんだってさ〜」 「ウガンブスクなはず…。」???
「オリエンタルラジオ、人気があった割りに最近露出が少ないよねー…。」
「きっと、あっちゃんがウガンブスクだったはずよー、ペケポン。」
ウージ
さとうきび
沖縄の郊外は勿論、那覇市にもウージー畑があります。高さが2m以上に伸びて、すくすく育っています。郊外に行くとウージー畑も比例して多くなり、風でサワサワしている雰囲気は沖縄を感じさせてくれるものがあります。 年に何回か採り入れの季節があり、この刈り取り作業が難儀な作業の代表格。トラックにあふれんばかりにウージーの束が乗せられて製糖工場に運ばれていき、道のあちこちにおっこちてたりするのもこのころです。 
ところで島歌に「ウージの森で、であった君…」なんて歌詞があったのに気がつきました?
そして、この唄は反戦歌だって解っていただけたでしょうか。
ウーマクー
やんちゃ・あばれんぼー
良く、ウーマクーワラバー(子供)なんていいます。 子供の頃、「クヌ ウーマクーワラバー!」なんてオバァーにワジラれて(怒られて)いた人に限って大人になってから活躍するなんてこともあるようですよ。
ウークイ
ウンケー
御送り・お迎え?
お盆になるとご先祖様をお迎えして明けにお送りするというのは他県と同じですが、 沖縄には見える人が結構いるので 、
「お盆はごちそうも作らないといけないから構大変さー。おぜんの前に大勢座ってまってるんだもの…。」
なんて他の人には見えないお客様の接待に忙しい人も…
勿論、家には生きている親戚の人たちも大勢来るので大忙しなようです。
  長男のお嫁さんになって一番後悔する日かもしれません。
ウチアタイ
思い当たって心が痛むこと
「たかし、おまえはゲームばかりやってて勉強しないから、簡単な分数の足し算もできないんだぞ!中学3年生でこんなのできないのは、クラスでおまえだけだ」
たかし:「・・・・・。」
横にいたあつ子:「ウ・・・、まずい…。私もやし…」と心の中でつぶやく。 このあつ子さんの状態は、ウチアタイしているというわけ。 前にも書いたけど新城和博さんの「ウチアタイの日々」という本面白かったです。
ウチナー
沖縄
かなり古くからの沖縄の呼び名:外、内のうちではないので念のため。
ウチナータイム
沖縄時間・いい加減な時間
かなり古くからの沖縄の呼び名:外、内のうちではないので念のため。
ウチナー口
沖縄の言葉
沖縄方言というには、あまりにも奥が深い。 発音も日本の昔に使われていた、グァー、ウィなどが残っていて興味深いけど、最近、若い人達は使わなくなって単語だけが残り、しかも発音しやすい形に変化して標準語と混ぜて使う、ウチナー大和口が多用されています。
戦前は、方言をしゃべらせない政策があって、学校でウチナー口 でしゃべると方言札という板切れを首から下げられた、いやな思い出を持っている年代の方も少なくないはずです。
TVなどのメディアの発達から、あと何年かしたらウチナー大和口さえもなくなってしまいそう。
でも、最近になってウチナー口を残そうという運動があちこちで盛り上がりかけています。
ウチナーンチュ
沖縄の人
イメージとして、比較的色が黒く、体毛の濃い人が多い。それで目も大きく、はっきりした顔立ちの人が多い。アイヌとの共通点も感じられます。
港川原人の再現模型を見たら、とっても沖縄に来て知り合った誰かに似ていました。
新しい県立博物館に展示されているので、興味のある方は是非行ってみてください。
でも、色白の女の子がいないわけでは有りません。
ウチナースバ
沖縄そば
他県の感覚で考えるそばでは有りません。 そば粉0パーセント。小麦粉でできていて、スープは豚骨が基本。そう、ラーメンが少しさっぱりしていて、麺がやけに平で太い!というような感じ。
  八重山、宮古、名護など土地によって特色があるようで、バリエーションはとっても豊富。
ウチナーンチュの間では、チャンプルーと肩を並べるくらいの人気メニュー。 
チャーシューの変わりに三枚肉が乗り、かまぼことか紅しょうがもよく乗っています。
フーチバースバはそばが見えないくらいヨモギの葉っぱが乗ってくることもあるので苦手な人は要注意。
沖縄で「そば」といったら、99.99%くらいは沖縄そばのことを指し、普通の「そば」は日本蕎麦と呼ばれています。
ウリ
ほら
「ウリ、これおまけしようね!」「ウリ、カメー!」(ほら、たべなさい!) 「ウリヒャー、デージナットゥン!」ジョニー宜野湾さんのヒット曲ですが、この場合はヒャーがつく分だけ強調されているようです。
ウフソー
ぼんやりしたり、あわて者だったり、そんな感じの言葉
アジクーターと一緒で沖縄独特のフィーリングのある言葉で、なかなか、適確な大和口が見つかりません。 バカ系の言葉では、言われて一番腹の立たない言葉かもしれません。そういえば最近聞く時間が取れませんがFM沖縄の看板番組、ハッピーアイランドに良く投稿していたペンネーム・ウフソーラーガナシーさんはまだ頑張ってるのかな。
ウミナイビ
琉球のお姫様または伝統的女性用衣装
この言葉は、最近使われているというわけでは有りませんが、琉装で写真とりたい!なんて人も結構いるので掲載しました。お姫様と言う意味が元。 着物のようですが、袖が長くあるわけではなく紅型模様のなんとも艶やかな様子は、無くなってほしくないものの一つです。
これの他に、ウシンチーとよばれている絣の簡単な衣装もあり、是が普段着にあたるようです。
首里城あたりでも記念写真用の琉装が有りますが、かなり略式の事が多いです。
本格派の琉装が撮りたい方は、ちゃんとした写真屋さんがお勧め。
ウミンチュ
海人・漁師さん
ウミアッチャー(海歩ッチャー)と同じような意味。もろに雰囲気がある言葉。
ちょっと前から、海人と大きく書いてあるTシャツが地元、観光客にも受けています。結構品質もよくてお勧めできるのですが、コピー商品も出回っていますから、 極端に安いものは要注意!
で、私は同じくらいの値段だけど、デザインのかわいいマブヤー(魂?)のマークのあるのがお気に入り。
こちらはハブボックスという名前のお店で売ってます。(国際通り、美浜にあります。)  
エイサー
沖縄独特のお盆に踊る念仏踊り
旧盆の前になると、あちこちで若者達が練習を始め、そのうちに旧盆がくるとご先祖様のために、夜道を練り歩きます。 迫力のある動作、太鼓の音、旗頭、などで、最近人気が出て観光地の出し物やおめでたい席での欠かせない物になってきています。ですから、年間通して目にする機会も増えてきています。おきなわワールドで毎日行われているエイサーショーは、ショーとしての完成度がとても高く、是非一度ご覧いただけたらと思います。
エーキンチュウ
良い家・家柄の良い人
要するにあの子は良い家柄の子だから…というように、単にお金持ちとは一線を画す良家の人のこと。お金持ちはジンムチャー、最近では英語も加わってリッチャーなどと言う事もあります。
エンチュ
ねずみ
沖縄のねずみは成長が早く、大型のものがいます。この前、路地の排水溝を堂々と歩いている子猫ぐらいのエンチュに遭遇しました。でも極端に大きなねずみだな、と思ったら、それはきっとヌートリアに違いありません。
エンダー
ご存知沖縄ファーストフード店A&Wの略称
沖縄ではなぜか若者は何でも短縮して言う習慣があるようで、南風原ジャスコはハエジャス、国際通り周辺は街、津嘉山サンエーはツカサン。その中でもエーアンドダブリュはかなり以前からエンダーと呼ばれています。ちなみにエンダーはアメリカ統治下昭和38年に北中城村屋宜原にA&Wのお店をオープンさせ、この手のお店としては日本で初めて出来ました。アメリカンスタイルで自動車の中でも注文して食べられるようになっているお店も何店か有ります。これで野外シアターなんか有ったらいいのに。
オジー
おじいちゃん
沖縄では、オバーの存在が強烈なんで、ちょっと陰に隠れてしまうオジーですが、なかなかどうして。すばらしいオジーも大勢います。ウミンチュで頑張っていて今はオバーの食堂を手伝って、美味しい料理を作りつづけている知り合いのオジーは、とてもやさしい笑顔でお客さんに話し掛けています。
ウージー畑で時間の流れからはづれたように座り込んで目をつぶりラジオの島唄を聞いてるオジーなんて、最高って思いません?
オバァー
おばあさん(ハーメー)
勿論おばあちゃんの事。ナビーの恋(映画)でもわかるとおり、ウチナーオバァは強力です。    詳しくは沖縄のおば話をご覧下さい。

Copyright (C) Okinawa information IMA All Rights Reserved