沖縄方言(た〜と)

沖縄方言というには、あまりにも奥が深い言葉です。

だからよーからツゥンタッチまで
ター・ターチ
ニ・二つ
良く沖縄では皆テーゲーに済ませているとか言われますが、悪い意味の適当と言う事でなく、本来は相手のことを思いやって、もうそのくらいで大変だから良いよ!と言う意味合いも有るとか。
でも、最近は=適当!見たいにとられたり使われたりしているような気がします。    
だからよー
だからさー
だからよー
「ヤー、こんな所でかわいいイナグつれて何処に行くわけ?」 「だからよー。」
「あなた、彼と別れたんだって?なんで?」 「だからさー。」
だからよーって言われたら、それ以上追求しない。
こんな約束が沖縄にはあるのかと思うくらい便利な魔法の言葉です。
タッピラカス
平らにする。
ちょっとだけ好きなユニットのやちむんの歌に、がんばれいぼヤールーというのがあります。それではじめて聞きました。
「おいらは悲しいイボヤールー、ハイハイ。タッピラかされてー、サッシに挟まってー、しっぽ切れたぐらいじゃー…。」 ヤールーはヤモリの事なんですが、ドアに挟まってタッピラかされると言うような内容でした。
交通事故で平らになってしまったネコを見るたびに、自動車に轢かれてタッピラかされるのだけは避けたいなーと思います。
タランヌー
タラヌー
考えの足りない人のこと・おばかさん
足りていない。そう、脳が足りていないということです。フラーと双璧をなす悪口。
ダンパチ
整髪
沖縄の床屋さんは内地に較べて安い!1000円以下なんて結構ありますよ。
それでも自宅で整髪をする人が多いんです。
倹約と言う事も有るんだろうけど、絶対にめんどくさいというのも有るんだろうなー
チビ
お尻
そのまんまです。
チブル

頭のことです。悪口で「チブル足りねー!」なんて言う事も。
チム
肝。胸。
チムドンドン:ドキドキする。て言う事は心臓って意味もあるのかなー。
チムワサワサー:胸騒ぎ。
チムイ

かわいそう
「今日学校で先生が頑張って大きな声を張り上げて夏休みの生活の心得を話してたんだけど、誰も聞かないで海に行く話をしてたってばー♪
「チムー…」とイを省略する事もあります。

チャー
いつも・ずーっと・(とっても)
「国際通りにはどういったらいいんですか?」
「アイ、そこのスージグヮーチャー真っ直ぐ行けばすぐよー。」
「オバー、元気してるね?」
「ハイ、オバーはチャーガンジューよ」みたいに比較的年配の人が使います。
ナイチャーの書いた本で「コザに抱かれて眠りたい」という、面白い本がありますが、この本の帯に「コザ、チャースティ物語」って書いてあって、こんな使い方も面白いなと感心したことがあります。
沖縄の方言は、歴史のあるものも勿論多いのですが、学生達が新しく作って、それが定着したものも少なくありません。
チャースガー
チャースガヤー
どうしよう・どうしようか
さて、今回の選挙。友人の一人には自民党の候補者に一票入れてくれと頼まれているけど、彼女は最近幸福の何とかという、訳わかんない宗教みたいなのにかぶれてて、そこの候補者をよろしくねしてるし、ワンはどっちも好きでないし、かといってどの候補者を見てもこいつなら任せられるなんてちっとも思えないし…大地選挙ポスター見たら、皆自分で金儲けすることしか考えてなさそうだし…。そう言っているうちに明日は選挙の日…チャスガー!
いっそ行くのやめようかな…。
チャクシ
長男
沖縄の長男は、勿論大切にされますが、責任も大変重い(本人よりもそのお嫁さんのかもしれません。)。 長男のお嫁さんになるには、ちょっとだけ覚悟が必要。 ただでも親戚付き合いの多い沖縄では、長男の家に集まる事も多くて、そのたびにいろいろ働きまわり、もちろんシーミーの時にはお料理をそろえて行かなくてはいけないし・・・毎日ヒヌカンの拝みもしなくっちゃと結構ハードなもんで、最近、若い女性に敬遠されぎみなちゃくしなのであります。
チュラ
美しい
美ら(チュラ)海とか。
チュラカーギー 。カーギーって言うのは容姿の事だから、チュラカーギーは美人の事です。反対語はヤナカーギー。 八重山に行ったらヤナカーギーがウフチュラカーギー(とっても美人)と言う表現をするそうで、誉められてるんじゃないから要注意。 沖縄の女の子って目が大きくて二重、いつもニコニコのかわいい子が多いです。 タレントでは仲間由紀恵、国仲涼子・新垣結衣・安良城紅・山田優・小田エリカ・上戸彩等々。
でも、年をとったら最強のウチナーオバーになるってことも忘れないでね〜

チュー
今日
最近若い人はこんな言葉は使いません。で、何でここに乗せるって?
観光バスに乗るとガイドさんが良く「グスーヨー、チュウガナビラ。」などと挨拶してくれる事が多いので取り上げてみました。意味は「皆さん、こんにちは。」
素敵な沖縄の年頃の女性が「…チューして…」なんて素晴らしい言葉ををささやいたら、それは今日という意味は全く関係有りませんから♪
チューバー
強い。強がる。気が強い。
普通に「昨日国際通りの路上に車停めて、三越で買い物してたけど、駐禁にひっかからなかったってば。」「昨日授業サボって2時間目から津嘉山サンエーに行って遊んでた。」
はいー、あなた方は充分にチューバーです。ボクシングの渡嘉敷選手とか具志堅選手も勿論チューバーですが。
チンギル
つねる
チンギル・チンチキルも同じ意味です。子供の教育でお仕置きする時にはチンキル事は避けましょう。大きくなって意地の悪い子になるって言うから、きっとあいつは子供の頃にお母さんにチンギられていたのかもしれない…。
ちなみに、似た言葉で「ヒンギル」というのもありますが、これはそこから逃げるという意味で、チンギルとは全く関係ありません。
ティ・ティーチ
一・一つ
良く沖縄では皆テーゲーに済ませているとか言われますが、悪い意味の適当と言う事でなく、本来は相手のことを思いやって、もうそのくらいで大変だから良いよ!と言う意味合いも有るとか。
でも、最近は=適当!見たいにとられたり使われたりしているような気がします。    
ティンガーラ
天の川
良く沖縄では皆テーゲーに済ませているとか言われますが、悪い意味の適当と言う事でなく、本来は相手のことを思いやって、もうそのくらいで大変だから良いよ!と言う意味合いも有るとか。
でも、最近は=適当!見たいにとられたり使われたりしているような気がします。    
テーゲー
てきとう
良く沖縄では皆テーゲーに済ませているとか言われますが、悪い意味の適当と言う事でなく、本来は相手のことを思いやって、もうそのくらいで大変だから良いよ!と言う意味合いも有るとか。
でも、最近は=適当!見たいにとられたり使われたりしているような気がします。    
デージ
とっても
「隣のイングァー(犬)、昨日8匹も子供産んだって!」 「デージやっさー!」とか
「あそこ歩いてるネーネー(女の子)、スタイルデージ上等!」 のように使っています。
ドゥシ・
ドゥシグァー
仲間・知合い
仲間・知合い 多分同士から来てるんだと思うけど、わりと親しい友人とかをさす時に使います。
トゥルバル
ボーっとする事
学校の授業中なんかに、一人外を見て、何を考えるでもなくただただボーっとしてるやつって、いましたよねー。  あんな状態の事です。
私は、ビーチの日陰でトゥルバってるのが大好き!
例のごとく、ERをつけるとトゥルバヤーとなって、ボーっとするのが大得意の人のことを表します。
ドゥーチュ
ムニー
独り言
ドゥーチュイは自分、ムニーは言う。という事でひとり言。
街を歩いていると、あらぬところに視線を向けて、ぶつぶつとドゥーチュイムニーをしている人が、たまに沖縄にもいます。これは、沖縄に限らず危ない。 間違いない!
トゥンタッチ
両足でひざまづく姿勢
沖縄でヒザマヅキって言ったら正座の事ですが、じゃー全国的に使われている「ひざまづく」姿勢の事はというとトゥンタッチと呼ばれています。
私が聞いたところでは、鳥が飛び立つ時の姿勢に似ているからとおしえてもらいましたが、真偽はまだ確かめていません。
トー
そこまで。
お酒何かをついでもらっている時に、もう充分と言うタイミングを見計らって「トートー」といえば、多くの場合、そこで注ぐのをやめてくれます。
Copyright (C) Okinawa information IMA All Rights Reserved